ログイン / 登録 アカウント

クラウド・コンピューティング

クラウド管理とは

Jump to section

クラウド管理とは、クラウドで動作するすべての製品やサービス、つまりユーザーとアクセス制御、データ、アプリケーション、サービスを制御し、オーケストレーションする方法のことを言います。その主眼は、管理者がクラウドの使用率やコストを監視しつつ、必要なリソースにアクセスし、自動化が必要なプロセスを自動化し、適切に調整を行えるようにすることにあります。また、柔軟性およびスケーラビリティの維持と、状況の変化への迅速な対応を両立させる方法でもあります。 

クラウド管理ツールを使うと、あらゆる種類のクラウド (パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド) とクラウドアクティビティ (リソース開発、データ統合、Kubernetes、障害復旧の追跡など) を監督できます。クラウド管理ツールを通して、クラウドを構成するインフラストラクチャ、プラットフォーム、アプリケーション、クラウドプロバイダー、クラウドサービス・プロバイダーのリソース、データを管理者として制御できます。

 

クラウド管理の仕組み

クラウド管理ソフトウェアは通常、データベースとサーバーを含む仮想マシン (VM) として既存のクラウド環境にデプロイされます。サーバーはアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) で通信し、データベースや、クラウドを支えて内部で相互に作用する仮想リソース、クラウドリソース、コンテナベースのリソースを接続します。データベースは、仮想/クラウドインフラストラクチャの稼働状況に関する情報を収集して Web インタフェースに分析を送信し、クラウド管理者がクラウドのパフォーマンスを視覚的に確認および分析できるようにします。管理者からクラウドにコマンドを送信することもできます。この処理は仮想サーバーによって実行されます。

この接続の基礎となっている要素がオペレーティングシステム (OS) であることは、見過ごされがちです。オペレーティングシステムはクラウドを構成するあらゆる種類のテクノロジーに命令を与えるだけではなく、クラウド管理ツールのデプロイも実行します。オペレーティングシステムは、あらゆるクラウドと連携する必要があります。そのクラウドが特殊なものであったとしても、それは変わりません。Linux® をはじめとするクラウドベースのオペレーティングシステムの多くがオープンソースであるのはそのためです。

 

クラウド管理とクラウド・コンピューティングの違い

クラウドはルールを提供し、クラウド管理がそれを実行します。クラウドは、ソフトウェアによって管理される仮想リソース、ストレージ、アプリケーション、およびサービスのプールであり、必要に応じてリソースにアクセスできます。クラウド管理とは、ソフトウェア、自動化、ポリシー、ガバナンス、人を組み合わせたもので、それらのクラウド・コンピューティング・サービスが組織にどのように提供されるかを決定します。

 

クラウド管理プラットフォームに求められること

クラウド管理プラットフォーム (CMP) は、ニーズに合わせてカスタマイズする必要があります。オペレーティング・システム、アプリケーション、プロビジョニング、クラウドセキュリティ、ストレージ・フレームワーク、標準運用環境 (SOE)、その他クラウド内で実行されているすべてについて要件を満たさなければなりません。さらに、変化に迅速に対応できる柔軟性も必要です。

自動化は、可能な限り多くの日常タスクで手動操作を不要にします。これにより、効率性の向上とエラーの削減という二重のメリットが得られます。自動化はクラウド・コンピューティングによる負荷を大きく軽減するものであり、あらゆるクラウド管理プラットフォームに欠かせない要素です。 

クラウドサービスは簡単に使用できるため、予算を超えて使ってしまいがちです。クラウド管理プラットフォームには、正確なコスト管理、予測、レポートを提供することが求められます。

クラウドのリソース、データ、処理能力と同様、管理者やインフラストラクチャが物理的にどこに存在していてもクラウド管理ツールにアクセスできる必要があります。

必然的に、企業では今後、あらゆるクラウド (プライベート、パブリック、ハイブリッド) が使用されるでしょう。クラウド管理プラットフォームは、あらゆるタイプのクラウドをすべて、複数の環境をまたいで円滑かつセキュアにサポートできる必要があります。

当たり前のように思われるかもしれませんが、頻繁に発生する変更と更新に対応できる柔軟性と適応性を維持するためには、クラウド管理プラットフォームがセルフサービス機能を備えていることは必須の条件となります。すべてを継続的に制御し、同時にポリシーによってリソースへのユーザーアクセス、設定、および容量を規定する必要があります。最低限の要件として、複数のロケーション、仮想、データセンターをまたぐインフラストラクチャのすべてをライフサイクル全体にわたってオーケストレーションできる機能を備えていなくてはなりません。

 

Red Hat を選ぶ理由

クラウドは今後も使われ続ける技術です。そしてテクノロジーは、Kubernetes やエッジコンピューティングなどの成果を残しつつ、常に変化していきます。しかし、クラウド・コンピューティングのニーズが変われば、ユーザーはそれに順応していきます。クラウド管理ツールも同じであるべきです。単独のクラウド環境であれ、マルチクラウド環境であれ、効果的な管理ができるかどうか、また順応していく柔軟性を備えているかどうかで大きな違いが生まれます。Red Hat のオープンソース・マルチクラウド管理プラットフォームは、クラウドのコストを追跡し、リソースの割り当てを制御し、コンプライアンスを確保するための一貫した方法を提供します。また、主要なオープンソース IT 自動化の Playbook の実行にネイティブ対応した設計 (Red Hat Ansible Automation Platform) により、統一された自動化言語を使ってクラウド・エクスペリエンスを標準化できます。

クラウドの管理を今すぐ始める

Red Hat Cloudforms

物理的なコンピュータからハイブリッド・マルチクラウドまで、Red Hat Enterprise Linux がサポートするあらゆる環境をよりセキュアに管理できるツールです。

Red Hat Ansible Automation Platform

コーディングやスクリプト作成なしで幅広いポリシーとプロセスを定義することにより、クラウド管理を自動化します。

高い適応性を備え、直感的に使える革新的な Red Hat インフラストラクチャを使用するクラウドプロバイダーまたはサービスプロバイダーを見つけるか、自身がプロバイダーになって、クラウド環境を構築しましょう。

クラウドについてさらに詳しく知る