検索

日本語

日本語

ログイン

ログイン/登録

Web サイト

クラウド・コンピューティング

クラウド管理とは

クラウド管理とは、ユーザー、データ、アプリケーション、サービスといった、クラウドで動作するすべてのものを、管理者がどのように制御するかということです。クラウド管理ツールを使うことで管理者は、リソースのデプロイ、使用量の追跡、データ統合、さらには障害復旧まで、あらゆるタイプのクラウドアクティビティを管理できるようになります。クラウド管理ツールを通して、クラウドを構成するインフラストラクチャ、プラットフォーム、アプリケーション、データを管理者として制御できます。


クラウド管理の仕組み

クラウド管理ソフトウェアは通常、データベースとサーバーを含む仮想マシン (VM) として既存のクラウド環境にデプロイされます。サーバーはアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) で通信し、データベースとクラウドを支える仮想リソースを接続します。データベースは、仮想インフラストラクチャの稼働状況に関する情報を収集して Web インタフェースに分析を送信し、クラウド管理者がクラウドのパフォーマンスを視覚的に確認できるようにします。管理者からクラウドにコマンドを送信することもできます。この処理は仮想サーバーによって実行されます。

この接続の基礎となっている要素がオペレーティングシステムであることは、見過ごされがちです。オペレーティングシステムはクラウドを構成するあらゆる種類のテクノロジーに命令を与えるだけではなく、クラウド管理ツールのデプロイも実行します。オペレーティングシステムは、あらゆるクラウドと連携する必要があります。そのクラウドが特殊なものであったとしても、それは変わりません。Linux® をはじめとするクラウドベースのオペレーティングシステムの多くがオープンソースであるのはそのためです。


クラウド管理とクラウド・コンピューティングの違い

クラウドはルールを提供し、クラウド管理がそれを実行します。クラウドは、ソフトウェアによって管理される仮想リソース、ストレージ、アプリケーション、およびサービスのプールであり、必要に応じてリソースにアクセスできます。クラウド管理とは、ソフトウェア、自動化、ポリシー、ガバナンス、人を組み合わせたもので、それらのクラウド・コンピューティング・サービスが組織にどのように提供されるかを決定します。


クラウド管理プラットフォームに求められること

クラウド管理プラットフォームは、ニーズに合わせてカスタマイズする必要があります。オペレーティング・システム、アプリケーション、ストレージ・フレームワーク、その他クラウド内で実行されているすべてについて要件を満たさなければなりません。

自動化は、人間を日常的な作業から解放するものです。自動化はクラウド・コンピューティングのすべての機能に不可欠であり、セルフサービス機能はあらゆるクラウド管理プラットフォームにとって重要です。

クラウドサービスは簡単に使用できるため、予算を超えて使ってしまいがちです。クラウド管理プラットフォームには、正確なコスト予測とレポートを提供することが求められます。

クラウドのリソース、データ、処理能力と同様、管理者が物理的にどこにいてもクラウド管理ツールにアクセスできる必要があります。

必然的に、企業では今後、あらゆるクラウド (プライベート、パブリック、ハイブリッド) が使用されるでしょう。クラウド管理プラットフォームは、これら 3 つのタイプのクラウドすべてを円滑かつセキュアにサポートできる必要があります。

欲張りに思えるかもしれませんが、セルフサービス機能はあらゆるクラウド管理プラットフォームに不可欠です。すべてを継続的に制御し、同時にポリシーによってリソースへのユーザーアクセス、設定、および容量を規定する必要があります。


Red Hat が選ばれる理由

クラウドを構築できたとします。しかし、クラウド・コンピューティングのニーズが変われば、ユーザーはそれに順応していきます。クラウド管理ツールも同じであるべきです。単独のクラウド環境であれ、マルチクラウド環境であれ、効果的な管理を行うか否かで大きな違いがあります。Red Hat のオープンソース・マルチクラウド管理プラットフォームは、クラウドのコストを追跡し、リソースの割り当てを制御し、コンプライアンスを確保するための一貫した方法を提供します。また、主要なオープンソース IT 自動化の Playbook の実行にネイティブ対応した設計により、統一された自動化言語を使ってクラウド・エクスペリエンスを標準化できます。

クラウドの管理を今すぐ始める

Red Hat Cloudforms

ユーザーが仮想マシンやプライベートクラウドをプロビジョニングしたり、管理したりするためのセルフサービス機能を IT 部門が制御できるようにし、仮想マシンとプライベートクラウドの全体でコンプライアンスを順守できるようにするインフラストラクチャ管理プラットフォームです。

Red Hat Ansible Automation Platform

コーディングやスクリプト作成なしで幅広いポリシーとプロセスを定義することにより、クラウド管理を自動化します。

Red Hat インフラストラクチャを使用するクラウドプロバイダーまたはサービスプロバイダーを見つけるか、自身がプロバイダーになって、クラウド環境を構築しましょう。

クラウドについてさらに詳しく知る