クラウド・コンピューティング

パブリッククラウドとプライベートクラウド (およびハイブリッドクラウド) の比較

コンピューティング機能をスケールしようとしている先進的な組織にとって、クラウドは自明の選択肢です。しかし、パブリック、プライベート、ハイブリッドのうち、どのタイプのクラウドが最適であるかはそれほど明確ではありません。ここでは、各クラウド・コンピューティング環境のメリット、弱点、および状況ごとの考慮事項を簡単に比較します。


パブリッククラウド

パブリッククラウドは、すべてのクラウド・デプロイメントの中でおそらく最もシンプルなものです。クラウドプロバイダーが所有し管理するハードウェアから開発されたコンピューティング・リソース、サービス、プラットフォームが、クラウドプロバイダーによりネットワーク経由で複数のクライアントに提供されます。パブリッククラウドのアーキテクチャは、必ずマルチテナント型となります。つまり、単一のソフトウェア・インスタンスに複数の仮想インスタンスが存在します。各テナント (クライアントとも呼ばれる) は、ソフトウェア・インスタンスに対する特定の権限が付与された、共通アクセス権を共有するユーザーのグループから成っています。クライアントは、自社データのバックアップ先となっている何ギガバイトものストレージ機器を自ら所有しているわけではありません。ハードウェアが存在しているサーバーファームの運用を管理することもありません。クラウドベースのプラットフォーム、アプリケーション、サービスについて、セキュリティ保護や保守の方法を決めるわけでもありません。より多くのコンピューティング・リソースを必要とするクライアントは、必要な時に必要なものにアクセスするため、料金 (時間単位またはバイト単位) をパブリッククラウド・ベンダーに支払うことになります。

パブリッククラウド・プロバイダーは、クライアントにリソースへの (理論的に) 無制限のアクセスを提供する大規模なネットワークを持っています。必要な分だけ支払い、追加のリソースが必要な場合はすぐにスケールアウトすることができます。実際のハードウェアに投資しているわけではないので、通常は初期費用が低くなります。予期しない使用ピークが発生すると、運用コストの予測は難しくなります。しかし、それは同時にパブリッククラウドの利点でもあります。より多くのコンピューティング・パワーが必要な時だけ、その分を支払えば良いわけです。

一方で、他者とリソースを共有する点では弱点があります。マルチテナント環境ではより多くのセキュリティ脅威に直面する傾向があるため、分離が必要な機密性の高いワークロードは、パブリッククラウドに向かない場合があります。そのため、自分の担当を理解し、それに応じてワークロードを分散することが重要です。


プライベートクラウド

プライベートクラウドはパブリッククラウドと似ていますが、システムが単一のクライアント専用であり、そのクライアントのみがアクセスできる点が異なります。パブリッククラウドと同様、プライベートクラウドはセルフサービス環境 (時にはインターネット経由) で提供されますが、プライベート・ネットワーク、プライバシー設定、または管理によって保護されています。プライベートクラウドは、特定のワークロードを実行するための柔軟でカスタマイズ可能な環境を提供します。これは、パブリッククラウドでは機能しないビジネス用途のレガシー・アプリケーションに適しています。

プライベートクラウドは、(クラウドではない) 専用の仮想サーバーと比べて容量効率に優れていますが、パブリッククラウドが提供する無制限のリソースにはかないません。プライベートクラウドの所有者は、必要に応じてクラウドリソースを増やすことができます。ただし、それには新しいハードウェアを購入する (オンプレミス) か、またはベンダーから別のプライベート・インフラストラクチャを借りる (オフプレミス) 必要があります。どちらの場合も、パブリッククラウドを使用するよりも時間とコストがかかります。

専用クラウドとは、別のクラウド内に存在する特殊なプライベートクラウドを指します。専用クラウドをパブリッククラウド上に (Red Hat® OpenShift Dedicated など)、またはプライベートクラウド上に配置することができます。たとえば、組織の会計部門は、組織のプライベートクラウド内に独自の専用クラウドを持つことができます。


ハイブリッドクラウド

ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウドとプライベートクラウドの利点を兼ね備えています。ハイブリッドクラウドとは、1 つ以上のパブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせたものです。管理と自動化ソフトウェアによってオーケストレーションされ、ワークロード、リソース、プラットフォーム、およびアプリケーションを複数の環境間で移行することが可能です。オンプレミス・インフラストラクチャ、従来型の仮想化、ベアメタルサーバー、コンテナを組み込むこともできますが、パブリッククラウドとプライベートクラウドの両方に追加する必要があります。クラウドがなければそれは単なるハイブリッド環境であり、ハイブリッドクラウドではありません。

ハイブリッドクラウドでは、それぞれのクラウド環境は依然として別個のエンティティのままですが、それらのクラウド間での接続、統合、移植も可能です。この別個ながらつながっているアーキテクチャにより、企業は最も効率的なクラウド・デプロイメントでワークロードを実行できます。クリティカルなワークロードをプライベートクラウドで、それほど機密性の高くないワークロードをパブリッククラウドで実行し、必要に応じてどちらの環境のリソースも利用できます。たとえば、プライベートクラウドをパブリッククラウドに接続すると、パブリッククラウドにワークロードを「バースト」することで、ピーク時や予測可能な停止時にスケールアウトできます。セットに仮想化を追加することでスケールアップでき、その状況に最適なクラウドでスケールアウトすることができます。ハイブリッドクラウドの使い方は選択次第です。しかしその選択能力は、それらを結びつける統合化システムと自動化システムの柔軟性にかかっています。


適切なクラウドを選択する

クラウドの選択方法は、個々の状況に応じて異なります*。どのようなパブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドが適しているかを検討する際には、次の点を考慮します。

  • アプリケーションの種類と、現在および予測される使用方法
  • ワークロードに関係するコンプライアンスと規制
  • スタッフの技術的知識
  • 事業目標
  • 予算
  • レガシーワークロードの相互運用性
  • 障害復旧計画
  • 統合戦略
  • コンプライアンス

パブリッククラウドは次の場合に最適です。

  • 大量のワークロードや、需要が変動するワークロード
  • 機密性の低いデータおよびセキュリティの低いワークロード
  • 一部の一般向け運用
  • 長期ストレージまたはデータのアーカイブ
  • 共同プロジェクト

プライベートクラウドは次の場合に最適です。

  • 予測可能な使用パターンのワークロード
  • 厳重なセキュリティとプライバシー規制がある機密性の高いワークロード
  • 高い制御性が求められ、その経済的余裕がある中規模から大規模の組織
  • パブリッククラウドで動作しないレガシー・アプリケーション

ハイブリッドクラウドは次の場合に最適です。

  • プライベートクラウドとパブリッククラウドに向いているものすべて
  • パブリッククラウドの運用の柔軟性と、プライベート環境のプライバシーの両方を必要とし、ハイブリッド環境の管理を適切にサポートできる組織
*考慮事項へのアプローチ方法によっては、クラウドが必要ない場合もあります。ステートフルな従来型のワークロードは、Red Hat Virtualization などのエンタープライズ仮想化製品で十分に対応できる場合もあります。

Red Hat を選ぶ理由

ビジネスを改善するために、何らかのクラウドを導入したい。そう考えていても、3 種類のクラウドの違いを調べている段階では、まだ何から始めたらよいか、はっきりとわかっていないかもしれません。でも、心配いりません。誰もが初めは同じ疑問を持っています。Red Hat は単にクラウドを使えるようにするだけではなく、クラウドでユーザーが生産性を向上できるように支援します。Red Hat のオープンソース・テクノロジーは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドなど、あらゆる形態のクラウドのための一貫した基盤を提供します。あらゆる環境で同じように動作する標準的なオペレーティング・システム、アプリをパッケージ化してクラウド間で移動できるコンテナ・プラットフォーム、そしてすべてを管理し自動化するために役立つ各種ツールがあれば、600 以上の認定パブリッククラウド・プラットフォームで成功するのに必要な移植性を実現し、独自のプライベートクラウドをデプロイするための製品を利用できます。


安全なクラウドを構築するための Red Hat のサポート

セキュアなプライベートクラウドの構築と導入に必要なものすべてがここにあります。Security-Enhanced Linux (SELinux) を統合したオペレーティング・システムや、sVirt を組み込んだ仮想化プラットフォームなどを提供します。

ハイブリッドクラウド環境を統一する管理運用プラットフォームにより、どのユーザーにどのような権限があるかを常に把握できます。

SELinux を統合した標準的な動作環境により、どの環境でもワークロードを安心して動作させることができます。

OpenStack® のワードマークおよび OpenStack ロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下で使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。