Red Hat

Red Hat OpenShift を試す

開発者サンドボックス

開発およびテスト向けに事前に構成された最小限の環境に即座にアクセスできます


 

費用:無料
 


機能および主な特長:
開発者向け、Eclipse Che ベースの IDE、Helm チャート、Red Hat ビルダーイメージ、git アクセス、S2I ビルドツール、Red Hat Developer プログラムへの登録


試用期間:30 日


要件:
なし

マネージドサービス

フルマネージドの Red Hat® OpenShift® Dedicated トライアルクラスタ。セルフサービスのサインアップとクラウドアカウントでのクラスタプロビジョニング

すでにトライアルを開始している場合は、トライアルに戻ってください

費用:無料
トライアルはお客様ごとに 1 回まで


機能および主な特長:
受賞歴のある Red Hat のサイト信頼性エンジニアリング (SRE) チームによるサポート。セルフサービスのサインアップとアクティベーション


試用期間:60 日


要件:
Amazon Web Services (AWS) または Google Cloud のアカウント
お客様所有のインフラストラクチャのコストが発生する場合があります

自己管理型

Red Hat OpenShift Container Platform、クラウド、コンピュータ、またはデータセンターで自己管理

すでにトライアルを開始している場合は、トライアルに戻ってください

費用:無料
 


機能および主な特長:
任意の環境への最も柔軟でカスタマイズ可能なデプロイメント、 クラスタ管理者のフルアクセス



試用期間:60 日


要件:
既存のインフラストラクチャまたはクラウドのアカウント
お客様側でインフラストラクチャのコストが発生する場合があります

これらの製品トライアルは本番環境での使用を目的としたものではありません。また、製品の最新バージョンと以前のバージョンへのアクセスが含まれています。トライアルのご利用には Red Hat アカウントが必要です。アカウントをお持ちではない場合は、次のステップでアカウントを作成できます。続行することにより、以下に記載されている評価版の利用条件に同意したとみなされます。

ハイブリッドクラウドとマルチクラウドのデプロイメントを管理

Red Hat OpenShift Container Platform はエンタープライズ対応の Kubernetes コンテナ・プラットフォームで、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドのデプロイメントを管理するフルスタックの自動運用機能を備えています。アプリケーションをより迅速に提供し、開発者の生産性を高めるのに役立ちます。ライフサイクル管理の自動化により、セキュリティの強化、ニーズに合わせた運用ソリューション、管理が容易なクラスタ運用、アプリケーションの可搬性が得られます。

評価版の利用条件

Red Hat は、Red Hat エンタープライズ契約に従って、評価目的で各 Red Hat 評価版サブスクリプションを提供します。Red Hat サブスクリプションを評価以外の目的で使用した場合、エンタープライズ契約に従い、適用される法律に従って Red Hat が利用できるその他一切の救済措置に加えて、各ユニットについて Red Hat にサブスクリプション料金を支払うことに同意したものとみなされます。
追加料金が発生し、契約違反となる状況として、以下のような例が挙げられます。
  • 評価版プログラムとして提供されたサービスを実稼働インストールに使用する 
  • サポートサービスをサードパーティに提供する
  • サードパーティのサポートサービスを、Red Hat 評価版サブスクリプション・プログラムを通じて得たサービスで補完または補助する 
手続きを進めることで、Red Hat エンタープライズ契約の利用条件を読んで承諾したものとみなされます。