言語を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

Red Hat 認定資格

Red Hat 認定エンジニア

Red Hat® 認定エンジニア (RHCE®) とは、Red Hat Enterprise Linux® システムを担当する上級システム管理者に必要な高度なスキル、知識、および能力を有する Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) です。

技術者認定の詳細

スキルと知識を証明

RHCE は RHCSA のタスクに加え、以下のタスクを実行できます。

  • 静的経路、パケットフィルタリング、およびネットワークアドレス変換の設定
  • カーネルのランタイムパラメータの設定
  • Internet Small Computer System Interface (iSCSI) イニシエーターの設定
  • システムの使用状況に関するレポートの作成と配布
  • システム保守タスクを自動化するためのシェルスクリプトの使用
  • リモートログを含む、システムログの設定
  • ネットワークサービスを提供するシステムの設定 (HTTP/HTTPS、ファイル転送プロトコル (FTP)、ネットワークファイルシステム (NFS)、サーバーメッセージブロック (SMB)、Simple Mail Transfer Protocol (SMTP)、セキュアシェル (SSH)、ネットワークタイムプロトコル (NTP) など)

本技術者認定の対象者

RHCE 認定は、以下のような方々を対象としています。

  • 上級レベルの技術者認定を希望する RHCSA
  • 認定を取得していない経験豊富な上級システム管理者
  • システム管理 Ⅰ、Ⅱ、Ⅲを修了した、あるいは RHCE 速習コースを修了した、Red Hat トレーニングコースの受講者
  • 業務上または必須条件 (US Department of Defense Directive 8570 など) として認定資格を必要とする経験豊富なシステム管理者

スキルと知識をテスト

注: すべて同じ Red Hat Enterprise Linux リリースのものでなくても、認定試験の受験や合格は可能です。

EX200 - RHCSA 認定試験
EX300 - RHCE 認定試験

実践こそ最良の学習方法

Windows システム管理の経験があるが、Linux の経験はほとんどない場合:

Linux または UNIX の管理経験が 1 - 3 年ほどある場合:

再認定を希望する Red Hat 認定エンジニアの場合:

Red Hat 認定エンジニアとして獲得した知識により、複雑な問題に関する専門知識とトラブルシューティングのスキルを、SEAQ のお客様のために使用できるようになりました。

RHCA Felipe Ceballos 氏
2016 年 Red Hat 認定プロフェッショナル オブ・ザ・イヤー
ビデオを見る

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ