アカウント ログイン
Illustration representing modernization and migration of systems
Jump to section

SAP HANA 移行とは

URL をコピー

SAP のエンタープライズ・リソース・プランニング (SAP ERP) を実行している組織は、2027 年までに SAP HANA または SAP S/4HANA への移行が必要だという件について聞いたことがあるでしょう。SAP は、SAP NetWeaver プラットフォームでのレガシー ERP アプリケーションのサポートを 2027 年までに終了することを発表しました。SAP HANA および SAP S/4HANA の導入を促進するために、SAP は、Oracle、DB2、MS SQL、MaxDB などの他のデータベースのサポートも終了します。

移行のプロセスと移行によるメリットを完全に理解するには、SAP がこの変更を義務付けている理由を確認することが重要です。

SAP HANA は、SAP の ERP アプリケーションに使用されるインメモリデータベースです。ランダムアクセスメモリー (RAM) を使用して、ビッグデータに関するリアルタイム情報の整理、分析、提供を支援します。SAP HANA には、マルチモデル処理、データベースの操作と管理、アプリケーション開発、データ仮想化などの機能が含まれています。

SAP S/4HANA は、リアルタイムの次世代 ERP スイートです。以前の ERP 製品よりも高速で、シンプルで、効率的であり、クラウドを活用したい組織向けに構築されました。

SAP S/4HANA は SAP HANA データベース上でのみ実行できます。

現在、世界中で 33,000 を超えるユーザー企業が SAP HANA を使用しています。2021 年 1 月の時点で、約 16,000 の企業が SAP S/4HANA に移行しています。

 

SAP HANA 移行とは何か、そしてなぜ行われるのか

2027 年までの完了を義務付けられている SAP HANA および SAP S/4HANA への移行は、組織のアジリティと競争力を高めるのに役立ちます。組織のモダナイゼーションが実現し、クラウドを活用してデジタル・トランスフォーメーションを加速するための新しい方法を見つけることができます。 

 

SAP に Linux が重要である理由

SAP HANA は、2010 年にリリースされた当初から Linux で実行されており、現在は Linux オペレーティングシステムでのみ実行されています。つまり、現在別のオペレーティングシステムを使用している組織は、レガシー ERP システムからの移行だけでなく、Linux への移行も必要になります。Linux は世界で最も高速な 500 台のスーパーコンピューターで使用されている OS です。

Linux は、SAP HANA と SAP S/4HANA の強固な基盤となり、安定性、パフォーマンス、セキュリティ、柔軟性、可用性を大規模に提供します。 

SAP HANA への移行 SAP HANA 移行の主な課題

SAP S/4HANA に含まれる新しいアプリケーションと機能には、ユーザーによる学習は言うまでもなく、運用上の調整と、場合によっては新しいプロセスの導入が必要になります。

さらに、SAP S/4HANA に移行する組織の中には、カスタムコードの課題に直面する組織もあるでしょう。SAP S/4HANA はまったく新しい製品であるため、SAP HANA の従来のカスタマイズはその新しい環境では適合しない場合があります。

2020 年の第 1 四半期に実施された調査の時点で、すでに SAP S/4HANA に移行していた SAP ユーザーは 17% のみで、移行の計画を立てていないと述べたユーザーが 14.5% であったのは、この複雑さが理由かもしれません。 

 

移行における選択肢と検討事項

SAP HANA および SAP S/4HANA 移行を単純化し、効率化するために、次のことを検討してください。

  • 適切な Linux プラットフォームとツールを選択する:判断の基準がわからない場合は、このチェックリストを使用して、判断の参考にしてください。 
  • IT 自動化をどのように活用するかを決定する:自動化は、移行のプロセスだけでなく、SAP S/4HANA に移行した後の貴重なツールになる可能性があります。この SAPinsider によるレポートでは、移行から最適化までの自動化のメリットについて説明されています。
  • Linux で SAP S/4HANA を運用するための適切なスキルを担当チームが備えているかどうかを判断する:組織のシステム管理者が Red Hat® Enterprise Linux® で SAP 製品をインストールして運用し、最大限に活用できるように、トレーニングを検討しましょう。
  • SAP ワークロードのプラットフォームとして、技術環境全体のモダナイゼーションに役立つものを選択する:移行のニーズを超えて、将来的に組織の環境をどのように使用したいかを検討しましょう。パブリック、プライベート、ハイブリッド、マルチクラウド、オンプレミスの各環境にわたる一貫性と柔軟性を提供するプラットフォームを見つけましょう。 
  • SAP 以外も視野に入れて考える:SAP 環境と非 SAP 環境を共通のプラットフォームとツールへ標準化し、一貫性のある完全なソフトウェアスタックを利用することを検討しましょう。組織全体にメリットをもたらす拡張可能なインフラストラクチャを構築しましょう。 

Red Hat と SAP HANA の関係

Red Hat と SAP は、20 年以上にわたる共同イノベーションを通じて、長く強固な歴史を共有しています。Red Hat は、1999 年に SAP を実行する最初の Linux として選択され、それ以来、Red Hat と SAP は互いのソリューションの顧客であり、支持者です。

この密接な関係性により、SAP ユーザーは両社が緊密に連携していることを理解し、安心して Red Hat 製品を選択することができます。実際、2020 年に、Red Hat が SAP と独自の Kubernetes コンテナプロジェクトに取り組んでいることが発表されました。

この密接なつながりは、Red Hat が SAP ユーザーの現在と将来のニーズを理解し、SAP S/4HANA のユーザーが移行だけでなく、自動化とコンテナ化を実現する基盤を構築するために役立つ製品ポートフォリオを備えていることを意味します。

さらに、SAP S/4HANA に移行する SAP ユーザーを最適にサポートするために、SAP 分野を専門とする Red Hat のグローバルエキスパートによる支援も提供できます。次のようなものが含まれます。

  • SAP のための Red Hat コンサルティング
  • SAP ソリューションを Red Hat テクノロジーで最適に使用できるように支援する Red Hat SAP テクニカルアカウントマネージャー

 

Red Hat Enterprise Linux で SAP S/4HANA を稼働させるべき理由

Red Hat Enterprise Linux は、SAP による認定を受けているだけでなく、SAP 向けに最適化された Linux ディストリビューションです。Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions は、単にオペレーティングシステムを提供するだけのものではありません。 

Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions は、SAP ランドスケープの運用に特有のコンテンツに Red Hat Enterprise Linux の信頼性、スケーラビリティ、パフォーマンスを結び付けることにより、SAP アプリケーションの特定の要件を満たすために重要な機能とメリットを提供します。

Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions には以下のものが含まれます。

  • Red Hat Enterprise Linux オペレーティングシステム
  • High Availability Add-On:アップタイムを増加
  • Red Hat Smart Management:ライフサイクル管理
  • Red Hat Insights:問題の特定と対策をプロアクティブに実施
  • SAP HANA、SAP S/4HANA、およびビジネス・アプリケーションとワークロードをサポートするテクニカル・コンポーネント
  • 最長 4 年間の Update Services for SAP Solutions (更新サービス)

Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions を使用して単一のオープンなプラットフォームで標準化し、強力な基盤の上に構築することで、移行だけにとどまらず SAP S/4HANA を最大限に活用しましょう。 

関連資料

記事

Linux とは

Linux は、OS の基本コンポーネントであるカーネルと、そこにバンドルするツール、アプリケーション、サービスで構成されるオープンソースのオペレーティングシステムです。

記事

SELinux とは

SELinux (Security-Enhanced Linux) は、管理者がシステムにアクセスできるユーザーをより詳細に制御できるようにする Linux® システム用のセキュリティ・アーキテクチャです。

記事

Linux カーネルとは

Linux カーネルとは、Linux オペレーティングシステム (OS) の主要コンポーネントで、コンピュータのハードウェアとプロセスとの間のコアインタフェースです。

Linux の詳細はこちら

製品

Red Hat Enterprise Linux

新しいアプリケーションの展開、環境の仮想化、より安全なハイブリッドクラウドの作成などに適した汎用性を誇る、安定性に優れた実績ある基盤です。

リソース

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。

Red Hat logo LinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試用、購入、販売

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください

© 2022 Red Hat, Inc.