ログイン / 登録 アカウント

クラウド・コンピューティング

SaaS とは

Software-as-a-Service (SaaS) は、クラウド・コンピューティングの 1 つの形態で、クラウドアプリケーションと、その基盤となるすべての IT インフラストラクチャおよびプラットフォームをユーザーに提供します。次のような大規模エンタープライズや中小企業、個人にとって理想的なソリューションです。

  • インフラストラクチャ、プラットフォーム、ソフトウェアのメンテナンスに携わりたくない。
  • 最小限のカスタマイズで課題を解決したい。
  • ソフトウェアのサブスクリプションモデルを利用したいと考えている。

SaaS は、従来のようにソフトウェアを購入したり、堅牢なオンプレミスの IT インフラストラクチャに投資したりする必要がないため、ユーザーの初期費用を削減することができます。しかし、サービスのパフォーマンスはインターネットの接続速度によって決まるため、ユーザーは高速なネットワークハードウェアに投資する必要があります。

SaaS の例には、Google Docs や Microsoft Office 365 のような一般消費者向けのサービスや、人事ソフトウェア、コンテンツ管理システム、顧客関係管理ツール、統合開発環境 (IDE) を提供するエンタープライズ向けのサービスがあります。

SaaS の仕組み

通常、ソフトウェアがホストされているクラウド環境を管理するのは、AWS、Azure、IBM Cloud などのクラウドサービス・プロバイダーです。SaaS アプリケーションはマルチテナント・アーキテクチャによって、プールされたリソースを活用します。ソフトウェアアップデート、バグ修正、その他の一般的なソフトウェアメンテナンスは SaaS プロバイダーが担当します。ユーザーは、コンピュータやモバイルデバイス上の Web ブラウザを介してソフトウェアを操作します。ユーザーは REST や SOAP などのアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) を使用してソフトウェアを他の関数に接続する場合もあります。

SaaS の性質上、プロバイダーはより簡単に新機能を提供することができます。ほとんどの SaaS アプリケーションは事前設定済みのプラグアンドプレイ製品で、アプリケーションの向こう側にある以下のようなものすべてを SaaS プロバイダーが管理します。

  • ネットワーク、ストレージ、データセンターサーバーなどのハードウェア・コンポーネント
  • 仮想化、オペレーティングシステム、ミドルウェアなどのプラットフォーム
  • ランタイム、データ、アプリケーション自体などのソフトウェア要件

SaaS モデル

ソフトウェアライセンスのプロビジョニングに関して、SaaS アプリはサブスクリプションモデルに大きく依存しています。永久ライセンスとは異なり、このソフトウェア・デリバリー・モデルでは、各アカウントをサブスクリプションに結びつけ、一定期間 (通常は年単位または月単位) に対する SaaS へのアクセス権を付与します。このサブスクリプション料金には製品マニュアルや SLA (サービス品質保証) に基づく継続的なサポートの利用権が含まれていますが、一部の SaaS プロバイダーではソースコードレベルでのカスタムコード変更には追加のサポート料金を課金しています。

PaaS、IaaS、SaaS

as-a-Service という用語は一般に、第三者が管理し、ユーザーがカスタムアプリケーションの漸進的な改善などの重要な作業に集中できるようにするソリューションを指します。SaaS 以外の主な as-a-Service オプションには、Infrastructure-as-a-Service (IaaS) や Platform-as-a-Service (PaaS) があります。

IaaS の場合、プロバイダーがクラウドを通じて、インフラストラクチャ (実際のサーバー、ネットワーク、仮想化、ストレージ) を管理します。ユーザーは API やダッシュボードから、レンタルしているインフラストラクチャにアクセスします。オペレーティングシステム、アプリケーション、ミドルウェアなどはユーザーが管理し、ハードウェア、ネットワーク、ハードドライブ、データストレージ、サーバーはプロバイダーが提供します。機能停止、修理、 ハードウェアの問題にもプロバイダーが対処します。

PaaS では、ハードウェアとアプリケーション・ソフトウェア・プラットフォームが外部のサービスプロバイダーからユーザーに提供されます。実際のアプリケーションとデータをユーザーが自分で処理できるので、PaaS は開発者とプログラマーにとって最適なソリューションです。PaaS では、独自のアプリケーションを開発、実行、管理するプラットフォームが提供されます。アプリケーションを稼働するために必要なインフラストラクチャや環境のビルドおよびメンテナンスをユーザーが自分で行う必要はありません。

SaaS ベンダーの例

ソフトウェア・ベンダーは、基本的なビジネス・アプリケーションから複雑なエンタープライズ・リソース・プランニング (ERP) スイートまで、あらゆるビジネス・ニーズを満たす SaaS 型ソフトウェア・アプリケーションを提供しています。以下はその例です。

エンタープライズ向け SaaS

  • Paychex の人事ソフトウェア
  • CA Technology のエンタープライズ・ソフトウェア
  • Atos メッセージング SaaS ソリューション
  • WordPress のコンテンツ管理ソフトウェア
  • Salesforce の顧客関係管理ソフトウェア

コンシューマー向け SaaS

  • Intuit TurboTax
  • Slack のメッセージングサービス
  • Microsoft Office 365
  • Dropbox のファイル・ストレージ・サービス
  • Google の Web アプリケーション

Red Hat で SaaS を使う

Red Hat は、ほとんどの as-a-Service ソリューションに欠けている利点、つまり「ソースコードへのアクセス」を加えることで、SaaS サブスクリプションモデルを改善しました。つまり、事前設定済みの Web ベースアプリケーションを即座に応用し、必要に応じてソフトウェアをカスタマイズできるのです。

とりわけ、各サブスクリプションにはサポートが付属しています。Red Hat のどの as-a-Service 製品を使用していても、デプロイ、設定、管理についてアドバイスやガイダンスを受けられます。