MicroShift とは

URL をコピー

MicroShift の Red Hat ビルドは、Red Hat® OpenShift® のエッジ機能から構築され、同名のオープンソース・コミュニティのプロジェクトに基づいた、軽量の Kubernetes コンテナ・オーケストレーション・ソリューションです。Red Hat Device Edge の一部としてフットプリントが最小限になるよう構築されており、Red Hat Enterprise Linux から構築され、エッジ向けに最適化されたオペレーティングシステムの上で実行されるエンタープライズ対応の MicroShift ディストリビューションを統合しています。MicroShift は、OpenShift 環境の自然な延長として Kubernetes の性能とスケーラビリティをエッジにもたらし、アプリケーションを一度記述すればそれが必要な場所、つまりデータソースやエンドユーザーのすぐ近くで実行できるようにします。本質的には小さな Kubernetes と言えるでしょう。

MicroShift の最大の強みは、その小さなサイズです。OpenShift 自体も小さいですが、MicroShift はそれよりもさらに小さいため、Kubernetes の利点を享受して既存のツールやプロセスを使い続けながら、広さに制約のあるスペースに設置したり、リモートロケーションにある極めて低消費電力のハードウェアで実行したりすることができます。MicroShift がもたらす一貫性により、クラウド環境のさまざまな部分に新しいプロセスやアーキテクチャを採用するのではなく、イノベーションに焦点を当て続けることができます。コアからクラウド、エッジまで、すべてが Kubernetes なのです。

OpenShift から派生した MicroShift は、クラウドネイティブ環境に新たなレベルのスケーラビリティと一貫性をもたらします。これにより、アプリケーションは最も有用な場所、つまりオンサイトで実行できるようになります。エッジコンピューティング自体、非常に多くのユニークな形態、形状、サイズ、場所があり、そのすべてにそれぞれの考慮事項があります。従来のオンプレミス・データセンターや一元化されたパブリッククラウドは、大規模な標準化のメリット (一定の電力、ネットワーク接続、冷却、スペースなど) を享受していますが、デバイスが「快適ゾーン」の外に置かれると、これらすべてが変化する可能性があります。幸い、MicroShift は上記のすべてを支援することができます。OpenShift のレジリエンスを備え、小型化された MicroShift はさまざまな条件に対応しながら、パートナー各社の膨大なエコシステムからの小さくて効率的なハードウェア上で快適に動作することができます。そのため、アプリケーションが組み立てラインに接続されようと、製品の製造に使用されようと、店舗で使用されようと、または、その設置場所が、衛星上、海上、非常に暑い場所、寒い場所、湿った場所、砂地であろうと、あるいは、近いか遠いか、オンラインかオフグリッドかに関係なく、すべて Kubernetes が解決します。

関連資料

記事

IoT とエッジコンピューティング

IoT では、物理デバイスやデータソースの場所に近いところにコンピュート能力を配置する必要があります。エッジコンピューティングは、IoT が必要とする処理およびストレージのローカルソースを提供します。

記事

エッジコンピューティングとは

エッジコンピューティングとは、ユーザーやデータソースに物理的に近い場所で演算処理を行うコンピューティングのことです。

記事

通信事業者向けのエッジコンピューティング

ネットワークをモダナイズし、新たな収益源を求める多くの通信事業者にとって、エッジコンピューティングは最優先事項です。

エッジの詳細はこちら

製品

新しいアプリケーションの展開、環境の仮想化、より安全なハイブリッドクラウドの作成などに適した汎用性を誇る、安定性に優れた実績ある基盤です。

統合されたテスト済みのサービス一式を備えたエンタープライズ・アプリケーション・プラットフォームであり、ユーザーの選ぶインフラストラクチャを使ってアプリケーションを市場に投入するために活用できます。

エッジでの軽量なデプロイ向けに最適化されたエンタープライズ・ソフトウェアのポートフォリオ。

リソース