API

Red Hat の API 管理を選ぶ理由

Red Hat は、オープンソースやオープンスタンダードを通じて、オンプレミスでもクラウドでも利用可能な、軽量で包括的なモジュール式 API ソリューションを提供します。

どのアプリケーションもつながっている

どのアプリケーションも、単独ではビジネス価値を提供できません。少なくとも長期にわたっては不可能です。継続的に価値を実現するには、現在および将来のテクノロジー投資と結び付き、実際にビジネスの一部とする必要があります。

Red Hat も、この課題を認識しています。新たなカスタマー・エクスペリエンスを迅速に提供することが、競争力を維持する唯一の方法です。しかし、レガシー投資と統合されていない新しいアプリケーションは、どの程度の効果があるのでしょうか。また、プロアクティブで柔軟かつ一貫性のある方法で、API セキュリティをどのように実装するのでしょうか?

つまり、すばやくデプロイでき、反復可能な統合のためのソリューションと、それを管理していく手段が必要になります。

うまく設計、管理されているアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) なら、迅速にビジネスの新しい製品とサービスを相互につなぎ合わせ、制御とセキュリティを維持できます。API を使用すると、新しいツールや製品を設計する際に、リソースを再利用して汎用性を高めることができます。数十のデジタル・タッチポイント間の通信を可能にする API があれば、ソフトウェア・アーキテクチャの実行効率が向上します。

しかしそれでもなお、API インテグレーションの実装と管理は容易ではありません。既存のソリューションは、技術者以外のユーザーをサポートしていない可能性があります。ご使用の iPaaS ソリューションではこの点が考慮されている可能性もありますが、新しいサービスを拡張したり要求したりするためには、ユーザーが中央ハブを経由する必要があるため、チームの作業効率が低下します。既存の API を収益化目的等で公開している場合 (Google Maps API など) は、アクセスと利用を制御する方法についても理解しておく必要があります。さらに、ビジネスが成長を遂げても今と同様に機能する API インフラストラクチャが必要です。つまり、スケーリングに対応するソリューションとアーキテクチャが不可欠です。API 中心のアジャイル・インテグレーションのアプローチを活用すれば、API から最大の価値を引き出すことができます。


Red Hat の特徴

Red Hat はモジュール式で軽量な API 管理ソリューションを包括的に提供していますが、他にも多数の企業が同様のソリューションを提供しています。Red Hat の製品はオープンソースでオープンスタンダードという独自性を備えており、オンプレミス、クラウド、またはハイブリッド環境で利用できます。オープンソース・テクノロジーへの深い思い入れを持つ Red Hat のポートフォリオは、Red Hat のエンジニア、お客様、独立系のソフトウェアやハードウェアのベンダー、パートナーなど、多様なコミュニティによる広範なテストを経ています。オープンソースの手法が、Red Hat の根底にある The Red Hat Way (レッドハットウェイ) です。

Red Hat の API ソリューションは、再利用性や IT のアジリティに加え、測定、監視、スケーリングを支援する管理インタフェースにフォーカスしており、自在に拡張させることができます。

Red Hat、API 管理の「リーダー」に

Gartner は、「フルライフサイクル API 管理のマジック・クアドラント」で Red Hat 3scale を他のベンダーや API ソリューションと比較し、Red Hat をビジョンと実践の両面でリーダーとして位置付けました。

Red Hat の API 管理ソリューション

3scale で API を管理

Red Hat® 3scale API Management は、API の共有、保護、分散、制御、収益化を容易にする API 管理プラットフォームです。3scale API Management は、ハイブリッド・アーキテクチャ (オンプレミス、クラウド、またはその 2 つの組み合わせ) をスケーリングおよびサポートするように設計されています。API へのアクセスの公開と収益化をご希望の場合は、Stripe、Baintree、Adyen と統合された開発者ポータルおよびプラットフォームを使用すると、API コンシューマーとプロバイダー間のエンドツーエンドでの課金を容易に実現できます。

3scale API Management は、API プログラム管理レイヤーと API トラフィック制御レイヤーに分けられます。従来方式のトラフィック制御では、API コール全体を認証する必要があったため、時間がかかっていました。この新しいトラフィック制御レイヤーは、着信コールのヘッダーを検査するだけで済むため、トラフィックをより迅速にスキャンして認証することができます。アクセス、ポリシー、およびトラフィック制御により、トラフィックの認証、ポリシーによる制限、バックエンドサービスの保護、レート制限の適用、アクセス層の作成が単純化されます。

2 つのレイヤーは、API ゲートウェイ上で設定可能なキャッシング戦略を使用して、非同期で相互に通信します。たとえば、API 管理ポリシーの設定が何らかの理由で利用不可となっても、API プログラムは遅延なく正常に機能します。API マネージャーと API ゲートウェイは分離されているため、独立してスケーリングでき、より複雑なデプロイメント・オプションをサポートできます。

3scale API Management には、完全にカスタマイズ可能な開発者ポータルが含まれており、使いやすい 1 つの場所に、開発者が必要とするもの (アカウントとアプリの管理、分析、API キー管理など) がすべてまとめて用意されています。インタラクティブな API ドキュメントツールを使用すると、開発者はライブ API を検査することができます。また、アナリティクス・エンジンは、API のパフォーマンスやトラフィックパターンに関する必要な情報をすべて提供します。さらに、それぞれ異なる方法で「API をパッケージ化」してさまざまな製品を作成することができ、さまざまな API コンシューマー向けにそれぞれ異なるポリシーを定義、設定することができます。これにより、API 上に独自のビジネスモデルを自由に作成できるため、さまざまな顧客のニーズに対応することができます。

今すぐ始める

内外のユーザーを対象とした API の共有、セキュリティ保護、配布、制御、収益化を容易にします。

IT 資産を Fuse と統合

Red Hat Fuse は、統合に関するエキスパート、アプリケーション開発者、およびビジネスユーザーが共同または単独で、接続されたソリューションを開発できる分散型インテグレーション・プラットフォームです。クラウドネイティブ環境で Fuse の API を中心とした開発を行うと、サービスとインテグレーションを容易に拡張および再利用できます。ユーザーは、そのハイブリッド・アーキテクチャとコンテナテクノロジーを使用することで、オンプレミス、クラウド、またはその両方で作業を共有、使用できる知識を活かして、最も快適な環境で作業することができます。多様なユーザー間のコラボレーションは、明確で一貫性のあるガバナンスを保証する使いやすい共有基盤があれば、より一層強力に支援されます。

過去 15 年間のエンタープライズ・インテグレーションの業界標準は、エンタープライズ・サービス・バスでした。エンタープライズ・サービス・バスは多くの場合、一元的にデプロイされ、IT 部門の 1 つのチームが管理していました。また、このモデルでは、中央のチームが企業全体のインテグレーション・ニーズをすべて請け負っていました。このモデルは、インテグレーション・デプロイメントの効率性と制御性をもたらすため、特定のユースケースには適していますが、DevOpsアジャイル・ワークフローのような最新のプラクティスではその良さを活かせません。現在では、小規模チームがコラボレーションを行い、高い頻度のデプロイメントパターンを使用することでイノベーションが生まれています。チームがアジャイルな方法で作業を進めている場合は、それをサポートする API インテグレーション・ソリューションが必要です。Fuse には 200 を超えるコネクターが含まれているため、レガシーシステムからパートナー・ネットワークまで、あらゆるものを統合できます。

ローコード・インタフェースにより、ユーザーは定義済みのインテグレーションとサービスパターンを使用して、ドラッグ・アンド・ドロップ方式のセルフサービスでビジネス・ソリューションを作成できます。これにより、多様なユーザーがコラボレーションしながらも、それぞれ独立して、レガシー・アプリケーション、API、IoT (モノのインターネット) デバイスを単一のインテグレーション・ソリューションに統合することができます。自動化により、テスト、プロビジョニング、および個々のサービスの保護が日常的に実施されるため、チームは継続的なデリバリー・パイプラインを維持することができます。

今すぐ始める

オンプレミス、クラウド、そしてその中間のあらゆる環境で API を接続する分散型クラウドネイティブ・インテグレーション・プラットフォームです。

現代的なクラウド対応エンタープライズのためのアジャイル・インテグレーション

41%

クラウドに対応し、クラウドファースト主義を採用している企業

40%

アプリケーション統合、データ統合、または API 管理をオンプレミスで使用する企業

54%

2017 年、クラウドプロジェクトでカスタムアプリケーション開発にマイクロサービスを使用した企業

信じられないという方へ。事実が証明しています。

航空業界での実際の導入事例をいくつか紹介します。効果的な API ソリューションによって、速度と効率性が増し、スケーリングへの対応が高まります。

オープンなフライト API を当社のクリティカルなインフラストラクチャで実行するにはリスクがあると見越していました。既存のオンプレミス・インフラストラクチャでは十分な拡張性を得られなかったので、エンタープライズクラウドの活用を試みました。

アムステルダム・スキポール空港 シニア・テクニカル・アプリケーション・コーディネーター Mechiel Aalbers 氏

Red Hat のオープンソース・テクノロジーにより、我々が利用できる選択肢を実際に理解でき、問題を解決することができました。

ルフトハンザ テクニック パイロット兼テクノロジー・インフラストラクチャ責任者 Tobias Mohr 氏

Red Hat によるオープンなイノベーション

Red Hat の API ソリューションの発展過程においては、常にオープンソース・コミュニティが考慮されています。このことはつまり、問題解決を目的としたソフトウェアの開発にあたって、より多くの人々が、オープンかつ透明性に優れたかたちで、自由に取り組んでいることを意味します。しかし、オープンソースであるというだけでイノベーションが保証されるわけではありません。

真のイノベーションは、アイデアの交換や、問題解決へ向けた協力の中から生まれます。これを実現するのがコミュニティ主導のオープンソースであり、ここでお役に立つのが Red Hat Open Innovation Labs です。3 - 6人の開発者が集中的に研修を受け、レッドハットウェイで API によって接続されたアプリケーションを構築する方法を学びます。