デジタル・トランスフォーメーション

デジタル・トランスフォーメーションとは

デジタル・トランスフォーメーションは、テクノロジーの進歩に基づいた革新的で新しい方法を組織がビジネスに採用する際に生じる変革を指します。これは、デジタルツールの使用で何かが根本的に変化するプロセスのことで、以前に存在していたものを改善したり置き換えたりするために、技術的な変化や、(潜在的には) 文化的な変化を採用することを表します。デジタル・トランスフォーメーションとは、どこかで買うことのできる製品やソリューションのようなものではなく、あらゆる業界の、IT が関係するすべてのものに影響する事象です。

私たちはテクノロジーの存在よりも、テクノロジーの欠如や不具合を強く意識する傾向があります。現代の世界はデジタルであり、私たちはテクノロジーがシームレスに働くことを期待します。そして、ほとんどの場合は、その通りになります。スマートフォンの中には、ワードプロセッシング・ツールからカレンダー、家庭のエネルギーに関する通知から移動オプションの情報、食品の宅配サービスから天気予報に至るまで、一日中生産的に過ごすために必要なすべてのデータも、それ以上のものも入っています。しかし、私たちがテクノロジーの存在を最も強く感じるのは、それがうまく働かない時です。たとえば、高速道路に受信機が設置されていないため、料金所で現金払いの順番を待っている時や、本来ならオンラインで入手できるはずの公的記録を手に入れるために、市内の裁判所に出向いている時であったり、電話会議がうまくつながらない時などが挙げられます。

だからこそ組織は、誰もが期待している方法で従業員と顧客の両方にサービスを提供するテクノロジーに投資する必要があります。クラウド、モバイルアプリ、および「サービスとしての何か (Stuff-as-a-Service)」は、新しいタイプのストレージ、分析、自動化、および管理を必要とします。1 つのイノベーションは別のイノベーションにつながります。 新しいテクノロジーはプロセスの改善につながり、それはより良い製品とサービスにつながります。そして、日常生活で特定のエクスペリエンスに慣れてしまった顧客は、さらなる改善を求めるようになります。

このように考えてみてください。

  • ファイルキャビネットのような紙ベースの記録はクラウド上のコンテナ内のビットとバイトへと変化し、ファイルキャビネット自体も抽象化され、ソフトウェア・デファインドになりました。
  • ホテルやレンタカーといったサービスは、誰かの家の空き部屋 (後述) で置き換えられ、運転手はスマートフォンで呼び出せるようになりました。
  • ウォーターフォール型ワークフローのようなプロセスは、チームが反復的に作業する DevOps プラクティスへと進化しました。

ソフトウェアで実現する、よりよい生活。デジタル・トランスフォーメーションを、このような定義で捉えてみてはいかがでしょうか。


デジタル・トランスフォーメーションの歴史概略

テクノロジーによる変革の歩みは、数十年前 (インターネット)、数百年前 (印刷機)、あるいは数千年前 (車輪) まで遡ることができます。ソフトウェア・アプリケーションの作成、IT インフラストラクチャの構築、ビジネスプロセスの展開は新しいものではありません。Business Insider から Wired に至るまで、あらゆる技術メディアはデジタル・トランスフォーメーションを宣伝しており、MIT Sloan School of Management ではデジタル経済に焦点を当てた取り組みも行われています。

しかし、このテクノロジーの急成長にも、スタート地点は存在します。最初に変化しはじめたのはインフラストラクチャで、ビジネスプロセスを再定義するアプリケーションの基盤となりました。そこから、すべてがつながりました。インフラストラクチャによりどのような種類のアプリケーションが使用されるかが決まり、そこから、どの種類のプロセスが最も良く機能するかも決まりました。ここが要点です。説明しましょう。

インフラストラクチャ

インフラストラクチャのデジタル・トランスフォーメーション

IT インフラストラクチャこそが、デジタル・トランスフォーメーションの主要な創造的破壊者です。メインフレームがサーバーとなり、ネットワークをもたらし、クラウドホスティングへとつながることで、今日のハイブリッド環境へと至りました。しかし、すべての企業が最新のインフラストラクチャのブレークスルーを採用したり適応させたりする必要は、すぐには生じませんでした。

すべてはメインフレームから始まりました。この大昔のハードウェアは、1 分間で処理できる計算量を 2 倍にすることでデータプロセスを再定義しました。しかし、このテクノロジーは一斉に採用されたわけではありませんでした。最初にメインフレームを運用したのは政府で、国勢調査の処理時間が 10 数年から 1 年半に短縮されました。

サーバーがネットワークに接続されると、特に 2GB サーバーが 1991 年に WWW (World Wide Web) をホスティングし始めたときに、企業は遅れをとらないためにインフラストラクチャ・アプローチを変える必要が生じました。インターネット上への展開を望むすべての企業は、サーバーを必要としました。そして現在では、サーバーはプライベートクラウドをサポートするイントラネットをホストし、パブリッククラウドをサポートするためにインターネットに接続し、ハイブリッドクラウド経由で両方をサポートしています。

アプリケーション

アプリケーションのデジタル・トランスフォーメーション

アプリケーションをホストするものは、インフラストラクチャです。現代のビジネスにはアプリケーションが不可欠ですが、昔から変わらずそうだったわけではありません。サーバーが一般的なインフラストラクチャ・ツールとなったのと同時期に、アプリケーションは市場に破壊的イノベーション (デジタル・ディスラプション) を与え始めました。(つまり、新しいテクノロジーの創造的破壊者が現れた時点では、新しい IT インフラストラクチャはまだ十分に成熟していなかったということでもあります。)

最初に現れたのは、モノリシックなアプリケーションです。1 つのサーバーに 1 つのアプリケーションが必要なため、新しいアプリケーションが必要になると、新しいサーバーも必要となりました。入力、出力、および処理は、多くの場合に単一のハードウェアで処理されていました。より多くの、またはより優れた、アプリケーションが必要な場合は、より多くのサーバーのためのスペースが必要なため、アプリケーションが与える破壊的イノベーションの影響力は、企業の物理的な占有スペースによって制限されていました。

いくつかのモノリシックなアプリケーションは多層アーキテクチャに移行しました。ここではアーキテクチャの機能を分解することにより、1 つのサーバーで複数のアプリケーションのニーズが処理できるようになりました。クライアント・サーバー・メソッドでは、プロセス要求は、サーバー (階層 2) に接続されたクライアント・システム (階層 1) 上で実行されている 2 つの層にプールされていました。現在では、一部の多層アプリケーションは、アプリケーションをさらに小さなコンポーネントに分割するマイクロサービスに置き換えられています。

今日、多くのビジネスは単一のアプリケーションを中心に展開しています。 物流、製造、研究、開発、管理など、多くの不可欠なビジネスプロセスはアプリケーションに依存しています。ビジネスにおけるアプリケーションの普及は、まず第一にサーバーによる市場に対する破壊的イノベーション、次いでアプリケーション・アーキテクチャの進化によるものでした。そのアーキテクチャは今日でも進化しており、ビジネスプロセスに影響を与えています。

プロセス

プロセスのデジタル・トランスフォーメーション

ビジネスプロセスは、ともすると変革の余地がないもののように思われるかもしれません。(本質的に抽象的なワークフローであるプロセスを、デジタル化できるものでしょうか?) しかし、プロセスは、それが依存するシステムによって変革可能です。

ウォーターフォール型のアプローチにおいて、1 つのマシンを同時に使用することができるのは、常に 1 グループの研究者、開発者、またはオペレータのみでした。この場合、年に数回のコードリリースしかない、ゆっくりとしたプロセスでした。これは、たとえば宇宙飛行士の投入軌道を決定するために必要な非常に複雑な数値計算を実行するには、メインフレーム全体が必要であったためです。毎分 2,000 プロセスの計算速度を今日の 1,000,000,000,000,000 プロセス (つまり 10 の 15 乗) と比べるなら、その計算に数日かかることになります。コンピュータが入力と出力の結果を処理するのに要した時間の問題に加えて、各メインフレームは今日のマシンより大きくて高価でした。1 つのメインフレームは 350 平方フィート以上のスペースを占有していたため、複数のメインフレームを購入する余裕があったとしても、それらを置くことはできませんでした。システムの数が少なく需要が非常に高かったため、ウォーターフォール以外のプロセスの選択肢はほとんどありませんでした。

多層処理により、よりアジャイルな開発プロセスが可能になりましたが、開発チームと運用チームは依然として別々に働いていました。これは悪いことではなく、単に各チームにそれぞれワークフローと環境が必要だったというだけのことでした。ただし、それはプロジェクトの進展を遅らせるものでした。たとえば、開発者が素晴らしい機能を備えた新しいアプリケーションを作成するとします。これらの素晴らしい機能は、膨大なリソースを必要とします。しかし、実装は運用側の責任のため、開発者はその点は特に考慮しません。一方、運用チームはアプリケーション層によるリソース使用量を測定しなければならない場合があります。すると、開発者は追加のコードをアプリケーションに追加する必要があり、そのコードはうまく収まる場合もあれば、そうならない場合もあります。

このような問題は、DevOps プロセスを可能にするマイクロサービスやコンテナを使用することで軽減できます。それにより緊密なコラボレーションが可能となり、チームは一貫性のあるツールセットと、必要に応じてチームと環境間で移行できるコードを使用して、コンポーネントに対して反復的に作業を行えます。


デジタル・トランスフォーメーションの導入

デジタル・トランスフォーメーションの利点であり欠点は、単一の単純なソリューションがないことです。明日のテクノロジーとのかかわり方は、今日のテクノロジーをどう使いこなすかによって決まります。

あなたの現在位置はどこでしょうか。従来型のモノリシックなソフトウェアスタックにいまだ依存していませんか?開発者がすでにパブリッククラウド環境で作業している一方で、アプリケーションを社内へ移し直すことに苦戦していませんか?各事業部門は、もう待ち続けるのをやめて、それぞれ自分たちのためにテクノロジー上の決定を下す準備ができていますか?現状がどうであれ、その状態が出発点になります。

みなスタート地点が異なるので、デジタル・トランスフォーメーションの実現に向けては、万人に当てはまるフレームワークも、Playbook も、ロードマップも存在しません。革命的な芸術や委員会は、フレームワークからは生まれません。同様に、革新的な IT の設計も、委員会やフレームワークからは生まれないのです。組織は、既存のソフトウェア、開発手法、ビジネスプロセス、スタッフの責任範囲を再考する必要があるかもしれません。あるいは、既に優れたアーキテクチャを持っていて、新しい機能を追加するだけでよいのかもしれません。

デジタル化の推進は、短期的な戦術ではなく、長期的な戦略です。長期的な組織的およびビジネス的成功には、継続的な文化的および技術的変化が必要です。その変化は、必ずしも革命的であったり、破壊的であったりする必要はありません (進化的、段階的、および反復的な進歩も、進歩には違いありません)。目標は、市場が求めるよりも前に、変化に慣れておくことです。市場はいずれ必ず 、変化と変化への適応を要求します。飛行機を飛ばすにせよ、新聞を売るにせよ、ビジネスの現状を破壊するテクノロジーは迫ってきます。


創造的破壊者としてのデジタル・トランスフォーメーション

デジタル・トランスフォーメーションは、止めることのできないテクノロジーの前進です。この創造的破壊者はどこからでも登場する可能性があり、しばしばどこからともなく登場します。

たとえば、ホテル業界は何度も混乱に見舞われました。ホテルを探すために、「空室あり」のネオンを探して街中を運転して回ることが必要だった時代がありました。電話帳はおそらく最初の創造的破壊者で、掲載されたホテルは優位に立つことができました。第 2 の創造的破壊者はインターネットでした。Web サイトを持つホテルはウェブを使うゲストからの予約を得ることができましたが、オンラインで見つけられないホテルは予約を得られませんでした。アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) を通じて旅行運賃と予約を 1 つに集めた旅行 Web サイトが第 3 の創造的破壊者でした。標準 API を組み込み、旅行サイトに接続したホテルは恩恵を受けました。*現在の 4 番目の創造的破壊者は携帯電話です。これはホテル業界全体を再定義するような共有型経済 (シェアリング・エコノミー) につながりました。旅行者は今やホテルをバイパスして、誰かのソファー、部屋、アパート、または家を借りることができます。

現状破壊的なツールは現状破壊的なアイデアにつながり、現状破壊的な行動につながります。考えてみてください。携帯電話は、シェアリング・エコノミーが実用化される前から存在していました。API は新規顧客が参加する障壁を減らし、旅行情報集約サイトはそれを利用しました。 携帯電話は顧客アクセスを簡素化し、やる気のある不動産所有者はそれを利用しました。市場外の創造的破壊者 (API や携帯電話) が、市場内の創造的破壊者 (旅行情報集約サイトとシェアリング・エコノミー・アプリケーション) につながる可能性があります。お分かりいただけたでしょうか。すべてはつながっています。

revolutionary art
現職者のためのデジタル・ディスラプション・ガイド
出典: Chris Bradley & Clayton O’Toole.An Incumbent’s Guide to Digital Disruption (現職者のためのデジタル・ディスラプション・ガイド) McKinsey Quarterly, May 2016.
*恩恵は限定的でした。API の増加に起因するトラベル情報集約テクノロジー全体は、最安値競争に終わりました。これは、一部の業者には利益を、残りの業者にはいくらかの余分の費用をもたらしましたが、それでも潜在的な顧客を逃すよりはましでした。この創造的破壊者は、実際には以下を完璧に示す例です。
  1. テクノロジーが顧客の期待をどのように変化させるか
  2. 破壊的革新が、影響を及ぼす市場や企業に利益をもたらすとは限らず、顧客だけにメリットを与える場合もあるということ

Red Hat を選ぶべき理由

ビッグデータ、モバイル、クラウド、コンテナなど、デジタル・トランスフォーメーションを加速するテクノロジーはすべてオープンソースです。ビッグデータの最大の実装である Hadoop はオープンソース・テクノロジーに基づいています。最大のモバイル・オペレーティング・システムは Linux に基づいています。主要なコンテナコアの KubernetesMoby はオープンソースです。今日の最大のパブリッククラウド・プロバイダーはオープンソース・ソフトウェアを使用しています。最も使用されているプライベートクラウド製品は OpenStack® です。

デジタル・トランスフォーメーションがテクノロジーによって促進される進化であり、デジタル・トランスフォーメーションを促進する主要なテクノロジーがオープンソースであるなら、デジタル・トランスフォーメーションは本質的にオープンソースです。

そして、Red Hat もオープンソースです。


デジタル・トランスフォーメーションを実現するために必要なすべてのパーツ

Red Hat Open Innovation Labs

Red Hat のエキスパートと共に、アジャイルの方法論とオープンソースツールを使用してデジタル・トランスフォーメーションの課題を解決する方法を学ぶワークショップです。

Red Hat Consulting

Red Hat の戦略的アドバイザーが、現状からゴールまで到達できるよう、包括的かつ費用対効果の高いソリューションでお手伝いします。

デジタル・トランスフォーメーションに取り組みましょう