ログイン / 登録 アカウント

クラウド・コンピューティング

クラウドプロバイダーとは

クラウドプロバイダーとは、言うなれば、パブリッククラウドやマネージド・プライベートクラウドのような、スケーラブルなリソースをネットワーク上で抽出、プール、共有する IT 環境を提供する企業です。クラウドプロバイダーは、Infrastructure-as-a-Service、Platforms-as-a-Service、Software-as-a-Service などのオンラインサービスを提供することもできます。

主要なパブリッククラウド・プロバイダーとして、Alibaba Cloud、Amazon Web Services (AWS)、Google Cloud、IBM Cloud、Microsoft Azure などがよく知られていますが、世界中にはその他にも多数のクラウドおよびサービスプロバイダーがあります。


クラウドプロバイダーを利用する理由

クラウドプロバイダーを利用する場合は、以下のようなコンピューティング・サービスを自分で用意する必要がありません。

  • インフラストラクチャ:すべてのコンピューティング環境の基盤です。インフラストラクチャには、ネットワークストレージ、サーバー、および仮想化が含まれます。
  • プラットフォーム:アプリケーションの構築とデプロイに必要なツールです。プラットフォームには、オペレーティング・システム、ミドルウェア、およびランタイム環境が含まれます。
  • ソフトウェア:すぐに使用可能なアプリケーションです。ソフトウェアには、独立系サービスプロバイダーによって提供されるカスタム・アプリケーションまたは標準的なアプリケーションが含まれます。

パブリッククラウド・プロバイダーとマネージド・プライベートクラウド

パブリッククラウド・プロバイダー

パブリッククラウド・プロバイダーは、自社のハードウェアからインフラストラクチャ、プラットフォーム、またはアプリケーションを仮想化し、インターネットを介してユーザーに送信する前に、データレイクとしてプールし、管理および自動化ソフトウェアで制御します。

マネージド・プライベートクラウド

マネージド・クラウドプロバイダーとも呼ばれるプライベートクラウド・プロバイダーは、顧客以外の第三者がデプロイ、設定、および管理するプライベートクラウドを顧客に提供します。これは、クラウドの提供方法の中でも、IT チームの人手不足またはスキル不足に陥っている企業がよりよいプライベートクラウド・サービスやインフラストラクチャをユーザーに提供するために役立つ選択肢です。


認定クラウドプロバイダー

Red Hat 認定クラウド & サービスプロバイダー・プログラムには、多数のクラウドプロバイダー、システムインテグレーター、マネージド・サービス・プロバイダー、ソフトウェア開発者とハードウェアメーカーが含まれ、Red Hat 製品の実行、物理マシンと仮想マシンのホスト、プライベートクラウド環境とパブリッククラウド環境のセットアップを任せることができます。

Alibaba Cloud のロゴ
Amazon Web Services
IBM

クラウドプロバイダーの選び方

まず、クラウドプロバイダーの使用が自社の戦略に沿っているかどうかを評価する必要があります。使用が適していることが確認できたら、次のステップとしてクラウドの内容を確認します。そのクラウド内の領域を確保する以外にもできることがあるからです。それは、クラウドを Red Hat® Enterprise Linux® で構築するプロバイダーを選択することです。

サポート付きのエンタープライズ向けオープンソース・オペレーティングシステムを使うということは、万単位の開発者が Linux カーネルで数百万行ものコードを監視し、弱点を見つけて修正プログラムを開発し、脆弱性への攻撃によるデータ流出を食い止めている OS を使うということです。そうした修正プログラムの検証とパッチのデプロイは組織全体により行われ、デプロイでアプリケーションが止まることもありません。

Linux を利用しているクラウドプロバイダーを選別したら、次は最適なプロバイダーの選択です。以下にポイントをいくつか紹介します。

パブリッククラウド・プロバイダー

コスト

パブリッククラウド・プロバイダーが提供するリソース、プラットフォーム、およびサービスは通常、時間またはバイト単位で課金されます。つまり、使用量に応じて大きく変動する可能性があります。

所在地

主要なパブリッククラウド・プロバイダーは、世界のほとんどどこからでもデータへのアクセスを提供しますが、地域密着型のプロバイダーは、データ主権に関する規制の遵守を支援するサービスを提供している場合があります。

セキュリティ

企業の情報、サービス、および機能が格納されているシステムを所有ないし管理しない場合、必然的に一定のリスクが存在します。

信頼性

多くのパブリッククラウド・プロバイダーは、一定のアップタイム (99.9%など) を保証しています。また、さまざまなサービスレベル契約において、変更要求やサービス復旧に関する規定が定められています。

技術仕様

パブリッククラウド・プロバイダーを選ぶ場合は、使用中の既存システムと統合されたオペレーティング・システム、ストレージ、ミドルウェア、および管理システムを実行できることが保証された、認定取得済みのプロバイダーを選ぶべきです。

サポート

多くのパブリッククラウド・プロバイダーでは、標準サポート契約を提供しています。これには、有効なソフトウェアのサブスクリプションの検証、問題解決、セキュリティの維持、パッチのデプロイなどが含まれます。

マネージド・プライベートクラウド

コスト

マネージド・プライベートクラウドの場合、個人の契約者やクラウド管理者と紐付いた、より固定的な料金体系の契約が含まれる場合があります。この場合、企業のアクティビティの増加時にも料金の急上昇が抑えられます。

所在地

サポートスタッフがデータセンターの近辺に常駐している場合は、クラウドを支える物理インフラストラクチャの保守が容易になります。

セキュリティ

企業独自のセキュリティリスクやコンプライアンス要件の複雑さを理解している、信頼できる人材や組織と連携することをお勧めします。

信頼性

マネージド・プライベートクラウド・プロバイダーの信頼性は、パブリッククラウド・プロバイダーの信頼性と同様ですが、クラウドが稼働する物理ハードウェアの状態が重要となる場合もあります。

技術仕様

人材が持つスキルは、ひとりひとり異なります。各担当者がクラウドを適切に管理するために必要なトレーニングや認定を受けていることを確認しましょう。

サポート

企業のニーズに応じて、サポートの内容は単純なクラウド管理から IT 部門全体のニーズへの対応まで変わります。


クラウドプロバイダーになるには

クラウドプロバイダーになるのは簡単で、クラウドを設定して他の人が使えるようにするだけです。セキュリティ、アクセスのルート、セルフサービスなど、考慮すべき制約は他にもありますが、クラウドプロバイダーの基本的なコンセプトは、他の人がクラウドを使用できるようにすることです。

また、提供する環境が、顧客が自社データセンターで既に使っている製品の実行について認定を受けている場合、クラウドプロバイダー化はさらに効果的なものとなるでしょう。Red Hat 認定クラウド & サービスプロバイダー・プログラムは、これを前提としています。


Red Hat を選ぶ理由

パブリッククラウドの導入は、容易に決定できることではありません。そして導入を決定したなら、導入後にもアプリケーションが依存するオペレーティング・システムが想定通りに動作するかどうか心配しなければならないような状況は望ましくありません。Red Hat が Red Hat 認定クラウド & サービスプロバイダー・プログラムを設立した理由はそこにあります。このプログラムでは、ガートナーの Cloud Infrastructure-as-a-Service のマジック・クアドラントで評価されているプロバイダーの大半を含む、800 以上のクラウド・プロバイダーがパブリッククラウド導入を支援します。この場合、Red Hat Enterprise Linux と Red Hat JBoss Middleware が期待通りに実行されるほか、すべての環境にわたり接続され、一貫した基盤が提供されるため、安心して利用することができます。

お客様とクラウドプロバイダーをつなぐプログラム

Red Hat インフラストラクチャを使用するクラウドプロバイダーまたはサービスプロバイダーを見つけるか、自身がプロバイダーになって、クラウド環境を構築しましょう。

サブスクリプションをパブリッククラウドで使用しましょう。Red Hat Cloud Access なら、サブスクリプションをパブリッククラウドで利用しながら、Red Hat グローバルサポートサービスとの関係を維持できます。