Jump to section

SaaS とは

URL をコピー

SaaS (Software-as-a-Service) は、クラウド・コンピューティングの 1 つの形態で、クラウドアプリケーションと、その基盤となるすべての IT インフラストラクチャおよびプラットフォームをインターネットブラウザーを介してエンドユーザーに提供します。次のような大規模エンタープライズや中小企業、個人にとって理想的なソリューションです。

  • インフラストラクチャ、プラットフォーム、オンプレミスソフトウェアの購入やメンテナンスに携わりたくない。
  • 設備投資 (CAPEX) よりも、運用費 (OPEX) による単純なコスト管理を好む。
  • 最小限のカスタマイズで課題を解決したい。
  • ソフトウェアのサブスクリプションモデルを利用したいと考えている。

ソフトウェアライセンスのプロビジョニングに関して、SaaS アプリはサブスクリプションモデルに大きく依存しています。永久ライセンスとは異なり、このソフトウェア・デリバリー・モデルでは、各アカウントをサブスクリプションに結びつけ、一定期間 (通常は年単位または月単位) に対する SaaS へのアクセス権を付与します。このサブスクリプション料金には製品マニュアルや SLA (サービス品質保証) に基づく継続的なサポートの利用権が含まれていますが、一部の SaaS プロバイダーではソースコードレベルでのカスタムコード変更には追加のサポート料金を課金しています。

as-a-Service という用語は一般に、第三者が管理し、ユーザーがカスタムアプリケーションの漸進的な改善などの重要な作業に集中できるようにするソリューションを指します。SaaS 以外の主な as-a-Service オプションには、Infrastructure-as-a-Service (IaaS) や Platform-as-a-Service (PaaS) があります。

SaaS architecture

 

IaaS の場合、プロバイダーがクラウドを通じて、インフラストラクチャ (実際のサーバー、ネットワーク、仮想化、ストレージ) を管理します。ユーザーは API やダッシュボードから、レンタルしているインフラストラクチャにアクセスします。オペレーティングシステム、アプリケーション、ミドルウェアなどはユーザーが管理し、ハードウェア、ネットワーク、ハードドライブ、データストレージ、サーバーはプロバイダーが提供します。機能停止、修理、 ハードウェアの問題にもプロバイダーが対処します。

PaaS では、ハードウェアとアプリケーション・ソフトウェア・プラットフォームが外部のサービスプロバイダーからユーザーに提供されます。実際のアプリケーションとデータをユーザーが自分で処理できるので、PaaS は開発者とプログラマーにとって最適なソリューションです。PaaS では、独自のアプリケーションを開発、実行、管理するプラットフォームが提供されます。アプリケーションを稼働するために必要なインフラストラクチャや環境のビルドおよびメンテナンスをユーザーが自分で行う必要はありません。

ソフトウェア・ベンダーは、基本的なビジネス・アプリケーションから複雑なエンタープライズ・リソース・プランニング (ERP) スイートまで、あらゆるビジネス・ニーズを満たす SaaS 型ソフトウェア・アプリケーションを提供しています。SaaS 製品とそれを提供する企業の例を以下に示します。

  • SAP のエンタープライズ・リソース・プランニング (ERP) ソフトウェア
  • Paychex の人事ソフトウェア
  • CA Technology のエンタープライズ・ソフトウェア
  • Atos メッセージング SaaS ソリューション
  • Salesforce の顧客関係管理 (CRM) ソフトウェア
  • Slack のメッセージングサービス
  • Microsoft Office 365
  • Dropbox のファイル・ストレージ・サービス

Red Hat SaaS Foundationsは、Red Hat パートナーがあらゆる種類のハイブリッド環境にデプロイ可能な SaaS ソリューションを Red Hat プラットフォーム上に構築するのに役立つプログラムです。これに参加して SaaS ベンダーになることができます。このプログラムに参加しているパートナーは、アプリケーションをより簡単に構築し、より迅速に市場に投入し、幅広い見込み顧客にアピールできます。

Red Hat Cloud Services には、ホスト型およびマネージド型のプラットフォーム、アプリケーション、データサービスが含まれます。これにより、ハイブリッドクラウドのエクスペリエンスを効率化し、クラウドネイティブ・アプリケーションの提供に伴う運用コストと複雑さを軽減できます。その Red Hat Cloud Services を通じて SaaS ユーザーになることもできます。

これらのサブスクリプションの良いところは、いずれにもサポートが付属していることです。Red Hat のどの as-a-Service 製品を使用していても、デプロイ、設定、管理についてアドバイスやガイダンスを受けられます。

関連資料

記事

クラウド管理とは

クラウド管理のさまざまな側面と、クラウド管理プラットフォームが企業にもたらすメリットについて説明します。

記事

マネージド IT サービスとは

マネージドサービスは、コストを削減し、サービス品質を向上させ、社内チームが組織のビジネスに特有の作業を行えるようにするために、一般的なタスクを専門家に任せる手法です。

記事

クラウド構築に Red Hat を選ぶ理由

オープンソース・テクノロジーでサポートされた Red Hat のオープン・ハイブリッドクラウド戦略は、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドなど、あらゆる形態のクラウドのための一貫した基盤を提供します。

クラウド・コンピューティングの詳細はこちら

製品

ハードウェアを仮想化し、リソースをクラウドにまとめるプラットフォーム。

エンタープライズ対応の Kubernetes コンテナ・プラットフォームで、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、エッジのデプロイメントを管理するフルスタックの自動運用機能を備えています。

Red Hat の戦略的アドバイザーが、企業組織の全体像を把握しながら課題を分析し、包括的かつコスト効率に優れたソリューションで課題を解決できるようお手伝いします。

リソース

トレーニング

無料のトレーニングコース

Red Hat OpenStack Technical Overview