ログイン / 登録 アカウント

ポリシーとガイドライン

Red Hat サブスクリプションモデルに関する FAQ

Red Hat® サブスクリプションモデル、お客様の環境でのサブスクリプションの使用方法、サブスクリプションの管理が重要である理由について、よくある質問への回答を確認できます。システムの確実で安全な稼働に必要なものが Red Hat サブスクリプションでどのように提供されているかをご覧ください。

Jump to section

Red Hat サブスクリプションモデルを理解する

Red Hat サブスクリプションモデルは 20 年以上の歴史を持ち、お客様からの豊富なフィードバックが反映されています。Red Hat サブスクリプションをご利用いただくことで、Red Hat がテストおよび認定したエンタープライズ向けソフトウェアをダウンロードできるようになります。さらに、クリティカル性の高い環境においても安心してこれらの製品をデプロイできるよう、ガイダンス、安定性、安全性を提供します。

Red Hat サブスクリプションが有効な間は、Red Hat とそのパートナーが開発した Red Hat ソフトウェアを継続的にご利用いただけます。Red Hat ソフトウェアを実行するリソースごとにアクティブなサブスクリプションを 1 つ維持するだけで、当社のサービスの価値を生かすことができます。

Red Hat サブスクリプションに登録すると、すぐにプロダクションで利用できるコード、ライフサイクル管理、ソフトウェアの相互運用性、エキスパートやツールの活用など、ビジネスの運用に役立つサービスをご利用いただけます。Red Hat サブスクリプションを利用すると、次のメリットが得られます。

  • エンタープライズでの使用に合わせて編成および最適化された、安定性の高いオープンソース・テクノロジー
  • 信頼できるアドバイザーによるセキュリティと説明責任
  • イノベーションと開発を追求するオープンソース・コミュニティでの知識と影響力
  • テクニカルサポート、ドキュメント、およびツールへのアクセス
  • ベンダーに依存しない互換性のあるソリューションの使用と、より長いライフサイクルを計画できる柔軟性
  • PoC からデプロイメント、そしてそれ以降も継続する Red Hat とのパートナーシップ
  • 広範なパートナーエコシステム

アクティブな Red Hat サブスクリプションは、ミッションクリティカルなシステムを含め、システムを確実かつ安全に実行するために必要なあらゆるものを提供します。ソフトウェアの提供に加えて、エキスパートのコミュニティ、ナレッジリソース、セキュリティアップデート、およびサポートツールにアクセスできます。これらは他では提供されません。

継続的な提供

  • パッチ
  • バグの修正
  • アップデート
  • アップグレード

テクニカルサポート

  • 年中無休
  • 無制限のインシデント
  • 専門分野に基づくルーティング
  • ケースをマルチベンダーで共有
  • マルチチャネル

コミットメント

  • ハードウェア認定
  • ソフトウェア認定
  • クラウドプロバイダー認定
  • ソフトウェア保証

専門知識

  • Red Hat 製品セキュリティ
  • Red Hat カスタマーポータル
  • ナレッジベース
  • Customer Portal Labs
  • トレーニングカリキュラム

受賞歴を誇る Red Hat カスタマーポータルを活用することで、サブスクリプションの価値を最大限引き出せます。サブスクリプションを管理できるだけでなく、お客様の環境に適した製品やソリューションに関するダウンロード資料やナレッジにアクセスし、Red Hat のコミュニティやパートナーとつながり、Red Hat ソリューションを最大限に活用するためのテクニカルコンテンツを利用することができます。

サブスクリプションのメリットを最大化

Red Hat サブスクリプションにはサポートが含まれています。サブスクリプションを購入する際に、特有のユースケースと環境に適したサポートサービスのレベルを選択します。利用可能なサポートレベルには、Premium、Standard、Self-support (一部の地域および Red Hat Enterprise Linux Server Entry Level でのみ利用可能) があります。サブスクリプションには、開発サポートも含まれています。さらに高度なレベルのサポートを必要とする方のために、Red Hat では、テクニカル・アカウント・マネジメントなど、サブスクリプションに加えて追加できるサポートサービスを提供しています。

StandardPremium
対象時間通常の営業時間重大度 1 と 2 の場合は年中無休
サポート手段Web および 電話Web および 電話
ケース数無制限無制限

 

対応時間初期および継続的対応初期対応継続的対応
重大度 11 営業時間1 時間1 時間または合意済みの時間
重大度 24 営業時間2 時間4 時間または合意済みの時間
重大度 31 営業日4 営業時間8 営業時間または合意済みの時間
重大度 42 営業日8 営業時間2 営業日または合意済みの時間

Red Hat は、安定したオープンソース・インフラストラクチャのポートフォリオを提供しており、そのポートフォリオはテスト済みで、サポートされています。Red Hat の製品は、当社の製品に影響を与えるリスクを監視および特定して対処し、アップストリーム・プロジェクトと緊密に連携する専任の製品セキュリティチームによって支えられています。重大なセキュリティ上の欠陥を常に気にかけており、お客様に安心を提供します。

はい。Red Hat 製品は、インスタンスまたはインストールごとのサブスクリプションベースで提供され、サブスクリプション期間中はすべての関連サービスを利用できます。つまり、Red Hat 製品のアクティブなサブスクリプションを所有している間は、お客様は自社の環境内で使用する Red Hat ソフトウェアのすべてのインスタンスまたはインストールについて、サブスクリプションを維持する必要があります。

Red Hat のビジネスモデルでは、Red Hat ソフトウェアをインストールまたは実行しているリソース数をカウントすることによって提供する価値を測定し、各インスタンスにサブスクリプション料を適用します。Red Hat と 1 対 1 の有効な関係を維持することで、お客様は組織全体でメリットを享受できます。

はい。Red Hat の製品とサービスには、Red Hat エンタープライズ契約が適用されます。この契約は、 Red Hat から直接購入した場合も、パートナー経由で購入した場合も、同様に適用されます。

Red Hat 製品は、インスタンスまたはインストールごとのサブスクリプションベースで提供され、サブスクリプション期間中はすべての関連サービスを継続して利用できます。

必要となるサービスは環境ごとに異なるため、Red Hatでは、使用されている Red Hat ソフトウェアのインスタンス数またはインストール数によってサブスクリプションの価値を算定します。

はい。お客様はご自身の環境にある Red Hat 製品向けに追加のテクニカルサポートを自由に購入できます。ただし、Red Hat サブスクリプションが有効な間は、お客様の環境内にある Red Hat Enterprise 製品の各インスタンスのサブスクリプションを維持することが求められています。サードパーティがテクニカルサポートを提供している場合でも、関連する Red Hat サブスクリプションが有効な間はすべてのインストールまたはインスタンスに Red Hat サブスクリプションを購入する必要があります。

Red Hat Enterprise Linux、Red Hat JBoss Middleware、または他の Red Hat 製品に関するサブスクリプションガイドを参照してください。あるいは、Red Hat ビジネスパートナーか Red Hat の営業担当者までお問い合わせください。

サブスクリプションの管理

Red Hat は、Red Hat サブスクリプションの管理に役立つツールをいくつか提供しています。それぞれが特定のユースケースに対応しています。

Red Hat カスタマーポータル:物理か仮想かを問わず、システムを Red Hat カスタマーポータルに登録して接続できます。RHSM は、Red Hat カスタマーポータル、オンプレミス・アプリケーション (Satellite)、またはクライアントのホストされた Web インタフェースを介して、Red Hat サブスクリプションのステータス、インベントリー、編成、およびレポートを提供します。 カスタマーポータルの RHSM はすべてのお客様が利用でき、追加費用はありません。

Red Hat Satellite:サブスクリプションを通じて利用可能な Red Hat Satellite は、パッチ管理、プロビジョニング、構成管理、および監視機能を提供します。これらの機能によって、Red Hat Enterprise Linux システムの適切なセキュリティ保護、効率的な運用、各種基準への準拠を維持できるようになります。サブスクリプションの使用状況の一元管理や、正確なインベントリーの維持、情報の利用にも役立ち、サブスクリプションの消費量をレポート表示することもできます。

Red Hat が販売するサブスクリプションは期間ベースです。期間は通常 1 年間か 3 年間です。一部のオンラインサービスでは課金方法が異なる場合があります。

システムのセキュリティを保持するために不可欠な無制限のアップグレードやアップデートなど、Red Hat サブスクリプションのメリットを環境全体で継続的に享受するには、Red Hat ソフトウェアのすべてのインスタンスとインストールでサブスクリプションを維持する必要があります。

サブスクリプションの期限が切れる前に、E メールで、または担当者から連絡があります。さらに、お客様から担当者に連絡し、更新についてや、サブスクリプションの使用に影響があるかもしれない環境の変化について相談することもできます。

 

更新方法は、最初にサブスクリプションをどのようにして購入したかによって異なります。購入/更新の方法の詳細については、サブスクリプション更新ガイドをご覧ください。

すべてのサブスクリプションの期限が切れ、組織全体でアクティブなサブスクリプションがなくなった場合も、該当するライセンス契約の下で引き続きソフトウェアを使用する権利は残ります。しかし、サブスクリプションに付随するメリットは、以下のものを含め、お客様の環境全体で利用できなくなります。

  • 最新バージョンの認定ソフトウェア
  • セキュリティエラータとバグ修正
  • Red Hat テクニカルサポート
  • 受賞歴を誇るカスタマーポータルへのアクセス
  • Red Hat のオープンソース保証

Red Hat エンタープライズ契約の付録 1 に、サブスクリプションの種類、測定単位、ユースケースについての詳しい説明があります。サブスクリプションに関する他のトピックについても詳しい説明が書かれています。Red Hat のお客様から、担当者までご連絡いただくこともできます。