Jump to section

デジタル・トランスフォーメーションのコンサルティングとは

URL をコピー

デジタル・トランスフォーメーションのコンサルティングは、組織がテクノロジーを通じて新しいビジネス価値を引き出すために役立つサービスです。製品やサービスをより迅速に、より低いリスクで市場に提供するという目的は、組織がデジタル・トランスフォーメーションのコンサルティングを検討する理由としてよくあるものの 1 つです。

コンサルティング会社はそれぞれに異なりますが、一般に、そのサービスで評価するのは組織のテクノロジーの選択だけではありません。これは、基盤となる社会構造 (人材、働き方、組織の態勢) も、テクノロジーを通じてより良い顧客体験とビジネス成果を提供するために不可欠な要素だからです。言い換えれば、デジタル・トランスフォーメーションのコンサルティングは、単なるテクノロジーの実装ではなく、本質的に社会技術的なものです。

顧客が組織外の人たちであろうと内部ユーザーであろうと、顧客体験の向上は、デジタル・トランスフォーメーション戦略の究極の焦点であるべきです。

これは、組織全体でテクノロジーの導入を加速し、その効果を最大化することで達成できます。デジタル・トランスフォーメーションのコンサルティングサービスでは、顧客体験のようなビジネス成果に影響を与えるために、人、プロセス、テクノロジーがどのように連携するべきかを検討する必要があります。この包括的なアプローチでは、ビジネス全体で各チームが各種プロセスを使用して新しいテクノロジーを評価し、急速な変化に対処できるようにすることで、組織がテクノロジーの破壊的革新にうまく対応できるようにします。

デジタル・トランスフォーメーションは、アウトソーシングしたり、組織に対して外側から実行したりできるものではありません。デジタル・トランスフォーメーションにおいては、多くの場合、個人レベルと組織内の指導的連携の両方で、強力なリーダーシップが求められます。コンサルティングサービスが頻繁に利用されるのは、さまざまな業界のさまざまな組織でデジタル・トランスフォーメーション戦略を実装した経験を活用できるからです。このような外部のサービスを利用することで、組織内のデジタル・トランスフォーメーションを統括する人々の内部関係者としての視点に偏らない、バランスの取れた連携が可能になります。潜在的なアドバイザーがデジタル・トランスフォーメーションをどのように捉えているかによって、彼らが取るアプローチを知ることができます。

「デジタル・トランスフォーメーション」という言葉は、多くの IT 概念を説明するために使用されますが、誤用されている場合もあります。マイクロサービスのような新しいアーキテクチャ、DevOps のような新しいプラクティス、コンテナやアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) のような新しいテクノロジーを指すものとして使用されることがあります。これらはそれぞれ、デジタル・トランスフォーメーションの取り組みの一環であるとは言えますが、その全体像を考慮したものではありません。

CIO などの IT リーダーの視点を紹介する Enterprisers Project は、より包括的な見方をしています。彼らが言うデジタル・トランスフォーメーションとは、「デジタル・テクノロジーをビジネスのすべての領域に取り入れて、運用方法と顧客への価値の提供方法を根底から変化させることです。組織が継続的に現状の変革に挑み、実験し、失敗を恐れない文化への変化でもあります」

Red Hat は Enterprisers Project を支持し、同様の見方をしています。当社のコンサルタントは、デジタル・トランスフォーメーションというプロセスには、人と文化、プロセスとプラクティス、テクノロジー、そして組織構造が関与する必要があり、これらは、新しいビジネス価値をより迅速に引き出すために進化しなければならないと考えています。問題が何であれ、デジタル・トランスフォーメーションのあらゆる取り組みでは、これらの各領域を考慮してそれぞれのバランスをとる必要があります。そうしないと、最終的に投資に対する効果が得られなくなります。

これらのより包括的なデジタル・トランスフォーメーションの定義には、クラウドネイティブアプローチの導入が含まれることがよくあります。クラウドネイティブな組織は、必ずしもクラウドでアプリケーションをホストしているわけではありませんが、クラウド・コンピューティングに関連するよく知られた技術やテクノロジーに基づいて、アプリケーションを構築、実行、および改善しています。これには、仕事のやり方、ソフトウェア・アーキテクチャ、組織構造が含まれます。

クラウドネイティブ開発は、デジタル・トランスフォーメーションに対する一般的なアプローチで、特にクラウド・コンピューティングが登場する以前に行った既存のテクノロジー投資の改善を目指す組織で採用されます。すべてのデジタル・トランスフォーメーションの取り組みがクラウドネイティブ開発プラクティスの導入につながるわけではありません。他のアプローチとしては、自動化への投資や、そもそもテクノロジーを重視したビジネスモデルへの移行などがあります。デジタル・トランスフォーメーションの取り組みにクラウドネイティブ・アプローチが含まれるかどうかに関係なく、重要なポイントは、導入するテクノロジーではなく、問題へのアプローチ方法とそれに対応するためにどのような組織になるかです。

Red Hat は、ほとんどの組織はテクノロジーだけでビジネス上の課題を解決できると思っており、それが原因でデジタル・トランスフォーメーションに苦労しているのだと考えています。実際には、組織内の摩擦、心理的安全性の低さ、チーム内の認知的過負荷、権限と自律性の欠如、あるいは非効果的なガバナンス、プロセス、および製品ライフサイクル管理などの問題が、組織にとって妨げとなっています。そのような組織は新しいテクノロジーの導入や開発には成功しても、社会技術的な課題に対処していないことが原因で、期待される投資対効果を得られないかもしれません。

当社のアプローチは、組織のチームのアイデアを、オープンソース・コミュニティが提供するベストプラクティスやツールと結び付けることです。Red Hat のエキスパートには、チームの可能性を引き出すために必要な Red Hat テクノロジー、オープンソース・コミュニティ、および主要な変革プラクティスに関する豊富な経験があります。

一部のデジタル・トランスフォーメーション・コンサルティング会社とは異なり、当社は 1 つの規定の手法やプラクティスだけを信奉するということはしません。文化的変化を加速し、高機能なチームを確立するオープンプラクティスは 100 を超え、すべてフィールドテスト済みです。たとえば、当社は、社会契約、ペアプログラミング、そして、透明性、心理的安全性、および信頼を育むプラクティスが、問題を解決できるパフォーマンスの高いチームを構築するために不可欠な要素であることに気付きました。

当社のオープンプラクティスは、課題とそれが存在する環境に対応する適応型フレームワークによって支えられています。私たちは、思考と行動の両方に適切な頻度で取り組むチームの確立を支援します。これにより、チームは行動に責任を持つだけでなく、複雑な問題を解決するために精査し、理解してから、対応できるようになります。

デジタル・トランスフォーメーションのコンサルティングを検討しているお客様にとって、同様の業種やテクノロジーの課題に関する変革の事例が参考になる場合があります。Red Hat のデジタル・トランスフォーメーション・コンサルタントは、ほぼすべての業界の世界中の組織と連携し、オープンソース・コミュニティのプラクティスとソフトウェアツールを独自に組み合わせて、さまざまなユースケースに適用してきました。これらのプロジェクトで得られた最良の知見のいくつかを事例として収集し、お客様に当社のサービスを通じて得られる潜在的な機会を比較検討していただけるよう役立てています。

世界保健機関 (WHO)

世界保健機関 (WHO) は、国際的な公衆衛生を担当する国連の専門機関です。WHO は Red Hat Open Innovation Labs と協力して Learning Experience Platform (LXP) を開発し、WHO チームが新しいプラットフォームとプロセスを内部で管理して医療従事者にタイムリーな情報を提供できるようにしました。

BMW Group

BMW Group では、自動運転車両への新たな取り組みをサポートするために、路上テスト中に使用するセンサーから集めた膨大なデータにアクセスし、それらを分析および適用する必要がありました。Red Hat ソフトウェアを使用して DXC Technology が作成した BMW グループの新しいデータプラットフォームによって、より高速で正確な運転シミュレーションとデータ分析が可能になり、開発時間が短縮されました。

BP

アプリケーションの開発とデプロイを迅速化するため、信頼性が高く先進的なテクノロジー・インフラストラクチャを必要としていたBP は、Red Hat と協力してテクノロジーとプロセスを単純化およびモダナイズし、セキュリティとアジリティを向上させました。また、プロビジョニングにかかる時間を 2 - 3 週間から 7 分へと短縮しました。

Employers

デジタル化が進む市場で競争力を磨くため、労働者災害補償保険会社の Employers は、運用プロセスの最適化を求めていました。現在、Employers ではアジャイルで応答性に優れたワークフローの基盤が確立し、その結果 3 年間の売上が 40% 増加したほか、より効率的なサービス体験を顧客に提供できるようになりました。

関連資料

記事

デジタル・トランスフォーメーションとは

デジタル・トランスフォーメーションは、テクノロジーの進歩に基づいた革新的で新しい方法を組織がビジネスに採用する際に生じる変革を指します。これは、デジタルツールの使用で何かが根本的に変化するプロセスのことで、以前に存在していたものを改善したり置き換えたりするために、技術的な変化、および、(潜在的には) 文化的な変化を採用することを表します。デジタル・トランスフォーメーションとは、どこかで買うことのできる製品やソリューションのようなものではなく、あらゆる業界の、IT が関係するすべてのものに影響する事象です。

記事

DevSecOps とは

これまで、セキュリティの役割は開発の最終段階にある特定のチームに隔離されていました。開発サイクルが数カ月から数年にも及んでいた時代にはこれで問題ありませんでしたが、そうした時代は終わりました。効果的な DevOps によって開発サイクルを迅速かつ頻繁に繰り返すことが可能になりますが (ときには数週間や数日単位になる)、セキュリティの実施方法が旧式のままでは、DevOps の取り組みがどれほど効率的であっても台無しになってしまいます。

トピック

クラウドネイティブ・アプリケーションについて理解する

変化のペースが速いソフトウェア駆動型の市場で企業が成功を収めるには、アプリケーションを設計、構築、使用する方法を変化させなければなりません。クラウドネイティブ・アプリケーション開発は、クラウド・コンピューティングで確立されたテクニックとテクノロジーに基づいてアプリケーションを構築、実行、改良するアプローチです。

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。