アカウント ログイン
Jump to section

CaaS とは

URL をコピー

CaaS (Containers-as-a-Service) とは、コンテナベースの抽象化を使用してアプリケーションの管理とデプロイを支援するクラウドサービスです。CaaS は、オンプレミスまたはクラウドにデプロイできます。

プロバイダーはフレームワーク、つまりオーケストレーション・プラットフォームを提供し、この上にコンテナをデプロイして管理します。主な IT 機能はこのオーケストレーションを通じて自動化されます。

CaaS は特に、安全性が高く、スケーラブルなコンテナ化アプリケーションを構築する開発者にとって便利です。ユーザーは必要なリソース (スケジューリング機能、ロードバランシングなど) のみを購入できるので、コストを削減しながら効率を向上できます。

コンテナによって、どこでも実行できるクラウドネイティブ・アプリケーションを迅速に開発して提供するための、一貫した環境が作成されます。 

クラウド・コンピューティング・サービスの中では、CaaS は Infrastructure-as-a-Service (IaaS) に分類されるものと考えられ、IaaS と Platform-as-a-Service (PaaS) の間にあると位置づけられています。

CaaS の基本リソースはコンテナで、クラウドネイティブ・アプリケーションマイクロサービスの一般的なデプロイメカニズムです。CaaS により、ハイブリッドマルチクラウドといった環境間の可搬性も高まります。

コンテナを使用すると多数のメリットが得られます。

  • 可搬性:コンテナで開発されたアプリケーションには、実行するために必要なすべてが含まれており、プライベートクラウドパブリッククラウドなど、複数の環境にデプロイできます。可搬性によって、環境やプロバイダーを越えてワークロードを容易に移動できるようになるので、柔軟性も実現します。 
  • スケーラビリティ:コンテナには水平方向にスケーリングする能力があるので、ユーザーは同一のコンテナを同じクラスタ内で複製して、必要に応じて拡張できます。必要なものを必要なときにだけ使用して実行できるので、コストが大幅に削減されます。 
  • 効率性:コンテナには個別のオペレーティングシステムは必要ないので、必要とされるリソースは仮想マシン (VM) よりも少なくなります。複数のコンテナを 1 台のサーバー上で実行でき、必要なベアメタルハードウェアは少ないので、コストが削減されます。
  • セキュリティの強化:コンテナは相互に分離されるので、あるコンテナが侵害されても他のコンテナに影響は及びません。特定のセキュリティ要件とプラクティスをゴールデンイメージに取り込んで、異なるクラウド環境や異なるフットプリントでもセキュリティ体制を維持できます。
  • 速度:オペレーティングシステムから独立しているので、コンテナの開始と停止は瞬時に実行できます。このため、開発や運用の速度も向上し、ユーザーエクスペリエンスも迅速でスムーズになります。

業務向けにコンテナサービスのデプロイを検討している企業は、プラットフォームを購入してコンテナを自力で管理するか、プロバイダーが管理するコンテナ・ソリューション (Google Cloud Platform、Amazon Web Services (AWS)、IBM Cloud、Microsoft Azure など) を選択するか、選ぶことができます。コンテナには柔軟性が備わっているので、いずれを選択してもユーザーがロックインされることはありません。 

ここで、CaaS を選定する際に考慮すべき事項を紹介します。

  • コンテナを初めて導入するのか、すでにコンテナを導入済みか。マネージドコンテナ・プラットフォームは、コンテナを初めて導入する場合に最適な選択肢です。試してみて操作が快適かどうか、自分で確認できるからです。 
  • パブリッククラウドを選ぶか、オンサイトデプロイを選ぶか。
  • IT 部門はトレーニングを受けていて、コンテナプラットフォームを管理する準備ができているか。
  • 予算規模はどの程度で、どのような成長を予測しているか。

Kubernetes は Linux コンテナ・オーケストレーション向けのオープンソース・プラットフォームで、元々は Google のエンジニアによって開発されたものです。アプリケーション開発、管理、スケーリングの自動化に使用され、Linux ホスト上で実行されるコンテナをクラスタにグループ化して管理を自動化します。コンテナ化アプリケーションのデプロイとスケーリングに関する手作業の多くが、バックグラウンドで処理されます。

Kubernetes により、多段階のセキュリティを持つ複数のサーバーホスト上で大規模にコンテナをデプロイし、継続的にこれらのコンテナの状態を管理するために必要な、オーケストレーションおよびコンテナ管理機能が手に入ります。  

Red Hat® OpenShift® はエンタープライズ・グレードのオープンソース・コンテナ・プラットフォームで、アプリケーションのアップタイムを損なわずにコンテナを大規模に運用します。ルーターの内側でのアプリケーションの負荷分散、トラフィックメトリクスを使用したアプリケーションの自動スケールアップ/スケールダウン、リソース提供によるコンテナイメージの構築を支援し、コンテナオーケストレーションを容易にします。 

Red Hat OpenShift を活用することで、開発者はコンテナ化された新しいアプリを作成し、ホストし、クラウドでデプロイできるようになります。さらに、スケーラビリティ、制御性、オーケストレーションを提供します。特定のクラウドに縛られず、すべての主要なクラウドプロバイダーでサポートされているので、パブリッククラウドとプライベートクラウド、およびデータセンター間でワークロードを移行できます。

また、エンタープライズ・ソフトウェアの購入と管理を単純化するために、Red Hat マーケットプレイスは、任意の Red Hat OpenShift クラスタに対応する認定ソフトウェアの自動化されたデプロイメントを提供します。

そして何よりも、オープンソース分野におけるリーダーである Red Hat がサポートし、開発しています。

関連資料

記事

クラウド管理とは

クラウド管理のさまざまな側面と、クラウド管理プラットフォームが企業にもたらすメリットについて説明します。

記事

マネージド IT サービスとは

マネージドサービスは、コストを削減し、サービス品質を向上させ、社内チームが組織のビジネスに特有の作業を行えるようにするために、一般的なタスクを専門家に任せる手法です。

記事

クラウドサービスとは

クラウドサービスとは、サードパーティ・プロバイダーがホストするインフラストラクチャ、プラットフォーム、またはソフトウェアで、インターネットを介してユーザーに提供されます。

クラウド・コンピューティングの詳細はこちら

製品

Red Hat Openstack Platform

ハードウェアを仮想化し、リソースをクラウドにまとめるプラットフォーム。

Red Hat OpenShift

エンタープライズ対応の Kubernetes コンテナ・プラットフォームで、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、エッジのデプロイメントを管理するフルスタックの自動運用機能を備えています。

Red Hat Consulting

Red Hat の戦略的アドバイザーが、企業組織の全体像を把握しながら課題を分析し、包括的かつコスト効率に優れたソリューションで課題を解決できるようお手伝いします。

リソース

トレーニング

無料のトレーニングコース

Red Hat OpenStack Technical Overview

  • OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下で使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。

Red Hat logo LinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試用、購入、販売

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください

© 2022 Red Hat, Inc.