Jump to section

Java ランタイム環境 (JRE) とは

URL をコピー

Java™ ランタイム環境 (JRE) は、Java アプリケーションを作成および実行するためのコンポーネント一式であり、Java 開発キット (JDK) の一部です。

JRE は、Java 仮想マシン (JVM)、Java クラスライブラリ、および Java クラスローダーで構成されています。JDK は Java ソフトウェアの開発に使用され、JRE はプログラミングツールとデプロイメント・テクノロジーを提供します。そして、JVM は Java プログラムを実行します。

Java は1995 年に作られたオブジェクト指向プログラミング言語です。開発者やプログラマーはこの言語を使用してコンピューターに指示を送ります。Java は、現在特によく使用されているプログラミング言語の一つです。 

ソフトウェアがプログラムを実行するには、実行するための環境が必要です。通常、その環境は、Linux、Unix、Microsoft Windows、MacOS などのオペレーティングシステム (OS) です。他にサポート環境がない場合、プログラムは OS の機能とそのリソース (メモリやプログラムファイルなど) によって制約されます。 

JRE は、Java プログラムと OS の間で一種のトランスレーターおよびファシリテーターとして機能します。 

Red Hat Developer で Java の詳細を見る

Java ランタイム環境は OS 上で実行され、Java 固有の追加リソースを提供します。OS を抽象化し、Java アプリケーションを実行してデプロイするための一貫したプラットフォームになります。JRE の 3 つのコンポーネントは、この環境内で連携して Java アプリケーションを正常に実行します。

Java クラスライブラリには事前作成済みのコードのコレクションが含まれていて、必要に応じて呼び出すことができます。クラスローダーはクラスライブラリを JVM に接続して、プログラムの実行時にそれらのクラスを JVM にロードし、JVM がコードを実行します。

Red Hat Runtimes 製品は、Red Hat の OpenJDK ビルドを含む、あらゆる種類の Java 開発と、Quarkus、Spring Boot、Eclipse Vert.x などの一般的な Java フレームワークをサポートします。

Red Hat Runtimes は、クラウドネイティブ・アプリケーション開発に対し、包括的なフレームワーク、ランタイム、プログラミング言語を一式にして提供します。Java 開発者は、シングルサインオン、分散メッセージング、インメモリキャッシングなどの Red Hat Runtimes に含まれる機能をアプリケーションに統合できます。

関連資料

記事

ステートフルとステートレス

あるものがステートフルかステートレスかは、別の何かとの通信の状態が記録される期間と、その情報をどのように保存する必要があるかによって決まります。

記事

Quarkus とは

Quarkus は、Java 仮想マシン (JVM) およびネイティブコンパイルのために作成された Kubernetes ネイティブの Java スタックで、Java をコンテナに最適化します。

記事

サーバーレスとは

サーバーレスは、開発者がサーバーを管理する必要なくアプリケーションを構築および実行できるようにするクラウドネイティブ開発モデルです。

クラウドネイティブ・アプリケーションの詳細はこちら

製品

Red Hat OpenShift

エンタープライズ対応の Kubernetes コンテナ・プラットフォームで、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、エッジのデプロイメントを管理するフルスタックの自動運用機能を備えています。

リソース

トレーニング

無料のトレーニング

Developing Cloud-Native Applications with Microservices Architectures

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。