アカウント ログイン
Jump to section

ネットワーク管理とは

URL をコピー

ネットワーク管理は、デバイスとそれらを使用するものの間の接続と構成を制御するプロセスであり、通常、IT の 2 つのカテゴリ (アンダーレイ・ネットワーキングとオーバーレイ・ネットワーキング) が含まれます。

アンダーレイネットワーク管理 (あるいは単にアンダーレイ・ネットワーキング) には、ハブ、スイッチ、ルーター、ブリッジ、ゲートウェイ、モデム、リピーターなどのハードウェアデバイスの調整が含まれます。オーバーレイネットワーク管理 (あるいは単にオーバーレイ・ネットワーキング) には、デジタル接続の構築と、エンドユーザー、アプリケーション、またはデバイス間のアクセス許可の管理が含まれます。これらはすべて、仮想的にノードとして存在します。

以下に例を示します。 

  • アンダーレイネットワーク管理:ネットワークエンジニアは、Red Hat® Ansible® Automation Platformを使用して、サーバー、スイッチ、ルーター、ロードバランサーなどの物理デバイスのネットワーク構成を自動化できます。
  • オーバーレイネットワーク管理:ネットワーク管理者は、ソフトウェア・デファインド・ネットワーク (SDN) などを使用して、ネットワーク転送機能をネットワーク制御機能から分離し、ネットワークハードウェアとデジタルノード間の接続を作成できます。

ネットワークプロビジョニング:ネットワークデバイスの初期構成を自動化すること、またはユーザー、サーバー、コンテナIoT デバイスなどがアクセスするネットワークをセットアップすることを意味します。

ネットワーク構成:ネットワークまたはネットワークデバイスの望ましい状態を定義し、その状態を長期間にわたって維持することが含まれます。論理的観点から、ネットワーク構成はネットワーク・プロビジョニングの次のステップとなります。

ネットワークセキュリティ:攻撃、損害、または不正アクセスからネットワークを保護するセキュリティシステムとセキュリティ管理プロトコルの確立を含みます。ネットワーク管理者またはネットワークセキュリティ管理者は、ファイアウォールと呼ばれるトラフィックのルーティングプロトコルを確立します。セキュリティ、コンプライアンス、構成のリスクを特定して修復する障害管理システムを設定しますが、これらはすべて、ネットワーク自動化テクノロジーによって強化されます。一部のネットワーク・セキュリティ・システムは、ネットワーク管理者が問題のトラブルシューティングを行うのに役立つ修復ガイダンスも提供します。

ネットワーク測定:ネットワークの監視とテスト、ネットワークの監視とトラブルシューティング、高可用性 (HA) の確保、障害復旧計画の作成を含みます。ネットワークを測定することにより、ネットワークパフォーマンス、つまり、ネットワークデバイス間のデータ転送の速度と効率 (ネットワークトラフィックと呼ばれる) を維持して、帯域幅と応答時間を向上できます。パフォーマンス管理とパフォーマンス監視は、パフォーマンスの問題を特定するのに役立ち、ダウンタイムと停止を最小限に抑え、アプリケーションのパフォーマンスを向上させるという補助的な効果があります。

自動化管理の進化形であるように、ネットワーク自動化もネットワーク管理の進化形です。 

ネットワーク管理とネットワーク自動化の違いは、管理と自動化の (きわめて主観的な) 違いにあります。シームレスな自動化などというものは存在しないので、管理と自動化の間に客観的な境界線はありません。ある時点で、一連のタスクを管理するために必要な人的労力は、以前よりも大幅に少なくなります。そうなれば、それまで管理と呼ばれていたものが、自動化と呼んでもおかしくないものになったと言えるでしょう。 

アンダーレイネットワーク管理Red Hat Ansible Automation Platform は、あらゆるタイプのネットワークハードウェアの構成に役立つ何千ものネットワーク自動化モジュールを備えています。Linux® と同じように、ネットワークハードウェアを IaC (Infrastructure-as-Code) に変換します。ほとんどのネットワークスイッチはベンダーのソフトウェアにバンドルされていますが、Red Hat Ansible Automation Platform はそれに接続して動作します。したがって、ネットワークエンジニアに必要なのは、特殊なネットワーク・インタフェースとプロプライエタリー・ハードウェアをコモディティ化する Red Hat Ansible Automation Platform の知識だけです。

オーバーレイネットワーク管理:

  • Red Hat Enterprise Linux:VLAN タギング、ネットワークブリッジ、ネットワークチーム、ネットワークボンド、VPN 接続、IP トンネル、デフォルトゲートウェイ設定、静的ルート、ポリシーベースのルーティングなどを構成します。
  • Red Hat OpenStack Platform:強化された Red Hat OpenStack® Platform にフィードする多数のオープンソース・プロジェクトの中には、他の OpenStack サービス間でネットワークを接続する neutron があります。ネットワーク管理者は、Red Hat OpenStack Platform の SDN を使用してネットワークサービスを管理できます。
  • Red Hat OpenShift および Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes:SDN を使用して、ネットワークポッドがオーバーレイネットワークとして構成されている統合クラスタネットワークを作成します。
  • Red Hat Hyperconverged Infrastructureハイパーコンバージド・インフラストラクチャでネットワーク機能を仮想化することで、IT 運用者は、各ネットワークデバイスを手動で処理する代わりに、一元化されたパネルを通じて複雑なネットワークトポロジーのネットワークトラフィックを制御できます。

ネットワーク管理は、始めはそうではなくても、通常、最終的には大掛かりな作業になります。Red Hat は、アンダーレイネットワークとオーバーレイネットワークを管理するソフトウェアを使用して、ネットワーク管理の課題の解決と、その過程での学びを支援します。

当社の開発モデルオープンソースソフトウェア開発への取り組みにより、オープンソース・コミュニティで行われているイノベーションとコラボレーションに直接アクセスする (そして影響を与える) ことができます。その多くは Red Hat の支援を受けて確立されています。

IT 管理の詳細はこちら

製品

Red Hat Satellite

Red Hat インフラストラクチャのデプロイ、スケーリング、管理を任意の環境で容易に行うためのシステム管理ソフトウェア。

Red Hat Decision Manager

ビジネスルール管理、ビジネスリソース最適化、複合イベント処理のためのビジネス自動化プラットフォーム。

Red Hat Process Automation Manager

ビジネス上の意思決定とプロセスを自動化するクラウドネイティブ・アプリケーションを開発するためのプラットフォーム。

Red Hat Smart Management

予測分析とシステム管理ソフトウェアをクラウドツールと組み合わせて、あらゆる Red Hat Enterprise Linux 環境を管理します。

Red Hat Advanced Cluster Management Kubernetes

Kubernetes クラスタとアプリケーションを制御する、セキュリティポリシーを組み込んだ単一のコンソール。

リソース

トレーニング

無料のトレーニングコース

Red Hat Satellite Technical Overview

  • OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下で使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。

Red Hat logo LinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試す、買う、売る

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください

© 2022 Red Hat, Inc. Red Hat Summit