ログイン / 登録 アカウント

トピック

組織の変革について理解する

先進的な IT インフラストラクチャと職場のニーズをサポートする基盤を作成するには、働き方を変化させなければなりません。デジタル・トランスフォーメーションを進めるにはオープンで進歩的な企業文化の促進が大切です。組織での働き方をオープンにすると、チームの団結が高まり、共通の目標を達成できるようになります。

組織の変革とは

テクノロジーおよびビジネスにおける条件の変化に対応するために、組織は変化を遂げる必要があります。組織をオープンにすると、以下のようなメリットが実現します。

  • アジリティの向上:従業員が共通の目標に向けて団結して作業するようになります。
  • イノベーションの迅速化:組織内外からのアイデアを公平に検討し、すばやく試してみます。
  • 取り組みの強化:従業員が各自の業務と、組織のミッションとビジョンとの関連性を意識します。

クローズドからオープンに転換した組織には、オープンソースの価値を反映した、次のような共通の特徴があります。

透明性

透明性のある組織では、資料、意思決定、プロセスがオープンでコラボレーションによって処理され、必要に応じて調整や改訂が可能です。

包含性

包含性のある組織は多様な視点を求め、可能な限り複数の見解による議論を歓迎します。

適応性

柔軟性とレジリエンシー (回復力) は、継続的な学習と取り組みを目指す組織にとって重要な要素で、長期にわたる成功に貢献します。

コラボレーション

オープン・オーガニゼーションの各メンバーは、各自が参加意識を高めたほうが仕事がはかどるという信念を持ち、続けていくうちに作業の成果を向上させることができます。

コミュニティ

オープン・オーガニゼーションとはそもそも共同で運営されるものです。共有する価値と目的がこうした組織の方向性を決め、成否を左右します。

組織を変革するためにすべきこと

変革の主な成果は、組織が新しいテクノロジーの統合および採用の可能性を受け入れるようになることです。これは、進化を続ける業界においてビジネス目標の達成に役立ちます。

クラウドコンピューティングミドルウェアアジャイル・インテグレーションクラウドネイティブ開発管理および自動化ソリューションの導入は、よりデジタルで相互接続されたビジネスのサポートに必要な文化面での変化を受け入れたときに、成功します。

Red Hat を選ぶ理由

Red Hat は 1993 年の創設以来、オープン・オーガニゼーションとして事業を行ってきました。以来、数え切れないほど多くの企業の働き方の変革をサポートしました。そうした変革は、以前から使われてきた内部プロセスとツールの見直しから始め、オープンソースソフトウェアを基盤として、オープン化によって優れたアイデアとテクノロジーが得られることを組織が認識できるよう支援しました。

先進的な IT エコシステムは、パブリッククラウドやプライベートクラウド、ベアメタルサーバー、仮想化インフラストラクチャなど、さまざまな環境にわたって構築されています。ハイブリッド・インフラストラクチャに加えて、異なるベンダーから提供されたプラットフォーム、アプリケーション、ツールが社内で使われています。プロプライエタリー・ツールは相互に連携できず、アプリケーションの転送はデータの重みで遅くなります。そのため、インフラストラクチャ、管理、開発の最新技術によって、ハイブリッドクラウド・インフラストラクチャを連携させる必要があります。

Red Hat の柔軟なオープンソース・ソリューションがお役に立ちます。

組織の変革についてさらに調べる

open organization

オープン・オーガニゼーション

Red Hat CEO の Jim Whitehurst がオープンの原則で組織を導く方法を説明しています。

digital transformation

オープンソースのちからで実現するデジタル・トランスフォーメーション

オープンソースのツールは、オープンな働き方と組み合わせたときにその真価を発揮します。

組織の変革に必要なツール

Open Innovation Labs

Open Innovation Labs では、3 〜 6人の開発者が集中的に 8 週間の研修を受け、Red Hat が推進する手法でアプリケーションを構築する方法を学びます。

DevOps トレーニング

DevOps Culture and Practice Enablement (DO500) を受講して、DevOps 環境でオープン戦略を適用する最適な方法を習得できます。