ポリシーとガイドライン

Red Hat サブスクリプションモデルに関する FAQ

Red Hat® サブスクリプションモデルについて、お客様の環境におけるサブスクリプションのご利用方法や、サブスクリプションの管理の重要性に関する質問の答えをご確認ください。Red Hat サブスクリプションは、お客様がシステムのセキュリティと信頼性を保つために必要なすべてを提供します。

Red Hat サブスクリプションモデルを理解する

Red Hat サブスクリプションモデルは 20 年以上の歴史を持ち、お客様からのフィードバックを豊富に取り入れつつ提供されてきました。Red Hat サブスクリプションをご利用いただくことで、Red Hat によりテスト済みかつ認定済みのエンタープライズ向けソフトウェアをダウンロードできるようになります。さらに、非常にクリティカルな環境においても安心してこれらの製品をデプロイできるよう、ガイダンス、安定性、そして安全性も提供します。

Red Hat サブスクリプションが有効な間は、Red Hat とそのパートナーが開発した Red Hat ソフトウェアを継続的にご利用いただけます。Red Hat ソフトウェアを実行するリソースごとに、アクティブなサブスクリプションを 1 つ維持するだけで、弊社のサービスをご利用いただけます。

Red Hat サブスクリプションを利用すると、ライセンス料やアップグレード料がかかりません。追加の保守料金や、インシデント(お問い合わせ)1 件ごとのサポート費用、ユーザーアクセス費用も発生しません。

従量制モデル
従来のソフトウェアライセンスの場合は初期コストが必要となり、ライセンスの価値は時と共に低下します。Red Hat のサブスクリプションモデルは、製品やサービスの価値に対して、利用する期間の分だけ料金を支払う制度です。
高価なアップグレードがない
サブスクリプションでは、ソフトウェアを購入する手間がかかりません。アップグレードやアップデートなど、すべてが 1 つの包括的な料金で利用できます。
オンデマンドのアクセス
ご利用いただくソフトウェアについて、サポート対象のバージョンすべてや、バグ修正、積極的なセキュリティアップデート、ソースコード、およびドキュメントをご利用いただけます。さらに、追加のハードウェア認定やソフトウェア認定も利点として挙げられます。
最新のイノベーション
サブスクリプションによって、新しいチップセットのサポートや、大幅なパフォーマンス向上などの機能拡張を利用できます。
専門家へのアクセス
深い知識を持つ Red Hat サポートエンジニアのグローバルネットワークを、24 時間ご利用いただけます。Red Hat のサポートエンジニアは、パートナーのサポートエンジニアと協力することで、社内の専門知識を提供し、お客様が自信をもってデプロイを行えるようにサポートいたします。
知的財産の保証
サブスクリプションをご利用いただくことで、オープンソース保証プログラムへ加入できるようになります。このプログラムは、Red Hat ソフトウェアについて知的財産関連の問題が生じた場合に一定の保証を提供することで、オープンソースソリューションの開発やデプロイを行うお客様の保護をサポートします。

アクティブな Red Hat サブスクリプションは、ミッションクリティカルなシステムを含め、お客様のシステムの安全性と信頼性を維持するために必要なすべてを提供します。サブスクリプションにより提供されるものは、ソフトウェアだけではありません。他にはないような専門家のコミュニティ、知識のリソース、セキュリティアップデート、そしてサポートツールをご利用いただけます。

継続的なデリバリー

  • パッチ
  • バグ修正
  • アップデート
  • アップグレード

テクニカルサポート

  • 年中無休、24 時間対応
  • インシデント数(お問い合せ件数)無制限
  • 専門分野に応じて取り次ぎ
  • 複数のベンダーが関わる案件でも問題解決を担当
  • マルチチャンネル

コミットメント

  • ハードウェア認定
  • ソフトウェア認定
  • クラウドプロバイダー認定
  • ソフトウェア保証

専門知識

  • セキュリティレスポンスチーム(SRT)
  • カスタマーポータル
  • ナレッジベース
  • ラボへのアクセス
  • トレーニングカリキュラム

Red Hat サブスクリプションをご利用いただくと、最新のエンタープライズ対応ソフトウェア、信頼できるナレッジ、製品のセキュリティ、そしてソフトウェアを The Open Source Way (オープンソースウェイ) で作成しているエンジニアからのテクニカルサポートを得ることができます。お客様は、自社 IT を発展させていく各段階において新たな価値を得られる上、オープンソースソフトウェアを活用することで、イノベーションに貢献しながらその恩恵を受け、イノベーションを推進することができます。

Red Hat カスタマーポータルを活用することで、サブスクリプションの価値を最大限引き出せます。Red Hat カスタマーポータルでは、受賞歴のある Web ベースのインタフェースを通じて、サブスクリプションを管理できるだけでなく、お客様の環境に適した製品やソリューションに関するダウンロード資料やナレッジにアクセスし、Red Hat とそのパートナーにつながり、テクニカルコンテンツを検索して、Red Hat ソリューションを最大限活用する方法を学ぶことができます。

サブスクリプションの利点を最大化

Red Hat サブスクリプションには、サポートサービスが含まれています。サブスクリプションを購入する場合は、特定のユースケースや環境をカバーするサポートサービスのレベルを選択します。利用可能なサポートレベルには、Premium、Standard、および Self-support(特定の地域および Red Hat Enterprise Linux Server Entry Level でのみ利用可能)があります。サブスクリプションには、開発サポートも含まれています。

Premium Standard
対象時間 重大度 1 と 2 の場合は年中無休 通常の営業時間
ケース数 Web および電話 Web および電話
ソフトウェアの保守 無制限 無制限
必要な情報 Red Hat カスタマーポータルより Red Hat カスタマーポータルより

Red Hat が誇る業界有数の製品セキュリティチームは、お客様、Red Hat パートナー、セキュリティウォッチドッググループ、およびグローバルオープンソースコミュニティと協力して、セキュリティの脆弱性を特定します。Red Hat は脆弱性に関する修正やパッチの検証が済んで利用可能になり次第、それらをお客様のサブスクリプションの一部として提供します。また、Red Hat は重大な脆弱性の 98% 以上を、それらが特定された日の翌日中に修正してきた実績があります。

はい。Red Hat 製品は、インスタンスまたはインストールごとのサブスクリプションベースで提供され、サブスクリプション期間中はすべての関連サービスを利用できます。つまり、お客様は Red Hat 製品のアクティブなサブスクリプションを所有している間は、自社の環境内で使用する Red Hat ソフトウェアのすべてのインスタンスまたはインストールについて、サブスクリプションを維持する必要があります。

Red Hat のビジネスモデルでは、Red Hat ソフトウェアをインストールまたは実行しているリソース数を数えることによって提供される価値を測定し、各インスタンスにサブスクリプション料を適用します。Red Hat と 1 対 1 のアクティブな関係を維持することで、お客様はご自分の組織全体にその利益を広げることができます。

はい。Red Hat の製品とサービスには、Red Hat エンタープライズ契約が適用されます。この契約は、Red Hat から直接購入した場合も、パートナー経由で購入した場合も、同様に適用されます。

Red Hat 製品は、インスタンスまたはインストールごとのサブスクリプションベースで提供され、サブスクリプション期間中はすべての関連サービスを継続して利用できます。

必要となるサービスは環境ごとに異なるため、Red Hatでは、使用されている Red Hat ソフトウェアのインスタンス数またはインストール数によってサブスクリプションの価格を算定します。

はい。お客様はご自身の環境にある Red Hat 製品のテクニカルサポートを自由に追加購入できます。ただし、アクティブな Red Hat サブスクリプションがある期間は、お客様の環境内にある Red Hat Enterprise 製品の各インスタンスのサブスクリプションを維持することが求められています。第三者によるテクニカルサポートがあったとしても、関連するアクティブな Red Hat サブスクリプションがある場合はすべてのインストールまたはインスタンスに Red Hat サブスクリプションを購入する必要があります。

Red Hat Enterprise LinuxRed Hat JBoss Middleware や、他の Red Hat 製品に関するサブスクリプションガイドを参照してください。または、Red Hat ビジネスパートナーまたは Red Hat の営業担当者までお問い合わせください。

サブスクリプションの管理

ユーザーの Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションを管理するのに使えるサービスやツールがあります。どれも特定のユースケースに当てはまるものです。

Red Hat カスタマーポータル物理か仮想かを問わず、システムを Red Hat カスタマーポータルに登録して接続できます。最新バージョンのソフトウェアの入手、ナレッジベースの参照、製品ドキュメントの閲覧、最新のバグ修正、セキュリティエラータ、機能拡張の入手が可能です。

Red Hat Satellite Red Hat Satellite のサブスクリプションは、パッチ管理、プロビジョニング、設定管理、監視機能を提供します。これにより、Red Hat Enterprise Linux システムの適切なセキュリティ保護、効率的な運用、各種基準への準拠が可能になります。また、割り当てられた利用可能なサブスクリプションと有効期限に関する詳細なレポートを提供して、サブスクリプションインベントリの管理を支援します。

Red Hat のサブスクリプションは、1 年または 3 年の期間です。一部のオンラインサービスでは課金方法が異なる場合があります。

環境を常に最新に保つための無制限のアップグレードやアップデートなどを利用して、環境全体で Red Hat サブスクリプションの利点を享受するには、Red Hat ソフトウェアのすべてのインスタンスとインストールでサブスクリプションを維持する必要があります。

サブスクリプションの期限が切れる前に、E メールまたは担当者から連絡があります。さらに、お客様から担当者に連絡し、更新についてや、サブスクリプションの使用に影響があるかもしれない環境の変化について相談することもできます。

オンラインで更新を行うため、カスタマーポータルではサブスクリプションを表示または更新するためのサブスクリプション管理ツールを利用いただけます。オンラインで使用できるもう 1 つのオプションは更新要求フォームです。

すべてのサブスクリプションの期限が切れ、組織全体でアクティブなサブスクリプションがなくなった場合は、該当するライセンス契約の下でソフトウェアを使用できます。しかし、サブスクリプションによる以下のような利点を得られなくなります。

  • 最新バージョンの認定ソフトウェア
  • セキュリティエラータとバグ修正
  • Red Hat テクニカルサポート
  • 受賞歴を誇るカスタマーポータルへのアクセス
  • Red Hat のオープンソース保証

Red Hat エンタープライズ契約の付録 1 には、サブスクリプションの種類、測定単位、ユースケースなどが説明されており、サブスクリプションに関する他のトピックも扱っています。Red Hat のお客様から、担当者までご連絡いただくこともできます。