API

Red Hat の API を選ぶ理由

課題の見極め

私たちは、API について、そして API がなぜ有用であるのかを説明してきました。API を効果的に設計、管理できれば、コントロールやセキュリティを維持しながら、製品やサービスを他の製品やサービスに容易に接続することができます。API を使用すると、新しいツールや製品を設計する際に、リソースを再利用して汎用性を高めることができます。数十のデジタル・タッチポイント間の通信を可能にする API があれば、ソフトウェアの実行効率が向上します。実際、Web 上とモバイル上でアプリケーション・コンテンツを配信する機能は、API に依存しています。

しかしそれでもなお、API インテグレーションの実装と管理は容易ではありません。既存のソリューションは、技術者以外のユーザーをサポートしていない可能性があります。ご使用の iPaaS ソリューションではこの点が考慮されている可能性もありますが、新しいサービスを拡張したり要求したりするためには、ユーザーが中央ハブを経由する必要があるため、チームの作業効率が低下します。既存の API を収益化目的等で公開している場合は、アクセスと利用を制御する方法についても理解しておく必要があります。さらに、ビジネスが成長を遂げても今と同様に機能する API インフラストラクチャが必要です。つまり、スケーリングに対応するソリューションとアーキテクチャが不可欠です。API 中心のアジャイル・インテグレーションのアプローチを活用すれば、API から最大の価値を引き出すことができます。


信頼関係

Red Hat は、オープンソースやオープンスタンダードを通じて、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドのいずれの環境でも利用可能な、軽量で包括的なモジュール式 API ソリューションを提供しています。Red Hat のソリューションは、Red Hat のエンジニア、お客様、独立系のソフトウェアやハードウェアのベンダー、パートナーなど、多様なコミュニティによる広範なテストを経ています。オープンソースの手法が、Red Hat の根底にある The Red Hat Way (レッドハット・ウェイ) です。

実装と管理に優れた API ソリューションがあれば、ユーザーは各自のビジネス目標に集中することができます。Red Hat の API ソリューションは、再利用性や IT のアジリティに加え、測定、監視、スケーリングを支援する管理インタフェースにフォーカスしており、自在に拡張させることができます。


ミドルウェアのメリット

3scale で API を管理

Red Hat® 3scale API Management は、API の共有、保護、分散、制御、収益化を容易にする API 管理プラットフォームです。3scale API Management は、ハイブリッド・アーキテクチャ (オンプレミス、クラウド、またはその 2 つの組み合わせ) をスケーリングおよびサポートするように設計されています。API へのアクセスの公開と収益化をご希望の場合は、Stripe、Baintree、Adyen と統合された開発者ポータルおよびプラットフォームを使用すると、API コンシューマーとプロバイダー間のエンドツーエンドでの課金を容易に実現できます。

3scale API Management は、API プログラム管理レイヤーと API トラフィック制御レイヤーに分けられます。従来方式のトラフィック制御では、API コール全体を認証する必要があったため、時間がかかっていました。この新しいトラフィック制御レイヤーは、着信コールのヘッダーを検査するだけで済むため、トラフィックをより迅速にスキャンして認証することができます。アクセス、ポリシー、およびトラフィック制御により、トラフィックの認証、ポリシーによる制限、バックエンドサービスの保護、レート制限の適用、アクセス層の作成が単純化されます。

2 つのレイヤーは、API ゲートウェイ上で設定可能なキャッシング戦略を使用して、非同期で相互に通信します。たとえば、API 管理ポリシーの設定が何らかの理由で利用不可となっても、API プログラムは遅延なく正常に機能します。API マネージャーと API ゲートウェイは分離されているため、独立してスケーリングでき、より複雑なデプロイメント・オプションをサポートできます。

3scale API Management には、完全にカスタマイズ可能な開発者ポータルが含まれており、使いやすい 1 つの場所に、開発者が必要とするもの (アカウントとアプリの管理、分析、API キー管理など) がすべてまとめて用意されています。インタラクティブな API ドキュメントツールを使用すると、開発者はライブ API を検査することができます。また、アナリティクス・エンジンは、API のパフォーマンスやトラフィックパターンに関する必要な情報をすべて提供します。さらに、それぞれ異なる方法で「API をパッケージ化」してさまざまな製品を作成することができ、さまざまな API コンシューマー向けにそれぞれ異なるポリシーを定義、設定することができます。これにより、API 上に独自のビジネスモデルを自由に作成できるため、さまざまな顧客のニーズに対応することができます。

3scale API Management に受賞歴があることはご存じでしょうか?自慢話をしたいわけではありませんが、これは重要なことです。受賞歴は以下のとおりです。

IT 資産を Fuse と統合

Red Hat ® Fuse は、統合に関するエキスパート、アプリケーション開発者、およびビジネスユーザーが共同または単独で、接続されたソリューションを開発できる分散型インテグレーション・プラットフォームです。クラウドネイティブ環境で Fuse の API を中心とした開発を行うと、サービスとインテグレーションを容易に拡張および再利用できます。ユーザーは、そのハイブリッド・アーキテクチャとコンテナテクノロジーを使用することで、オンプレミス、クラウド、またはその両方で作業を共有、使用できる知識を活かして、最も快適な環境で作業することができます。多様なユーザー間のコラボレーションは、明確で一貫性のあるガバナンスを保証する使いやすい共有基盤があれば、より一層強力に支援されます。

過去 15 年間のエンタープライズ・インテグレーションの業界標準は、エンタープライズ・サービス・バスでした。エンタープライズ・サービス・バスは多くの場合、一元的にデプロイされ、IT 部門の 1 つのチームが管理していました。また、このモデルでは、中央のチームが企業全体のインテグレーション・ニーズをすべて請け負っていました。このモデルは、インテグレーション・デプロイメントの効率性と制御性をもたらすため、特定のユースケースには適していますが、DevOpsアジャイル・ワークフローのような最新のプラクティスではその良さを活かせません。現在では、小規模チームがコラボレーションを行い、高い頻度のデプロイメントパターンを使用することでイノベーションが生まれています。チームがアジャイルな方法で作業を進めている場合は、それをサポートする API インテグレーション・ソリューションが必要です。Fuse には 200 を超えるコネクターが含まれているため、レガシーシステムからパートナー・ネットワークまで、あらゆるものを統合できます。

ローコード・インタフェースにより、ユーザーは定義済みのインテグレーションとサービスパターンを使用して、ドラッグ・アンド・ドロップ方式のセルフサービスでビジネス・ソリューションを作成できます。これにより、多様なユーザーがコラボレーションしながらも、それぞれ独立して、レガシー・アプリケーション、API、IoT (モノのインターネット) デバイスを単一のインテグレーション・ソリューションに統合することができます。自動化により、テスト、プロビジョニング、および個々のサービスの保護が日常的に実施されるため、チームは継続的なデリバリー・パイプラインを維持することができます。

Fuse を使用した 5 つの組織で、3 年間の ROI が 520% を記録し、スタッフの労働時間が短縮され、パフォーマンスが向上しました。この事実が報告された IDC の調査はご存じでしょうか?以下をご覧ください。


Red Hat によるオープンなイノベーション

Red Hat の API ソリューションの発展過程においては、常にオープンソース・コミュニティが考慮されています。このことはつまり、問題解決を目的としたソフトウェアの開発にあたって、より多くの人々が、オープンかつ透明性に優れたかたちで、自由に取り組んでいることを意味します。しかし、オープンソースであるというだけでイノベーションが保証されるわけではありません。

真のイノベーションは、アイデアの交換や、問題解決へ向けた協力の中から生まれます。これを実現するのがコミュニティ主導のオープンソースであり、Red Hat がそのようなニーズを満たします。これは、Red Hat が掲げてきたオープンソースのアプローチそのものです。Red Hat のソリューションは、最新のテクノロジーを駆使した先進的なインフラストラクチャの構築を支援します。

今すぐ始める

Red Hat は、オープンソースやオープンスタンダードを通じて、オンプレミスでもクラウドでも利用可能な、軽量で包括的なモジュール式 API ソリューションを提供します。

Red Hat 3scale API Management

内部ユーザーおよび外部ユーザー向けに、API の共有、保護、配布、制御、収益化を容易にします。

Red Hat Fuse

オンプレミス、クラウド、そしてその中間のあらゆる環境で API を接続する分散型クラウドネイティブ・インテグレーション・プラットフォームです。