ログイン / 登録 アカウント

インフラストラクチャ

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャについて理解する

ハイパーコンバージェンスは、インフラストラクチャ全体へのソフトウェア・デファインドのアプローチです。ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ (HCI) は、リモートオフィス、小規模データセンターデプロイおよびプライベートクラウドや、開発テストおよびエッジコンピューティング・アプリケーションにとってメリットがあります。

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャとは

ハイパーコンバージェンスは IT インフラストラクチャへのアプローチで、コンピュート、ストレージ、ネットワークのリソースを統合システムにまとめます。ハイパーコンバージド・インフラストラクチャは、ハイパーバイザーで管理されるコンピュートリソース (仮想マシン)、ソフトウェア・デファインド・ストレージソフトウェア・デファインド・ネットワークで構成されます。仮想化されたリソースのハイパーコンバージェンスにより、リソースを単一の統合インタフェースから管理できます。

ソフトウェア・デファインド・コンピュートとストレージが統合されており、業界標準のハードウェア上の柔軟なアーキテクチャによって、データセンターの複雑さとフットプリントを縮小し、より先進的なワークロードをサポートできます。

ストレージとハイパーコンバージェンス

ハイパーコンバージェンスによる Software-Defined-Everything のアプローチでは、ストレージ・インフラストラクチャの仮想化が必要になります。従来のネットワークアタッチトストレージ (NAS) や Storage Area Network (SAN) システムとは異なり、ソフトウェア・デファインド・ストレージはあらゆる x86 システム上で動作するように設計されており、ソフトウェアがプロプライエタリーなハードウェアに依存する必要がありません。このアプローチにより、物理ストレージとデータリクエストの間にソフトウェアレイヤーが作成され、データの保存方法と保存先の選択を可能にします。

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャのネットワーク

ストレージと同様に、ソフトウェア・デファインド・ネットワーク (SDN) はハイパーコンバージド・インフラストラクチャのネットワーク機能を仮想化します。SDN を使用すると、IT 運用チームは、各ネットワークデバイスを手動で処理する代わりに、一元化されたパネルを通じて複雑なネットワークトポロジーのネットワークトラフィックを制御できます。

ハイパーバイザーとは

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャは KVM などのハイパーバイザーを使用して、インフラストラクチャの仮想化されたリソースを管理します。仮想マシンモニター (VMM) とも呼ばれるハイパーバイザーは、ハイパーバイザーのオペレーティングシステムとリソースを仮想マシンから分離し、その仮想マシンの作成と管理を可能にします。

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャについて詳しく知る

チェックリスト

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャを導入する 5 つの理由

インフォグラフィック

予算の無駄遣いをやめて将来に向けた構築を始める

チェックリスト

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャの To-Do リスト

記事

仮想化について理解する

コース

Virtualization and Infrastructure Migration Technical Overview (RH018)

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャに必要なツール

Red Hat Hyperconverged Infrastructure logo

リソースが限られている場合でも、ストレージと仮想化を一緒にデプロイ可能です。同一のサーバーハードウェアをハイパーバイザーとコントローラーの両方として使用するので、統合されたコンピューティング・リソースとストレージリソースのクラスタ化されたプールを利用できます。

Red Hat Enterprise Linux logo

あらゆるハイブリッドクラウド・デプロイメントに一環した基盤を提供します。主要なハードウェア・プラットフォームをすべてサポートしているだけでなく、数千ものアプリケーションに対応し、ビジネスを支えるアプリケーションを強化します。

ハイパーコンバージェンスについてさらに詳しく知る