Red Hat Enterprise Linux:CentOS Linux のサポート終了後の選択肢

URL をコピー

CentOS Linux を使用している組織は今、選択を迫られています。CentOS Project は、2024 年 6 月に CentOS Linux 7 のアップデートとリリースを打ち切る予定です。そのため、CentOS Linux のシステム管理者およびその他の CentOS ユーザーがアップデート、パッチ、新機能を引き続き受け取るためには、新しいオペレーティングシステム (OS) に移行する必要があります。

この記事では、今後の選択肢について説明します。

CentOS とは

Red Hat は CentOS Linux ユーザー向けにカスタマイズされたコスト効率の高い Red Hat Enterprise Linux である Red Hat Enterprise Linux for Third Party Linux Migration を提供し、この移行を容易にします。詳細をご覧ください。

CentOS Linux の代替となるもの

利用可能な Linux ディストリビューションは数多くありますが、CentOS Linux により近いディストリビューションなら、組織のデスクトップ、サーバー、仮想マシンなどの移行を容易に行えます。CentOS の代替 OS には、Red Hat® Enterprise Linux、Ubuntu、Rocky Linux、AlmaLinux、Oracle Linux、CloudLinux などが挙げられます。

CentOS Linux は Red Hat が公開したソースコードから派生したものなので、CentOS Linux から Red Hat Enterprise Linux への移行はより簡単です。また、一般に提供されているコミュニティ主導のソースコードから派生した他のディストリビューションに移行することも可能です。

Debian や openSUSE のような、Fedora ベースではないオープンソースプロジェクトから派生した Linux ディストリビューションに移行する場合は、アプリケーションやプロセスで必要になる変更が多くなります。たとえば、インストールや設定のプロセスを変更したり、新しい管理ツールやセキュリティツールを学んだりする必要があるかもしれません。

一方 Red Hat Enterprise Linux なら、現在 CentOS Linux で使用している多くの技法や要素を移行後も引き続き使用することができます。これは、移行後に必要な再トレーニングの量を最小限に抑えられるということでもあります。

どのような選択をとるにしても、新しい Linux ディストリビューションが長期にわたって組織の要件を満たすかどうかを確認することが重要です。

CentOS Linux 7 から Red Hat Enterprise Linux へスムーズに移行する方法

CentOS Stream について

CentOS Stream は CentOS Linux の代わりではなく、コラボレーションを通して Red Hat Enterprise Linux の今後のバージョンに貢献するためのプラットフォームです。オープンソース・コードフローでは Fedora Linux と Red Hat Enterprise Linux の間に存在し、CentOS Linux の代替として本番環境をサポートすることは意図されていません。その代わりに、継続的に提供される Red Hat Enterprise Linux のディストリビューション・アップストリームをオープンソース・コミュニティのメンバーが Red Hat の開発者と連携して開発、テスト、貢献できるディストリビューションとして設計されています。 

そのため、本番環境で CentOS Stream を実行すると、Red Hat Enterprise Linux のようなエンタープライズ対応のディストリビューションと比較して多くの課題が発生します。 

CentOS Stream の詳細は以下でご覧いただけます。

CentOS Stream:エンタープライズLinuxの革新的な未来を築く

FAQ: CentOS Streamアップデートについて

本番環境用に CentOS Stream ではなく Red Hat Enterprise Linux を選択すべき理由とは

                            CentOS Stream とは (動画の再生時間:1 分 15 秒)

 

アプローチが異なれば結果も異なる

Red Hat Enterprise Linux の派生製品は、Red Hat Enterprise Linux と同じオペレーティングシステムのように思われるかもしれませんが、非常に異なる提供アプローチに基づいているため、エンタープライズユーザーが得られる確実性、安定性、価値は低くなります。

Red Hat Enterprise Linux

Red Hat Enterprise Linux は、世界最大のオープンソース・ソフトウェア企業がコミュニティと連携して開発した、世界をリードするエンタープライズ向け Linux サーバー・オペレーティングシステムです。オープン開発モデルにおける 25 年以上の経験に基づいた Red Hat Enterprise Linux は、Red Hat の統合ポートフォリオとソリューションの中核です。エンタープライズ IT 環境におけるオペレーティングシステムの重要性を考慮して、Red Hat Enterprise Linux では単なるソフトウェアとサポートをはるかに超えるものを提供しています。たとえば、独自のマネージドサービス、開発者リソース、オペレーションツール、広範なパートナーエコシステムへのアクセス、厳格なセキュリティ認証、新テクノロジーなどがあります。さらに、アップストリームでお客様のビジネス要件を提起し、すべての作業をコミュニティに還元することで、Red Hat 製品以外の相互運用性とイノベーションを促進しています。

Red Hat Enterprise Linux の派生製品

似ているように思われるかもしれませんが、派生ディストリビューションは Red Hat Enterprise Linux とは根本的に異なります。これらの代替 OS は、異なる環境で異なるプロセスや基準を用いてテストされ、構築されています。また、Red Hat の認定を受けていない組織によってパッチ適用、更新、サポートされています。その結果、Red Hat Enterprise Linux とのバイナリー互換性 (いわゆる「バグまで含めた互換性」) が保証できず、またバイナリー互換性について認められたテストもありません。

最適な Linux ディストリビューションの選び方

CentOS Linux の代わりとして Red Hat Enterprise Linux を選ぶべき理由

新しい OS を選ぶ際には、短期的な目標と長期的な目標の両方を考慮する必要があります。例えば、多くの組織がクラウド移行の取り組みと連動して、運用環境の標準化を進めています。Red Hat Enterprise Linux のようなエンタープライズ向け Linux ディストリビューションを選択することで、安定性、可用性、相互運用性、ライフサイクル、サポートに関するプロダクション要件をより簡単に満たすことができます。ほとんどの組織では、重要なビジネス機能と本番環境をサポートするために以下のものが必要です。

  • テストおよび検証済みの、商用に強化されたソフトウェア
  • パッチ適用やアップデートを提供するエンタープライズグレードのサポートサービス
  • 使用しているアプリケーション、ハードウェア、クラウドプロバイダーの認定
  • 直感的に使える最適化された管理機能と自動化機能
  • 長期的で予測可能なソフトウェアのライフサイクル
  • 適用されるすべてのセキュリティ基準および規制の遵守

Red Hat Enterprise Linux は、これらの要件をすべて満たし、お客様のビジネスを現在そして将来にわたってサポートします。また、Red Hat Enterprise Linux for Third Party Linux Migration は、お求めやすい価格のサブスクリプションとシンプルな変換プロセスにより、Red Hat Enterprise Linux を CentOS Linux ユーザーにとってより利用しやすいものにすることを目的として設計されています。 移行をさらに容易にするために、CentOS Linux 移行アセスメント を活用してカスタマイズされた移行プランを策定します。

Red Hat の強み

Red Hat は、柔軟性、リーダーシップ、戦略的アプローチを、エンタープライズグレードのオープンソース・ソリューションとサービスとともに提供し、お客様の使用するアプリケーションとワークロードをサポートします。Red Hat は 25 年以上にわたってエンタープライズグレード Linux を提供しており、Linux カーネルへの主要な貢献者です。また、Kubernetes をはじめとする数多くの新技術やコミュニティプロジェクトに対しても、単独で、あるいは Cloud Native Computing Foundation (CNCF) のような組織と協力して貢献しています。Red Hat は、お客様が新しいテクノロジーへの投資や導入の計画を事前に立てられるよう、お客様とコラボレーティブな協力関係を築き、新機能や開発への影響に対する高度な可視性を提供します。

ハイブリッドクラウド・デプロイメント全体を革新するための、一貫性のあるインテリジェントな運用基盤である Red Hat Enterprise Linux は、組織に最適なメリットをもたらします。Red Hat Enterprise Linux のサブスクリプションを利用すると、Red Hat のソフトウェア、自動化、管理サービス、テクノロジー、およびパートナー製品の大規模なエコシステムで使用するために認定された最新の Linux イノベーションに直接アクセスできます。プロダクショングレードのライフサイクル (メジャーリリースのアップデートとサポートは最長 10 年、マイナーリリースのアップデートとサポートは最長 2 年) により、長期的な成功に向けた計画を立てることが可能になります。また、Red Hat Enterprise Linux は、組み込みのセキュリティ機能を備え、セキュリティ認定を受けており、より簡単な方法でコンプライアンスを維持できるため、お客様はビジネスの推進に集中できます。

Linux の詳細はこちら

製品

新しいアプリケーションの展開、環境の仮想化、より安全なハイブリッドクラウドの作成などに適した汎用性を誇る、安定性に優れた実績ある基盤です。

リソース

関連資料

記事

Linux とは

Linux は、OS の基本コンポーネントであるカーネルと、そこにバンドルするツール、アプリケーション、サービスで構成されるオープンソースのオペレーティングシステムです。

記事

SELinux とは

SELinux (Security-Enhanced Linux) は、管理者がシステムにアクセスできるユーザーをより詳細に制御できるようにする Linux® システム用のセキュリティ・アーキテクチャです。

記事

Linux カーネルとは

Linux カーネルとは、Linux オペレーティングシステム (OS) の主要コンポーネントで、コンピュータのハードウェアとプロセスとの間のコアインタフェースです。