言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

トピック

OpenStack を理解する

OpenStack® は、標準的なハードウェアを使いこなすモジュール式のクラウドインフラストラクチャを提供します。必要なツールを、必要なときに、すべて 1 カ所からデプロイできます。

OpenStack とは何か?

OpenStack は、プールされた仮想リソースを利用するオープンソースツール (プロジェクトといいます) を組み合わせて、プライベートクラウドおよびパブリッククラウドを構築し、管理するためのインフラストラクチャです。こうしたプロジェクトのうち 6 個が、コンピューティング、ネットワーキング、ストレージ、アイデンティティ、およびイメージサービスという中核となるクラウドコンピューティングサービスを処理します。それに加えて、十数個のオプションプロジェクトをバンドルすることにより、デプロイ可能な独自のクラウドを作成できます。

これは、このようなものと考えることができます。仮想化により、ストレージ、CPU、および RAM などのリソースを各種のベンダー固有のプログラムから抽出し、ハイパーバイザーによって分割してから、必要に応じて配布します。OpenStack では、一貫したアプリケーションプログラミングインターフェース (API) 群を使用してこれらの仮想リソースをもう一歩先まで抽象化することにより、標準的なクラウドコンピューティングツールの機能を強化するために管理者やユーザーが直接対話できる別々のプールを作成します。

どのリソースを仮想化し、どの種類のクラウドサービスを必要とするかに応じて OpenStack のモジュール式のアーキテクチャーを使用することにより、異なるプロジェクトをデプロイし、独自のクラウドプラットフォームを設計できます。

OpenStack は単なる仮想化管理プラットフォームに過ぎないのか?

そうではありません。類似点も多くありますが、まったく同じではありません。

確かに、OpenStack と仮想化管理プラットフォームはどちらも仮想化されたリソースを基盤にしており、異種ベンダー環境内でプロセスを検出、レポート、自動化できます。

しかし、仮想化管理プラットフォームは仮想リソースの機能や働きを操作しやすくするものであるのに対して、OpenStack は仮想リソースを実際に使用して、いくつかのツールの組み合わせを実行します。これらのツールを利用すれば、米国国立標準技術研究所 (NIST) が定めたクラウドコンピューティングの 5 つの基準 (ネットワーク、プールされたリソース、ユーザーインターフェース、プロビジョニング機能、および自動化されたリソース制御/割り振り) を満たすクラウド環境を作成できます。1

1 https://www.nist.gov/programs-projects/cloud-computing

OpenStack で何ができるのか?

プライベートクラウドのディストリビューションを OpenStack 上で実行したほうが、DIY で行うより良い結果になるという根拠があります。451 Research の調査によると、OpenStack ディストリビューションの価値が独自に作成したプライベートクラウドより大幅に高くなるのに必要な仮想マシン数の増加は、OpenStack のインストールと管理が簡素であるため、わずか 6% だったとのことです。

451 Research によると、ネットワーク機能仮想化 (NFV) に OpenStack を利用すれば、ネットワークの重要機能が分離されて環境全体に配布できるようになるため、2 番目に重要な利点に挙げられるとのことです。アナリストによると、この点は世界の大手通信サービスプロバイダーのほとんどでアジェンダに予定されています。

OpenStack は、パブリッククラウド環境を構築するためのオープンソースオプションとして先導的な地位にあります。数十億ドル規模の株式公開企業から、起業したばかりの会社まで、OpenStack を利用してパブリッククラウドをセットアップすれば、大手パブリッククラウドプロバイダーに匹敵するサービスを提供できます。

OpenStack はプライベートクラウドおよびパブリッククラウドのための安定した基盤です。コンテナを利用すると、アプリケーションの配信をスピードアップできるだけでなく、アプリケーションのデプロイと管理を簡素化できます。コンテナを OpenStack で稼働すると、コンテナのメリットを、単一チームやサイロ化したチームから、部門を越えたエンタープライズ規模の運用にまでスケールアップできます。

OpenStack の構成要素

OpenStack は、多数のオープンソースプロジェクトで構成されています。6 つの中核となるサービスにより、コンピューティング、ネットワークキング、ストレージ、アイデンティティ、およびイメージを処理しますが、他にも開発の成熟度がさまざまな十数個のオプションサービスがあります。この 6 つの中核となるサービスは、ダッシュボード、オーケストレーション、ベアメタルのプロビジョニング、メッセージング、コンテナ、およびガバナンスを処理する他のプロジェクトを実行するためのインフラストラクチャです。

Nova

Nova は、OpenStack のコンピューティングリソースを完全に管理し、そうしたリソースにアクセスするためのツールであり、リソースのスケジューリング、作成、および削除を担当します。

Neutron

Neutron は、他の OpenStack サービスにまたがるネットワークを接続します。

Swift

Swift は、高度な耐障害性を持つオブジェクトストレージサービスで、構造化されていないデータオブジェクトの格納と取得を、RESTful API を使用して実行します。

Cinder

Cinder は、セルフサービス API を介してアクセスできる永続的なブロックストレージを提供します。

Keystone

Keystone は、すべての OpenStack サービスの認証と許可を担当します。また、すべてのサービスに対するエンドポイントカタログでもあります。

Glance

Glance は、さまざまな場所に仮想マシンのディスクイメージを格納し、さまざまな場所からディスクイメージを取得します。

OpenStack に多数のディストリビューションがあるのはなぜか?

多くのベンダーが OpenStack の独自のディストリビューションを提供しているのは確かですが、これは The OpenStack Foundation によって管理されたオープンソースプロジェクトです。そのため、多数の異なるディストリビューションが市場に出てはいても、それらはすべて同じソースコードに由来しています。さらに言えば、自社内のリソースを使用する OpenStack をベースにしたクラウドデプロイ全体をダウンロードし、インストールし、管理することも可能です。

とはいえ、プロジェクトの何十個ものコンポーネントを統合する作業の複雑さは並大抵ではなく、リリースサイクルも非常に短期間になっています。多くの会社は OpenStack の経験を持つ会社と提携して、適切なツールの選択やハードウェアリソースの最適化、システム運用の維持について支援を受けています。

OpenStack に関する 5 つの基本知識

  1. 標準化が基盤
  2. 少ないコストで多くのイノベーションを提供
  3. 業界全体からのサポートが必要
  4. 社内プロセスの変更を引き起こす
  5. 進化の途上にあるテクノロジー

Red Hat を選ぶ理由

OpenStack が成長を始めた出発点、つまりオープンソースコードから始める必要があると私たちは考えているからです。オープンソースコミュニティで誕生した OpenStack を企業に導入する業務には、その分野を得意とする弊社が適任です。単にコンパイルするだけで、テストもせずに OpenStack プロジェクトを納品するのではありません。OpenStack コミュニティに貢献している上位企業として、それを超えたものをお届けします。

クラウド全体はオープンであるべきというのが私たちの考え方です。独占コードに閉じ込められてはなりません。この方針は弊社の仕事全体によく表れています。弊社の製品の中には、競合他社のシステムで認定されたものもあります。実際、Amazon や Google などのクラウドプロバイダーとも密接に協力しています。そのため、どのインフラストラクチャにデプロイするかに関わらず、優れたパフォーマンスが手に入ります。これは、より高いセキュリティで保護したクラウドを作成することにもつながります。官民を問わずどの組織や会社でも、単独のベンダーが所有するコードというボトルネックなしに、インフラストラクチャのセキュリティをテストして改善することができるからです。

私たちの信念は簡素と自由です。オープンソースの基礎であるこの信念は、必要とするクラウドを会社が開発する際に柔軟性を提供します。

エンタープライズに OpenStack を導入

大規模な OpenStack コミュニティの支援を頼りにして、独自の自社クラウドの基盤を構築しましょう。

OpenStack を使い始めるために必要なアイテム

インフラストラクチャ

推奨。オープンなプライベートクラウドまたはパブリッククラウドを構築して管理するためのスケーラブルでセキュリティに優れた基盤です。実稼働環境をデプロイするための安定したプラットフォームを維持しながら、オープンソースプロジェクトのイノベーションを取り入れることができます。

インフラストラクチャ

これを使用すると、OpenStack を利用してクラウド環境を効率的に作成、デプロイ、サポートできます。これは OpenStack の稼働環境となるネイティブオペレーティングシステムです。

インフラストラクチャ

完全に統合されたソフトウェア定義ストレージシステム。クラウドの回復性、可用性、パフォーマンスをサポートするブロック、オブジェクト、およびファイルストレージを提供します。

プラットフォーム

完全な DevOps に移行し、OpenStack 環境の上にコンテナをデプロイします。オープンソース、オープンスタンダード、および長年の経験から、コンテナのことなら何でも Red Hat がベストパートナーです。

プラットフォーム

コンテナの実装に必要なものすべてを、スタック全体を通して、コンテナアプリケーションプラットフォーム、プライベートクラウドインフラストラクチャ、そしてパブリッククラウドの相互運用性と管理の究極の組み合わせにより提供します。

インフラストラクチャ

このマルチプロダクトのソリューションを利用すると、クラウドをデータセンターと統合できます。パブリッククラウドにまでスケールアップ可能な能力を備えたプライベートクラウドを構築し、管理します。

管理製品

OpenStack のビルトインツールを補完する、ハイブリッドクラウド環境と統合して単一のツールになるように設計された管理および運用プラットフォームです。

インフラストラクチャ

クラウドに未対応のアプリケーションをサポートする、オープンソースの仮想化ソリューションです。

OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。

OpenStack についてさらにお知りになりたい皆様へ