Jump to section

ネットワークアタッチトストレージ (NAS) とは

URL をコピー

ネットワークアタッチトストレージ (NAS) とは、格納されたデータにネットワークデバイスからアクセスしやすくするファイルレベルのストレージアーキテクチャです。NAS は、ストレージエリアネットワーク (SAN)、ダイレクトアタッチトストレージ (DAS) と並ぶ、3 つの主要なストレージ・アーキテクチャの 1 つです。セキュリティ管理、およびフォールトトレラント機能が組み込まれたストレージ用の単一のアクセスポイントをネットワークに提供します。

NAS は、コンテナ対応のストレージとして設定することができます。基本的に、この設定ではストレージがコンテナまたはコンテナのグループに公開されます。コンテナは柔軟性が高く、アプリケーションとストレージの提供方法に驚異的なスケールをもたらします。 

  • 容量の拡張:NAS へのストレージ容量の追加は、ハードディスクを追加するときのように簡単に行えます。既存のサーバーのアップグレードや交換の必要はなく、またネットワークをシャットダウンすることなく新しいストレージを使用できます。

  • パフォーマンス:NAS はファイルのサーバーとして機能するため、ネットワーク上の他のデバイスはファイル管理の責任から解放されます。NAS は特定のユースケース (ビッグデータやマルチメディア・ストレージなど) に合わせて調整できるため、クライアントのパフォーマンスは向上します。
  • 容易なセットアップ:NAS アーキテクチャは多くの場合、単純化されたスクリプト、または最適化されたオペレーティングシステムが事前にインストールされたアプライアンスとして提供されることが多く、システムのセットアップと管理にかかる時間を大幅に短縮します。
  • アクセシビリティ:ネットワーク上のすべてのデバイスが NAS にアクセスできます。
  • フォールトトレランス: データの整合性を保証するために、複製ディスク、RAID (Redundant Array of Independent Disks)、またはイレイジャー・コーディングをサポートするように NAS をフォーマットすることができます。

NAS 自体はクラウドではありません。クラウドは、ネットワーク上でスケーラブルなリソースを抽象化、プール、共有する IT 環境です。NAS は、特にクラウドプロバイダーIaaS (Infrastructure-as-a-Service) 契約の一部としてクライアントにストレージを提供する場合に、クラウド環境にとって重要になる可能性があります。

ストレージエリアネットワーク

ストレージエリアネットワーク (SAN) は、ブロックストレージを提供します。ブロックストレージは、ハードディスク、仮想ストレージノード、またはクラウドストレージのプールなどのストレージボリュームを、ブロックと呼ばれる小さなボリュームに分割します。各ブロックは異なるプロトコル用にフォーマットできます。たとえば、NFS 用に 1 ブロック、AFP 用に 1 ブロック、SMB 用に 1 ブロックをフォーマットすることができます。これにより、ユーザーはより柔軟な使い方ができる一方、ブロックは任意の分類によってデータをバンドルするため、ナビゲートが困難になります。

ダイレクトアタッチトストレージ (DAS)

ダイレクトアタッチトストレージ (DAS) は、1 台のコンピュータに直接接続されたストレージです。ネットワーク接続されていないため、他のデバイスからは簡単にアクセスできません。DAS は NAS の前身でした。DAS デバイスはそれぞれ個別に管理されますが、NAS では NAS ボックスがすべてを管理します。DAS の最も一般的な例は、単一のコンピュータのハードドライブです。別のコンピュータがそのドライブ上のファイルにアクセスするには、元のコンピュータからドライブを物理的に取り外して新しいコンピュータに接続するか、ユーザーが 2 つのデバイス間で何らかの接続を設定する必要があります。そのように接続された状態になると、DAS と NAS を明確に区別するのは難しくなります。

ソフトウェア・デファインド・ストレージ

ソフトウェア・デファインド・ストレージ (SDS) は、基盤となるハードウェアとは独立して動作するストレージ管理ソフトウェアです。つまり、NAS ボックスに SDS をインストールすることができます。これにより、ハードウェアを特定のワークロードに合わせて使用できます。SDS をインストールすると、ストレージ・ハードウェアをクラスタ化することができ、複数のサーバーを特定の目的のために単一のシステムとして動作させることができます。たとえば、1 つのサーバークラスタをユーザーディレクトリと NFS/CIFS フォルダを保持するように設定し、別のサーバークラスタを写真とマルチメディアを保持するブロックストレージ用に設定できます。一部の NAS/SDS ソリューションでは、30 分以内に 1 ペタバイト以上のデータを統合して提供することもできます。

Red Hat のストレージ・ソリューションはすべてオープンソースで構築されています。そのため、大勢の開発者、パートナー、顧客が共同して課題を解決しています。Red Hat の SDS ソリューションを使うと、エンタープライズは他のシステムと統合可能かどうかを気にせずにストレージボリュームが動作させることができます。また、Red Hat の NAS ソリューションは、当社のストレージソフトウェアを認定パートナーのハードウェアと組み合わせて、さまざまなワークロード向けに最適化できる単一の、インストールが簡単な SDS ソリューションを提供します。Red Hat Data Services によって、はるかに少ないコストで、非常に多くのことを実行できます。

関連資料

記事

Red Hat のストレージを選ぶ理由

ソフトウェア・デファインド・ストレージとは何か、またデータを柔軟に管理、保存および共有するための最適な Red Hat ソフトウェア・デファインド・ストレージ・ソリューションを導入する方法についてご確認ください。

記事

クラウドストレージとは

クラウドストレージとは、適切なアクセス許可を与えられたすべての人がインターネットを介してアクセスできる場所にデータを保管する仕組みです。動作についての詳細をご確認ください。

トピック

データサービスについて理解する

データサービスは、小型で独立した疎結合の機能の集合で、データストレージ・ボリュームに収集されて保存されている情報を強化、整理、共有、計算します。

ストレージの詳細はこちら

製品

コンテナのスピンアップおよびスピンダウン時に環境全体でデータを永続的に保存できるソフトウェア・デファインド・ストレージ。

ペタバイトクラスのデータを効率的に管理する、拡張性がきわめて高くオープンなソフトウェア・デファインド・ストレージ・システム。

リソース