お問い合わせ
アカウント ログイン
セクションを選択

開発者が選ぶ Red Hat Enterprise Linux (RHEL)

URL をコピー

IT チームが本当に必要な環境とは、柔軟性、適応性、回復力、そして管理性に優れたテクノロジー戦略をサポートする環境です。オペレーティングシステム (OS) は、IT インフラストラクチャとそれが包含するあらゆる環境を強化および統合する基盤となることができます。Red Hat Enterprise Linux (RHEL) の強みはまさにそこにあります。

Red Hat Enterprise Linux は、開発者が必要とする安定性と一貫性を備えたオープンソースLinux (リナックス) オペレーティングシステムであり、あらゆるインフラストラクチャとあらゆるクラウドで実行できます。開発者が Red Hat Enterprise Linux で作業する場合、テストとデプロイが行われるのと同じプラットフォームでアプリケーションの開発が行われます。開発者は、運用チームが採用した、安定し信頼できるプラットフォームそのものを共有することになり、アプリケーション開発に必要な最新のツールやテクノロジーを使用できるようになります。

 

(動画) Red Hat Enterprise Linux 9: 変わらない安定性と可用性を提供

オペレーティングシステムは、システムの開発、デプロイ、および管理の方法を決定するプラットフォームであり、組織の優先順位と文化を反映する形での対応や方向転換を決定するのにも役立ちます。 

Red Hat Enterprise Linux をベースにすることで、インフラストラクチャのフットプリント全体で同じツールを使用してアプリケーションとサービスを管理できます。オペレーティングシステムが柔軟性と一貫性を備え、セキュリティに重点を置いている場合、ユーザー環境全体がその一貫性とセキュリティを継承し、ワークロードのための信頼性の高い IT 基盤となります。

 

セキュリティとコンプライアンス

データセンターのセキュリティはオペレーティングシステムから始まります。セキュリティとコンプライアンスを最初からインフラストラクチャとアプリケーションライフサイクルに組み込むことで、脆弱性のリスクを緩和できます。Red Hat Enterprise Linux の多層侵害防御機能には、最新の暗号化標準とライブラリ、SELinux、アプリケーションリストなどの自動化され、反復可能なセキュリティ制御が含まれます。 

自動化と運用管理

イノベーションにより多くの時間を費やし、繰り返しタスクに費やす時間を減らしましょう。Red Hat Enterprise Linux は、ワークロードのデプロイメントを自動化および最適化するための安定かつ一貫したエクスペリエンスを作成すると同時に、イメージビルダー、システムロール、Red Hat Enterprise Linux Web コンソールなどの付属ツールを使用して、反復可能で自動化されたワークフローを組み合わせて提供します。

 
パフォーマンス

Red Hat Enterprise Linux は、オープン・ハイブリッドクラウド全体でアプリケーションに信頼性の高いパフォーマンスを提供し、アプリケーションの構築中にワークロードのパフォーマンスを識別、分析、および調整できるようにします。組み込みの TuneD プロファイルを使用すると、さまざまなユースケースに合わせたシステムチューニングが可能になります。また、Red Hat Enterprise Linux は、既存の Linuxカーネルと同じレベルのアプリケーションの互換性と安定性をもたらすとともに、アップストリームカーネルのパフォーマンスを向上させるためのバックポートも提供します。

コンテナ開発ツール

Red Hat Enterprise Linux は、統合されたコンテナ開発、ランタイムツール、およびセキュリティが強化されたベースイメージを提供し、どこをデプロイ先として選んでもコンテナ導入に対応するために必要な、一貫性がありながら柔軟なホストとなります。さらに、コンテナプラットフォームである Red Hat OpenShift は、クラウドネイティブ・アプリケーションパブリッククラウドでビルド、デプロイ、スケーリングできるように設計されており、お客様の組織はビジネスに役立つクラウド戦略を自信を持って実施できます。

クラウドアクセス

まったく同じクラウドは存在しないため、柔軟でありながらも安定したオペレーティングシステムが必要になります。Red Hat Enterprise Linux はオープンソースコードの柔軟性と、オープンソース・コミュニティのイノベーションを兼ね備え、数百ものパブリッククラウド・プロバイダーおよびサービスプロバイダーから認定を受けています。オンプレミス、クラウド、コンテナ、エッジなど、デプロイ先やデプロイ方法に関わらず、Red Hat Cloud Access を使用すると、Red Hat が認定するパブリッククラウドでサブスクリプションを使用できます。

Red Hat Developer プログラムにより、Red Hat Enterprise Linux だけでなく、クラウドでのアプリケーションの構築とデプロイに役立つ広範なエコシステムに簡単にアクセスできます。当社の Universal Base Image (UBI) は、同じ Red Hat Enterprise Linux コアを使用して、コンテナ開発プロジェクトに拡張する際の作業を効率化します。ミドルウェアおよび管理製品を利用することで、アプリケーションのデプロイ、使用、および監視が容易になります。 

Red Hat Enterprise Linux に代表される、サポート付きのエンタープライズ向けオープンソース・オペレーティングシステムでは、何千人もの開発者が Linux カーネルで数百万行ものコードを監視しています。つまり、ミスがセキュリティリスクになり、脆弱性への攻撃が問題となる前に弱点を見つけて修正プログラムを作成します。ライブパッチと修復が含まれているため、信頼できる OS での迅速な開発とデプロイに集中できます。 

コンテナから自動化、さらには人工知能まで、Red Hat Enterprise Linux はイノベーター向けに作成され、開発者向けに設計され、運用向けに工夫されています。あらゆるエンタープライズ向けに設計され、将来実現する機能の基盤となります。

Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションを利用すると、重要なアプリケーションを最大 10 年間保守できます。サポート付きメジャーバージョンからデプロイ対象を選択でき、各マイナーアップデートでアプリケーションの安定性を確実に維持できます。 

 

Red Hat なら、コミュニティ主導のアップストリーム・イノベーションをはじめとするエンタープライズ向けオープンソースのメリットを享受し、オープンソース・テクノロジーを安全に使用できるように組織を支援するエンタープライズクラスのサポートを受けることができます。 

アプリケーションの実行と使用に関しては、Red Hat は基盤となるインフラストラクチャに関係なく一貫しています...。基盤のインフラストラクチャがどのようなものであっても、Red Hat は同じように機能します。これは素晴らしいことです。

TJ 氏

クラウドおよびインフラストラクチャアーキテクチャ

関連資料

記事

Linux とは

Linux は、OS の基本コンポーネントであるカーネルと、そこにバンドルするツール、アプリケーション、サービスで構成されるオープンソースのオペレーティングシステムです。

記事

SELinux とは

SELinux (Security-Enhanced Linux) は、管理者がシステムにアクセスできるユーザーをより詳細に制御できるようにする Linux® システム用のセキュリティ・アーキテクチャです。

記事

Linux カーネルとは

Linux カーネルとは、Linux オペレーティングシステム (OS) の主要コンポーネントで、コンピュータのハードウェアとプロセスとの間のコアインタフェースです。

Linux の詳細はこちら

製品

新しいアプリケーションの展開、環境の仮想化、より安全なハイブリッドクラウドの作成などに適した汎用性を誇る、安定性に優れた実績ある基盤です。

リソース

アナリスト資料

SAP ランドスケープにとって、移行で考慮すべき点は Linux だけではありません

アナリスト資料

IDC:Red Hat Enterprise Linux の経済効果

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。