ログイン / 登録 アカウント
Jump to section

CentOS Linux から Red Hat Enterprise Linux または CentOS Stream に移行

URL をコピー

CentOS Linux のサポートが間もなく終了するのに伴い、CentOS Linux をプラットフォームとして使用している組織は代替のオペレーティングシステムに移行する必要があります。ユースケースによっては、Red Hat® Enterprise Linux® の次のバージョンとなるコードへのアクセスを提供する開発プラットフォームが必要になる場合や、重要なワークロードやアプリケーション向けに信頼性の高いオペレーティングシステム (OS) が必要になる場合があります。

CentOS Linux のサポート終了日 (重要)

  • CentOS Linux 8:2021 年 12 月 31 日
  • CentOS Linux 7:2024 年 6 月 30 日

ビジネス要件を問わず、Red Hat にはソリューションがあります

CentOS Stream

CentOS Stream は継続的に提供されるオペレーティングシステムで、オープンソース・コミュニティのメンバーは、ここで将来リリースされる Red Hat Enterprise Linux の開発に貢献できます。 

たとえば、あなたが Red Hat Enterprise Linux ユーザーで、次のバージョンの Red Hat Enterprise Linux に必要な変更が明らかになったとします。その変更は CentOS Stream に提案し、Red Hat の開発者に評価してもらうことができます。承認されると、この変更のテストと検証が行われ、CentOS Stream に反映されます。さらに、Red Hat Enterprise Linux の次のマイナーリリースにも反映されます。CentOS Stream の詳細は以下でご覧いただけます。

Red Hat Enterprise Linux

Red Hat Enterprise Linux はプロダクショングレードのフルサポート OS で、CentOS Stream のコードに基づいています。安定したセキュリティ重視の基盤によって、重要なワークロードやアプリケーションなどのビジネス要件をサポートします。 

コスト効率とビジネス効率の達成に向けて信頼できる基盤を備えた IT 環境を必要とする組織には、オペレーティングシステムを構成するビットとコード以上のものが必要です。安定性の確保と成功を実現するためには、保守および更新の明確なスケジュール、完全なサポート、セキュリティリソース、認定パートナーの大規模なエコシステム、長期的なロードマップが必要です。

CentOS Linux を使用している組織が、信頼できるライフサイクルを備えた安全で安定したサポート付き OS に容易に移行できるようにするために、Red Hat は Red Hat Enterprise Linux を低コストまたは無料で利用できる新しいプログラムをご用意しました。Red Hat Cloud Access プログラムは、対象となる製品サブスクリプションを Red Hat が認定したパブリッククラウドで使用したいとお考えの Red Hat のお客様にもご利用いただけます。利用資格については、以下で詳細をご確認ください。

Web セミナー

CentOS Linux から新しいオペレーティングシステムへの移行で考慮すべき 10 の事柄

無料または低コストの Red Hat Enterprise Linux

開発チーム向け無料 RHEL

これは Red Hat の顧客組織内の開発チーム向けのプログラムで、無料のセルフサポート* サブスクリプションとして Red Hat Enterprise Linux へのアクセスを提供します。このサブスクリプションによって Red Hat Enterprise Linux で標準化することが可能になり、組織内のあらゆるチームが同じプラットフォームで構築、テスト、実行できるようになるため、アプリケーションの新規開発からプロダクション環境への移行に至るまでのチーム同士の連携がより向上します。

*エンタープライズおよびプロフェッショナルサポートのアドオンが利用可能です。

利用資格

  • Red Hat Enterprise Linux のユーザー
  • 開発用途のみ 

個人開発者向け無料 RHEL

Red Hat Enterprise Linux の個人開発者向けサブスクリプションは、エンタープライズ・ソフトウェアの作成に関与する個々の開発者を対象としています。製品のビット、アクティベーション、ハウツービデオ、デモ、入門ガイド、ドキュメントなど、生産性の向上に寄与する最も関連性の高いリソースにアクセスできます。

このサブスクリプションは (組織やチームではなく) 個人開発者向けのもので、デモ、プロトタイピング、QA、小規模なプロダクションでの使用、およびクラウドアクセスに利用できます。パーソナルサーバー、ホームラボ、小規模なオープンソース・コミュニティ向けに設計されており、Red Hat Enterprise Linux の無料のセルフサポートサブスクリプションとして、小規模なプロダクションのユースケース (最大 16 システム) に対応します。

このサブスクリプションを使用して、AWS、Google Cloud Platform、Microsoft Azure などの主要なパブリッククラウドで Red Hat Enterprise Linux を実行することもできます。使用するプロバイダーのホスト料金は発生しますが、開発用途でも小規模なプロダクション・ワークロード向けでも、OS の利用は無料です。

利用資格

  • 個人開発者 (組織での使用は対象外)
  • FAQ を読む

研究機関および学術機関向け低コスト RHEL

Red Hat アカデミックプログラムは、長い間、学術機関に低コストのオプションを提供してきました。しかし、以前は学位授与団体のみが対象とされていました。現在では、より広範な研究機関や学術機関が Red Hat のアカデミックサブスクリプションプログラムに参加できます。これにより、Red Hat Enterprise Linux の利用、実行、保守が容易になり、ハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC) 環境を支えるために Web サーバーを実行するだけといったような特有のニーズにも対応できます。

利用資格

オープンソース・インフラストラクチャ向け無料 RHEL

このオプションは、オープンソース・プロジェクトである組織、またはオープンソースソフトウェアの作成をサポートし、個人開発者向けサブスクリプション* で許可されているよりも多くの Red Hat Enterprise Linux インスタンスを必要とする非営利団体を対象としています。

ソフトウェアプロジェクトを後援するのが営利企業である場合、Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションは独立したプロジェクト・インフラストラクチャにのみ使用できます。また、オープンソース・インフラストラクチャ向けの Red Hat Enterprise Linux の利用資格を得るためには、組織が承認されたライセンスの下で配布されるソフトウェアを作成している、あるいは作成をサポートしていることが必要です。

プログラムの利用資格を満たす組織は、ビルドシステム、CI テスト、一般的なプロジェクト・インフラストラクチャなど、組織内での使用について無料の Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションへのアクセスが許可されます。

 

*このプログラムは、個人開発者、Red Hat の顧客またはパートナー、あるいは政府機関または組織、病院または医療機関、学校、学術機関、大学、または NGO やその他オープンソース・エコシステムに属さない非営利団体を対象としていません。
Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションは Red Hat のエンタープライズ契約の対象であり、Red Hat サブスクリプションサービスの販売、配布、商標変更は許可されません。これらのサブスクリプションはデフォルトではサポートされていませんが、利用資格に関する判断待ちの間はサポートの対象とされる場合があります。

利用資格

  • 組織はオープンソース・プロジェクト、またはオープンソースソフトウェアの作成をサポートする非営利組織のいずれかである必要があります。 

プロダクション環境向け Red Hat Enterprise Linux

Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションは、ビジネス要件に対応する安定したセキュリティ重視の基盤を提供します。物理クラウド、仮想クラウド、プライベートクラウド、パブリッククラウド、エッジなどのオープン・ハイブリッドクラウド環境全体に一貫性をもたらします。また、保守および更新の明確なスケジュール、完全なサポート、セキュリティリソース、認定パートナーの大規模なエコシステム、長期的なロードマップを提供します。

主なメリットは次のとおりです。

  • セキュリティ:リスクの緩和、セキュリティポリシーの適用、コンプライアンス戦略の効率化を行う
  • パフォーマンス:パフォーマンスの問題の特定、データの分析、システムの調整を行う
  • 自動化:手動タスクの自動化、大規模なデプロイの標準化、日常的な管理業務の単純化を行う
  • 管理:システムを事前に調査し、特定のワークロードに基づいて拡張機能と修復を提案する

利用資格

  • 重要なワークロードとアプリケーション向けに、安全でサポートされた柔軟な基盤を提供するプロダクショングレードのオペレーティングシステムを必要としている組織

Red Hat Enterprise Linux への移行を単純化する

CentOS Linux から Red Hat Enterprise Linux への移行を開始から終了まで効率化しましょう。Red Hat Enterprise Linux 移行ツールがリスクを緩和して複雑さを軽減するため、スムーズなエクスペリエンスを得られます。Red Hat は、組織が自力で移行する場合も、Red Hat の支援を受けて移行する場合も、移行の課題を克服してプロセスを効率化するために必要なツールとガイダンスを提供します。

自力で移行

Convert2RHEL を使用しましょう。Convert2RHEL は、CentOS Linux からフルサポート付きの Red Hat Enterprise Linux への迅速な転換を可能にするコマンドライン・ユーティリティです。この最適化されたツールは、既存のカスタマイズ、構成、および設定を移行プロセス中も維持するため、コストのかかる再デプロイ作業を回避できます。Convert2RHEL を使用すると、迅速な移行に必要な制御、自信、自由が得られ、Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションが提供するあらゆる機能の利用を開始できます。Convert2RHEL ツールは現在、Red Hat がフルサポートしています。 

Red Hat コンサルティング

Red Hat コンサルティングを利用することで移行を加速できます。Red Hat のエキスパートが、実証済みの知識と経験を基に移行プロジェクトをサポートします。Red Hat は、主要なアプリケーションとワークロードの特定および転換を支援し、お客様がその後も自信を持って継続できるように指導します。 

サブスクリプションの価値

最近の IDC の調査によると、サポートされていない無料の OS を使用する組織に対し、Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションを購入する組織は、最終的に投資コストのほぼ 7 倍 (3 年間の ROI が 573%) に相当する価値を実現します。

さらに詳しく

記事

CentOS Stream とは

CentOS Stream は、今後の Red Hat Enterprise Linux マイナーリリースおよびメジャーリリースのプレビューです。さまざまな Red Hat エコシステムパートナーとコミュニティメンバーは、機能が Red Hat Enterprise Linux に組み込まれる前に、ここで貢献できます。

記事

Red Hat の Linux を選ぶ理由

Red Hat は、大規模なオープンソース・コミュニティにおいて、Linux カーネルと関連テクノロジーの有力な貢献者として当初からその役割を果たしています。

トレーニング

Red Hat Enterprise Linux Technical Overview

Red Hat Enterprise Linux Technical Overview (RH024) は、IT プロフェッショナル向けに Linux の基礎を説明する無料のオンデマンド型オンライン動画シリーズです。

エンタープライズ向け Linux プラットフォームを使い始める

Red Hat Enterprise Linux

新しいアプリケーション、仮想マシン、ハイブリッドクラウドの基盤