マルチクラウド

マルチクラウドとは

マルチクラウドとは、複数のクラウドベンダーから提供される複数のクラウドサービス (パブリックまたはプライベート) で構成されるクラウドアプローチです。

たとえば、あなたの企業がクラウド・インフラストラクチャの拡張に投資しているとします。すでにベアメタルサーバーから仮想化ベースのワークロードに移行しており、現在はパブリッククラウドの各種選択肢を評価している段階です。この際、すべてが対象となるわけではなく、使用率が大きく変動する特定の顧客対応アプリケーションをサポートすることが目的となります。

調査の結果、カスタム・アプリケーションをホストするのにちょうど適したサービスレベル契約 (SLA)、セキュリティ・プロトコル、および稼働時間の組み合わせのパブリッククラウド・プロバイダーが見つかりました。この選択は、満足のいくものでした。

しかし、やがて顧客は別のベンダーのプロプライエタリー・アプリケーション経由でなければ利用できない機能を求め始めます。 これらの機能をカスタムアプリに統合するには、そのベンダーのアプリを購入するだけでなく、そのベンダーのプロプライエタリー・パブリッククラウドでアプリをホストする必要があります。それが、両方のアプリを需要に応じてスケーリングできるソリューションです。

この状態がマルチクラウドと呼ばれます。


マルチクラウドを考慮する理由

完璧なソリューションは存在しない

何か 1 つの目的のために最適なクラウド・ソリューションを見つけることはできるでしょう。たとえば、プロプライエタリー・アプリケーションをホスティングするために細かく調整されたプロプライエタリー・クラウド、公的記録を保存するのに適した手頃な価格のクラウド、大きく変動する使用率のシステムをホストするために大規模スケーリングが可能なクラウドなどです。しかし、どのクラウドも、1 つのクラウドだけですべてを行うことはできません。(というより、1 つのクラウドですべてを申し分なく行うことはできません。)

近接性

企業の本社から何千キロも離れたクラウドユーザーへの応答時間を短縮するには、一部のワークロードを、ユーザーの所在地に近い地域のクラウドプロバイダーによってホストすることができます。この方法により、企業は優れた可用性を維持し、データ主権に関する法律 (そのデータが存在する国の規制をデータに適用する協定) にも準拠できます。

シャドー IT

シャドー ITの広がる現状は、マルチクラウド化を促す流れの 1 つとなっています。中央 IT チームの管理外でデプロイされたハードウェアやソフトウェアの規模は、さらなる監視が必要となるほど大きくなる場合もあります。そのような状況において、インフラストラクチャとデータを希望のシステム (たとえば、パブリッククラウド) へと移行することは考えられないかもしれません。そのシャドー IT のデプロイメントは、単純に企業の既存クラウドの一部として集約され、それによりマルチクラウドが形成されます。

フェイルオーバー

マルチクラウド環境は、ダウンタイムの影響から企業を守るために役立ちます。フェイルオーバー・ソリューションとしてのマルチクラウドにより、企業は、データ、ワークフロー、システムで利用可能な高いスケーラビリティを持つバックアップを持つことができます。これにより、いつか起こるかもしれない (あるいは、マーフィーの法則に基づくならば避けようのない) 主要クラウドのダウンタイムに備えることが可能となります。


マルチクラウドとハイブリッドクラウドの違いとは?

マルチクラウドとは、異なるベンダーから提供される同タイプのクラウド(パブリックまたはプライベート) のデプロイメントが、複数存在する状況を指します。ハイブリッドクラウドは、複数のデプロイメントタイプ (パブリックおよびプライベート) が存在し、それらの間に何らかの形の統合またはオーケストレーションが存在することを指します。

マルチクラウドのアプローチでは、2 つのパブリッククラウド環境または 2 つのプライベートクラウド環境を含むことができます。ハイブリッドクラウドのアプローチには、1 つのパブリッククラウド環境と 1 つのプライベートクラウド環境が関係し、ワークロードの移植性を高めるインフラストラクチャ (アプリケーション・プログラミング・インタフェース、ミドルウェア、またはコンテナによって使用しやすいようになっている) を伴います。

これらのクラウドアプローチは互いに排他的ではなく、同時に実現することも可能です。事実、多くの企業では、環境のポートフォリオを拡張してセキュリティとパフォーマンスの向上を試みる中で、異なるクラウドアプローチの併存が一般化しつつあります。


マルチクラウド環境の管理と自動化

オンプレミスとオフプレミスの両方の仮想インフラストラクチャにより、IT はよりダイナミックになっています。これにより、セルフサービス、ガバナンスとコンプライアンス、リソース管理、財務管理、およびキャパシティ・プランニングが大幅に複雑になります。管理ツールと自動化ツールを使用することで、これら異なるリソース全体の可視性と監視を強化できます。

自動化はこれまで企業内で個別に使用され、各管理領域を担当する各種チームごとに、異なるツールが使用されてきました。しかし、最新の自動化テクノロジー (Ansible by Red Hat® など) を使用すれば、環境全体で資産を自動化することができます。最新の自動化機能をマルチクラウド環境に追加すると、環境の複雑さが抑えられ、従来型のアプリケーションとクラウドネイティブ・アプリケーションのワークロードにおけるセキュリティとパフォーマンスが向上します。


マルチクラウドとコンテナ

Linux® コンテナは、企業にパブリッククラウド・ベンダーを選択する自由を与えます。コンテナは、ランタイム環境全体と共にアプリケーションをパッケージ化し分離するので、ユーザーは完全な機能を維持しながら、コンテナ化されたアプリケーションをクラウド間で移動できます。これにより企業は、プロプライエタリーな制限に基づいた上でもワークロードをサポートできるかどうかではなく、ユニバーサルな標準 (アップタイム、ストレージスペース、コストなど)に基づいてパブリッククラウド・プロバイダーを自由に選択できるようになります。

このような移植性は、マイクロサービスにより高められます。マイクロサービスとはソフトウェア作成手法の 1 つで、このアーキテクチャでは、アプリケーションを互いから独立した最小コンポーネントへと分割します。コンテナはマイクロサービスベースのアプリケーションを実行するのに理想的な場所です。


マルチクラウドとオープンソース

マルチクラウドは、単一ベンダーへの依存という落とし穴を回避するのに役立ちます。複数のクラウドベンダーにワークロードを分散させることで、企業はいつでもクラウドを柔軟に使用 (または使用を中止) することができます。複数のクラウドを使用することには何の問題もありません。メリットがあるだけでなく、オープンソースのソフトウェアにより、そのメリットをさらに拡大できます。マルチクラウド・アプローチの一部としてコンテナを導入することで、企業は一貫した基盤を使用してワークロードの抽象化と移行を行うことができます。その際は、使用している環境の数に関係なく、1 つのプラットフォームを使用しているような感覚となります。

つまり:コンテナ + マルチクラウド = 自由。

すべてのクラウドを管理しましょう