ログイン / 登録 アカウント

クラウドネイティブ・アプリケーション

Java ランタイム環境 (JRE) とは

Jump to section

Java™ ランタイム環境 (JRE) は、Java アプリケーションを作成および実行するためのコンポーネント一式であり、Java 開発キット (JDK) の一部です。

JRE は、Java 仮想マシン (JVM)、Java クラスライブラリ、および Java クラスローダーで構成されています。JDK は Java ソフトウェアの開発に使用され、JRE はプログラミングツールとデプロイメント・テクノロジーを提供します。そして、JVM は Java プログラムを実行します。

Java の略歴

Java は1995 年に作られたオブジェクト指向プログラミング言語です。開発者やプログラマーはこの言語を使用してコンピューターに指示を送ります。Java は、現在特によく使用されているプログラミング言語の一つです。 

Java ランタイム環境を使用する理由

ソフトウェアがプログラムを実行するには、実行するための環境が必要です。通常、その環境は、Linux、Unix、Microsoft Windows、MacOS などのオペレーティングシステム (OS) です。他にサポート環境がない場合、プログラムは OS の機能とそのリソース (メモリやプログラムファイルなど) によって制約されます。 

JRE は、Java プログラムと OS の間で一種のトランスレーターおよびファシリテーターとして機能します。 

Java ランタイム環境の機能

Java ランタイム環境は OS 上で実行され、Java 固有の追加リソースを提供します。OS を抽象化し、Java アプリケーションを実行してデプロイするための一貫したプラットフォームになります。JRE の 3 つのコンポーネントは、この環境内で連携して Java アプリケーションを正常に実行します。

Java クラスライブラリには事前作成済みのコードのコレクションが含まれていて、必要に応じて呼び出すことができます。クラスローダーはクラスライブラリを JVM に接続して、プログラムの実行時にそれらのクラスを JVM にロードし、JVM がコードを実行します。

Red Hat を選ぶ理由

Red Hat Runtimes 製品は、Red Hat の OpenJDK ビルドを含む、あらゆる種類の Java 開発と、Quarkus、Spring Boot、Eclipse Vert.x などの一般的な Java フレームワークをサポートします。

Red Hat Runtimes は、クラウドネイティブ・アプリケーション開発のニーズに対し、包括的なフレームワーク、ランタイム、プログラミング言語を一式にして提供します。Java 開発者は、シングルサインオン、分散メッセージング、インメモリキャッシングなどの Red Hat Runtimes に含まれる機能をアプリケーションに統合できます。

JRE ツール

Red Hat Runtimes

クラウドネイティブ・アプリケーションのための製品、ツール、コンポーネント群。

Java についてさらに詳しく知る