価格設定

Red Hat OpenShift Virtualization

Jump to section

概要

Red Hat® OpenShift® Virtualization は Red Hat OpenShift に含まれる機能であり、組織が新規および既存の仮想マシン (VM) ワークロードを実行およびデプロイするための先進的なプラットフォームを提供します。このソリューションにより、従来の仮想マシンを、信頼できる、一貫した包括的なハイブリッドクラウド・アプリケーション・プラットフォームに簡単に移行できます。

OpenShift Virtualization はクラウドネイティブ・アプリケーション・プラットフォームのシンプルさと速度を利用してインフラストラクチャのモダナイゼーションの道筋を提供します。また、先進的な管理の原則を取り入れつつ既存の仮想化への投資を維持することを目指しています。

Red Hat OpenShift Virtualization とは。動画の再生時間:2:08

トレーニングの割引あり

2024 年 8 月 31 日まで、仮想マシンを作成および管理するために必要なスキルを学べる Red Hat OpenShift Virtualization のトレーニングおよび認定バンドルを 70% オフで購入できます。

Red Hat トレーニングのイラスト

Red Hat OpenShift Virtualization のメリット

容易な移行

OpenShift Virtualization に付属の仮想化移行ツールキットを使用して、他のハイパーバイザーから既存の仮想マシンを簡単に移行することができます。 VM をクラウドに移行することも可能です。Red Hat サービスは移行への実践的なサポートを提供しながら、メンターベースのコンサルティングを実施します。

プロダクション提供までの時間を短縮

セルフサービスの選択肢を提供し、CI/CD パイプラインとの統合をサポートするプラットフォームでインフラストラクチャとアプリケーションの提供を効率化します。OpenShift Virtualization を利用すると、開発者はワークロードの構築、テスト、デプロイをより迅速に行うことができ、市場投入時間を短縮できます。

1 つのプラットフォームからすべてを管理

OpenShift Virtualization は、VM、コンテナ、サーバーレスワークロード用の単一プラットフォームで運用を単純化します。その結果、インフラストラクチャの導入を標準化し、共通で一貫性のある確立されたエンタープライズツール一式を使用して、すべてのワークロードを保守することができます。

インフラストラクチャのモダナイゼーションへの道筋

VM を他のプラットフォームから移行して Red Hat OpenShift 上で実行することで、クラウドネイティブなアーキテクチャ、最適化された運用と管理、新しい開発アプローチを活用しながら、既存の仮想化投資を最大限に活用することが可能です。 

Red Hat OpenShift による仮想化の仕組み

OpenShift Virtualization は、どの OpenShift のサブスクリプションにも含まれる Operator です。インフラストラクチャ・アーキテクトは、コンテナ化アプリケーションと同じように OperatorHub から仮想化アプリケーションを作成し、プロジェクトに追加することができます。

既存の仮想マシンは、無料の直感的な移行ツールを使用して、他のプラットフォームから OpenShift アプリケーション・プラットフォームに移行できます。その結果作成される VM は、同じ Red Hat OpenShift ノードでコンテナと一緒に実行されます。

OpenShift Virtualization がお客様のビジネスにどのように役立つかについて関心がおありますか? 

Red Hat のエキスパートがご案内いたします。また Red Hat OpenShift Virtualization ロードショーで仮想化タスクに関する実践的な経験を得ていただけます。

OpenShift Virtualization は、カスタムリソースを介して Red Hat OpenShift クラスタに新しいオブジェクトを追加して、仮想化タスクを可能にします。これらのタスクには以下のようなものがあります。

  • Linux® および Windows VM の作成と管理
  • UI および CLI ツールを介した VM への接続
  • VMware、vSphere、Red Hat Virtualization VM などの既存の VM のインポートとクローン作成
  • VM に接続されたネットワーク・インタフェース・コントローラーとストレージディスクの管理
  • ノード間での VM のライブ移行

仮想化戦略のモダナイズ

企業がデジタル・トランスフォーメーションを受け入れ、コンテナ化されたアーキテクチャに移行するのであれば、仮想化管理者はその変化に対応しなければなりません。OpenShift Virtualization では、1 つの統合プラットフォーム上で同じツールセットを使用して VM とコンテナを管理できるインフラストラクチャを活用できます。

既存の VM 投資の維持

OpenShift Virtualization は、従来のアプリケーションと次世代アプリケーションの両方をデプロイするための、一貫性のある効率的でセキュアなプラットフォームです。

モダナイゼーションへの道筋を作る

OpenShift Virtualization は VM に先進的なアプリケーション開発プロセスおよびツールを提供し、既存のアプリケーションのモダナイゼーションを促進します。  

パートナーとデプロイする

Red Hat のパートナーエコシステムは、お客様の現在および将来の仮想化ニーズを満たすために必要となる先進的なアプリケーション・プラットフォームを手に入れることができるよう、OpenShift Virtualization が持つ変革の能力を引き出します。

Dell Technologies のロゴ

Dell APEX Cloud Platform for Red Hat OpenShift は、ハイブリッドクラウドで VM、アプリケーション、データをデプロイおよび管理するためのセキュリティ重視の統合プラットフォームを提供します。

Red Hat と AWS のロゴ

Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) は、お客様が従来の VM を先進的なクラウドネイティブ環境に統合するのを支援し、インフラストラクチャとアプリケーションの管理を単純化します。

他の統合サービスや製品により拡張することで、Red Hat OpenShift Virtualization をさらに活用できます。

Red Hat OpenShift Virtualization についてさらに詳しく

事例

クラシファイド・リスティングおよび e コマース・プラットフォーム sahibinden.com が Red Hat OpenShift を使用している様子を見る

ドキュメント

Red Hat OpenShift Virtualization でできることを知る

リファレンスアーキテクチャ

OpenShift Virtualization リファレンスアーキテクチャ

ホワイトペーパー

Red Hat コンサルティングの支援を利用して仮想化のメリットを獲得

Red Hat OpenShift を使い始める