Kubernetes illustration
セクションを選択

Red Hat OpenShift と Helm の連携

URL をコピー
Helm は、Kubernetes を用いたコンテナ化アプリケーションのパッケージングとデプロイメントを、ハイブリッドクラウドのあらゆる場所で標準化、単純化するパッケージおよびインストールマネージャーです。作成したアプリケーションを開発者がパッケージ化できるため、組織内外の誰もが簡単に共有および展開できるようになります。Helm を使用すると、アプリケーションを設定するためのインストールや基本的な構成管理といった Day 1 タスクや、簡単なアップグレードやロールバックの実行といった Day 2 オペレーションを自動化することも可能です。

セルフサービス

Helm は開発者向けのアプリケーション、ツール、およびサービスを簡単にスピンアップすることができます。承認されたカタログからアプリケーション、ツール、サービスを選択、設定、デプロイするだけです。

配布が容易

Helm はアプリケーションを簡単にパッケージ化して共有することができ、アプリケーションのスケーラビリティを向上させます。

再利用性

Helm は開発およびテストプロセスの迅速化を実現するとともに、さまざまな環境に応じて新しい Helm チャートを構築したり、既存の Helm チャートを使用したりして、CI/CD 戦略を改善させることができます。

アジリティ

GitOps や CI/CD の効率化と統合を支援します。自動デプロイメントとシンプルかつ一貫したアップグレードにより、アジリティを実現します。

シンプルさ

アプリケーションを頻繁にデプロイするために開発者が常に自動化を利用できるようにすることで、デプロイを単純化します。

一貫性

手動で行っていた作業を自動化することでデプロイ時間を大幅に短縮し、デプロイ中のエラー率を低減させます。

ワークロードやアプリケーションはカスタムのものも ISV がサポートするものも共に、Helm Charts を使用して Red Hat® OpenShift® 上にデプロイすることが可能です。これは、ISV のクラウドネイティブのアプリケーションの相互運用性とサポート、ISV アプリケーションのデプロイと管理における優れたユーザーエクスペリエンス、およびデプロイメントのためのベストプラクティスの準拠に役立ちます。

 

Red Hat OpenShift の Web コンソールを使用して、Developer Catalog に掲載されている Helm チャートからチャートを選択してインストールしたり、カスタム Helm チャートリポジトリを追加したりすることが可能です。Helm のリリースは、これらのチャートを使って作成、アップグレード、ロールバック、アンインストールできます。Helm CLI は Red Hat OpenShift Web コンソールの Web ターミナルと統合されており、プロジェクトに関する情報を簡単に可視化、閲覧、管理することができます。

Discover Financial Services による、エンタープライズ Helm チャートリポジトリの構築と Red Hat OpenShift での Helm チャート管理に関する短編動画をご覧ください

Kubernetes Operator は、Kubernetes ネイティブのアプリケーションをデプロイ、管理する手段です。デプロイとライフサイクル管理 (スケールイン、スケールアウト、アップデート、アップグレード、バックアップ、リストア、データ整合性管理など) を単純化します。Operator はループで実行され、アプリケーションの状態を継続的にチェックしてソフトウェア開発者が定義した構成に従ってアプリケーションが動作しているかどうかを判断します。また、定義された望ましい設定に準拠するために、必要な変更を自動的に行います。

目的:アプリケーションの Day 1 タスク (インストール) や簡単な Day 2 タスク (あるバージョンから次のバージョンへの単純なアップデートなど) を自動化する必要がある

推奨:Helm

 

目的:アプリケーションには簡単なアップデートが必要だが、Day 2 オペレーションに多くの自動化を必要としない

推奨:Helm

 

目的:Helm チャートによってデプロイされたアプリケーションのメンテナンスやカスタマイズを行うには、ユーザーによる手動手順 (Helm CLI を使わない) が必要

推奨:Operator

 

目的:アプリケーションは高度な Day 2 タスク (自動調整、障害時のバックアップとリカバリ、アップデートや再構成のためのシーケンス化されたオーケストレーションステップ、インテリジェント・スケーリングなど) を必要としている

推奨:Operator

 

アドバイス:ベストプラクティスとして、アップデートや再設定で kubectl による手作業が必要な場合は、必ず Operator を使用するようにしましょう。

OpenShift の詳細はこちら

製品

Red Hat OpenShift

エンタープライズ対応の Kubernetes コンテナ・プラットフォームで、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、エッジのデプロイメントを管理するフルスタックの自動運用機能を備えています。

Red Hat OpenShift Data Foundation

コンテナのスピンアップおよびスピンダウン時に環境全体でデータを永続的に保存できるソフトウェア・デファインド・ストレージ。

Red Hat Advanced Cluster Security Kubernetes

クラウドネイティブ・アプリケーションのより安全な構築、デプロイ、実行を可能にする、エンタープライズ向けの Kubernetes ネイティブのコンテナ・セキュリティ・ソリューション。

Red Hat Advanced Cluster Management Kubernetes

Kubernetes クラスタとアプリケーションを制御する、セキュリティポリシーを組み込んだ単一のコンソール。

リソース

e ブック

Red Hat OpenShift のビジネス価値に関する IDC エグゼクティブサマリー

アナリスト資料

Red Hat が Forrester によりマルチクラウドコンテナ開発プラットフォーム分野のリーダーの 1 社に選出

トレーニング

無料のトレーニングコース

Running Containers with Red Hat Technical Overview

無料のトレーニングコース

Developing Cloud-Native Applications with Microservices Architectures

無料のトレーニングコース

Containers, Kubernetes and Red Hat OpenShift Technical Overview

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。