ログイン / 登録 アカウント

Linux

最適な Linux ディストリビューションの選び方

Linux ディストリビューションとは

Linux® ディストリビューションは、Linux カーネルから構築された、インストール可能なオペレーティングシステムで、ユーザープログラムとライブラリをサポートしています。各ベンダーまたは各コミュニティのバージョンのことをディストリビューションと言います。

Linux オペレーティングシステムはオープンソースであり、GNU General Public License (GPL) に基づいてリリースされているため、誰でもソースコードの実行、調査、変更、再配布ができ、変更したコードのコピーを販売することも可能です。これは、プロプライエタリーで変更が難しい従来のオペレーティングシステム (Unix、Microsoft Windows、MacOS) とは大きく異なります。

Linux ディストリビューションの選び方

適切な Linux ディストリビューションは、ユースケースとツールの要件によって異なります。各 Linux ディストリビューションには特色があり、得意とする場面はそれぞれ異なるためです。デスクトップ環境として設計されているディストリビューションもあれば、エンタープライズサーバーや Web サーバーなどのバックエンド IT システムをサポートするように設計されているディストリビューションもあります。

Linux ディストリビューションを選択するとき、最初に考慮すべきことは、エンタープライズ Linux ディストリビューションが必要なのか、コミュニティ Linux ディストリビューションが必要なのかということです。

エンタープライズ Linux ディストリビューションとコミュニティ Linux ディストリビューション

Linux ディストリビューションには、コミュニティ・バージョンとエンタープライズ・バージョンがあります。コミュニティ・ディストリビューションは、主にオープンソース・コミュニティがサポートおよび維持する無料の Linux ディストリビューションです。エンタープライズ (または商用) Linux ディストリビューションは、ベンダーによるサブスクリプションを通じて利用でき、コミュニティサポートだけに頼るものではありません。

コミュニティ・ディストリビューションとエンタープライズ・ディストリビューションの主な違いは、ユーザーにとって重要なことを誰が決めるかです。コミュニティ・ディストリビューションの方向性は、さまざまなオープンソースのオプションからパッケージを選択して維持する貢献者が決定します。エンタープライズ・ディストリビューションの方向性は、顧客のニーズに基づいてベンダーが決定します。

次のように考えてみてください。Fedora プロジェクトは、Red Hat® Enterprise Linux のアップストリームのコミュニティ・ディストリビューションです。Red Hat はそのプロジェクトの主要なスポンサーですが、Red Hat とは関係のない何千人もの開発者が Fedora プロジェクトに貢献し、最終的に Red Hat Enterprise Linux に組み込まれる機能のための最適なテスト基盤になります (Red Hat が、Fedora とは別の、独自のテストと品質保証プロセスを通じてこれらの機能を導入した後)。

エンタープライズ・ディストリビューションのメリット

Linux が無料でオープンソースなのに、コストをかけてまで商用ディストリビューションを使うのはなぜでしょうか。コミュニティ・ディストリビューションは、Linux を初めて使用する人でコマンドラインの経験があまりない人や、いろいろと試してみたいだけの人には最適なオプションです。長期にわたってサーバーをサポートすることを考えているなら、Fedora のようなコミュニティ・ディストリビューションは最適な選択ではないかもしれません。

Red Hat Enterprise Linux のようなエンタープライズ・ディストリビューションは、ビジネスニーズを満たし、懸念に対応するように設計されています。Red Hat Enterprise Linux は (Fedora のサポートが 2 年間であるのに対して) 10 年間のライフサイクルサポートを提供しており、長期的なアプリケーションをより適切にサポートできます。エンタープライズ・ディストリビューションでは、パッチ、アップデート、アップグレード、エキスパートによるテクニカルサポート、トレーニングやリソースへのアクセスを利用できます。コミュニティ・ディストリビューションは、コミュニティメンバーによるフォーラムをベースとしたサポートに依存しており、リリースサイクルも常に定期的というわけではありません。

また、商用サポートされているディストリビューションを使用すると、安定性を備えた最新のオープンソース・イノベーションのメリットを享受し、エンタープライズのニーズをサポートできます。Red Hat のエンジニアチームは、機能、信頼性、セキュリティの強化を行うことで、ユーザーのユースケースやワークロードを問わずインフラストラクチャの安定したパフォーマンスを実現するための支援を行っています。

人気の Linux ディストリビューション

  • Android
  • Arch Linux
  • CentOS
  • Debian
  • Elementary OS
  • Fedora
  • Gentoo Linux
  • Kali Linux
  • Linux Mint
  • Manjaro Linux
  • MX Linux
  • Puppy Linux
  • Slackware
  • Solus
  • Ubuntu とその派生バージョン (一例として、Gnome、Kubuntu、Ubuntu mate、Xubuntu、Lubuntu など)
  • Zorin OS

Red Hat の Linux を選ぶ理由

IT スタック内のあらゆるテクノロジーは互いに連携でき、ワークロードはベアメタルサーバー、仮想マシン、コンテナ、プライベートクラウドおよびパブリッククラウド上を移動してスケーリングできる必要があります。それには長期的なサポートを備えた、セキュリティ重視の先進的なオペレーティングシステムが必要です。そのオペレーティングシステムが Red Hat Enterprise Linux です。

標準オペレーティングシステムをワークロードの基盤にすると、ビジネスにとって有用になるようにワークロードを環境間で簡単に移動させることができます。Red Hat Enterprise Linux は、ハイブリッドクラウド・デプロイに対する一貫性のある安定した基盤となり、管理性と多岐にわたる Red Hat 管理および自動化ポートフォリオとの統合機能が内蔵されています。

必要な Linux ディストリビューションはたったひとつ

Red Hat Enterprise Linux logo

新しいアプリケーション、仮想マシン、およびハイブリッドクラウドのための基盤。