Jump to section

情報

CentOS Linux 7 は、2024 年 6 月 30 日にサポート終了 (EOL) となりました。Red Hat Enterprise Linux for Third Party Linux Migration を始めとする、移行を容易にする Red Hat の各種オプションをご覧ください。

CentOS とは

URL をコピー

CentOS は、CentOS Stream と CentOS Linux という 2 種類の Linux® ディストリビューションをリリースしているオープンソース・プロジェクトです。CentOS とはそのプロジェクトに参加する人々のオープンソース・コミュニティでもあり、CentOS プロジェクトの活動に取り組むことを可能にするあらゆるものでもあります。Red Hat®、Almalinux、CloudLinux、AWS はすべて、このコミュニティに貢献しています。

CentOS Stream は今後の Red Hat® Enterprise Linux 製品リリースのアップストリーム開発プラットフォームとして機能します。

2024 年 6 月 30 日以降、CentOS Project は CentOS Linux® のすべてのアップデートとリリースを中止しました。CentOS Linux 8 のアップデートは 2021 年 12 月をもって終了し、2024 年 6 月 30 日に CentOS Linux 7 のアップデートが終了しました。つまり、現在 CentOS Linux を使用している場合は、移行パスを選択する必要があります。 

この移行を支援するために、CentOS Linux 移行診断ツールをご利用いただけるようにしています。この診断ツールにより、お客様に固有のニーズおよび環境に関する検討事項を明らかにすることができます。 

CentOS Linux と CentOS Stream はどちらもオープンソースの Linux ディストリビューションであり、CentOS のバージョンであり、エンタープライズ Linux エコシステム全体の一部です。CentOS Stream は、今後リリースされる Red Hat Enterprise Linux のオープンソース開発プラットフォームとして機能します。CentOS Stream は未来の Red Hat Enterprise Linux になるものですが、CentOS Linux は Red Hat がリリースしたソースコードから派生したものです。これまで、CentOS Linux の各バージョンは、Red Hat Enterprise Linux のメジャーバージョンを反映していました。どちらも RPM パッケージ管理システムを使用し、同様の機能、互換性、バグ修正を維持していました。

CentOS Stream は、今後の Red Hat Enterprise Linux マイナーリリースのオープンソース開発プラットフォームとして機能します。CentOS Stream によって Red Hat Enterprise Linux の開発用ソースコードが利用できるようになるため、コミュニティメンバーは Red Hat パートナーやエコシステム開発者とともに、Red Hat Enterprise Linux エンジニアと協力してコードに貢献したり、コードをテストしたりすることができます。 

CentOS Linux は、Red Hat がリリースしたソースコードから派生した、コミュニティがサポートするディストリビューションです。Linux カーネル上に構築され、ソフトウェアの開発とデプロイに最もよく使用され、ディストリビューション・モデルはありません。CentOS Linux のアップデートは、2021 年から 2024 年までの間に打ち切られました。これまで、CentOS Linux の各バージョンは Red Hat Enterprise Linux のメジャーバージョンを反映していました。どちらも RPM パッケージ・マネージャー・システムを使用し、同様の機能、互換性、バグ修正を維持していました。 

CentOS はオープンソース・プロジェクトです。Red Hat Enterprise Linux は、ライフサイクルアップグレードパスが定義された、エンタープライズ向けのオープンソース製品です。

CentOS Stream、CentOS Linux、および Red Hat Enterprise Linux はすべて異なる Linux ディストリビューション (Ubuntu、Debian、Oracle Linux、Fedora Linux などと同様) であり、それらの間には多くの技術、サポート、および開発上の違いがあります。組織にとって最適な Linux ディストリビューションは、ユースケースとツールの要件によって異なります。

  • バイナリー実行パスの相違など、技術的な違いは数千に及びます。 
  • サポート構造が異なります。CentOS Stream と CentOS Linux のサポートは、GitHub、フォーラム、Wiki、チュートリアル、その他のコラボレーション方法を通じて、他のユーザーやコントリビューターの善意によって提供されます。Red Hat Enterprise Linux は、専任のエンジニアとスタッフによってサポートされています。
  • ソースコードの変更の提案、テスト、コミットの方法が異なります。Red Hat Enterprise Linux への貢献は、CentOS Stream を通じて提供されます。CentOS Stream への貢献は誰でも提案できますが、貢献を受け入れ、コミットするのは Red Hat エンジニアのみです。CentOS Linux にはコントリビューション・モデルはありません。

業界リーダーが CentOS Linux ではなく Red Hat Enterprise Linux を選ぶ理由

Red Hat Enterprise Linux は、リソースの解放と IT システムの統合を可能にすることで、顧客の需要に対応するための大規模なビジネス変革を推進します。クラウドベースの顧客関係管理 (CRM) システムプロバイダーである Salesforce は、Red Hat Enterprise Linux が先進的な IT ワークロードに提供する安定性を活用しています。同社は 200,000 以上のシステムを CentOS Linux から Red Hat Enterprise Linux 9 に移行しています。

CentOS Project は、2021 年から 2024 年にかけて CentOS Linux のアップデートとリリースを打ち切りました。つまり、現在 CentOS Linux を使用している場合は、移行パスを選択する必要があります。CentOS Linux 8 のアップデートは 2021 年 12 月をもって終了し、2024 年 6 月 30 日に CentOS Linux 7 のアップデートが終了しました。

しかし、CentOS コミュニティはなくなりません。コミュニティのコントリビューターと CentOS ユーザーは、CentOS Stream プロジェクトの一環としてオープンソースの Linux ディストリビューションで引き続き協力します。これは、Red Hat Enterprise Linux 開発プロセスの重要な部分であり続けます。

CentOS 分科会 (CentOS SIG) は、各グループのメンバーやリーダーによって運営され、コミュニティ内で活動を継続します。CentOS 運営委員会の承認を求めて新しい SIG を開始することは、誰にでも可能です。

CentOS Stream は、今後も Red Hat Enterprise Linux マイナーリリースのオープンソース開発プラットフォームであり、主要な開発パイプラインです。 

  • CentOS Stream 8 は Red Hat Enterprise Linux 8 開発プロセスの一環であり、更新は Red Hat Enterprise Linux 8 のライフサイクルを通じた完全なサポートによって継続されます。
  • CentOS Stream 9 は、Red Hat Enterprise Linux 9 開発プロセスの一環として 2021 年にリリースされました。更新サイクルは CentOS Stream 8 と同様です。

CentOS Linux のソースコードは引き続き git.centos.org で公開されますが、CentOS Linux 8 のビルドは 2021 年 12 月に終了しました。Rocky Linux、Amazon Linux 2、Docker、AlmaLinux など、CentOS Linux と同種のオペレーティングシステムについては、Red Hat と CentOS は関与していないため、このような OS を提供している組織やコミュニティに直接相談してください。CentOS の共同創設者である Gregory Kurtzer 氏によって設立された Rocky Linux も、CentOS Linux と同種のディストリビューションを引き続き作成します。CentOS 運営委員会は、次のスケジュールで CentOS バージョンの保守を終了することを決定しています。

  • CentOS Linux 7:Red Hat Enterprise Linux 7 のサポートが終了する 2024 年 6 月までアップデートを継続
  • CentOS Linux 8:2021 年 12 月 31 日をもってアップデート終了
  • CentOS Linux 9:リリースされない

はい。

対象となる個人および組織は、Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションを無料で提供するプログラムを利用できます (一部条件によって異なります)。 移行をサポートする Red Hat ツールが利用可能で完全にサポートされており、デプロイメントも同様です。

CentOS Stream は、カーネルとすべてのユーザー・スペース・コンポーネントが含まれており、ここで最初の RHEL + 1 開発が行われます。これにより、独立系ソフトウェアベンダー (ISV)、独立系ハードウェアベンダー (IHV)、相手先ブランド製造業者 (OEM)、および Red Hat のレイヤード製品の市場へのルートが短縮されます。

CentOS Stream の使用を開始するには、主に 2 つの方法があります。

移行:次のコマンドを使用して、CentOS Linux 8 から CentOS Stream 8 に移行する 

[root@centos ~]# dnf swap centos-linux-repos centos-stream-repos [root@centos ~]# dnf distro-sync

ダウンロード:CentOS Stream をこちらからダウンロードする

関連資料

記事

Linux とは

Linux は、OS の基本コンポーネントであるカーネルと、そこにバンドルするツール、アプリケーション、サービスで構成されるオープンソースのオペレーティングシステムです。

記事

SELinux とは

SELinux (Security-Enhanced Linux) は、管理者がシステムにアクセスできるユーザーをより詳細に制御できるようにする Linux® システム用のセキュリティ・アーキテクチャです。

記事

Linux カーネルとは

Linux カーネルとは、Linux オペレーティングシステム (OS) の主要コンポーネントで、コンピュータのハードウェアとプロセスとの間のコアインタフェースです。

Linux の詳細はこちら

製品

新しいアプリケーションの展開、環境の仮想化、より安全なハイブリッドクラウドの作成などに適した汎用性を誇る、安定性に優れた実績ある基盤です。

リソース