Jump to section

Red Hat の自動化を選ぶ理由

URL をコピー

自動化は単なるツールではなく、戦略上不可欠なものです。そして、Red Hat® Ansible® Automation Platform は、戦略的な自動化のために構築されています。

Ansible Automation Platform (およびそれに含まれるすべてのツール) は、以下のことにより、少ない手順やトレーニングで実際に自動化できるようにします。

  • YAML (実際のコミュニケーションに近い感覚で記述できる、英単語を用いたデータシリアライズ言語) の使用

  • 通信プロセスの手順を減らし、セキュリティニーズを合理化する、エージェントなしでのエンドポイント接続

  • バンドルされたモジュール、プラグイン、ロール、プレイブック、ドキュメントからなる認定コンテンツのコレクションの提供

そして何よりも、Ansible Automation Platform は開発者から、運用、IT、セキュリティまで部門横断的なチームをつなぐため、各部門が協調して自動化を行えます。

その差は、プラットフォームにあります。 

どんな自動化ソフトウェアでも、タスクを自動化することはできます。しかし、自動化がビジネス上不可欠になると、少数の個人が維持するサイロ化されたスクリプト (自動化の島と呼ばれることも) では、拡張性がありません。Ansible Automation Platform はサブスクリプション製品であり、各チームが自動化 Playbook を作成し、運用チームがそれを管理して企業全体にわたって戦略的に拡張できるようにします。

Ansible には活発なコミュニティがあります。新しい Playbook や認定コンテンツコレクションの公開は、新しいチームメンバーがこれに参加し、自分が最もよく知っている作業を他のチームがすでに使用しているプラットフォーム上で自動化するきっかけとなります。

アーキテクト、開発者、システム管理者。Ansible Automation Platform は、コントロールプレーンと実行プレーンを分離し、コンテナベースのアーキテクチャに移行することで、自動化の対象や場所に関係なく、チーム全体で一貫したユーザーエクスペリエンスを提供します。管理者は、このプラットフォームを使用してパブリッククラウド内のタスクを自動化し、ネットワークエンジニアは、物理サーバ、スイッチ、ルーター、ロードバランサーを自動化することができます。

これが、自動化の戦略的な拡張です。

自動化のビジネス上のメリットを知る

Ansible Automation Platform は戦略的な自動化ソリューションです。もはや、サポート付きの単なるアップストリーム・コマンドライン Ansible パッケージではなく、Ansible の単なるグラフィカル・ユーザー・インタフェースでもありません。航空、政府、軍事の各分野でフォーチュン 500 に選ばれているあらゆる企業が、自動化戦略の策定、管理、拡張に使用している実績あるエンタープライズ・プラットフォームです。

作成

開発者は、以下を利用して、実行環境において制約や運用オーバーヘッドなく、一貫性のあるコードを書くことができます。

管理

運用チームは、開発から本番環境まで、意図したとおりに自動化することができます。プライベート Automation Hub は、execution environment を自動化ジョブに統合するのに役立ちます。Automation controller は、組織全体の自動化の定義、委任、運用を支援し、Red Hat Insights for Ansible Automation Platform と Automation Analytics は、プラットフォームの使用状況を追跡し改善するために必要なデータを提供します。

スケーリング

セルフサービスポータルの提供、アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) の利用、カタログ、外部システムとの統合などを通して、自分が作成した自動化ツールをより多くの人に使ってもらうことができます。IT アーキテクトは、execution environment をローカル化する分散ワーカーノードの安全で回復力のあるオーバーレイネットワークである Automation mesh を使用して、あらゆる環境や地域にわたって自動化戦術を設計および拡張することができます。事前定義された自動化オプションにより、ユーザーは基本的な詳細や複雑さを理解することなく、自動化を行うことができます。

Ansible Automation Platform 2.4 の新機能

Event-Driven Ansible、コレクションレポ管理、検証済みコンテンツ、新しい技術のプレビューにより、このリリースは、何をどう自動化できるかの間口を広げます。

他の Red Hat 製品と同様に、Ansible Automation Platform は Ansible プロジェクトオープンソース開発モデルを使用して、エンタープライズ自動化にカスタマイズされたエクスペリエンスを作成します。このオープンな開発モデルが、Ansible Automation Platform を支えるエンジニアとコミュニティ内の多数のオープンソース Ansible プロジェクトを結びつけます。コミュニティのメンバーは互いに協力して最高のアイデアを見極め、さらに優れたものへと昇華させるために取り組みます。Red Hat はコードに貢献し、アップストリーム・プロジェクトから製品を生み出すことで彼らをサポートします。

Ansible Automation Platform は、パッケージングと配布を単純化し、すべてのコンポーネント間でテスト済みで信頼できる相互運用性を提供します。18 カ月のサポートライフサイクルも提供されているため、Ansible Automation Platform によって、アップストリームのオープンソースツールを使用する際の複雑性、不確実性、当て推量がなくなります。

Red Hat では事前構成済みの Ansible Automation Platform 環境でインタラクティブラボを提供しています。このラボを活用すれば、迅速な開発とデプロイから、運用とアナリティクスの単純化、一貫性のあるエンドツーエンドのユーザーエクスペリエンスに至るまで、ネットワークおよび IT プラクティスを効率的に作成、管理、拡張する方法を実験、演習、習得できます。

Ansible Automation Platform の事例を見て、知識を共有し、チームを拡大し、スキルギャップを埋め、自動化のエキスパートの時間を解放してより高度なタスクに集中させるために、同プラットフォームをどのように活用できるかをご覧ください。動画の再生時間:10:29

関連資料

記事

Ansible の基本を学ぶ

Ansible は、プロビジョニング、構成管理などの IT プロセスを自動化します。主要な概念を含む Ansible の基本を確認できます。

記事

ビジネスプロセス管理とは

ビジネスプロセス管理 (BPM) とは、エンドツーエンドのビジネスプロセスをモデリング、分析、最適化して、戦略的な事業目標の達成を支援することです。

記事

Red Hat の自動化を選ぶ理由

Red Hat Ansible Automation Platform には、複数チームでの自動化の展開や企業全体での自動化の導入に必要なツールがすべて揃っています。

自動化の詳細はこちら

製品

Red Hat の戦略的アドバイザーが、企業組織の全体像を把握しながら課題を分析し、包括的かつコスト効率に優れたソリューションで課題を解決できるようお手伝いします。

エンタープライズ規模で自動化を実装するプラットフォーム。自動化導入のあらゆる段階に対応。

リソース

トレーニング

無料のトレーニングコース

Ansible Essentials: Simplicity in Automation Technical Overview

無料のトレーニングコース

Red Hat Ansible Automation for SAP