アカウント ログイン
Jump to section

API ゲートウェイの機能

URL をコピー

API ゲートウェイは、クライアントとバックエンドサービスのコレクションの間に位置する API 管理ツールです。

API ゲートウェイは、リバースプロキシとして機能します。すべてのアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) 呼び出しを受理して、それらを実行するために必要なさまざまなサービスを集約し、適切な結果を返します。

エンタープライズ API は、API ゲートウェイを介してデプロイされることがほとんどです。API ゲートウェイは通常、ユーザー認証、レート制限、統計など、API サービスのシステム全体で使用される一般的なタスクを処理します。

API サービスの最も基本的な機能は、リモート要求を受け入れ、応答を返すことです。しかし、実際はそのようなシンプルなものではありません。大規模な API をホストする場合には、いろいろと考慮すべきことがあります。

  • API を過度の使用や乱用から守るために、認証サービスとレート制限を使用します。

  • ユーザーが API をどのように使用しているかを理解するために、分析ツールと監視ツールを追加します。

  • 収益化された API があれば、課金システムに接続する必要があります。

  • マイクロサービス・アーキテクチャを導入している場合は、1 つの要求で数十の異なるアプリケーションへの呼び出しが必要になることがあります。

  • 時間の経過とともに、API サービスは追加されたり廃止されたりしていきますが、顧客はそれでもすべてのサービスを 1 カ所で見たいと考えるでしょう。

このような複雑さと対峙しつつ、顧客にシンプルで信頼できるエクスペリエンスを提供することが課題です。API ゲートウェイを使うことにより、顧客のインタフェースをバックエンド実装から分離できます。API ゲートウェイは顧客の要求を複数の要求に分割し、それらを適切な場所にルーティングして応答を生成し、すべてを追跡します。

API ゲートウェイは、API 管理システムの一部です。API ゲートウェイは、着信するすべての要求をインターセプトし、さまざまな必要機能を処理する API 管理システムを介してそれらを送信します。

API ゲートウェイの機能は、実装ごとに異なります。一般的な機能には、認証、ルーティング、レート制限、請求、監視、分析、ポリシー、アラート、セキュリティなどがあります。

DevOps アプローチを採用する組織では、開発者はマイクロサービスを使用して、高速で反復的な方法でアプリケーションをビルドおよびデプロイします。API は、マイクロサービスが通信する最も一般的な方法です。

また、サーバーレスモデルなどの最新のクラウド開発は、プロビジョニング・インフラストラクチャの API に依存しています。サーバーレス機能をデプロイし、API ゲートウェイを使用して管理できます。

一般に、統合と相互接続性の重要性が増すとともに、API も重要になってきます。また、API の複雑さが増し、使用量が増えると、API ゲートウェイの価値も高まります。

関連資料

記事

API とは

API はアプリケーション・プログラミング・インタフェースの略であり、アプリケーション・ソフトウェアを構築および統合するための一連の定義とプロトコルです。

記事

API ゲートウェイの機能

API ゲートウェイは、クライアントとバックエンドサービスのコレクションの間に位置するアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) 管理ツールです。

記事

API 管理に Red Hat を選ぶ理由

Red Hat の API ソリューションは、再利用性や IT のアジリティに加え、測定、監視、スケーリングを支援する管理インタフェースにフォーカスしており、自在に拡張させることができます。

API の詳細はこちら

製品

Red Hat 3scale API Management

アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) の共有、配布、制御、収益化のためのインフラストラクチャ・プラットフォーム。

リソース

e ブック

アジャイル・インテグレーション:エンタープライズ・アーキテクチャのブループリント

チェックリスト

エグゼクティブ・チェックリスト:オープンバンキング

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。