Jump to section

Red Hat OpenShift による仮想化

URL をコピー

Red Hat® OpenShift® Virtualization は、Red Hat OpenShift の機能の 1 つであり、コンテナのワークロードとともに仮想マシン (VM) のワークロードを実行および管理できるようになります。

新規の開発はコンテナに移行しており、サーバーレスも増えていますが、組織は VM として稼働するアプリケーションにも巨額の投資を行っており、その多くは新規および既存のコンテナ型アプリケーションに重要なサービスを提供しています。

OpenShift Virtualization (以前はコンテナネイティブ仮想化と呼称) を使用すると、開発者は、VM をコンテナやサーバーレスと同時にすべて 1 つのプラットフォームで開発、管理、デプロイできるコンテナ内で VM を実行することにより、VM をコンテナ化されたワークフローに組み込むことができます。 

OpenShift Virtualization は、2 つのテクノロジーを単一の管理プラットフォームに組み入れているため、組織は、VM 用に設計されたアプリケーションとサービスのメリットを享受しながら、シンプルで高速なコンテナと Kubernetes を利用できます。

 

The referenced media source is missing and needs to be re-embedded.

OpenShift Virtualization は、Kubernetes が管理するコンテナ・プラットフォームで VM を実行できるようにするオープンソース・プロジェクトである KubeVirt基づいています。KubeVirt は、Kubernetes コンテナ内でカーネルベースの仮想マシン (KVM) を使用することにより、コンテナネイティブ仮想化を実現します。 

KubeVirt は、従来の仮想化プラットフォームに関連するサービスと同様のサービスを提供するため、成熟した仮想化管理テクノロジーと Kubernetes コンテナ・オーケストレーションの両方の長所を利用できます。

Red Hat によって開始された KubeVirt は、現在は CNCF のインキュベーション・プロジェクトになっています。Red Hat は、Kubernetes エコシステムの主要なコントリビューターの一つであり、StatefulSets、ロールベースのアクセス制御 (RBAC)、ネットワークポリシーなどの主要機能のほか、etcd (クラスタ構成を維持する Kubernetes の要) など Kubernetes の重要なコンポーネントのビルダーです。

 

Making virtualization Kubernetes-native

仮想化を Kubernetes ネイティブにする

OpenShift Virtualization は Kubernetes Operator であり、開発者は、コンテナ型アプリケーションの場合と同じ方法で、OperatorHub から仮想化されたアプリケーションを作成し、プロジェクトに追加できます。その結果作成される VM は、従来のアプリケーションコンテナと同じ Red Hat OpenShift ノードで並行して実行されます。

OpenShift Virtualization は、Kubernetes カスタムリソースを介して Red Hat OpenShift クラスタに新しいオブジェクトを追加して、仮想化タスクを有効にします。これらのタスクには以下のようなものがあります。

  • Linux® および Windows VM の作成と管理
  • UI および CLI ツールを介した VM への接続
  • VMware および Red Hat Virtualization VM などの既存の VM のインポートとクローン作成
  • VM に接続されたネットワーク・インタフェース・コントローラーとストレージディスクの管理
  • ノード間での VM のライブ移行

OpenShift Virtualization により、企業は次のことを可能にするプラットフォームを提供できます。

モダナイゼーション戦略を迅速に開始

OpenShift Virtualization を使用すると、VM のアプリケーションとサービスをすぐに直接 Kubernetes に移行できます。コンテナベースのアプリケーションに VM を追加し、それらの VM を徐々にコンテナ化できます。一方、アプリケーションのあらゆるコンポーネント、VM、コンテナ、サーバーレスをすべて単一のプラットフォームで完全に制御できます。

市場投入時間の短縮

新規のアプリケーション開発がコンテナに移行しつつある中で、多数の組織が仮想マシンとして稼働するアプリケーションにも巨額の投資を行っており、新規および既存のコンテナ化アプリケーションに重要なサービスを提供しています。OpenShift® Virtualization は、Red Hat OpenShift の機能の 1 つであり、コンテナのワークロードとともに仮想マシン (VM) のワークロードを実行および管理できるようになります。 

優れた Kubernetes イノベーターとオープンの世界で連携

Red Hat は、Kubernetes プロジェクトとコンテナプロジェクトのコミュニティリーダーであり、ビルダーでもあり、オープンソースの専門知識に基づいて、アップストリーム・プロジェクトの重要なイノベーションを推進しています。

OpenShift Virtualization は、クラウドネイティブ・アプリケーション開発に移行中で、従来の VM テクノロジーに多額の投資をしているチームに最適です。

 

Virtualization Red Hat OpenShift console image

Red Hat OpenShift Virtualization で実行できることを知る

関連資料

記事

Red Hat OpenShift Operator とは

Red Hat OpenShift Operator は、Kubernetes ネイティブのアプリケーションのインスタンスの作成、構成、および管理を自動化します。

記事

Red Hat OpenShift Serverless を選ぶ理由

Red Hat OpenShift Serverless は Kubernetes を拡張し、サーバーレス・ワークロードのデプロイと管理ができるようにします。

記事

Red Hat OpenShift Service Mesh を選ぶ理由

Red Hat OpenShift Service Mesh で、マイクロサービスベースのアプリケーションを接続、管理、監視する方法を統一することができます。

OpenShift の詳細はこちら

製品

統合されたテスト済みのサービス一式を備えたエンタープライズ・アプリケーション・プラットフォームであり、ユーザーの選ぶインフラストラクチャを使ってアプリケーションを市場に投入するために活用できます。

コンテナのスピンアップおよびスピンダウン時に環境全体でデータを永続的に保存できるソフトウェア・デファインド・ストレージ。

クラウドネイティブ・アプリケーションのより安全な構築、デプロイ、実行を可能にする、エンタープライズ向けの Kubernetes ネイティブのコンテナ・セキュリティ・ソリューション。

Kubernetes クラスタとアプリケーションを制御する、セキュリティポリシーを組み込んだ単一のコンソール。

リソース

トレーニング

無料のトレーニングコース

Running Containers with Red Hat Technical Overview

無料のトレーニングコース

Developing Cloud-Native Applications with Microservices Architectures

無料のトレーニングコース

Containers, Kubernetes and Red Hat OpenShift Technical Overview

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。