クラウドコンピューティング

Red Hat Cloud Access

クラウドのサブスクリプション

パブリッククラウドへの移行をお考えですか? Red Hat サブスクリプションをご利用いただけます

Red Hat® の法人のお客様で、パブリッククラウドの導入をご検討の場合、Red Hat Cloud Access が便利です。現在の Red Hat サブスクリプションを簡単に移行して、Red Hat 認定クラウドプロバイダーでご利用いただけます。既存のサブスクリプションを、パブリッククラウドでも従来どおりご活用いただけるだけでなく、販売契約や定評ある Red Hat サポートなどもこれまでと同様にご利用いただけます。

利点

セキュリティとサポートを維持しながら、クラウドに移行

  • サブスクリプションは 1 つだけ

    現在のサブスクリプションを、これまでと同じようにパブリッククラウドで利用できます。

  • 対象は全製品

    Red Hat プラットフォームミドルウェアストレージPaaS (Platform-as-a-Service) など、どの製品でも移行できます。

  • アーキテクチャーも自由に

    ニーズに最適なアーキテクチャーとインフラストラクチャを選択できます。

機能

Red Hat 認定クラウドプロバイダーと Red Hat Cloud Access を使用すると、ワークロードがセキュアになり、最高レベルのアプリケーションサポートが得られます。

  • カスタムイメージを認定クラウドに導入することで、クラウドアプリケーション環境のセットアップに必要な作業を減らせます。
  • Red Hat のサポート、契約、テクノロジーを認定クラウドでも活用できます。どの認定デプロイインフラストラクチャを選択しても、サービスとサポートのレベルは変わらず、価格も統一されていて予測可能です。
  • Red Hat サポートと直接 (L1-L3) 契約をされている場合、有効かつ未使用の Red Hat サブスクリプションでこのプログラムを利用できます。
  • このプログラムの対象となるお客様は、引き続き標準サポート契約のもと、通常の方法でサポートを受けることができます。ただし、サポート対象となるのは、クラウドで実行されるインスタンスのみです。

プログラムの詳細

パブリッククラウドで使用する製品を選択します。

Red Hat Enterprise Linux 向け Cloud Access

Cloud Access 対応の Red Hat Enterprise Linux では、物理、仮想、クラウドのデプロイ間で一貫したアプリケーション環境を提供することで、クラウドへの移行を可能にします。

Cloud Access 向けに設計された Red Hat Enterprise Linux の新製品

Red Hat は、Cloud Access 向けに特別に設計された Red Hat Enterprise Linux の新製品を導入しました。各製品は、Red Hat 認定クラウドの 2 つの仮想インスタンスに自動的に変換されます。

これらの製品の詳細

対象となるお客様

Cloud Access で Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションをご利用いただくには、次の条件を満たす必要があります。

  • Red Hat Enterprise Linux Advanced Platform、Red Hat Enterprise Linux Server、または両方のサブスクリプションで未使用のもののみを移行すること。Standard または Premium いずれかのサービスレベル契約を締結しており、Red Hat サポートを直接受けることができること。
  • 登録フォームで Red Hat Cloud Access サブスクリプションの利用規約に同意していただくこと。
  • Red Hat 認定クラウドプロバイダーにサブスクリプションを移行する前に、すべての情報を登録フォームに入力し、Red Hat に送信して承認を得ていただくこと。

移行可能な Red Hat Enterprise Linux サブスクリプション数に制限はありません。

注: サードパーティがサポートを提供している Red Hat Enterprise Linux 製品や、ハードウェア OEM 製品は、クラウドをご利用いただくことはできません。Red Hat Academic Program をご利用のお客様、およびデスクトップ版とクライアント版の製品をお使いのお客様も対象外となります。ただし必要に応じて、Red Hat の認定パブリッククラウドプロバイダーから直接、Red Hat 製品をご購入いただけます。

ガイドライン

オンプレミスのサブスクリプションからクラウドへの移行をご検討されている場合は、以下のガイドラインをご確認ください。

  • Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションは、ソケットペアまたは仮想インスタンスを基本単位としてご購入いただけます。お客様のニーズに応じていずれかをお選びください。このサブスクリプションはスタック可能です。そのため、ブロックを積み上げるように使用することができます。たとえば、サブスクリプションを 1 つお持ちの場合、Red Hat 認定パブリッククラウドのソケットペアを 1 つ、または仮想インスタンスを 2 つ使用できます。サブスクリプションを 2 つお持ちの場合は、ソケットペアを 2 つ、または仮想インスタンスを 4 つ使用できます。
  • レガシーサブスクリプションも移行可能です。対象となる各 SKU の Cloud Access 登録フォームを確認してください。
  • クラウドプロバイダーのアカウント番号を複数の Red Hat アカウントに関連付けることはできませんが、1 つの Red Hat アカウントに、クラウドプロバイダーのアカウント番号を最大 3 つ関連付けることができます。
  • 現在お持ちの Red Hat Enterprise Linux Server または Advanced Platform Premium のサブスクリプションの有効期間が終了するまで、クラウドインスタンスにアクセスできます。
  • Red Hat が認定およびサポートする Red Hat 製品イメージでは、更新が自動的に提供されます。これには重要な修正や更新が含まれるため、常に最新の Red Hat 製品イメージをご利用いただけます。
  • クラウド内で提供したベースイメージとパッケージのみが Red Hat のサポート対象となります。つまり、ベースイメージに含まれているものと、クラウド更新サービスで提供されたものがサポート対象となります。GFS など、Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションの標準利用規約のもとでサポートされるクラウド外パッケージは、クラウド内ではサポートされません。

Red Hat Enterprise MRG Grid 向け Cloud Access

需要増加への対応、レスポンスタイムの短縮や、単にバックアップが必要な場合もパブリッククラウドをお使いください。

クラウドに Red Hat Enterprise MRG Grid をデプロイすると、オンプレミスのワークロード管理とまったく同じ利点が得られます。Red Hat Enterprise MRG Grid をお使いの場合、Red Hat Cloud Access を使用して、選択した Red Hat 認定クラウドプロバイダー用に現在のサブスクリプションまたは新しいサブスクリプションを移行できます。

対象となるお客様

Red Hat Enterprise MRG Grid Cloud Access をご利用いただくには、次の条件を満たす必要があります。

  • 未使用のサブスクリプションのみを移行し、クラウドで使用するサブスクリプションの数を Red Hat に通知すること。クラウドに移行したサブスクリプションは、移行から 6 カ月間はクラウドから移動できません。
  • 登録フォームで Red Hat Cloud Access サブスクリプションの利用規約に同意していただくこと。
  • Red Hat Enterprise MRG Grid サブスクリプションの利用規約に同意していただくこと。

注: サードパーティがサポートを提供している Red Hat Enterprise MRG Grid 製品や、ハードウェア OEM 製品は、クラウドでご利用いただくことはできません。Red Hat Academic Program をご利用のお客様、およびデスクトップ版とクライアント版の製品をお使いのお客様も対象外となります。ただし必要に応じて、Red Hat の認定パブリッククラウドプロバイダーから直接、Red Hat 製品をご購入いただけます。

ガイドライン

Red Hat Enterprise MRG Grid Cloud Access には、次のルールが適用されます。

  • Amazon 仮想インスタンスのサイズ (小、大、特大など) を問わず、Red Hat Enterprise MRG Grid サブスクリプション 1 つでクラウド内の並列インスタンスを 1 つ実行できます。
  • Amazon EC2 の Red Hat Enterprise MRG Grid は、Red Hat Enterprise Linux インスタンスでのみ利用できます。
  • クラウドプロバイダーのアカウント番号を複数の Red Hat アカウントに関連付けることはできませんが、1 つの Red Hat アカウントに、クラウドプロバイダーのアカウント番号を複数関連付けることができます。
  • 現在お持ちの Red Hat Enterprise MRG Grid のサブスクリプションの有効期間が終了するまで、クラウドインスタンスにアクセスできます。
  • ベースイメージと更新について
    • Red Hat が認定およびサポートする Red Hat 製品イメージを取得するには、Red Hat 認定クラウドプロバイダーが必要です。これには重要な修正や更新が含まれるため、常に最新の Red Hat 製品イメージをご利用いただけます。

Red Hat JBoss Middleware 向け Cloud Access

需要増加への対応、レスポンスタイムの短縮や、単にバックアップが必要な場合もパブリッククラウドをお使いください。

Cloud Access 対応の Red Hat JBoss® Middleware では、物理、仮想、クラウドのデプロイ間で一貫したアプリケーション環境を提供することで、Red Hat Enterprise Linux および Red Hat JBoss Middleware サブスクリプションをクラウドに移行できます。Red Hat JBoss Middleware のお客様は、選択した Red Hat 認定クラウドプロバイダー用に新しいサブスクリプションまたは現在のサブスクリプションを移行できます。

対象となるお客様

Red Hat JBoss Middleware をご利用いただくには、次の条件を満たす必要があります。

  • 次のサブスクリプション最小要件を満たすこと。
    • 1 つの Red Hat アカウントに有効な Premium または Standard 16 コアサブスクリプションを少なくとも 1 つお持ちで、Red Hat サポートを直接受けることができること。
    • この要件を満たしていない場合は、Red Hat のセールスにご連絡のうえ、対象サブスクリプションを追加でご購入ください。
  • 未使用のコア (16 コアの倍数) のみをクラウドに移行すること。たとえば、サブスクリプションで定められた合計 64 コアから 48 コアを移行できます。
  • 登録フォームで Red Hat Cloud Access サブスクリプションの利用規約に同意していただくこと。
  • Red Hat JBoss Middleware サブスクリプションの利用規約に同意していただくこと。

注: サードパーティがサポートを提供している Red Hat JBoss Middleware 製品や、ハードウェア OEM 製品は、クラウドでご利用いただくことはできません。

ガイドライン

  • Cluster Compute または Cluster GPU ファミリにないインスタンスの場合、1 つの Red Hat JBoss Enterprise Application Platform または Red Hat JBoss Web Server コアは、クラウド内の 1 つの仮想コアに対応します。これは、インスタンスのサイズ (小、大、特大など) とは無関係です。
  • Cluster Compute または Cluster GPU ファミリのインスタンスのクラスタインスタンスハードウェア仕様に定義されているように、1 つの Red Hat JBoss Enterprise Application Platform または Red Hat JBoss Web Server コアは、1 つの物理コアに対応します。
  • 1 つの Red Hat JBoss Middleware コアを 2 つの場所 (オンプレミスやクラウドなど) で同時に実行することはできません。サブスクリプションのデプロイ場所に関係なく、サブスクリプションで定められたコアの合計数を超えることはできません。
  • クラウドプロバイダーのアカウント番号を複数の Red Hat アカウントに関連付けることはできませんが、1 つの Red Hat アカウントに、クラウドプロバイダーのアカウント番号を複数関連付けることができます。
  • 現在お持ちの Red Hat JBoss Middleware サブスクリプションの有効期間が終了するまで、クラウドインスタンスにアクセスできます。
    • ベースイメージの保守、重要な修正やその他の更新の適用は、お客様の責任となります。

Red Hat Storage Server for Public Cloud 向け Cloud Access

Red Hat Storage Server をお使いの場合、オンプレミスのデータセンターや Red Hat 認定クラウドプロバイダーなど、さまざまなプラットフォームでのデプロイを選択できます。

対象となるお客様

Red Hat Storage Server for Public Cloud 向け Cloud Access をご利用いただくには、次の条件を満たす必要があります。

  • Red Hat Storage Server for Public Cloud を購入すること。対象サブスクリプションのご購入については、Red Hat のセールス担当者にお問い合わせください。
  • 登録フォームで Red Hat Cloud Access サブスクリプションの利用規約に同意していただくこと。
  • Red Hat Storage Server サブスクリプションの利用規約に同意していただくこと。

ガイドライン

  • クラウドプロバイダーのアカウント番号を複数の Red Hat アカウントに関連付けることはできませんが、1 つの Red Hat アカウントに、クラウドプロバイダーのアカウント番号を複数関連付けることができます。
  • 現在お持ちの Red Hat Storage Server for Public Cloud の Standard または Premium のサブスクリプションの有効期間が終了するまで、クラウドインスタンスにアクセスできます。
  • 1 つの Red Hat Storage Server for Public Cloud インスタンスは、クラウド内の 1 つの仮想コアサイズ (大または特大) に対応します。
  • 1 つの Red Hat Storage Server for Public Cloud インスタンスを 2 つの場所 (オンプレミスやクラウドなど) で同時に実行することはできません。サブスクリプションで定められたインスタンスの合計数を超えることはできません。
  • Red Hat Storage Server for Public Cloud サブスクリプションをオンプレミスに移行することはできません。
  • Red Hat Storage Server for On-premise サブスクリプションをクラウドに移行することはできません。
  • 現在お持ちの Red Hat Storage Server for Public Cloud のサブスクリプションの有効期間が終了するまで、クラウドインスタンスにアクセスできます。
  • ベースイメージと更新について
    • Red Hat が認定およびサポートする Red Hat 製品イメージを取得するには、Red Hat 認定クラウドプロバイダーが必要です。これには重要な修正や更新が含まれるため、常に最新の Red Hat 製品イメージをご利用いただけます。
    • クラウド内で提供したベースイメージとパッケージのみが Red Hat のサポート対象となります。つまり、ベースイメージに含まれているものと、クラウド更新サービスで提供されたものがサポート対象となります。

Red Hat Storage Server for Hybrid Cloud 向け Cloud Access

Red Hat Storage Server for Hybrid Cloud では、スケールアウト型 NAS ストレージを必要な場所に自由にデプロイできます。Red Hat Storage Server for Hybrid Cloud は、業界でも他に類を見ない製品です。市販ハードウェアへのオンプレミスインストールおよび AMI を介した AWS 内でのインストールを対象に、Red Hat Enterprise Linux、GlusterFS ファイル管理、および拡張可能ファイルシステム XFS® を、容易にデプロイ可能なパッケージに統合しています。

対象となるお客様

  • SKU は 4、8、16 ノード構成でのみ利用可能です。サブスクリプションの合計数の半分をクラウドにデプロイできます。
  • クラウドからオンプレミスにサブスクリプションを移行することはできません。サブスクリプションは、その有効期間が終了するまで、クラウドで使用する必要があります。

ガイドライン

  • クラウドプロバイダーのアカウント番号を複数の Red Hat アカウントに関連付けることはできませんが、1 つの Red Hat アカウントに、クラウドプロバイダーのアカウント番号を複数関連付けることができます。
  • 現在お持ちの Red Hat Storage Server for Hybrid Cloud の Standard または Premium のサブスクリプションの有効期間が終了するまで、クラウドインスタンスにアクセスできます。
  • 1 つの Red Hat Storage Server for Hybrid Cloud インスタンスは、クラウド内の 1 つの仮想コアサイズ (大または特大) に対応します。
  • 1 つの Red Hat Storage Server for Hybrid Cloud インスタンスを 2 つの場所 (オンプレミスやクラウドなど) で同時に実行することはできません。サブスクリプションで定められたインスタンスの合計数を超えることはできません。
  • 現在お持ちの Red Hat Storage Server for Hybrid Cloud のサブスクリプションの有効期間が終了するまで、クラウドインスタンスにアクセスできます。
  • ベースイメージと更新について
    • Red Hat が認定およびサポートする Red Hat 製品イメージを取得するには、Red Hat 認定クラウドプロバイダーが必要です。これには重要な修正や更新が含まれるため、常に最新の Red Hat 製品イメージをご利用いただけます。
    • クラウド内で提供したベースイメージとパッケージのみが Red Hat のサポート対象となります。つまり、ベースイメージに含まれているものと、クラウド更新サービスで提供されたものがサポート対象となります。

OpenShift Enterprise

Red Hat の OpenShift Enterprise を Cloud Access で使用することで、独自の OpenShift PaaS をパブリッククラウドに簡単にデプロイできるため、PaaS に対する制御を継続しながら、パブリッククラウドコンピューティングの利点を活用できます。

対象となるお客様

Cloud Access で OpenShift Enterprise をご利用いただくには、次の条件を満たす必要があります。

  • 1 つの Red Hat アカウントに、未使用の有効な 2 コア Premium OpenShift サブスクリプションが 1 つ以上必要です。この要件を満たしていない場合は、Red Hat のセールスにご連絡のうえ、対象サブスクリプションを追加で購入されるか、現在のサブスクリプションを Premium サポートにアップグレードしてください。
  • 未使用のサブスクリプションのみをクラウドに移行します。サブスクリプションの最小要件を満たしていれば、移行可能な Red Hat Enterprise Linux サブスクリプション数に制限はありません。
  • 登録フォームで Red Hat Cloud Access サブスクリプションの利用規約に同意していただくこと。
  • OpenShift Enterprise サブスクリプションの利用規約に同意していただくこと。

コアはスタック可能です。たとえば、クラウドインスタンスに 4 コアある場合、利用可能な 2 コアのサブスクリプションを 2 つ使用できます。

OpenShift Enterprise ソケットペアサブスクリプションは対象外です。

注: サードパーティがサポートを提供している OpenShift Enterprise 製品や、ハードウェア OEM 製品は、クラウドでご利用いただくことはできません。

ガイドライン

OpenShift Enterprise 製品をクラウドに移行する場合は、以下のガイドラインをご確認ください。

  • 1 つの OpenShift Enterprise コアはクラウド内の 1 つの仮想コアに対応します。インスタンスのサイズとは無関係です。これは、AWS の Cluster Compute または Cluster GPU インスタンスファミリには適用されません。
  • AWS の Cluster Compute または Cluster GPU ファミリのインスタンスのクラスタインスタンスハードウェア仕様に定義されているように、1 つの OpenShift Enterprise コアは、1 つの物理コアに対応します。
  • 1 つの OpenShift Enterprise サブスクリプションを 2 つの場所 (オンプレミスやクラウドなど) で同時に実行することはできません。サブスクリプションのデプロイ場所に関係なく、サブスクリプションで定められたコアの合計数を超えることはできません。
  • クラウドプロバイダーのアカウント番号を複数の Red Hat アカウントに関連付けることはできませんが、1 つの Red Hat アカウントに、クラウドプロバイダーのアカウント番号を複数関連付けることができます。
  • Red Hat カスタマーポータルや別の Red Hat 管理製品 (Red Hat Satellite など) へのサブスクリプションの登録は、お客様の責任となります。
  • ベースイメージの保守、重要な修正やその他の更新の適用は、お客様の責任となります。

ご利用になるには

Red Hat 認定パブリッククラウドでは Red Hat 製品の使用をすぐに開始できます。

次のものが必要になります。

  • Red Hat アカウント番号
  • クラウドプロバイダーのアカウント番号(プロバイダーのアカウント番号をお忘れの場合や、新しいアカウント番号を登録する必要がある場合は、プロバイダーに直接お問い合わせください)

  1. 資格のチェック: Cloud Access の利用条件を満たしていることを確認します。
  2. お申し込み: [お申し込みはこちら] ボタンをクリックして Red Hat アカウントにログインします。Red Hat 製品を Red Hat Cloud Access に登録すると、Red Hat 認定パブリッククラウドプロバイダーで使用できるようになります。

お申し込みはこちら

登録ごとに、単一クラウドプロバイダーに複数の製品を登録できます。

よくある質問 (FAQ)

現在のサブスクリプションは Red Hat Cloud Access の対象ですか?

Red Hat 認定クラウドプロバイダーにサブスクリプションを移行するには、十分な数の有効なサブスクリプションがアカウントに必要です。ご不明な場合は、Red Hat Network アカウントを確認してください。

弊社へのお問い合わせ

お問い合わせはこちら