オープンソース

オープンソースで優れたテクノロジーを創り出す

Red Hat は世界最大のオープンソース企業です。オープンソース・プロジェクトからオープンソース製品を構築し、サポートを提供します。参加するプロジェクトとコミュニティに成果を還元します。オープンソース・ライセンスを擁護します。オープンソースによって、お客様の成功を支援します。

オープンソースの起源

ソースコードとは

ソースコードとは、オペレーティングシステム、ワードプロセッサー、ブラウザ、ビデオゲーム、スマートフォン、Web サイトなど、デジタル世界を作り上げている電子機器にアプリケーションを実行する方法を伝達する命令のセットです。無数のコンピュータが同じコードを実行しているため、コードは堅牢で矛盾のない結果を出すことが重要となります。

クローズドソースとは

優れたコード、そして優れたアプリケーションには、計り知れないほどの価値があります。多数の企業が、自社製品の販売を管理して収益を得ようと、コードを機密扱いにしています。こうしたプロプライエタリーなソースコードは社外秘で、外部からコードを調べたり動作するしくみを確認したりすることはできません。

オープンソースとは

これに対してオープンソース・コードは一般公開され、誰もが確認、学習、使用、変更、配布できます。このオープンソースの取り組みによって、オープンソース・ソフトウェアの厳密な定義が規定されました。オープンソース・ライセンスは、ソフトウェアの使用方法、ソフトウェアを使用するユーザーへの商用ディストリビューション、および使用目的について、一切の制限を取り払います。中立性、アクセシビリティ、そして自由を重視しています。

オープンソース・ソフトウェアの実例

オープンソース開発によって、安定性、セキュリティ、イノベーションが促進されます。コードを公開することで、より多くの人々が、バグやセキュリティ欠陥の発見に取り組み、プラットフォームに対する互換性テストを行い、新しいアイデアを提案できるようになります。重大な問題が見つかると、開発者コミュニティが協力して修正にあたります。コミュニティには、Red Hat のエンジニアも参加します

The Open Source Way (オープンソースウェイ) の効果は高く、技術力のある大勢の人材に支持されています。テクノロジーにおけるイノベーションの多くはオープンソース・コミュニティで起こり、世界中の人々がオープンソース・ソフトウェアを利用する結果となっています。多数の人気のある Web サイトやアプリケーションのベースには Linux®KubernetesGit などのプロジェクトが使用され、インターネットのアクセスには Firefox や Chromium などのオープンソース・ブラウザーが使用されています。

Red Hat の The Open Source Way (オープンソースウェイ)

Red Hat の使命は、お客様、開発者、パートナー企業の懸け橋となり、オープンソースのちからで優れたテクノロジーを創り出すことです。

Red Hat では、The Open Source Way (オープンソースウェイ) と呼ばれる一連の指針に従ってオープンソース・ソフトウェアを開発しています。この思想は、「オープンなフォーラムを構築してアイデアを得る」ことを基礎としています。問題解決を目的としてコミュニティが形成され、新しいアイデアやテクノロジーを基にコラボレーションと実験を繰り返します。フリー・オープンソース・ソフトウェア (FOSS) を強力な基盤として構築された Red Hat のエンタープライズ・オープンソース製品は、オープンソース・コミュニティに集う人材とイノベーションの集合知を活用しています。

Red Hat ではコラボレーションによる開発に価値を置いており、社内の誰からでも意見や提案を受け入れています。このことは、CEO のジム・ホワイトハーストによる書籍『オープン・オーガニゼーション』にも書かれています。

オープンソースのエキスパート

Red Hat® の開発者はあらゆる IT スタックの何百ものオープンソース・プロジェクトに、何年も前から積極的に参加しています。Red Hat では、オープンソースの推進者を採用し、コミュニティとの力強い結び付きを確立していることから、オープンソース分野における膨大な経験が社内に蓄積されています。Red Hat のオープン開発モデルは、こうして蓄えられた専門性と知見に支えられており、革新的で反復可能なモデルによってセキュリティと安定性が促進されます。

開発モデル

開発モデルの図

まず、お客様のニーズのすべてまたは一部を満たすコミュニティ開発のオープンソース・ソフトウェアを選びます。

開発モデルの図

Red Hat はこのようなオープンソース・プロジェクトをベースとしてセキュリティを強化し、必要に応じて企業向けの機能を追加することで、エンタープライズ向けオープンソース製品を開発しています。

開発モデルの図

Red Hat は、バグ修正、脆弱性へのパッチ適用、新しい機能の開発を行いますが、その成果を独り占めすることはしません。改善内容を元のプロジェクトに還元して、コミュニティ全体が利益を得られるようにしています。

開発モデルの図

お客様はソフトウェアを利用する中でフィードバックやバグレポートを送信し、ニーズが変化した場合には追加機能をリクエストします。Red Hat ではこのようなフィードバックに沿って開発を進めています。

オープンソース・コミュニティ

オープンソース・コミュニティは趣味として開発に携わる人々だけでなく、さまざまな規模の IT 企業の専門家や、さまざまな業界で複雑で興味深い問題の解決に携わるプロフェッショナルが参加しています。このように多様な人材が活躍するコミュニティを通じて、各メンバーは、自分たちが使用するソフトウェアの開発に参加しながら、開発の方向性を定めることができます。その結果として生まれるのは、この上なく優れたソフトウェアです。

競合企業同士が同じプロジェクトを使用し、コントリビューターとして貢献することも珍しくありません。このような状況は、協力的な競合とも言うべきレベルに発展しました。これらの企業は、開発においては協力し、同じ顧客に対して競合します。ベースとなるソースコードを改良することは、積極的に競合他社を助けることになります。しかし、それは逆もまた然りで、競合他社のコントリビューションからも恩恵を受けるのです。

Red Hat は創立以来 20 年以上にわたり、オープンソース・コミュニティに関わってきました。Linux に始まり、1990 年台の Apache から、Kubernetes および Cloud Native Computing Foundation まで、何百ものオープンソース・コミュニティと業界団体に参加してきました。

オープンソースへのコミットメント

優れたオープンソース・ソフトウェアは、多様なコミュニティがあって初めて実現します。Red Hat はオープンソース・プログラムを支援し、誰もが意見を受け入れられる場を作っています。

テクノロジーの新境地を開くソフトウェアの構築

オープンソース・ソフトウェアで構築します。
オープンソース・プロジェクトへ投資します。
獲得したテクノロジーをオープンソースとして公開します。
オープンソースの知的財産を保護および擁護します。

オープンソース開発に参加する