CentOS Linux 7 については、2024 年 6 月 30 日サポート終了が迫っています。CentOS Linux 7 へのバグ修正、パフォーマンス強化、重要なセキュリティパッチなどの重要な更新は、この日以降提供されなくなります。サポート終了後にはこれらの更新が行われないので、CentOS Linux 7 で実行されているシステムは運用の安定性を損ない、セキュリティの脆弱性にさらされることになります。この移行をプロアクティブに計画することは、事業継続計画の構築と IT インフラストラクチャの強化に不可欠です。

多くの組織が、自社 IT 環境に大規模な CentOS Linux 7 システムを保有しています。サポート終了日が近づいている今こそ、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 または 9 などのサポート付きソリューションへの移行を戦略的に検討すべきです。しかし、移行を開始する前にまず、環境内で動作しているアプリケーションとプロセスを包括的に理解する必要があります。これにより、移行プロセスの各ステップの「方法」、「時期」、「理由」を示した、明確に定義された戦略を構築できます。

作業の複雑さと依存関係を考慮すると、この移行は単独で行う場合は非常に困難になる可能性があります。この移行を実施するお客様とパートナーをサポートするため、Red Hat は 2023 年の初頭に、AWS Marketplace で Red Hat Enterprise Linux for Third-Party Linux Migration with ELS (Extended Life Cycle Support) の一般提供を開始したことを発表しました。Red Hat はこの取り組みをさらに発展させ、新サービスとして Red Hat コンサルティング:CentOS to RHEL Migration Assessment の提供を開始しました。現在 AWS Marketplace からご利用いただけます。このオファリングでは、Red Hat コンサルティングがお客様のチームに合流し、お客様の状況に合わせてカスタマイズされたブループリントを作成するために必要な製品知識を提供します。Red Hat は、お客様のアプリケーションをサポート付きプラットフォームに移行するための最適な戦略を特定するために、2 週間かけてお客様の IT 環境を評価します。 

この評価において、Red Hat はミーティング、ワークショップ、綿密な調査、包括的な文書化を組み合わせて、移行の計画とサポートを行います。このプロセスは、お客様との連携を通じて障害を克服し、お客様のビジネス目標に合わせてテクノロジーを調整してソリューションを成功に導く中で培われてきた、確立されたフレームワークに従っています。この手法は反復可能かつ実用的であることを目指しており、明確な推奨事項と次のステップについての共通の理解を醸成します。

Red Hat による評価で実施されるワークショップの一般的なスケジュール例を次に示します。

ja_JP Example of a 2 week workshop schedule with Red Hat Consulting

AWS 上における CentOS Linux 7 から Red Hat Enterprise Linux (RHEL) への移行を計画する際には、Red Hat コンサルティングによる評価は移行プロセスの計画に役立つ貴重なリソースとなります。調査結果は、Red Hat テクノロジーに関連したテクノロジーとチームの知識間のギャップを特定したり、変化の影響を理解するのに役立ち、必要な基盤を確立し、移行を成功させるために必要な技術的および非技術的な変更に対する包括的なアプローチを提供するものとなります。

この評価は、次の 3 つの主要な領域に焦点を当てています。

  • 戦略:お客様の移行の目標を分析し、明確なタイムラインを確立し、主なステークホルダーを特定します。これには、システム要件のカスタマイズや標準運用環境 (SOE) のニーズへの対応が含まれます。
  • ワークロードとアプリケーション:専用のワークショップを通じて、お客様のワークロード、依存関係、チーム構造を理解します。これは、アプリケーションについてのオペレーティングシステム (OS) の依存関係をマッピングするのに役立ちます。
  • プラットフォームとインフラストラクチャ:Red Hat のチームが、アーキテクチャ、クラウドインタフェース、SLA、統合 (監視、バックアップ、その他) など、プラットフォームの複雑な要素を明確にします。

移行評価が完了すると、ハイブリッドクラウド内の堅牢な高性能プラットフォーム上で重要なワークロードを含むシステムのインプレース・アップグレードを自信を持って計画し、実行するためのツールを利用する準備が整います。

Red Hat チームとの協業によって正式な移行評価を実施することをご希望の場合は、以下の資料で詳細をご確認ください。


About the author

Senior Architect with Red Hat Consulting working with large enterprise customers to architect, develop solutions, troubleshoot and solve problems at scale.

Read full bio