RH134

Red Hat システム管理 II

情報を表示しています:

Red Hat Enterprise Linux に必要な基本的システム管理タスク(パート 2)

このコースは、Red Hat® システム管理 I(RH124)を修了した方を対象としています。Red Hat システム管理 II(RH134)は、専任の Linux® 管理者となるために必要な主要タスクに重点を置いています。

コース概要

ファイルシステムとパーティショニング、論理ボリューム、SELinux、ファイアウォール、トラブルシューティングなど、エンタープライズでの Linux 管理について詳しく学びます。Red Hat システム管理 I と Red Hat システム管理 II の両方を受講すると、RHCSA 認定試験(EX200) の準備に役立ちます。

学習内容サマリー

  • Kickstart を使用したインストール
  • ファイルシステムと論理ボリュームの管理
  • スケジュールされたジョブの管理
  • ネットワークファイルシステムへのアクセス
  • SELinux の管理
  • ファイアウォールの制御
  • トラブルシューティング

コース対象者

このコースは、Red Hat システム管理 I(RH124) を修了した方のみを想定しています。トピックの構成上、カリキュラムの受講を RH134 から開始することは適切ではありません。今まで Red Hat コースを受講したことがない方は、Linux の初心者であれば Red Hat システム管理者 I を、エンタープライズでの Linux 管理経験者であれば RHCSA 速習コース(RH200)を受講することをお勧めします。

受講の前提条件

Red Hat システム管理 I(RH124)

学習内容

Kickstart による自動インストール
Kickstart を使用して、Red Hat Enterprise Linux システムのインストールを自動化します。
grep での正規表現の使用
grep で正規表現を使用することで、テキストファイル内のコンテンツを迅速に抽出または検索できます。
vim を使用したテキストファイルの作成と編集
テキストファイルを開いたり、編集して保存したりできる vim テキストエディタを紹介します。
将来の Linux タスクのスケジュール
将来自動的に実行されるようにタスクをスケジュールします。
Linux プロセスの優先度の管理
Linux プロセス実行における相対的な優先度を変更します。
アクセス制御リスト(ACL)を使用したファイルへのアクセス管理
POSIX アクセス制御リストを使用してファイルセキュリティを管理します。
SELinux セキュリティの管理
ネットワークサービスに脆弱性があっても、システムにおける SELinux の動作を管理して、システムをセキュアに保ちます。
ネットワーク定義のユーザーとグループへの接続
中央 ID 管理サービスを使用するようシステムを設定します。
Linux システムへのディスク、パーティション、ファイルシステムの追加
単純なパーティションとファイルシステムを管理します。
論理ボリューム管理(LVM)ストレージの管理
コマンドラインから論理ボリュームを管理します。
ネットワークファイルシステム(NFS)を使用したネットワーク接続ストレージへのアクセス
セキュアな NFS 共有にアクセスします。
SMB を使用したネットワーク接続ストレージへのアクセス
autofs とコマンドラインを使用して SMB ファイルシステムをマウントおよびアンマウントします。
Red Hat Enterprise Linux のブート処理の制御とトラブルシューティング
ファイアウォールを使用したネットワーク通信の制限
基本的なファイアウォールを設定します。
理解度の確認
このコースで学習したスキルを実際に使用します。

このトレーニングの効果

組織にとっての効果

このコースは、Red Hat Enterprise Linux の既存のデプロイを拡張および自動化し、そのセキュリティ強化するために必要なスキルを開発することを目的としています。これは RH124 コースの次に自然に受講できる拡張コースとして設計されており、高度なファイルシステム管理機能、セキュリティ制御、ファイアウォールの設定を扱います。このコースで説明されているスキルを身に着ければ、インフラストラクチャ・パフォーマンス、システムの利用方法、システム障害への対応力が向上します。Linux ファイルシステムや論理ボリューム管理についての理解を深めることにより、ストレージコストを削減し、既存のストレージ・ソリューションをよりよく利用することができます。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

このトレーニングの効果

このコースを受講すると、フルタイムの Linux 管理者となるために必要な主要タスクを実行できるようになります。受講者は、LVM を使用したストレージ管理、SELinux 管理、およびインストール自動化など、管理作業についてのより高度なトピックを学習できます。ファイルシステムとパーティショニング、論理ボリューム、SELinux、ファイアウォール設定、トラブルシューティングなど、企業レベルでの Linux 管理について詳しく学びます。

以下のスキルを習得できます:

  • Kickstart を使用した自動インストール
  • ファイルシステムと論理ボリュームの管理
  • スケジュールされたジョブの管理
  • ネットワーク・ファイル・システムへのアクセス
  • SELinux の管理
  • ファイアウォールの制御
  • トラブルシューティング作業の実行