アカウント ログイン
Kubernetes illustration
Jump to section

Red Hat の Kubernetes を選ぶ理由

URL をコピー

コンテナによってアプリケーションの開発とデプロイは劇的に変化し、複雑さが大幅に軽減され、複数のクラウド環境にわたるアプリケーションの可搬性がもたらされました。これにより、開発者がユーザーエクスペリエンスの向上した優れたアプリケーションの作成に専念するのを妨げるものが 1 つ少なくなります。 

先進的なビジネス環境に対応する (そして言うまでもなく、時代を先取りして革新する) ためには、絶え間なく続く要求に応えながら、新しいアプリケーションを構築し、従来のアプリケーションをクラウドネイティブなものに再構築することが必要です。そのような環境ではアジリティが必要であり、また、コンテナ、Kubernetes、クラウド・テクノロジーを戦略的に使用することが求められます。 

オープンソースに基づくコンテナ・オーケストレーション・プラットフォームである Kubernetes は、コンテナ化アプリケーションのデプロイ、管理、スケーリングに伴う多くの手動プロセスを自動化します。Kubernetes と Linux® コンテナを使用すると、これらのコンテナを実行しているホストのグループをクラスタ化し、オンプレミス、またはパブリックプライベートハイブリッドの各種クラウドにわたってより簡単かつ効率的に管理できるようになります。これは、クラウドネイティブ・アプリケーション、特に迅速なスケーリングが必要なアプリケーションをホストするのに最適です。

仮想化がすべてを変えたのは 20 年前ですが、今も従来のモノリシック・アプリケーションを支えています。しかし、オープンソースのマイクロサービス・アプリケーションを実行している現在の組織では、同じ機能のほとんどが Linux によってネイティブに処理されるため、仮想化はあまり役に立ちません。コンテナとクラウドネイティブ機能へと向かう傾向により、肥大化した仮想化アーキテクチャおよびそれに関連する膨大な費用と決別する組織が増えてきています。

仮想マシン (VM) とは異なり、コンテナLinux カーネルを使用してコンピューティング・リソースを管理します。つまり、各アプリケーションはそれぞれ独自のコンテナ上で動作するので、依存関係の競合はなく、複数の環境で機能します。Kubernetes は、これらの独立したコンテナをオーケストレーション (スケジューリング、負荷分散、リソース管理) し、それぞれのリソースを使用して分離されたプロセスとして実行できるようにします (Red Hat® OpenShift® Virtualization を使用すれば VM をコンテナ化されたワークフローに移行できるので心配は不要です)。 

多くのチームがクラウドベースの未来に目を向けており、スキルと機能を拡張する方法として自動化を導入し、コンテナを取り入れています。Kubernetes とその有益な機能 (本番環境、開発環境、テスト環境でコンテナを管理およびオーケストレーションするための機能) は業界標準になりつつあるため、組織がそれを理解することは重要です。

Red Hat は、Kubernetes の作成者である Google と、立ち上げ前からプロジェクトで協力していた最初の企業の 1 つでした。以来、Kubernetes アップストリーム・プロジェクトにおける第 2 の主要なコントリビューターであり、エンタープライズ Kubernetes プラットフォームの最初の市場投入に貢献しました。 

Red Hat OpenShift により、Red Hat は Red Hat Enterprise Linux を基盤とする Kubernetes などのオープンソース・コンテナ・テクノロジーにおけるリーダーとなり、コンテナ・インフラストラクチャの保護、単純化、および管理に不可欠なツールを提供しました。 

Red Hat OpenShift はエンタープライズ向けの Kubernetes であり、Kubernetes をより強力で実行可能なものにするためのすべてのテクノロジーが追加されています。これらのコンポーネントには、ネットワーク、認証、監視、セキュリティ、自動化などが含まれます。 

プロプライエタリーのコンポーネントや複雑なプロセスを必要とする他のベンダーのプラットフォームとは異なり、Red Hat OpenShift は運用および開発チーム向けの単一の統合プラットフォームであり、Kubernetes の一般的なストレージとネットワークプラグインを検証済みで、監視、ロギング、および分析ソリューションが組み込まれています。

Kubernetes ベースのワークロードは、新しいビジネスや成長するビジネスの (絶えず変化する) ニーズに最適に対応するために、可搬性と柔軟性を備えている必要があります。Red Hat OpenShift は、すべての Red Hat 製品と、Docker、Microsoft、AWS などの他のベンダーの多くのソリューションと相互運用可能であり、ベンダーロックインを回避するだけでなく、必要に応じたスケーリングやイノベーションへの適応を容易にすることができます。 

 

 

今すぐ Kubernetes を使用したい場合は、すぐに使えるプラットフォームが必要です。スピード、安定性、セキュリティ、スケールが必要です。そして、複数のクラウドで実行できる必要があります。

Linux コンテナは Kubernetes の強固な基盤です。Linux コンテナによって 職務が分担され、開発チームと運用チーム間の競合が少なくなります。開発者はアプリケーションに注力し、運用チームはインフラストラクチャとその構成要素に集中することができます。さらに、Linux コンテナはオープンソース・テクノロジーに基づいているため、最新のアップデートや技術が利用可能になるとすぐに導入することができます。

Red Hat OpenShift は、コンテナ・アプリケーションのライフサイクルを自動化し、セキュリティをコンテナパイプラインに統合し、リリースごとに何百ものセキュリティ、欠陥、およびパフォーマンスを修正します。 

Kubernetes の一部の商用ディストリビューションには、オープンソースのコンポーネントが含まれている場合がありますが、そのようなディストリビューションを使用する場合はプロプライエタリーのプラットフォームにロックインされます。本当の意味でオープンソースのディストリビューションでは、オペレーティングシステムからサーバーレス・ダッシュボードまで、すべてのコンポーネントが常にオープンに維持されます。

Kubernetes が広く利用され、プラットフォームに関連するエコシステムが強化されていることから、組織はワークロードを急速に Kubernetes に移行しています。Red Hat OpenShift により、Red Hat は、新しいクラウドネイティブ・アプリケーションの構築と実行だけでなく、既存のアプリケーションのモダナイズも可能にするハイブリッドクラウドのエンタープライズ向け Kubernetes プラットフォームを提供します。

関連資料

記事

コンテナと VM

Linux コンテナと仮想マシン (VM) は、さまざまな IT コンポーネントが組み合わさってシステムの他の部分から分離している、パッケージ化されたコンピューティング環境です。

記事

コンテナ・オーケストレーションとは

コンテナ・オーケストレーションは、コンテナのデプロイメント、管理、スケーリング、ネットワーキングを自動化します。

記事

Linux コンテナとは

Linux コンテナとは、システムから分離された一連のプロセスであり、そのプロセスのサポートに必要なすべてのファイルを提供する個別のイメージから実行されます。

コンテナの詳細はこちら

製品

Red Hat OpenShift

エンタープライズ対応の Kubernetes コンテナ・プラットフォームで、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、エッジのデプロイメントを管理するフルスタックの自動運用機能を備えています。

リソース

チェックリスト

コンテナ型アプリケーションの開発:チームと話し合うべき 5 つのトピック

e ブック

Forrester が Red Hat を マルチクラウドコンテナ開発 プラットフォームのリーダーに選出

トレーニング

無料のトレーニングコース

Running Containers with Red Hat Technical Overview

無料のトレーニングコース

Containers, Kubernetes and Red Hat OpenShift Technical Overview

無料のトレーニングコース

Developing Cloud-Native Applications with Microservices Architectures

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。