アカウント ログイン

Red Hat とパートナーによるネットワーク・インフラストラクチャ

信頼性の高い接続と通信

Jump to section

ネットワーク・インフラストラクチャが情報をよどみなく伝達

ネットワーク・インフラストラクチャとは、IT インフラストラクチャの一部であり、ユーザー、デバイス、アプリケーション、インターネットなどを接続し、組織内でデータが流れることを可能にするハードウェア、ソフトウェア、システム、デバイスを指します。ネットワーク・インフラストラクチャは外部とつながっているため、保護とセキュリティの確保が必要な脆弱ポイントでもあります。ますます多くの組織が、分散型、データ集約型、またはレイテンシーを最小限に抑える必要があるクラウドネイティブ・アプリケーションを開発しているため、適切なネットワーク・インフラストラクチャの重要性は増しています。  

適切なネットワーク・インフラストラクチャとセキュリティ対策がないと、ユーザー体験の低下やネットワーク攻撃につながり、従業員の生産性と効率に悪影響を与える可能性もあります。予測可能なパフォーマンスと一貫性のあるユーザーエクスペリエンスを実現するには、信頼性が高く、スケーラブルで、セキュリティに重点を置いたネットワーク・インフラストラクチャが必要です。Red Hat は、ネットワーキング・エコシステム・パートナーと緊密に連携し、セキュリティを重視した信頼性の高いネットワークを構築するために必要なテクノロジーのテスト、認定、統合、および最適化を行います。

Red Hat のパートナーエコシステムの価値

ネットワーク・インフラストラクチャが重要である理由

ルーターやスイッチからサーバー、仮想エンティティ、仮想マシン (VM)、インフラストラクチャ・レベルのソフトウェア、マイクロサービス、先進的なアプリケーションに至るまで、有意義なカスタマーエクスペリエンスを提供できるテクノロジーには、信頼性が高く、スケーラブルで、セキュリティを重視したネットワーク・インフラストラクチャが不可欠です。ネットワーク・インフラストラクチャは、あらゆるレベルでのアプリケーションの接続および通信を可能にするための基礎であり、基盤です。これは、パートナーや顧客と通信するためのメカニズムでもあります。信頼性が高く、スケーラブルで、セキュリティを重視したネットワーク・インフラストラクチャでは、次のことが可能です。

  • ロールとアプリケーションに基づいてアクセスを制限することにより、セキュリティを有効にする
  • より優れたユーザーエクスペリエンスのための基盤を提供する
  • ネットワークサービスを提供し、通信サービスプロバイダーが専用のハードウェアからオープンソースソフトウェアに移行できるようにする

Red Hat と当社のパートナーは、セキュリティを重視した信頼性の高いネットワーキングのメリットを IT の新時代にもたらし、お客様がデジタル時代に後れを取らないように、インフラストラクチャの変革とモダナイゼーションを支援しています。

Why network infrastructure is important

ソリューション概要

Red Hat とパートナーを活用して、信頼性が高く、セキュリティを重視したネットワークを構築する

Red Hat は創業以来、最初は Red Hat® Enterprise Linux®、続いて Red Hat OpenStack®、Red Hat OpenShift®、および Red Hat Ansible® Automation Platform を提供し、ネットワーク・インフラストラクチャの構築とサポートを行ってきました。

IT スタック内のテクノロジーは、すべてが連携して動作する必要があります。そして、そのような接続を支えるオペレーティングシステム (OS) には一貫性、信頼性、柔軟性が求められます。Red Hat Enterprise Linux はこのすべてを備え、さらには先進的な IT をつなぎ合わせる共通のリンクとしての機能も果たします。Red Hat Enterprise Linux の機能は、システム、アプリケーション、およびプロセスを、ドメインネームシステム (DNS)、動的ホスト構成プロトコル (DHCP)、ルーティング、ブリッジング、仮想ネットワーキング、およびネットワークの監視とトラブルシューティングを提供して管理するためのネットワーキングツールと接続します。

Red Hat はパートナーと連携して、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat OpenShift、Red Hat Ansible Automation Platform、および Red Hat OpenStack との統合を認定しています。これらのパートナーは Red Hat が開発したコアコンポーネントを補完し、自動化や、クラウドネイティブ・アプリケーションのスケーラビリティ、セキュリティなどのネットワーキングにおける重大な技術的問題を解決して、既存および新規のテクノロジーを組み込むためのより広範なシステムを構築します。

Red Hat が独立系ソフトウェアベンダー (ISV) と提供するネットワーク・インフラストラクチャ・ソリューションを見る

ビジネス変革のためのツール

Icon-Red_Hat-Network-A-Black-RGB

Kubernetes によるソフトウェア・デファインド・ネットワーク

Red Hat OpenShift Container Platform のソフトウェア・デファインド・ネットワーク (SDN) アプローチは、統一されたクラスタネットワークを提供し、クラスタ間通信を可能にします。さらに、組み込みの DNS など、多くの機能が搭載されているため、OpenShift ネットワークは極めて詳細な構成が可能で安定しており、優れたパフォーマンスを発揮します。

Icon-Red_Hat-Objects-Gear_Group-A-Black-RGB

ネットワーク自動化

Red Hat Ansible Automation Platform は、パートナー・テクノロジーとともに、先進的なネットワーク・インフラストラクチャの構築、監視、管理を支援し、容量、アプリケーションのセキュリティ、負荷分散、およびマルチクラウド統合の動的なニーズへの迅速な対応を可能にします。セルフサービスやオンデマンドのネットワーク・アクティビティを実施して、先進的なビジネス要求をサポートすることもできます。Ansible は、さまざまなネットワーク・デバイス・ベンダーをサポートする数百ものネットワークモジュールを備えています。

Icon-Red_Hat-Virtual_storage_stack-A-Black-RGB

OpenStack ネットワーク

Red Hat OpenStack Networking (neutron) コンポーネントは、仮想ネットワーク機能向けのアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) を提供します。また、スイッチ、ルーター、ファイアウォールを備えています。さらに、OpenStack Networking には、ルーティング、DHCP、メタデータなどのコアサービスを管理するためのシステムサービスがあります。

パートナーシップ

Red Hat ネットワーク・インフラストラクチャ・エコシステム・パートナー

生産性を向上してセキュリティ脆弱性を軽減

以下のタブから Red Hat ネットワーク・インフラストラクチャの独立系ソフトウェアベンダー (ISV) パートナーについて学んだり、ISV パートナーページから、さまざまなユースケースにおけるサポートされた認定パートナー・ソリューションを検索したりできます。

ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、およびエッジ

先進的なアプリケーションは、オンプレミスからエッジに接続できることが必要であり、費用効果の高いスケーラブルな帯域幅、低レイテンシー、信頼性、セキュリティが求められます。これらのパートナーは、最適なハイブリッドネットワークの構築を支援するソリューションを提供します。

パートナー

F5 BIG-IP logo

F5 BIG-IP Local Traffic Manager (LTM) シリーズロードバランサーは、レイヤー 4 およびレイヤー 7 のスループットと接続速度を備えた、プログラム可能なクラウド対応アプライアンス/仮想アプライアンスを特徴としています。

Juniper Networks logo

Juniper Contrail Enterprise Multicloud は、マルチベンダー環境全体のあらゆるワークロードとクラウド向けに設計された、マルチクラウド対応のネットワーキング、セキュリティ、オーケストレーション、および監視プラットフォームです。

NGINX logo

NGINX Ingress Controller は、62% 以上が推奨するイングレスプロバイダー 1 で、ダウンロード数は 1,000 万回を超えます。2 NGINX Ingress Controller により、高性能でスケーラブル、かつ、セキュリティを重視した先進的なアプリケーションを本番環境で実行できます。

Palo Alto Networks logo

Ansible モジュールと Palo Alto Networks モジュールを組み合わせると、パブリック、プライベート、およびハイブリッドクラウド・デプロイメント向けの Palo Alto Networks VM-Series の自動化とオーケストレーションを行えます。

可観測性

ハイブリッド環境の接続の問題や、先進的なクラウドネイティブ・アプリケーションを構成する分散型のコンテナとマイクロサービス間の接続の問題に対するトラブルシューティングは困難です。これらのパートナーは、接続の問題を、発生前に迅速に特定して解決するのに役立つソリューションを提供します。

パートナー

A10 Networks logo

A10 Networks により、企業とサービスプロバイダーは、マルチクラウドの変革と 5G への対応に備えるための、セキュリティを重視し、可用性が高く、効率的なビジネスクリティカル・アプリケーションを提供できます。

Arista Networks logo

Arista EOS は、完全にプログラム可能で高度にモジュール化された Linux ベースのネットワーク・オペレーティングシステムで、Arista スイッチングファミリー全体で単一のバイナリー・ソフトウェア・イメージを実行します。Arista EOS で構築されたクラウド・アーキテクチャは、大規模に動作する管理およびプロビジョニングの機能を備えた、数十万のコンピュートノードとストレージノードに拡張できます。

Avi Networks logo

Avi Networks は、単なる負荷分散機能だけではなく、アプリケーション分析、マルチクラウド・トラフィック管理、予測自動スケーリング、セキュリティ、およびベアメタル、VM、パブリッククラウド、コンテナ、Platform-as-a-Service (PaaS) の各環境向けのコンテナサービスを含む、弾力性に優れたアプリケーション・サービス・ファブリックを提供します。

Cisco Systems logo

Cisco APIC は、リアルタイムメトリクス、レイテンシーの詳細、アトミックカウンター、および詳細なリソース消費統計を使用し、システムレベルでアプリケーションとテナントのネットワークヘルスを集中分析して可視化します。

F5 logo

Red Hat OpenShift と F5 Container Ingress Services (CIS) の統合によって、Red Hat 内で起動された新しいコンテナを F5 サービスが認識できるようになります。CIS はオーケストレーション API サーバーを監視しており、コンテナ化アプリケーションに対する変更に基づいて F5 BIG-IP システム構成を修正できます。

Juniper Networks logo

Juniper Contrail Insights は、ネットワーク・インフラストラクチャのパフォーマンスを監視、トラブルシューティング、最適化するための機能を提供します。物理環境とマルチクラウド環境に対するエンドツーエンドの可視性は、潜在的な問題を排除するのに役立ちます。

Tigera logo

Tigera の Calico Enterprise は、Kubernetes 環境に深く組み込まれた Kubernetes ネイティブのソリューションで、堅牢なセキュリティコントロール、リアルタイムの可観測性、異種環境全体の内部からのトラブルシューティング・データを提供します。

セキュリティ

コンテナとハイブリッドクラウド・テクノロジーによって、セキュリティを取り巻く環境はさらに複雑になります。先進的なハイブリッドクラウド・インフラストラクチャでは、データセンターであろうとパブリッククラウドであろうと、ネットワークの各層でセキュリティを実装する必要があります。自動化された方法でセキュリティを継続的に監視し、早期に対処するためには、人とプロセスを調整する必要があります。これらのパートナーは、データセンターからエッジまで、アプリケーション・ネットワーク・スタックのセキュリティに対応するためのソリューションを提供します。

パートナー

A10 Networks logo

A10 Networks Thunder Containers は、セキュリティを重視したアプリケーションサービスのための、クラウドネイティブで軽量なコンテナベースのソリューションをセットにしたもので、コンテナ環境で、A10 Thunder Application Delivery Controller (ADC)、A10 Thunder Carrier-Grade Networking (CGN)、および A10 Thunder Convergent Firewall (CFW) を提供します。

F5 logo

F5 は、レイヤー 7 の可視性とエンタープライズレベルのセキュリティを備えた、包括的なコンテナ・セキュリティ・ソリューションを提供します。F5 Advanced WAF (Web アプリケーション・ファイアウォール) と NGNIX App Protect は、主要なオープンソース・ソリューションと緊密に連携して、あらゆる種類の攻撃から防御します。

Infoblox logo

Infoblox Ecosystem Exchange は高度に接続された統合セットで、組織がサイロを排除して、セキュリティ・オーケストレーション、自動化、および応答 (SOAR) のソリューションを最適化し、サードパーティのマルチベンダーのアセットを含め、サイバーセキュリティ・エコシステムの投資対効果 (ROI) を向上させるのに役立ちます。

NGINX logo

NGINX により、WAF および JSON Webトークン (JWT) 認証をアプリケーションの近くにデプロイすることが可能になり、軽量で、信頼性が高く、費用効果の高いソリューションでプロダクショングレードの保護を実現できます。NGINX Application Platform には、負荷分散とアプリケーション提供のための NGINX Plus、セキュリティのための NGINX App Protect、アプリケーションコードを実行する NGINX Unit が含まれ、すべて NGINX Controller によって監視と管理が行われます。

Palo Alto Networks logo

Palo Alto Prisma Cloud は、業界をリードするクラウドネイティブのセキュリティ・プラットフォームで、ソフトウェア・ライフサイクル全体を通じて、あらゆるクラウドのホスト、コンテナ、およびサーバーレス・デプロイメントを包括的に保護します。さらに、Prisma Cloud Compute Edition 自体がクラウドネイティブで API に対応しており、オンプレミスまたはクラウド内のあらゆる OpenShift ワークロードなどを保護します。

Tigera logo

Tigera Calico は、既存のエンタープライズ・セキュリティ・コントロールを Kubernetes に拡張することにより、セキュリティとコンプライアンスの要件に迅速に対応します。Calico はレイヤー 3 にデプロイされ、OpenShift に高可用性接続オプションを提供します。このオプションによって、ネットワーキングチームは高可用性アーキテクチャを実装することができます。

サービスプロバイダー向けの 5G とエッジ

モバイルデジタルサービスの需要の高まりと、多様化が進むトラフィックプロファイルによって、5G やエッジコンピューティング・サービスなどのサービスを提供するためには、適応性が高く、スケーラブルで、経済的なネットワークが必要です。これらのパートナーは、サービスを迅速かつ効率的に追加するために必要なスピード、アジリティ、スケーラビリティを実現するソリューションを提供します。

Red Hat のネットワークエコシステムは、主要なパートナーと信頼されるオープンソース・コミュニティを結集して、デジタル・サービス・プロバイダーになるために必要な革新的で検証済みの統合ソリューションを創り出します。 

e ブックを読む

パートナー

A10 Networks logo

A10 Networks Thunder Containers は、アプリケーションサービスのためのクラウドネイティブで軽量なコンテナベースのソリューションをセットにしたものです。キャリアグレード NAT (CGNAT) 製品向けの業界初のコンテナベースのソリューションで、通信サービスプロバイダーによる 5G の商業化に備えてコンテナ環境への移行をサポートします。

F5 logo

F5 ツールは、クラウドネイティブ・インフラストラクチャのデプロイメント、4G から 5G へのシグナル ・インターワーキング、セキュリティ・ソリューション、シグナリング・セキュリティ・ソリューション、およびサイバーセキュリティ詐欺に対処するフロントオフィス・セキュリティから、マルチクラウド、マルチテナント、分散ネットワークを管理および保護します。

Infoblox logo

DNS、DHCP、および IP アドレス管理 (DDI と呼ばれる) における業界のリーダーとして Ansible と Infoblox を統合し、効率と可視性の向上、リスクの軽減、カスタマーエクスペリエンスの向上を実現するための制御とセキュリティ保護をコアから提供します。

Kaloom logo

Kaloom Cloud Edge Fabric は、完全に自動化されたデータセンター・ネットワーキング・ファブリック・ソリューションです。4G と 5G の同時適用向けにデータセンターエッジに組み込まれた 5G ユーザープレーン機能 (UPF) と、ネットワークスライシングのネイティブサポートの提供に特化して設計されています。

Mavenir logo

Mavenir のサービスベースのクラウドネイティブな 5G コアプラットフォームは、既存の進化型パケットコア (EPC) と 4G LTE への投資を最大限に活かしながら、6G に移行するための柔軟なプロセスを可能にします。

Nuage Networks logo

Nuage Networks Virtualized Services Platform (VSP) は、業界をリードするネットワーク自動化プラットフォームで、さまざまな SDN、SD-WAN、およびクラウド・ソリューションを可能にします。VSP は、データセンターのプライベートクラウドから大規模なワイドエリアネットワーク (WAN) や世界最大のパブリッククラウドに至るまで、ネットワークとクラウド全体で高度なネットワーク自動化を実現します。

お問い合わせ

Red Hat とのフォローアップ・ディスカッションを予約する