ログイン / 登録 アカウント

自動化

ビジネスプロセス自動化とは

ビジネスプロセス自動化 (BPA) とは、ソフトウェアを使用して、反復可能なマルチステップのビジネストランザクションを自動化することです。他のタイプの自動化とは対照的に、BPA ソリューションは複雑で、複数のエンタープライズ IT システムに接続され、組織のニーズに合わせて特別に調整される傾向があります。

組織がワークフローを最適化してより効率的に運用するために、デジタル・トランスフォーメーション戦略の一環として BPA を適用するのは一般的です。

ビジネスプロセスとは

ビジネスプロセス自動化を理解するために、まず、ビジネスプロセスが意味するものについて基本的な概要を説明しましょう。ビジネスプロセスは、特定の事業目標の達成を支援する任意の一連のアクティビティです。自動化の観点からは、通常、複数の IT システムにアクセスする一連のステップを含む反復可能なトランザクションです。

一般的なビジネスプロセスには、顧客注文の履行、ローン申請の承認、経費報告書の処理、新入社員の新人研修などがあります。

アドホックな方法で管理される場合、これらのプロセスは通常、複数のメールスレッド、書類、引き継ぎを伴います。小さなエラーであっても、コミュニケーションの断絶や締め切りの遅れなど、次々にいくつもの非効率が発生する可能性があります。このような問題はたちまち大きくなります。

自動化ソフトウェアは、このような問題を防ぐことを目的としています。再利用および拡張可能なビジネス自動化戦略により、組織はビジネスプロセスの制御を取り戻し、コミュニケーションを改善し、混乱を減らすことができます。ビジネスプロセスを自動化すると、時間とリソースを解放できるため、従業員は面倒で繰り返しが多く、しばしば苛立ちを覚えるようなタスクではなく、中核的な作業に集中できます。

BPA ソリューションでは、人工知能 (AI) テクノロジーの活用が進むことで、非構造化データを解析する能力が向上しています。人工知能が技術者の介入を必要とせずに、曖昧さの克服方法やユーザーニーズへの対応方法を学習していくため、より優れたユーザーエクスペリエンスが実現します。

BPA とビジネスプロセス管理 (BPM) の関係

ビジネスプロセス管理 (BPM) とは、ビジネスチームと IT チームのコラボレーションにより、エンドツーエンドのビジネスプロセスをモデル化、分析、最適化して、戦略的目標の達成を支援することです。BPM は、時間をかけて改善に導く継続的なプロセスです。

BPA が特定のプロセスを改善するための戦略である一方、BPM は組織を大局的に見るプラクティスです。

BPM は、顧客により良い製品とサービスを提供するために、アドホックなワークフロー管理を撤廃してビジネスオペレーションを最適化しようとします。

BPA は、スタンドアローンの取り組みにすることも、包括的な BPM イニシアチブの一部にすることもできます。

BPM と BPA はいずれも、繰り返される、進行中の、あるいは予測可能なタスクとプロセスの改善を試みます。どちらも効率を向上し、コストとエラーを減らすことを目的としています。

BPA と BPM を組み合わせる場合、BPM によってすべてのビジネスプロセスをマッピングして自動化するためのアーキテクチャの概要が示され、提供されるので極めて強力です。BPM プラクティス内で BPA を適用すると、プロセスの効率を継続的に監視して改善できます。

しかし、個別に機能することもできます。統合されたビジネス自動化ソリューションから切り離された BPM と BPA は、効率向上とコスト削減を目的としたスタンドアローンのイニシアチブとして機能できます。

BPA とロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) の関係

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) は、ソフトウェアを使用して特定の反復タスクを自動化します。RPA ソフトウェアは、データをフィールドにコピーアンドペーストするなど、人間が行う反復的な手順を模倣するように訓練されています。

BPA ソフトウェアは、RPA よりも複雑なタスクを処理する傾向があります。BPA は、一連のビジネスシステムを含むマルチステップ・トランザクション向けに自動化された手順の概要を示します。

多くの RPA ソリューションは、データベースに接続したり、アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) にアクセスしたりすることなく、既存のシステム上で実行できるビルド済みソフトウェアツールを簡単にインストールできます。 

BPA ソリューションは複雑で、特定の組織向けにカスタマイズされており、通常はデータシステムに統合されているか、API に接続されています。BPA ソリューションは一部の RPA ソフトウェアを組み込むことが可能です。

ビジネスプロセス自動化に役立つ自動化ソフトウェアとは

企業はコスト削減と運用の効率化を目指し、ビジネスの特定の領域の改善を支援するビジネスプロセス自動化ソフトウェアを利用することがあります。これらの領域には、インバウンド検出、意思決定の自動化と拡張、自動応答などがあります。

ビジネス自動化ソフトウェアがどのようなアーキテクチャを持つかによって、大きな違いが生じる可能性があります。ビジネス自動化ツールがさまざまな種類のインフラストラクチャ (ビジネスの意思決定が行われるエッジや、需要に応じて拡張できるクラウド環境など) で実行できるのなら有益です。  API を通じて呼び出されるサービスとして構築されるワークフローそのものからユーザー・インタフェースを分離することは、戦略の 1 つとしてますます一般的になっています。 

これらの事項はすべて、Red Hat® Process Automation Manager の設計で考慮されています。

これは、Red Hat OpenShift® 上を含め、コンテナにデプロイでき、カスタムソリューションに組み込むこともできる一連の軽量なサービスです。これらの資質は、規模と柔軟性の両方をもたらすので、多くのビジネス上の意思決定を自動化する必要がある大規模なエンタープライズにとって有用です。

Red Hat Process Automation Manager には、ビジネスルール、複雑なイベント処理、ビジネス最適化、プロセス管理、および UX プラットフォーム向けのツールが含まれています。

Red Hat でビジネスを自動化する理由

IT の焦点は、効率性やコスト管理といった社内ニーズへの対応から、外部顧客のエンゲージメントや新しいビジネスチャンスの創出へとシフトしました。これこそが、Red Hat が従来のビジネス自動化モデルの進化の必要性を掲げている理由です。プロセスの合理化のみに焦点を当てるのではなく、ビジネス自体を自動化するための新たな戦略を開発する必要があります。 

Red Hat はオープンソース・コミュニティとともに、自動化テクノロジーに貢献してきました。ビジネスと IT が安定して安全に動作するよう、Red Hat のエンジニアが、機能、信頼性、およびセキュリティの向上を支援しています。 

Red Hat のソリューションサービストレーニングは、ビジネスを自動化するために必要な制御力を提供し、イノベーションへの注力とビジネスの前進をサポートします。

自動化についてさらに詳しく知る