お問い合わせ
アカウント ログイン

サイト信頼性エンジニアリング (SRE) に対する Red Hat のアプローチ

お客様の時間の節約、迅速な対応、複雑さの軽減を支援

組織は、IT を大規模に機能させるサイト信頼性エンジニアリングの手法を使ってサポートされるクラウドサービスを使用して、より効率的に業務を進めることができます。

セクションを選択

SRE チームの利用が必要な理由

サイト信頼性エンジニアリング (SRE) チームは、システムの管理、問題の解決、タスクの自動化を大規模に行うためのツールとしてソフトウェアを使用します。アプリケーション開発に Red Hat® Cloud Services を使用する場合、SRE チームがサポートします。SRE チームは、IT システムのセキュリティ、可観測性、パフォーマンス、スケーラビリティ、コスト最適化を管理します。

専任のプラットフォーム管理

Red Hat SRE チームは、アプリケーション・プラットフォームの継続的な管理とセキュリティを担当します。これは、新しいサービスと機能を構築し、スケーラビリティを確保するために可能な限り自動化を行い、Red Hat クラスタの継続的な可観測性と信頼性に焦点を当てることを意味します。

Red Hat SRE チームは、自動化されたインサイトの提供、ワークロードパフォーマンスの向上、クラウドネイティブ開発のベストプラクティスに従う支援を通じて、コア・プラットフォームのサポートに専念します。

デジタル空間が進化し、テクノロジーが進歩していく中で、お客様のリソースはインフラストラクチャの管理ではなく、コアコンピテンシーとイノベーションに取り組むべきです。Red Hat SRE チームの支援があれば、お客様は得意分野、つまり本来の強みを生かせる仕事に集中できます。

Red Hat SRE チームの声

Red Hat の SRE チームが支援する方法

Red Hat SRE チームは、舞台裏で多くのチームとやり取りしています。Red Hat ではこのチームを、「車輪のハブ」であり、すべての人をつなぎ、イベントをプロアクティブにもリアクティブにもオーケストレーションして、可能な限りシームレスなエクスペリエンスを実現するものだと考えています。

SRE チームの責任範囲は次のとおりです。

サービスの構築

  • Red Hat OpenShift® がホストする環境の管理と監視
  • 新機能の開発
  • Day 1 オペレーション:マネージドクラスタの構築とデプロイ

スケーリングのための自動化

  • あらゆるものの自動化:アップグレード、証明書管理、容量スケーリングなど
  • 再現性によりリスク管理、ユーザーエクスペリエンスの向上、迅速な提供を実現

可観測性と信頼性

  • Day 2 オペレーション:ライフサイクル運用、監視、パッチ適用など
  • 顧客、パートナー、クラウドプロバイダー、およびアップストリーム・コミュニティの間のプロアクティブおよびリアクティブな応答

SRE の 1 日

Red Hat OpenShift クラウドサービスの SRE は、舞台裏でさまざまな重要な業務をこなしています。

大手クラウドプロバイダーとの連携

Red Hat の目標は、IT ポートフォリオを複雑化させることなく、システム全体の管理性と効率性を向上させるツールを統合することです。そのため、Red Hat の SRE チームは Amazon Web Services (AWS)、Google Cloud、マイクロソフトなどの大手クラウドプロバイダーと連携しています。

マルチクラウド環境向けソリューション

Red Hat は AWS、Google、およびマイクロソフトの製品およびエンジニアリングチームと戦略的な関係を築いており、主要なクラウドプロバイダーを使用するお客様のマルチクラウドのニーズに対応する独自の能力を備えています。お客様は、Red Hat の SRE チームが複数のクラウドプロバイダーをまたいで OpenShift を管理することで得たクロスクラウドの知識を活用できます。  

Red Hat SRE チームは、Red Hat のアプリケーション、データサービス、および OpenShift クラスタを Red Hat Cloud Services ポートフォリオの一部として管理、スケーリング、自動化するため、お客様はアプリケーションの開発に注力し、それらのアプリケーションの管理に関連する時間とコストを削減できます。 

SRE チームによるプロアクティブなモニタリングとサポートにより、お客様がアプリケーション・プラットフォームを自社管理する場合よりも、安全で安定したクラスタを実現できます。OpenShift クラスタを特定のコンプライアンス認定や独自のセキュリティポリシーに合わせて調整することも可能です。

Red Hat SRE チームを利用することで、自社で行った場合に必要となるコスト、学習、人的リソースに対する継続的な負荷を回避できます。

お客様の価値につながる SRE

関連資料

Icon-Red_Hat-Documents-Paper_Lined-A-Black-RGBデータシート

Red Hat SRE サービス

Icon-Red_Hat-Misc-Talk_Bubble_B-A-Black-RGBインタビュー

RedMonk Conversation:Red Hat の SRE

Icon-Red_Hat-Misc-Talk_Bubble_B-A-Black-RGBインタビュー

DevOps を向上させる SRE チーム

Icon-Red_Hat-Documents-Paper_Checklist-A-Black-RGBチェックリスト

サイト信頼性エンジニアリングが役立つ 5 つの方法

Red Hat Cloud Services の詳細

Red Hat Cloud Services

Red Hat Cloud サービスには、ホスト型およびマネージド型のプラットフォーム、アプリケーション、データサービスが含まれます。

Red Hat OpenShift Service on AWS

Red Hat OpenShift Service on AWS は、AWS パブリッククラウド上で提供されるフルマネージド型のサービスで、共同でサポートされます。

Microsoft Azure Red Hat OpenShift

Azure Red Hat OpenShift は、マイクロソフトと Red Hat が共同で開発、管理、サポートするフルマネージド型のサービスです。