お問い合わせ
アカウント ログイン
セクションを選択

Cloud Foundry とは

URL をコピー

Cloud Foundry は 2011 年に公開されたオープンソースの Platform as a Service (PaaS) で、当初は開発者向けに、初のコンテナ化アプリケーションを構築するために開発されました。開発者の体験を重視した Cloud Foundry は、ステートレスなクラウドネイティブ・アプリケーションを構築、デプロイ、実行するプラットフォームを開発者に提供するという点で時代を先取りしていました。

Kubernetes と同様に、Cloud Foundry はアプリケーション開発ライフサイクル全体をサポートする継続的デリバリー・プラットフォームで、開発者はコンテナ化アプリケーションを構築、デプロイ、実行できます。

コンテナベースのアーキテクチャを使用して、パブリックやプライベートの各種のクラウドサービスプロバイダーに対して任意のプログラミング言語で作成されたアプリケーションを実行、更新、デプロイします。このマルチクラウド環境で開発者は、特定のアプリケーション・ワークロードに適したクラウド・プラットフォームを使用して、アプリケーションを変更することなく、このワークロードをクラウドプロバイダー間で必要に応じて移動させることができます。

Kubernetes と Cloud Foundry には共通点がいくつかありますが、Cloud Foundry はクラウドネイティブ・アプリケーションをデプロイするための高度な抽象化を備えています。標準の Linux コンテナランタイムを使用する Kubernetes とは異なり、Cloud Foundry は Buildpacks という専用に作成されたフレームワークとランタイムサポートを使用します。この追加レイヤーにより、アプリケーションの構築とデプロイの複雑性が増します。

課題

年月を経てサポートも弱まっているため、Cloud Foundry を使うにはいくつかの課題と制限があります。これには、レガシーアプリケーションを Cloud Foundry プラットフォームにリファクタリングしてモダナイズするための高コストや、新しいテクノロジーに対するサポート不足などが該当します。

Cloud Foundry は Kubernetes の概念を取り入れていますが、それでも別のプラットフォームです。このため、Kubernetes ワークロードを組織全体にデプロイすると、複数のプラットフォームを管理することになり、課題が生じます。環境内のすべてのコンテナベース・アプリケーションに対応する共通エンタープライズ・プラットフォームに移行すると、複雑性を軽減できます。

Cloud Foundry のサポートを継続するうえで制限と複雑さに直面する組織は、代わりとなるソリューションを求めることがあります。Red Hat® OpenShift® は、Cloud Foundry から OpenShift への移行を計画している企業向けに、完全なクラウドネイティブのアプリケーション・プラットフォームを提供します。 

Red Hat OpenShift はオープンなハイブリッドクラウド・ソリューションで、既存アプリケーションのコンテナ化およびモダナイズと、新規のクラウドネイティブ開発をサポートします。プロダクション・アプリケーションおよびワークロード向けのエンタープライズ対応 Kubernetes コンテナ・プラットフォームとして、Red Hat OpenShift は従来のアプリケーションとクラウドネイティブ・アプリケーションの両方をサポートし、どこでも実行できるようにして、Kubernetes クラスタ内外で自動化を実現します。

Cloud Foundry から OpenShift に移行すると、以下のメリットが得られます。

  • エンタープライズ向けの Kubernetes ネイティブなアプリケーション開発と開発プラットフォーム
  • ステートレス・アプリケーションとステートフル・アプリケーションのサポート
  • 標準化された開発環境とセルフサービスのプロビジョニングによる生産性の向上
  • 継続的なインフラストラクチャ、コンテナ、ワークロードのセキュリティとコンプライアンスに対する、Red Hat Advanced Cluster Security によるセキュリティの強化 
  • OpenShift をベアメタルで実行することによる、ハードウェアコストの大幅な削減

関連資料

記事

Red Hat OpenShift Operator とは

Red Hat OpenShift Operators automate the creation, configuration, and management of instances of Kubernetes-native applications.

記事

Red Hat OpenShift Serverless を選ぶ理由

Red Hat OpenShift Serverless は Kubernetes を拡張し、サーバーレス・ワークロードのデプロイと管理ができるようにします。

記事

Red Hat OpenShift Service Mesh を選ぶ理由

Red Hat OpenShift Service Mesh で、マイクロサービスベースのアプリケーションを接続、管理、監視する方法を統一することができます。

OpenShift の詳細はこちら

製品

統合されたテスト済みのサービス一式を備えたエンタープライズ・アプリケーション・プラットフォームであり、ユーザーの選ぶインフラストラクチャを使ってアプリケーションを市場に投入するために活用できます。

コンテナのスピンアップおよびスピンダウン時に環境全体でデータを永続的に保存できるソフトウェア・デファインド・ストレージ。

クラウドネイティブ・アプリケーションのより安全な構築、デプロイ、実行を可能にする、エンタープライズ向けの Kubernetes ネイティブのコンテナ・セキュリティ・ソリューション。

Kubernetes クラスタとアプリケーションを制御する、セキュリティポリシーを組み込んだ単一のコンソール。

リソース

トレーニング

無料のトレーニングコース

Running Containers with Red Hat Technical Overview

無料のトレーニングコース

Developing Cloud-Native Applications with Microservices Architectures

無料のトレーニングコース

Containers, Kubernetes and Red Hat OpenShift Technical Overview

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。