RH199

RHCSA速習コース

情報を表示しています:

Red Hat システム管理 I および II を組み合わせた速習コース

RHCSA 速習コース (RH199) は、Red Hat® Enterprise Linux® 7 に関連しており、Linux 管理の経験が豊富な方を対象としています。このコースでは、Red Hat システム管理 I (RH124) と II (RH134) で取り上げた内容を短時間で復習します。

コース概要

コースを修了すると、Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) 認定試験の受験準備が整います。

注: このコースは、受講者がコマンドラインベースの Linux システム管理を理解していることが前提となっています。受講者は、シェルを使用した一般的なコマンドの実行、一般的なコマンドオプションの使用、man ページのヘルプへのアクセスができる必要があります。これらの知識が不足している場合、Red Hat システム管理 I (RH124) と II (RH134) を代わりに受講することを強くお勧めします。

コース内容の概要

  • ユーザー、グループ、ファイル、ファイルアクセス権の管理
  • YUM を使用したソフトウェアパッケージのアップデート
  • ブート処理中の systemd サービスの管理とトラブルシューティング
  • ネットワーク設定と基本的なトラブルシューティング
  • ローカルストレージの管理とファイルシステムの作成および使用
  • firewalld を使用したファイアウォールの管理
  • カーネルベースの仮想マシン (KVM) の管理
  • kickstart を使用した Red Hat Enterprise Linux の自動インストール

コースの対象者と前提条件

  • このコースの受講には、1 ~ 3 年のフルタイムでの Linux 管理者としての経験が必要です。

このコースを受講するための前提条件

受講者は、以下の事項に関する基本的な経験があり、ユーザーガイドなどにほとんど頼る必要がないレベルであることが求められます。

  • Linux (コースによっては、復習の時間が設けられている場合があります)
  • ジョブ制御 (&、fg、bg、jobs)、シェル拡張 (拡張からのコマンド、チルダ、glob、ブレース、保護)、I/O リダイレクト、パイプを含む bash シェル
  • IPv4 ネットワークアドレスとルーティングコンセプト、TCP/UDP、ポート
  • GNOME 3 インターフェースのナビゲーション
  • vim やその他のプログラムを使用したコマンドラインからのテキストファイルの編集
  • man ページと情報ノードでの情報の検索
  • ファイルアクセス権限の概念
  • Red Hat Enterprise Linux のインタラクティブインストール
  • ユーザーごとの「at」および「cron」ジョブ
  • 「tar」や「zip」などのアーカイブユーティリティと圧縮ユーティリティ
  • 絶対パスと相対パス
    • 「find」と「locate」を使用したファイルの検索

正しいスキルセットを持っているかどうかは、オンラインスキルチェックテストで確認いただけます。

このコースの概要

コマンドラインへのアクセス
Linux システムにログインし、シェルを使用して簡単なコマンドを実行します。
コマンドラインでのファイルの管理
bash シェルのプロンプトからファイルを操作します。
Linux のローカルユーザーとグループの管理
Linux のローカルユーザーとグループを管理し、ローカルパスワードポリシーを管理します。
Linux ファイルシステムアクセス権限によるファイルへのアクセス制御
ファイルにアクセス権限を設定し、さまざまな権限設定のセキュリティ効果を理解します。
SELinux セキュリティの管理
SELinux を使用してファイルへのアクセスを管理し、SELinux セキュリティ効果を理解し、トラブルシューティングを行います。
Linux プロセスの監視と管理
システムで実行中のプロセスを監視および管理します。
ソフトウェアパッケージのインストールとアップデート
Red Hat および YUM のパッケージリポジトリからソフトウェアパッケージをダウンロード、インストール、更新、および管理します。
サービスとデーモンの制御
systemd を使用して、ネットワークサービスとシステムデーモンを制御および監視します。
Red Hat Enterprise Linux ネットワークの管理
Red Hat Enterprise Linux システムで基本的な IPv4 ネットワークを設定します。
ログの分析と保存
トラブルシューティングのために、関連するシステムログファイルを検索して解釈します。
ストレージとファイルシステムの管理
ディスクパーティション、論理ボリューム、ファイルシステム、スワップ領域を作成して使用します。
システムタスクのスケジュール
cron と systemd のタイマーユニットを使用して反復システムタスクをスケジュールします。
ネットワークファイルシステムのマウント
ネットワークファイルサーバーから、ネットワークファイルシステム (NFS) のエクスポートとサーバーメッセージブロック (SMB) 共有をマウントします。
firewalld を使用したネットワーク通信の制限
基本的なローカルファイアウォールを設定します。
仮想化および kickstart
KVM を管理し、kickstart を使用して Red Hat Enterprise Linux にインストールします。

: コース概要は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、お電話 (米国: 1-866-626-2994) またはオンラインでトレーニングスペシャリストにお問い合わせください。