ログイン / 登録 アカウント

トピック

クラウド・コンピューティングを理解する

物理的な接続によるリソースの共有は急速に廃れ、インフラストラクチャ、サービス、プラットフォーム、アプリケーションを、ネットワークを介してオンデマンドで提供する方法が主流になりつつあります。

クラウド・コンピューティングとは

クラウド・コンピューティングとは、クラウド内でワークロードを実行する行為です。これは、ネットワーク上でスケーラブルなリソースを抽象化、プール、共有する IT 環境です。クラウド・コンピューティングもクラウドも、それ自体はテクノロジーではありません。

  • クラウド・コンピューティングは行為であり、クラウド内でワークロードを実行する機能です。
  • クラウドは環境であり、アプリケーションが実行される場所です。
  • テクノロジーはモノであり、クラウドを構築し、使用するためのソフトウェアとハードウェアです。

パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド

これまで、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドは場所と所有権で簡単に区別できましたが、事態はそれほど単純ではなくなりました。私たちは、主要なクラウドタイプをうまく定義付けようと試みてきましたが、ここで、クラウドの使用方法に今後起こるであろう変化を踏まえつつ、クラウドタイプを次のように定義します。

パブリッククラウド

エンドユーザーが所有していないリソースから作成されたクラウド環境。他のテナントに分配できます。

プライベートクラウド

主にエンドユーザー専用に定義されたクラウド環境。通常はユーザーのファイアウォール内部にあり、オンプレミスの場合もあります。

ハイブリッドクラウド

複数のクラウド環境。環境間での一定レベルのワークロードの可搬性、オーケストレーション、管理機能を備えています。

マルチクラウド

複数のクラウド (パブリックまたはプライベート) を持つ IT システム。ネットワークで接続されていることも接続されていないこともあります。

クラウドの構築

ただ 1 つの完璧なクラウドアーキテクチャやインフラストラクチャはありません。すべてのクラウドには Linux® などのオペレーティングシステムが必要ですが、クラウド・インフラストラクチャには、ベアメタル、 仮想化、コンテナソフトウェアなど、スケーラブルなリソースをネットワーク上で抽象化、プール、共有するものが含まれます。このため、クラウドを定義するには、 何で構成されるかよりも何を実行するかを基準にするのが最適です。次の性質を持つ IT システムを準備すると、クラウドを作成したことになります。

  • ネットワークを介して他のコンピュータがアクセスできる
  • IT リソースのリポジトリを含む
  • プロビジョニングとスケーリングをすばやく実行できる

プライベートクラウドは自力で構築するか、OpenStack® などのパッケージ済みのクラウド・インフラストラクチャを使用できます。世界には数千ものクラウドプロバイダーが存在しますが、中でもよく知られているプロバイダーの一部を以下に示します。

ハイブリッドクラウドの作成には、ある程度のワークロードの可搬性、オーケストレーション、管理機能が必要です。このような接続を作成する標準的な手段は、アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) と仮想プライベートネットワーク (VPN) でした。その証拠に、主要なクラウドプロバイダーの多くが、構成済み VPN をサブスクリプション・パッケージに含めています。

ハイブリッドクラウドを作成するもう 1 つの方法は、あらゆる環境で同じオペレーティングシステムを実行し、Kubernetes などの汎用オーケストレーション・エンジンで管理されるコンテナベースのクラウドネイティブ・アプリケーションを構築することです。オペレーティングシステムがすべてのハードウェアを抽象化し、管理プラットフォームがすべてのアプリケーションを抽象化します。したがって、ほぼあらゆる環境にほぼすべてのアプリケーションをデプロイできます。アプリケーションの刷新、スタッフの再トレーニング、管理の分割、セキュリティの低下は発生しません。

クラウドサービス

IaaS

Infrastructure-as-a-Service (IaaS)

PaaS

PaaS (Platform-as-a-Service)

SaaS

SaaS (Software-as-a-Service)

FaaS

Function-as-a-Service (FaaS)

CaaS

Containers-as-a-Service (CaaS)

ハイブリッドクラウド全体の自動化

ハイブリッドクラウドは仮想インフラストラクチャに依存しているため、セルフサービス、ガバナンスとコンプライアンス、リソース管理、財務管理、およびキャパシティ・プランニングが大幅に複雑になります。クラウド管理ツールと自動化ツールを使用することで、これら異なるリソース全体の可視性と監視を強化できます。

最新の自動化テクノロジー (Red Hat® Ansible® Automation Platform など) を使用すれば、環境全体で資産を自動化することができます。最新の自動化機能をマルチクラウド環境に追加すると、環境の複雑さが抑えられ、従来型のアプリケーションとクラウドネイティブ・アプリケーションのワークロードにおけるセキュリティとパフォーマンスが向上します。

Red Hat を選ぶ理由

パブリック、プライベート、ハイブリッドのどの種類のクラウドをデプロイするにしても、それはオープンであるべきです。多くのクラウド・インフラストラクチャが Linuxやその他のオープンソース・ソフトウェアをベースにしていますが、オープンソースの取り扱いについては Red Hat が一番です。クラウド自動化機能、エンタープライズ向けソフトウェアのクラウドへの自動デプロイ総合的なコンサルティング、インストラクターによる実践的なトレーニングを通じて、クラウド・コンピューティングを容易に利用できるようにします。

クラウドを構築する方法

インフラストラクチャ

企業のプライベートクラウド構築およびサービスプロバイダーのパブリッククラウド構築に理想的なプラットフォームです。

プラットフォーム

プライベートクラウド・インフラストラクチャとコンテナ・オーケストレーション・プラットフォームを組み合わせ、IT スタック全体におけるコンテナの実装をサポートします。

クラウドについてさらに詳しく知る

OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。