検索
日本語
日本語

言語を選択してください

ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト
RH134

Red Hat システム管理 II

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

専任の Linux 管理者となるために必要な主要タスクに重点を置いた学習

Red Hat システム管理 II (RH134) は、Red Hat システム管理 I (RH124) で習得した基礎知識を前提としており、それらの知識にコンテキストを加えます。この後続コースは、Red Hat Enterprise Linux® のさらに詳しいユースケースを実証し、RHCSA 認定試験 (EX200) の準備に役立ちます。

このコースは Red Hat Enterprise Linux 8 に基づいています。

学習内容サマリー

  • スケーラブルな方法で Red Hat Enterprise Linux をインストールする
  • セキュリティファイル、ファイルシステム、ネットワークにアクセスする
  • シェルスクリプティングと自動化テクニックを実行する
  • ストレージデバイス、論理ボリューム、ファイルシステムを管理する
  • セキュリティとシステムアクセスを管理する
  • ブートプロセスとシステムサービスを制御する

コース対象者

このコースは、現在のスキルの補強または他のチームメンバーの支援に関心がある Windows システム管理者、ネットワーク管理者、その他のシステム管理者、および同様の業務を担当する Linux システム管理者向けです。

  • 確立された標準と手順を使用した、Linux システムの設定、インストール、アップグレード、保守
  • 運用面でのサポートの実施
  • システム管理によるシステムパフォーマンスと可用性の監視
  • タスク自動化とシステム管理のためのスクリプトの作成とデプロイ

受講の前提条件

学習内容

学習内容

コマンドラインの生産性の向上
bash シェル、シェルスクリプト、および Red Hat Enterprise Linux が提供する各種のユーティリティの高度な機能を使用して、コマンド実行の効率性を向上させます。
将来のタスクのスケジュール
将来 1 回のみ、または繰り返して実行するコマンドをスケジュールします。
システムパフォーマンスのチューニング
チューニング・パラメーターを設定し、プロセスのスケジュールの優先度を調整して、システムパフォーマンスを向上させます。
ACL によるファイルへのアクセスの制御
ファイルへのアクセス制御リスト (ACL) を解釈して設定し、複雑なユーザーおよびグループアクセス権限を必要とする状況に対処します。
SELinux セキュリティの管理
SELinux を使用してサーバーのセキュリティを保護して管理します。
基本ストレージの保守
コマンドラインからストレージデバイス、パーティション、ファイルシステムを作成して管理し、スペースをスワップします。
論理ボリュームの管理
コマンドラインからファイルシステムを含む論理ボリュームを作成して管理し、スペースをスワップします。
高度なストレージ機能の実装
Stratis ローカルストレージ管理システムを使用してストレージを管理し、使用中のストレージ空間を VDO ボリュームを使用して最適化します
ネットワークアタッチト・ストレージへのアクセス
NFS プロトコルを使用してネットワークアタッチト・ストレージを管理します。
ブートプロセスの制御
ブートプロセスを管理して、提供されたサービスを制御し、問題をトラブルシューティングして修復します。
ネットワークセキュリティの管理
システムファイアウォールと SELinux ルールを使用して、サービスへのネットワーク接続を制御します。
Red Hat Enterprise Linux のインストール
Red Hat Enterprise Linux をサーバーおよび仮想マシンにインストールします。

成果

組織にとっての効果

このトレーニングでは、チームメンバーに Linux システム管理の強固な基盤を根付かせ、インフラストラクチャを効率的に管理する能力を強化します。このようなスキルは、システムの信頼性とストレージの利用効率の向上に役立ち、システム障害への応答が迅速で正確になります。このコースは、Linux の予備知識が少ないコンピュータ・プロフェッショナルを有能な Linux 管理者に育成することを目的とした、2 部構成のシリーズの 2 コース目です。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースを受講すると、専任の Linux 管理者となるために必要な主要タスクを実行できるようになります。受講者は、LVM を使用したストレージ管理、SELinux 管理、およびインストール自動化など、管理作業についてのより高度なトピックを学習できます。ファイルシステムとパーティショニング、論理ボリューム、SELinux、ファイアウォール設定、トラブルシューティングなど、企業レベルでの Linux 管理について詳しく学びます。

以下のスキルを習得できます。

  • Kickstart を使用した Red Hat Enterprise Linux のインストール
  • ファイルシステムと論理ボリュームの管理
  • スケジュールされたジョブの管理
  • ネットワーク・ファイル・システムへのアクセス
  • SELinux の管理
  • ファイアウォールの制御
  • トラブルシューティング作業の実行

推奨される次の試験またはコース

ラーニングパス

RHCSA ラーニングパス

RH200 バンドル
コース + 認定試験で時間と資金を節約

コンピュータのアイコン

RH124 - 推奨コース
Red Hat システム管理 I

コンピュータのアイコン

RH134 - 推奨コース - 現在閲覧中
Red Hat システム管理 II

認定試験アイコン

EX200 - 必須試験
RHCSA 認定試験

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。