ログイン / 登録 アカウント

クラウド・コンピューティング

IaaS とは

Infrastructure-as-a-Service (IaaS) は、クラウド・インフラストラクチャ・サービスとも呼ばれ、インターネットからクラウドを通じてユーザーにインフラストラクチャ・サービスが提供される、クラウド・コンピューティングの一種です。ユーザーはあらゆるアプリケーション、データ、オペレーティングシステム、ミドルウェア、ランタイムを操作します。ユーザーはプロバイダーを利用して、それらの仮想化ストレージ、ネットワーク、サーバーを管理します。このようにすると、ユーザーはオンサイトのデータセンターを用意しなくてもすみ、これらのコンポーネントを自分自身で物理的に更新したり維持したりするための配慮も不要です。プロバイダーがすべてを処理します。

大半の場合、IaaS ユーザーはアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) またはダッシュボードを通じて、インフラストラクチャを完全に制御します。最も柔軟な as-a-Service クラウドモデルである IaaS によって、必要に応じたリソースのスケーリング、アップグレード、追加が容易になります。将来のニーズを予測したり、これらのコストを事前に支払ったりする必要はありません。


IaaS とSaaS とPaaS

as-a-Service という用語は一般に、コードや顧客との関係など、ユーザーにとって重要性が高いことに集中できるように、ユーザーのために管理されているサービスを意味します。IaaS に加えて、主な as-a-Service のオプションとして Software-as-a-Service (SaaS) と Platform-as-a-Service (PaaS) の 2 つがあります。

SaaS は、サービスプロバイダーが管理するアプリケーションをユーザーに提供するサービスで、一般には Web ブラウザーを介して提供します。ソフトウェアアップデート、バグフィックス、その他の一般的なソフトウェアメンテナンスがユーザーに代わって実施され、ダッシュボードまたは API を介してアプリケーションに接続します。SaaS により、ユーザー各自のコンピュータにアプリケーションをローカルにインストールする必要もなくなり、ソフトウェアへグループまたはチームが自由にアクセスする手段が改善されます。

PaaS の場合、外部サービスプロバイダーによってハードウェアとアプリケーションソフトウエア・プラットフォームが提供され、管理されますが、実際のアプリケーションとデータ自体はユーザーが処理します。主に開発者とプログラマーにとって、PaaS はユーザーにとって独自のアプリケーションを開発、実行、管理するためのプラットフォームとなり、通常はプロセスに関係するインフラストラクチャの構築や維持は必要ありません。


IaaS プロバイダー選定時の注意事項

長所

  • 柔軟性:必要なコンポーネントのみを購入して、必要に応じてスケールアップまたはスケールダウンできます。
  • 低コスト:オーバーヘッドが低く、メンテナンスコストが不要なので、IaaS は低コストのオプションとなります。電気料金や水道料金と同じように、使用した内容や使用した頻度に応じた分だけ支払います。
  • 制御:ユーザーがインフラストラクチャを制御できます。

短所

  • セキュリティ:プロバイダーは信頼できるという評判があり、セキュリティの脅威を防止して管理するためのリソースを確保しているでしょうか。
  • マルチテナントシステム:IaaS プロバイダーはインフラストラクチャ・リソースを必要に応じて複数のクライアントに割り当てることが多いので、プロバイダーは、顧客が他のユーザーのデータにアクセスできないようにする必要があります。
    また、複数の顧客がプロバイダーのインフラストラクチャを使用していると、「うるさい隣人」という不均衡が生じかねません。これは、1 ユーザーが特定のリソースを独占し、そのために他のユーザーのパフォーマンスが低下するというもので、プロバイダーはリソース割り当てを慎重に計画しなければなりません。このため、プロバイダーが利用者の負荷をどのようにスケーリングするか、理解することが重要です。
  • サービスの信頼性:パフォーマンスと速度は、プロバイダーによって大きく異なります。プロバイダー側にソフトウェアやハードウェアの問題があれば、ユーザーのランタイムに影響が及びます。

Red Hat で実現する IaaS

Red Hat‌® Cloud Suite では、緊密に統合された Red Hat テクノロジーの組み合わせにより、IaaS クラウドの構築や管理を、他のソリューションよりも格段に低いコストで実現可能です。また、OpenStack® ベースで拡張性に優れた、パブリッククラウドのようなインフラストラクチャの実現へ向けた足掛かりにもなります。

Red Hat Cloud Suite を使用することで、サービス提供の迅速化、IT 部門の価値向上、総所有コストの削減、および管理性の向上を実現できます。お好みの方法で必要なときにコンポーネントをデプロイし、いつでも Red Hat の受賞歴を誇るサポートを利用できます。

  1. *OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。