Jump to section

情報

CentOS Linux 7 は、2024 年 6 月 30 日にサポート終了 (EOL) となります。Red Hat Enterprise Linux for Third Party Linux Migration を始めとする、移行を容易にする Red Hat の各種オプションをご覧ください。

CentOS Linux のサポート終了について知っておくべきこと

URL をコピー

CentOS Linux からクラウド対応のオペレーティングシステムに移行する方法

CentOS Linux からクラウド対応のオペレーティングシステムに移行する際に、クラウドの取り組みをサポートする OS を選択し、プロダクション・グレードでクラウド対応のオペレーティングシステムを導入することが重要になります。

CentOS Linux 7 のサポート期限は、2024 年 6 月 30 日に終了 (EOL) となります。この記事では、その影響と対策、また Red Hat が移行を容易にするために提供している支援についてご紹介します。

CentOS から新たなプラットフォームへの移行 (動画の再生時間:2:42)

CentOS Linux は、CentOS プロジェクトのコミュニティ・コントリビューターによって開発、配布、保守された、無料で利用できるコミュニティがサポートする Linux ディストリビューションです。Red Hat® Enterprise Linux® のソースから派生し、Red Hat Enterprise Linux のリリースサイクルに合わせてリリースされていました。しかし、CentOS Linux は Red Hat の製品ではないため、Red Hat によるサポートはありません。

2020 年、CentOS Project は Red Hat と連携し、将来の Red Hat Enterprise Linux リリースのアップストリーム開発プラットフォームである CentOS Stream に全投資を移行すると発表しました。そのため、同プロジェクトのもう一つの Linux ディストリビューションである CentOS Linux のサポートは終了することとなり、CentOS Linux 7 は 2024 年 6 月 30 日にサポート終了 (EOL) となります。 

サポート終了 (EOL) とは、製品やサービスの提供が完全に終了することを言います。その製品を使用している場合、アップデートやセキュリティパッチを継続的に受け取るためには、新しいソリューションに移行しなければなりません。

CentOS Linux 7 を使用している場合、セキュリティの更新、パッチ、新機能の提供を受け続けるためには、2024 年 6 月 30 日までに新しいオペレーティングシステム (OS) に移行する必要があります。 

CentOS Linux は Red Hat Enterprise Linux から派生したものなので、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) に移行するユーザーは、最小限のトレーニングで同じ技術や要素の多くを引き続き使用でき、しかも CentOS Linux よりも多くの機能、ツール、サポートを活用でき、さらに多くの価値を得ることができます。ここでは、RHEL への移行を容易にするための選択肢をいくつかご紹介します。また、お客様の移行の計画と実行をさらに支援するために、CentOS Linux 移行診断ツールをご利用いただけるようにしています。この診断ツールを使って、現在の CentOS Linux の設定を評価し、Red Hat Enterprise Linux への移行をスムーズに行うことができます。

Red Hat Enterprise Linux for Third Party Linux Migration

Red Hat Enterprise Linux for Third Party Linux Migration は、CentOS Linux 7 のユーザーが EOL 期日後も事業継続性を維持できるようにするための支援を目的とした Red Hat の新たな製品です。お求めやすい価格のこの製品には、Red Hat Enterprise Linux のサブスクリプションのほか、CentOS Linux 7 のインプレース・インスタンスを Red Hat Enterprise Linux 7 に変換するためのツールが含まれています。

CentOS Linux 7 のサポート終了 (EOL) に向けて、Red Hat の Third Party Linux Migration 製品が移行を支援します (動画の再生時間:5:22)。

Convert2RHEL を使用して Red Hat Enterprise Linux に移行

Convert2RHEL は、既存のカスタマイズ、設定、およびプリファレンスを維持しながら移行プロセスを単純化する、完全にサポートされた無料の移行ツールです。このコマンドライン・ユーティリティは、RPM ベースの Linux オペレーティングシステムを、完全にサポートされた Red Hat Enterprise Linux OS に転換します。CentOS Linux の OS パッケージを自動的に識別し、RHEL の同等パッケージと置き換えることで、コストのかかる再デプロイプロジェクトの必要性を最小限に抑え、システム管理者の負担を軽減します。これは、すべてのワークロードを手動で再デプロイするのではなく、Red Hat Enterprise Linux に転換するための自動化された方法です。

Red Hat コンサルティング

大規模な環境を持つ組織やリソースが限られている組織の場合は、Red Hat コンサルティングに依頼して移行を加速することができます。Red Hat のエキスパートが、実証済みの知識と経験を基に移行プロジェクトをサポートします。Red Hat は、主要なアプリケーションとワークロードの特定および転換を支援し、お客様がその後も自信を持って継続できるように指導します。 

信頼性が高く、安定した OS を使うことは極めて重要です。スケーリングし、安定したパフォーマンスを得るには、保守および更新の明確なスケジュール、完全なサポート、組み込みのセキュリティ機能によってもたらされる確信が必要です。

Red Hat Enterprise Linux: ひとつのプラットフォームが無限の可能性をもたらす (動画の再生時間:0:57)

Red Hat Enterprise Linux はオープンソースの Linux ディストリビューションであり、新しいアプリケーションのデプロイ、既存のアプリケーションのデータセンターからクラウド環境への移行、または他の Linux ディストリビューションからの移行など、ケースを問わずフットプリント全体で一貫性を提供します。CentOS Linux からの信頼できる移行先です。

Red Hat Enterprise Linux は、保守および更新の明確なスケジュール、完全なサポート、セキュリティリソース、認定パートナーの大規模なエコシステム、管理ツール、長期的なロードマップを提供することで、長期的に高い価値を提供し、全体的なコストを最小限に抑えます。そして、サポートが付帯しない無料 OS と比較すると、長期的には総所有コスト (TCO) を低く抑えることができます。1物理クラウド、仮想クラウド、プライベートクラウド、パブリッククラウド、エッジなどのオープン・ハイブリッドクラウド環境全体に一貫性をもたらします。 

Red Hat Enterprise Linux のクラウド・エクスペリエンスは、オンプレミスでの使用と同様の優れたセキュリティ、パフォーマンス、スケーラビリティ、および信頼性を提供します。 

Red Hat Enterprise Linux は CentOS Linux の各バージョンと同様のユーザーエクスペリエンスを提供するので、CentOS Linux ユーザーは再トレーニングを行う必要がほとんどありません。また、ハードウェア、ソフトウェア、クラウドパートナーによる認定ソリューションの膨大なエコシステムからメリットを得ることができます。Red Hat Enterprise Linux は、24 時間年中無休で Red Hat のグローバルサポートチームにサポートされている唯一の Linux です。 

Red Hat Enterprise Linux は、高度に規制された環境、セキュリティガイド、およびセキュリティポリシーを備えた組織のコンプライアンス基準を最適化するのに役立ちます。独自に検証および認定された一貫性のあるソリューションを提供し、OS の一部としてコンプライアンスツールを提供しているので、セキュリティベースラインを大規模にデプロイすることも容易にできます。2022 年、Red Hat は Red Hat Enterprise Linux 8.2 の新しいコモンクライテリア認証を発表し、機密性の高いデプロイメントで重要なワークロードを使用するユーザーに選ばれるプラットフォームとしての Red Hat Enterprise Linux をさらに強化しました。 

AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platform など、数百のクラウドプロバイダーでの使用および互換性が認定されているため、組織のビジネスに最適な IT インフラストラクチャを選択できます。大規模な認定ソリューションのエコシステムによってハイブリッドクラウド環境のカスタマイズが可能であり、それには SAP などのプロバイダーのソフトウェアやサービスも含まれます。

Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions の概要はこちら

Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions の成功事例はこちら

Value of Red Hat Solutions versus alternatives

IDC ホワイトペーパー

無料版と比較した Red Hat ソリューションのビジネス価値

Red Hat 後援の IDC ホワイトペーパー、2021 年 4 月。

関連資料

記事

Red Hat Enterprise Linux によるエッジコンピューティング

Red Hat Enterprise Linux は、ハイブリッドクラウド・インフラストラクチャをエッジ、つまり世界中の数十万のノードにまで拡張します。

記事

Red Hat Enterprise Linux のセキュリティ

Red Hat Enterprise Linux は世界有数のオープンソース Linux プラットフォームです。リスクの緩和、セキュリティ構成とポリシーの適用、コンプライアンス戦略​の最適化の実現を支援します。

記事

Red Hat の Linux を選ぶ理由

ワークロードを環境間で移動させてスケーリングできる必要があります。Red Hat Enterprise Linux はハイブリッドクラウド・デプロイメントに対する一貫性のある安定した基盤です。

Red Hat Enterprise Linux の詳細はこちら

製品

新しいアプリケーションの展開、環境の仮想化、より安全なハイブリッドクラウドの作成などに適した汎用性を誇る、安定性に優れた実績ある基盤です。

リソース

トレーニング

無料のトレーニングコース

Red Hat Enterprise Linux Technical Overview