ログイン / 登録 アカウント

コンテナ

Red Hat のコンテナを選ぶ理由

Red Hat のコンテナ系ソリューションとトレーニングサービスを利用すれば、コンテナが提供するあらゆる利点を活用するためのインフラストラクチャ、プラットフォーム、コントロール、知識を得られます。

コンテナの普及には、理由があります。アプリケーション提供までの時間が短縮されるからです。デプロイ環境の差異を気にすることなく、チームが共同作業しやすくなります。セキュリティ・ソリューションおよびアプリケーション統合戦略の一部としても有効です。自社のニーズに最適なコンテナ・ソリューションを、どうしたら実装できるでしょうか。

オープンソース、オープンスタンダード、長年わたる経験のどれをとっても、コンテナのことなら Red Hat がベストパートナーです。


スタック全体にわたる支援

Red Hat は、スタックのあらゆるレベルにおいて貴社を支援します。コンテナを実行するホスト・オペレーティングシステムや、検証済みコンテナイメージ、コンテナレジストリ、あるいはプロダクション環境を管理するために必要なオーケストレーション・プラットフォームと管理ツールなど、Red Hat には信頼できるソリューションが豊富にあります。

Red Hat が提供する統合コンテナ・プラットフォームで、完全にオーケストレーションされたマルチコンテナ・アプリケーションを実現できます。標準的なワークロード内で実行される数個の「ペット」コンテナしかない場合でも、対応できます。

コンテナテクノロジーは、コミュニティから生まれました。コミュニティが主導し、オープンソースでオープンスタンダードに基づくテクノロジーです。コンテナのような新しいテクノロジーを選択して実装する際には、オープンソース・コミュニティに参加する意義 (コミュニティ内でイノベーションを起こす手法) を理解しているパートナーを見つけることが重要です。さらに、パートナーは、これらのテクノロジーをアクセス可能かつサポート可能な方法で御社のビジネスにもたらす術を持っている必要があります。イノベーションを加速させる最善の方法は、コミュニティを重視したオープンソース・プロジェクト、およびオープンスタンダードに基づいて製品やサービスを構築する企業と提携することです。貴社を縛り付けることのない、信頼できるパートナーを持つことも重要です。

Red Hat はまさに、このような条件を満たしているテクノロジー・パートナーです。

Red Hat OpenShift などのオープンソース・コンテナテクノロジーを採用すると、このようなテクノロジーの構築を支援する Red Hat のオープンソース開発モデル原則を利用できるようになります。

クラウドネイティブ開発過程の一環として、API 対応の分散サービスをコンテナで提供したい。そう考えるお客様は少なくありません。Red Hat のエキスパートは、お客様が過程のどの段階にあっても、既存のアプリケーションをより効率的にモダナイズし、新しいアプリケーションをビルドするために必要なプラクティス、ツール、文化を生み出すお手伝いをします。

 

コンテナ活用のための 4 つのステップ

ガイドをダウンロードし、コンテナ・プラットフォームを選ぶ際に検討するべき 4 つの要素をご確認ください。

何が必要か

Red Hat® Enterprise Linux® はホストレベルの製品であり、最も信頼され認定された Linux オペレーティングシステムです。アプリケーションのみに重点を置く組織向けには、コンテナ用に最適化された Red Hat Enterprise Linux Atomic Host を提供しています。このようなテクノロジーがあれば、新しいソリューションを開発して、不変性を利用して分散システム/クラスタを実現できます。そして、作業から解放された管理者は高レベルの自動化に専念できます。

コンテナイメージには Linux ディストリビューションが含まれています。コンテナ内で Red Hat Enterprise Linux を稼働させる場合、すでに Red Hat Enterprise Linux にデプロイ済みのアプリケーションがコンテナ内でも同じように動作することを信頼してご利用いただけます。独自のアプリケーションを構築している場合も、これまでご利用いただいていた Red Hat Enterprise Linux と同レベルのサポートと、信頼性の高いアップデートが提供されます。また、コンテナにより、アプリケーションの可搬性も実現します。Red Hat Enterprise Linux を実行できる場所であればどこでも、新しいコンテナ化アプリケーションを実行することができます。社内で開発し、クラウドにデプロイできるのです。

新しいコンテナイメージをビルドしたら、簡単に共有できます (社内の別の開発者と共有する場合、または本番環境にコンテナを導入する場合など)。準備として固有のレジストリをホストする必要はありません。その代り、Red Hat Quay を使用し、すべてをクラウドサービスとして管理します。データへの制御機能を強化する必要がある場合、または具体的なネットワークセキュリティの要件がある場合も、Red Hat Quay を使用してオンプレミスまたはクラウド内にデプロイできます。

PaaS (Platform-as-a-Service) ソリューションが必要ですか?その場合、Red Hat OpenShift® がお勧めです。Red Hat OpenShift は、DockerKubernetes などのテクノロジーをネイティブに統合し、Red Hat Enterprise Linux のエンタープライズ基盤と組み合わせた、コンテナ・アプリケーション・プラットフォームです。このソリューションは、プライベートクラウド、パブリッククラウド、マネージドクラウド、およびアンマネージドクラウドの形態で提供されています。さらに Red Hat OpenShift は、ステートフル・アプリケーションとステートレス・アプリケーションの実行とサポートが可能なため、コンテナを使用するためにアプリケーションを一から再構築する必要はありません。

コンテナはストレージ容量を大量に消費する場合があります。一方で、コンテナのストレージには固有の問題があります。コンテナがダウンした場合、それらのコンテナに常駐するステートフルなアプリケーションのデータが失われてしまいます。これは見過ごせない問題です。Red Hat Gluster® Storage は Red Hat OpenShift と統合されており、コンテナ化アプリケーション用に、弾力性に優れたストレージのプロビジョニングと管理を行えます。これにより、独立したストレージクラスタも、従来のモノリシックなストレージ・ソリューションも不要になります。

Red Hat OpenStack® Platform は、ベアメタル、仮想マシン、コンテナを 1 つのシステムに統合します。まずハードウェアをプロビジョニングし、次にコンテナをプロビジョニングします。ハードウェアはリソースを公開します。コンテナはこのリソースを使用します。ソフトウェア・デファインドのリソースがあると、コンテナ環境を拡張するときに便利です。API 駆動のプロビジョニングおよび自動化、セルフサービスおよびスタック上のリソースへのクォータベースのアクセスを活用できます。

必要なものを、すべて一度に手に入れてしまう方が簡単な場合もあります。Red Hat Cloud Suite は、そのようなニーズを満たすソリューションです。Red Hat Cloud Suite は、コンテナベースのアプリケーション開発プラットフォーム、プライベートクラウド・インフラストラクチャ、パブリッククラウドの相互運用性、共通の管理フレームワークを組み合わせた、完全にオープンソースのソリューションです。Red Hat Cloud Suite でインフラストラクチャをモダナイズすることにより、開発者は顧客や組織向けのサービスの構築と提供を迅速に行い、IT 部門は環境に対する制御を維持しながら一元管理を実現することができます。

Red Hat Cloud Suite には、以下が含まれます。

ハイブリッドクラウド制御

成功の鍵は、選択肢と柔軟性にあります。すべてのケースに対応できる万能なインフラストラクチャは存在しないため、選択肢が 1 つしかないという状況は理にかないません。コンテナは、パブリッククラウドやプライベートクラウド、従来のインフラストラクチャなどに加わる新たな選択肢です。Red Hat CloudForms を使用すると、ハイブリッドクラウドとコンテナをスケーラブルかつ理解しやすい方法で管理できます。CloudForms により、Kubernetes や Red Hat OpenShift などのコンテナ管理システムを、Red Hat Virtualization や VMware 環境と統合することができます。

コンテナの自動化

Red Hat Ansible® Automation Platform は、OpenShift Container Platform を補う優れた手段です。Ansible Automation をすでにお使いなら、 Ansible コンテナで Ansible ロールと Playbook を再利用して、コンテナ化アプリケーションを作成して OpenShift にデプロイできます。これらのロールは変更せずに使用できるので、特に便利です。基盤のインフラストラクチャが何であっても (コンテナ、仮想マシン、ベアメタルなど)、1 つのアプリケーションを管理できます。Red Hat Ansible Automation Platform は、OpenShift などのコンテナ・プラットフォームをセットアップする前にクラウドサーバー、クラウドリソース、ネットワークルールがプロビジョニングされる、外部プロビジョニングプロセスの一部としても使用できます。すべてが迅速に稼働します。

仮想マシン移行によるコスト削減額の計算

現在のコンテナ戦略はインフラストラクチャに阻まれていませんか?

一部の仮想インフラストラクチャでは、高額なエンタープライズ・ライセンス契約に縛られ、ソフトウェアの選択肢が狭められてしまいます。オープンソース仮想化に移行すると、コンテナへの道が開けます。

Red Hat によるオープンなイノベーション

Red Hat のコンテナソリューションは、Linux、CRI-O、Kubernetes など、コミュニティが主導するオープンソースのテクノロジーをベースとしています。このことはつまり、問題解決を目的としたソフトウェアの開発にあたって、より多くの人々が、オープンかつ透明性に優れたかたちで、自由に取り組んでいることを意味します。しかし、オープンソースであるというだけでイノベーションが保証されるわけではありません。

真のイノベーションは、オープンなアイデアの交換や、問題解決へ向けた協力の中から生まれます。ここでお役に立つのが Red Hat Open Innovation Labs です。3 - 6人の開発者が集中的に研修を受け、The Red Hat way (レッドハットウェイ) でコンテナベースのアプリケーションを構築して実行する方法を学びます。