ログイン / 登録 アカウント

自動化

ビジネス最適化とは

Jump to section

ビジネス最適化ソフトウェアは、組織がプランニングの問題に対して最適なソリューションを決定することにより、利用可能なリソース (人、設備、時間など) を最大限に活用できるよう支援します。

スケジューリング、勤務シフト管理、配車 、梱包など、組織の日常業務は、厄介で複雑になることがあります。時間や資金などのリソースが限られている状況では、問題を迅速に解決する必要があります。

ビジネス最適化ソフトウェアによって、ビジネスにおけるプランニングの問題を正確かつ迅速に、アルゴリズムで解決できます。プランニングの問題を取り巻く状況は変化するため、ソリューションはその場の判断で変更される場合があります。リソース数が変化してギャップが生じた場合、ビジネス最適化は、最適な答えをすばやく見つけられるように調整します。

制約とソリューションについて

ビジネス最適化は、さまざまな制約を検討し、考えられる各ソリューションの相対的な強みを比較することによって問題に取り組みます。

制約とは、プランニングの問題に対してソリューションが満たさなければならない、あるいは満たすべきリソース (人、機材など) の使用に対する制限です。(実際の制約には、遵守すべき期限、労働時間に関する規制の制限、必要な装置や施設の空き状況、安全要件などが含まれる場合があります。)

制約には、ポジティブ(前向きな制約)とネガティブ(後ろ向きな制約)、そして、ハード(厳格な制約)とソフト(寛大な制約)があります。ポジティブな制約とは、そうならなければならない、またはそうなるべきものであり、ネガティブな制約とは、そうなってはならない、またはそうなるべきではないものです。ハードな制約は破ることができません。たとえば、1 台のトラックを同時に 2 カ所に配置することができないのと同じです。ソフトな制約とは、望ましいが厳密に必要とされていないものです。できるだけ早く配達したいという願望は、ソフトな制約です。

制約に基づいて、ビジネス最適化システムは各ソリューションの数値スコアを計算し、可能なソリューション一式を比較して、どれが最適かを決定します。

各ソリューションは、可能、実現可能、最適という 3 つのカテゴリのいずれかに分類できます。可能なソリューションはあらゆるソリューションが対象となり、制約に違反するものも含まれます。非常に多くの可能なソリューションが存在する場合があります。実現可能なソリューションは、ネガティブかつハードな制約に違反しないソリューションです。実現可能なソリューションが全く存在しない場合もあります。そして、最適なソリューションは、最高のスコアを持つソリューションです。(実現できない最適なソリューションが存在する場合があります。)

ビジネス最適化のユースケースの例

スケジューリング:労働力の規模が大きくなると、スケジューリングの難しさも増大します。病院、組立工場、コールセンターなどでは、さまざまなスキルを持つ数千人もの従業員が雇用されます。ビジネス最適化システムは、スキル要件、一度に必要な従業員の数、各従業員が働ける 1 日の時間数、休暇のスケジュール、希望する時間帯、公平性の各項目に対して最適化を行い、誰がいつ勤務すべきかを決定するのを支援します。

配車:宅配業者から公共交通機関、修理会社に至るまで、配車には非常に多くの制約が伴う場合があります。時間枠、作業場所、従業員のスキル、従業員の所在地はその一部に過ぎません。ビジネス最適化は、これらの情報を受け取り、最適な配車計画を数秒または数分で作成できます。

日程のスケジューリング:スケジュールの計画には多数の制約を伴うことがあり、多くの場合、都合が限られた状況で、人と物理的な場所の両方を調整します。ビジネス最適化は、会議、メンテナンス作業、スポーツイベント、学校の授業などで、最適な時間を見つけるのに役立ちます。

複雑な制約のある問題:組織は、投資ポートフォリオの調整、コンテナの梱包、資材の切断に伴って生じる廃棄物の最小化などにビジネス最適化を使用します。

Red Hat の最適化を選ぶ理由

Red Hat® Decision Manager には、OptaPlanner オープンソース・プロジェクトから生まれた最適化エンジンが含まれています。 Red Hat ビルドの OptaPlanner は、軽量で組み込み可能なプランニングエンジンであり、他の方法では解決が非常に困難で時間とコストがかかる問題に対して、優れたソリューションをすばやく見つけることができます。

すぐに使えるさまざまなアルゴリズムが用意されているため、最適化手法の特別な知識がないユーザーでも、アルゴリズムを試して適切なものを選択し、最適な結果を得ることができます。

Red Hat のビジネス最適化ソリューションは、Decision Manager のルールエンジンの基本機能を有効活用しているため、ルールベースのテクノロジーを使用しない従来のプランニング・ソリューションに比べて、拡張性のメリットがあります。

今すぐ始める

Red Hat Decision Manager product logo

Red Hat Decision Manager は、ビジネス上の意思決定を自動化する、コンテナ化されたマイクロサービスとアプリケーションを開発するためのプラットフォームです。ビジネスルール管理、複合イベント処理、およびリソース最適化テクノロジーが含まれます。

Red Hat Process Automation Manager product logo

Red Hat Process Automation Manager は、ビジネス上の意思決定とプロセスを自動化する、コンテナ化されたマイクロサービスとアプリケーションを開発するためのプラットフォームです。ビジネスプロセス管理 (BPM)、ビジネスルール管理 (BRM)、ビジネスリソース最適化および複合イベント処理 (CEP) テクノロジーが含まれます。

Red Hat とのディスカバリーセッションをリクエストする