ログイン / 登録 アカウント
Jump to section

コンテナネイティブ仮想化とは

URL をコピー

コンテナネイティブ仮想化 (Red Hat OpenShift® Virtualization) によって、コンテナのワークロードとともに、仮想マシンのワークロードを実行および管理できます。Red Hat® OpenShift の機能の 1 つであり、開発者は従来の仮想マシンを Red Hat OpenShift の Kubernetes ワークフローで実行および管理できるようになります。

コンテナネイティブ仮想化は、クラウドネイティブ・アプリケーション開発に移行中で、従来の VM テクノロジーに多額の投資をしているチームに最適です。アプリケーションの依存関係を仮想化して Red Hat OpenShift のリッチな開発環境に組み込むことで、コンテナ型アプリケーションの開発をサポートします。コンテナネイティブの仮想化は VM ベースのサービスを提供することで、OpenShift の機能を強化しています。

OpenShift Virtualization は、Red Hat OpenShift 内の開発ワークフローに直接、従来の仮想化ワークロードを移行できるようにします。この機能は、次のような方法でアプリケーションのモダナイゼーションを迅速化します。

  • 従来型の仮想化アプリケーションと対話し、コンテナ内で動作する、マイクロサービスをベースとする新しいアプリケーションの開発をサポートします。
  • 従来の仮想化ワークロードを同じプラットフォーム上の新しいコンテナワークロードと組み合わせて、モノリシックな仮想化ワークロードをコンテナに徐々に分割するのを容易にします。

OpenShift Virtualization では、コンテナベースのアプリケーションと同じプラットフォームで VM ベースのワークロードをホストすることにより、コンテナ型アプリケーションの開発を迅速化できます。この機能により、既存ワークロードを分割できるだけでなく、コンテナ化されたクラウドネイティブ・アプリケーションの依存関係として仮想化アプリケーションを使い続けることができます。単一のアプリケーション開発とライフサイクル・ワークフローの一部として仮想化ワークロードとコンテナ型ワークロードを管理することによって、VM とコンテナを組み込んでいるアプリケーションを Red Hat OpenShift から直接管理およびデプロイすることが可能になり、コンテナに移動できるアプリケーションのコンポーネントが経時的に増加します。

OpenShift Virtualization が Red Hat OpenShift クラスタ向けに有効になっている場合、開発者はコンテナ型アプリケーションの場合と同じ方法で、サービスカタログから仮想化されたアプリケーションを作成し、プロジェクトに追加できます。その結果作成される VM は、従来のアプリケーションコンテナと同じ Red Hat OpenShift ノードで並行して実行されます。

OpenShift Virtualization は Red Hat OpenShift の機能の 1 つであり、スタンドアロン製品ではありません。現在は OpenShift 4.5 で利用可能です。Red Hat OpenShift を使用中のお客様であれば、OpenShift Operators を通じてサブスクリプションの一部としてアクセスできます。

Red Hat VirtualizationRed Hat OpenStack® Platform は、それぞれホストインフラストラクチャ ( ネットワーク、ストレージ、コンピューティングを含む) と VM で、データセンターとプライベートクラウドのユースケースの仮想化環境を管理します。コンテナネイティブ仮想化で実行されている VM は、Red Hat Virtualization および Red Hat OpenStack Platform と同じように、信頼できる Red Hat Enterprise Linux™ ハイパーバイザーである KVM を引き続き使用します。

対照的に、コンテナネイティブ仮想化は、Red Hat OpenShift の一部として提供される機能であり、開発者は、Red Hat OpenShift Container Platform で構築しているコンテナ型アプリケーションとともに、新規または既存の VM をインポートして開発できます。

コンテナネイティブ仮想化は、アプリケーション・オーケストレーションの未来を形作る Kubernetes に対する Red Hat のコミットメントを示すものであり、オープン・ ハイブリッドクラウド全体の共通基準です。

当社のコンテナネイティブ仮想化ソリューションである OpenShift Virtualization は、Red Hat エンジニアなどのオープンソース・コミュニティが業界全体の同業者たちと協力して保守および開発する、アップストリームのオープンソース KubeVirt プロジェクト をベースとしています。Red Hat は、特に当社のエンタープライズ向け Kubernetes 製品である Red Hat OpenShift の一部として、KubeVirt の開発に引き続き参加する予定です。

必要なクラウドツール

Red Hat Openshift

クラウドネイティブ・アプリケーションのデプロイメントを迅速化するコンテナプラットフォーム。

Red Hat Enterprise Linux と KVM の上に構築された基盤でリソース、プロセス、アプリケーションを仮想化。