Red Hat Cloud Access

Red Hat サブスクリプションのメリット(受領歴のあるサポート等)はそのままで、サブスクリプションを正規の Red Hat 認定クラウド & サービスプロバイダーに移行

プログラム概要

Red Hat® Cloud Access は、お客様が認定パブリッククラウドプロバイダーで特定の Red Hat 製品サブスクリプションを実行するためのプログラムです。

サブスクリプションの移行が可能になり、データセンターやパブリッククラウドで、お客様のニーズに最適のアーキテクチャとインフラストラクチャを選択できます。

価格を含め、Red Hat でのサブスクリプションの利用条件は同じままです。認定クラウドプロバイダーへの移行時にサイズや価格を確認するには、Red Hat 営業担当者に直接ご連絡ください。RedHat にはサブスクリプション料金を、クラウドプロバイダーにはそのクラウドサービスで使用したサービスの料金をお支払いいただきます。

Red Hat のお客様はこちら

Red Hat の以前からお客様で未使用のアクティブ・サブスクリプションがある場合は、カスタマーポータルで Cloud Access を有効にする方法をご確認いただけます。

機能と利点

現行の IT を活用

アプリケーションの一貫性とセキュリティを管理することにより、現行の IT 投資を保護します。

クラウドへの移行

Cloud Access のカスタムイメージがあれば、サブスクリプションと仮想イメージを容易に認定パブリッククラウド・プロバイダーに移行できます。

Red Hat がお手伝いします

営業担当者、カスタマーポータル、ナレッジベース、ビデオ、リファレンス・アーキテクチャなど、Red Hat サポートリソースを引き続きご利用ください。

未来を見据えたソリューション

データセンターとクラウド間の移植性を確保することにより、増大する需要に対応したり、応答時間を改善したりできます。

クラウド戦略に Red Hat をご検討ください