アカウント ログイン
Jump to section

クラウドサービスとは

URL をコピー

クラウドサービスとは、サードパーティ・プロバイダーがホストするインフラストラクチャ、プラットフォーム、またはソフトウェアで、インターネットを介してユーザーに提供されます。 

クラウドサービスは、フロントエンド・クライアント (ユーザーのサーバー、タブレット、デスクトップ、ラップトップなど、ユーザー側にあるあらゆるもの) からインターネットを介してプロバイダーのシステムへ、またはその逆方向へのユーザーデータのフローをサポートします。ユーザーは、コンピュータ、オペレーティングシステム、インターネット接続または仮想プライベートネットワーク (VPN) さえあれば、クラウドサービスにアクセスできます。

その他のソフトウェアをダウンロードすることなく、ユーザーがインターネットを介してアクセスできるすべてのインフラストラクチャ、プラットフォーム、ソフトウェア、またはテクノロジーはクラウド・コンピューティング・サービスと考えることができ、以下のような as-a-Service ソリューションもこれに該当します。

Infrastructure-as-a-Service (IaaS) はユーザーにコンピュート、ネットワーク、ストレージのリソースを提供します。

Platforms-as-a-Service (PaaS) はユーザーに、アプリケーションを実行できるプラットフォームと、プラットフォームの実行に必要なすべての IT インフラストラクチャを提供します。

Software-as-a-Service (SaaS) はユーザーに、クラウド・アプリケーション、実行するためのプラットフォーム、プラットフォームの基盤となるインフラストラクチャを提供します。

Function-as-a-Service (FaaS)イベント駆動型実行モデルで、これを利用して開発者はインフラストラクチャを維持することなくアプリケーション・パッケージを機能として構築、実行、管理できます。

状況によっては、クラウドをクラウドサービスと考えることもできます。クラウドとは、ネットワーク上でスケーラブルなリソースを抽象化、プール、共有する IT 環境です。クラウド・コンピューティングという、クラウド環境内でワークロードを実行する動作を可能にします。クラウドは PaaS の一種です。ユーザー以外の第三者が、Web ベースのプラットフォームを提供する基盤のインフラストラクチャを供給するからです。

プライベートクラウド:エンドユーザー専用のクラウド環境のことを指しますが、厳密な定義はありません。通常はユーザーのファイアウォール内部にあり、オンプレミスの場合もあります。

パブリッククラウド:エンドユーザーが所有していないリソースから作成されたクラウド環境。他のテナントに分配できます。

ハイブリッドクラウド:複数のクラウド環境で、環境間での一定レベルのワークロードの可搬性、オーケストレーション、管理機能を備えています。

マルチクラウド:複数のクラウド (パブリックまたはプライベート) を持つ IT システム。ネットワークで接続されていることも接続されていないこともあります。

その他すべての IT ソリューションと同様に、クラウドサービスはハードウェアとソフトウェアを利用します。ただし、従来のハードウェアおよびソフトウェア・ソリューションとは異なり、ユーザーがクラウドサービスにアクセスするために必要なものは、コンピュータ、ネットワーク接続、 オペレーティングシステムだけです。

ユーザーにクラウド・インフラストラクチャを提供するとき、クラウド・サービス・プロバイダーは次のようにコンピュート機能をハードウェア・コンポーネントから切り離します。

  • 処理能力を中央処理装置 (CPU) から

  • アクティブメモリーをランダムアクセスメモリー (RAM) チップから
  • グラフィックス処理をグラフィックス処理装置 (GPU) から
  • データストレージの可用性をデータセンターやハードディスクから

この抽象化は一般には仮想化仮想マシンによって達成されます。分離されると、ストレージ、コンピュート、ネットワークの各コンポーネントはインフラストラクチャとしてインターネット経由でユーザーに提供されます。これは IaaS です。このようなクラウドサービスからクラウドストレージが誕生し、IoT (モノのインターネット) の一部としてビッグデータを保存します。RackSpace は IaaS プロバイダーの一例です。

クラウド・サービス・プロバイダーは、ハードウェアリソースを使用してクラウド・プラットフォームを作成することもできます。このプラットフォームは、ユーザーがコードを開発したりアプリケーションを実行したりできるオンライン環境です。クラウド・プラットフォームを構築するには、たとえばクラウド・インフラストラクチャを提供するときなど、ハードウェア・コンポーネントからコンピュータの能力を抽象化するだけでは不十分です。クラウド・プラットフォームの提供には、コンテナ化、オーケストレーション、アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API)、ルーティング、セキュリティ、管理、自動化などのテクノロジーを取り入れるために開発レベルの追加が必要です。ナビゲーションが容易なオンライン操作を作成するには、ユーザーエクスペリエンス設計 (UX) も重要な検討事項です。

クラウド・プラットフォームは PaaS に該当します。そして PaaS を構成するインフラストラクチャのコンポーネントの拡張性が高く、共有可能な場合、クラウドと考えることができます。PaaS クラウドの最適な例には、パブリッククラウドやマネージド・プライベートクラウドがあります。

パブリッククラウド・プロバイダー

パブリッククラウド・プロバイダーは、自社のインフラストラクチャ、プラットフォーム、アプリケーションを、所有するハードウェアから抽象化します。これをデータレイクにプールして、多数のテナントで共有します。また、API 管理やクラウドベースのオペレーティングシステム、フレームワークと呼ばれる開発テンプレートのライブラリなど、パブリッククラウド・サービスを提供することもできます。よく知られたパブリッククラウドとして、Alibaba CloudMicrosoft AzureGoogle CloudAmazon Web Services (AWS)IBM Cloud が挙げられます。

マネージド・プライベートクラウド

マネージド・クラウドプロバイダーとも呼ばれるプライベートクラウド・プロバイダーは、顧客以外の第三者がデプロイ、設定、および管理するプライベートクラウドを顧客に提供します。これは、クラウドの提供方法の中でも、IT チームの人手不足またはスキル不足に陥っているエンタープライズや中堅・中小企業がよりよいプライベートクラウド・サービスやインフラストラクチャをユーザーに提供するために役立つ選択肢です。

最後に挙げる、プロバイダーが提供できるよく知られているクラウドサービスは、クラウドソフトウェア、SaaS と呼ばれる完全な Web アプリケーションです。この場合、クラウドプロバイダーは文字通りオンライン・アプリケーションを顧客に提供しているため、開発に必要な投資が最も多額になります。

クラウドソフトウェアは、小規模で独立した疎結合のマイクロサービスを組み合わせたアプリケーション・アーキテクチャである、クラウドネイティブ・アプローチを用いて提供することができます。複数のマイクロサービスを、Kubernetes Red Hat® OpenShift® などのコンテナ・オーケストレーション・エンジンで管理される個々の Linux® コンテナにパッケージ化することが可能です。最終的には、アプリケーション全体を構成する他のマイクロサービスに影響を与えることなく、マイクロサービスによって最適化されたクラウドアプリが完成します。

オンライン・アプリケーション、モバイルアプリケーション、SaaS 製品向けによく使われているもう一つのプログラミング言語は Hyper Text Markup Language 5 (HTML5) です。このプログラミング言語は次の 3 つのプログラミング言語を統合して、Web ブラウザでアクセスできるアプリケーションを作成します。

  • HTML:コンテンツを Web ページに追加します。
  • カスケーディング・スタイル・シート (CSS):プレゼンテーション要素を Web ページコンテンツに追加します。
  • JavaScript:インタラクティブ要素を Web ページコンテンツに追加します。

Red Hat では、as-a-Service サブスクリプションの一環としてソースコードへのアクセスを提供するほか (他のクラウドサービス・プロバイダーから得られることは希なメリット)、ユーザーが提供できるほぼあらゆるクラウドソリューションの土台となるオープンソース製品のスイートを提供しています。 

関連資料

記事

クラウドサービスとは

クラウドサービスとは、サードパーティ・プロバイダーがホストするインフラストラクチャ、プラットフォーム、またはソフトウェアで、インターネットを介してユーザーに提供されます。

記事

マネージド IT サービスとは

マネージドサービスは、コストを削減し、サービス品質を向上させ、社内チームが組織のビジネスに特有の作業を行えるようにするために、一般的なタスクを専門家に任せる手法です。

記事

クラウド管理とは

クラウド管理のさまざまな側面と、クラウド管理プラットフォームが企業にもたらすメリットについて説明します。

クラウド・コンピューティングの詳細はこちら

製品

Red Hat Openstack Platform

ハードウェアを仮想化し、リソースをクラウドにまとめるプラットフォーム。

Red Hat OpenShift

エンタープライズ対応の Kubernetes コンテナ・プラットフォームで、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、エッジのデプロイメントを管理するフルスタックの自動運用機能を備えています。

Red Hat Consulting

Red Hat の戦略的アドバイザーが、企業組織の全体像を把握しながら課題を分析し、包括的かつコスト効率に優れたソリューションで課題を解決できるようお手伝いします。

リソース

e ブック

e ブック:誰でもわかるハイブリッドクラウド戦略入門

e ブック

クラウドネイティブとハイブリッドクラウドの融合:戦略ガイド

トレーニング

無料のトレーニングコース

Red Hat OpenStack Technical Overview

  • OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下で使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。