言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

トピック

クラウドを理解する

物理的な接続によるリソースの共有は急速に廃れ、仮想インフラストラクチャやサービス、プラットフォーム、オンデマンド・アプリケーションの提供は、ネットワーク経由での方法が主流になりつつあります。これがクラウドと呼ばれるものです。

クラウドとは

クラウドとは、仮想化されたリソース (物理的な処理能力、ストレージ、クラウドベースのアプリケーションなど) のプールのことで、管理および自動化ソフトウェアによりオーケストレーションを行います。ユーザーは自動的なスケーリングや動的なリソース割り当てをサポートするセルフサービスポータルを通じて、オンデマンドでアクセスすることができます。クラウドコンピューティングとは、クラウドに基づくコンピューティング・インフラストラクチャ、サービス、プラットフォーム、およびアプリケーションを、ネットワーク経由でユーザーにオンデマンド提供するための原則やアプローチを指します。

クラウドやクラウド・コンピューティングは、単体で成立するテクノロジーではありません。必要となるテクノロジーには、オペレーティングシステム、仮想化ソフトウェア、自動化および管理ツールなどがあります。オペレーティング・システムは、ネットワークを設定してユーザー・インタフェースをホストします。仮想化は、リソースを抽象化してクラウドにプールします。自動化ソフトウェアはこれらのリソースを割り当て、管理ツールは新しい環境をプロビジョニングします。OpenStack® など一部のプロジェクトでは、これらのテクノロジーの大半を簡単にデプロイできるシステムにパッケージ化し、クラウドの開発とオーケストレーションをワンストップで行えるような形で提供しています。

進行中の IT プロジェクトからクラウドを構築する方法

クラウドをデプロイする方法

パブリッククラウド

エンドユーザーが所有しないリソースから作成されます。

プライベートクラウド

エンドユーザーが (物理的または契約上) 所有するリソースから作成されるクラウドです。

ハイブリッドクラウド

プライベートとパブリックの両方の、さまざまなリソースから作成されるクラウドです。

クラウドで提供されるサービスの種類

クラウド・デプロイメントは、as-a-Service 型のパッケージにより実現します。これはネットワーク経由で提供されるサービス群のことで、ローカルでの提供も、物理的な接続も必要としません。as-a-Service 型パッケージはクラウド・コンピューティングの本質とも言えるもので、提供されるサービスの種類によって差別化されます。

Infrastructure-as-a-Service (IaaS)

IaaS (Red Hat Cloud Infrastructure など) はすべてのクラウド・デプロイメントの基盤で、ネットワーク、ストレージ、サーバー、仮想化など、クラウドをデプロイするために必要な最小限のハードウェアおよびソフトウェアが含まれています。これらを組み合わせて、クラウド・コンピューティング環境のインフラストラクチャを構成します (このため「Infrastructure-as-a-Service」と呼ばれます) 。これらは、必要に応じてユーザーに提供されます。これらのサービスはそれぞれ、自動的な拡張、プロビジョニング、測定が可能です。一方、IT スタックにおける他のすべての部分は、オペレーティング・システムからアプリケーションに至るまで、クラウド利用者が手動で管理する必要があります。

Platform-as-a-Service (PaaS)

PaaS は、ソフトウェアを開発してデプロイするためのクラウドベースのプラットフォームです。つまり、オペレーティング・システム、ミドルウェア、ランタイム環境に加えて、IaaS が扱うすべてのハードウェアおよびソフトウェアを提供します。コンテナ (Red Hat OpenShift など) は PaaS に相当します。データベースやアプリケーションをサポートするインフラストラクチャやプラットフォームが自動化され、シームレスに統合される環境を、開発者やオペレーターに提供します。

クラウド・コンピューティングの仕組み

クラウド・コンピューティングについて理解する際、最もわかりやすい方法は、純粋な IaaS の視点で考えることです。クラウド・コンピューティングの基盤には、安定したオペレーティング・システムがあります。このレイヤーのおかげで、ユーザーはパブリック、プライベート、ハイブリッド環境のいずれにも依存する必要がなくなります。イントラネットやインターネットのアクセスがすでに確立されている場合、仮想化によりクラウドを作り出すことができます。ハイパーバイザーと呼ばれるソフトウェアが物理的なハードウェアの上で、マシンのリソースを抽象化します。これらのリソースは、物理的な処理能力やストレージである場合や、デプロイに必要なすべてのランタイムコードやリソースを含むクラウドベースのアプリケーションである場合もあります。

プロセスがここで終わる場合はただの仮想化でしかなく、クラウド・コンピューティングではありません。仮想リソースが一元化されたプールに割り当てられると、「クラウド」と呼ばれます。これらのクラウドに対し、管理および自動化ソフトウェアでオーケストレーションを行うことで初めて、「クラウド・コンピューティング」とみなされるようになります。クラウド化のメリットとしては、セルフサービスでのアクセス、インフラストラクチャ拡張の自動化、動的リソースプールが挙げられます。これらが従来の仮想化とクラウドが最も明確に異なる点です。クラウド・コンピューティングと仮想化の違いについて、さらに説明します。

管理ソフトウェアはプロビジョニング、デプロイメント、デコミッショニングの基盤を作成します。ですが、クラウド・コンピューティングの実現に最も重要なのは、自動化ソフトウェアです。優れた自動化ソフトウェアは、基本的なリソースの割り当てに加えて、ルーティングやネットワーク化、VPN の設定、ポリシーやパーミッションの処理、負荷分散、オートスケーリングなどを行います。自動化ソフトウェアがなければ、大半のクラウドコンピューティング・システムは過度に煩雑になってしまいます。このため、自動化ソフトウェアは必要不可欠のコンポーネントと考えられています。

とはいえ、クラウド・コンピューティングは、一度にすべてを導入しなければならないものではなく、徐々に構築していくことが可能です。プライベートクラウドを使ってみて、パブリッククラウドに拡張することも、必要なものだけを選ぶこともできます。自社のスケジュールやニーズに合わせて、クラウドを使うことができるのです。

クラウドでできること

クラウド・コンピューティングを使えば、ネットワークへ接続している限り、ユーザーはどこからでもリソースにアクセスできます。クラウド経由で利用できるリソースには、インフラストラクチャ (コンピューティングやストレージ) から、プラットフォーム (ミドルウェアやインフラストラクチャ自動化) 、ソフトウェア (アプリケーション) まで、ソフトウェアスタックのさまざまな階層のものが含まれます。こうしたリソースは、個別に提供することも、クラウドベースの階層型システムとしても提供可能です。

クラウドはストレージ、コンピュート、メモリーサービスとして人気がありますが、同時にアプリケーション開発の不可欠なコンポーネントにもなりつつあります。クラウドにより、必要なワークロードの変化に自動で対応し、従来型のプロトコルよりも少ない時間と労力で新しいアプリケーションをプロビジョニングすることが可能です。クラウド・コンピューティングを用いれば、カスタムの開発環境を即座に構築できるため、運用チームを強化できます。チケットを使うことなくワークステーション、仮想マシン、アプリケーション・サーバー、データベース接続を提供し、サポートのために必要なすべてのリソース、サービス、機能が利用可能になるため、分散環境でのアプリケーション開発に役立ちます。

ハイブリッドの世界におけるクラウドネイティブ・アプリケーション

クラウド・コンピューティングのメリットとは?

VM の容量を手動でユーザーにプロビジョニングする作業には時間がかかります。しかも、そのマシンに割り当てられたリソースの一部は、まったく使用されない場合もあるのです。IT 部門がカスタム・デプロイメントに多くの時間を費やさなくて済むようにするには、事業部門が自らリソースをリクエストしてデプロイできるようにする必要があります。クラウド・コンピューティングの真価は、このような場面で発揮されます。

クラウドを適切に利用することで、保守作業に費やされていたリソースをイノベーションへと再配分でき、組織は戦略的なメリットを得られます。

  • アプリケーションとデータをポータブルに
  • プロビジョニングと自動化により、既存の IT 投資とインフラストラクチャを最大限に活用
  • 物理サーバー、複数の仮想化プラットフォーム、多様なテクノロジースタックを利用する各種クラウドをつなぎ合わせることで、ユーザーがオンデマンドにスケーリングを行える
  • 顧客の技術戦略を、顧客自身が管理できる

クラウドの安全性

医療金融サービスなど一部の業種では、プライバシー、セキュリティ、コンプライアンスが厳しく規制されています。そのため、プライベートクラウドが好まれる傾向があります。とはいえ、パブリッククラウドの安全性が低いという意味ではありません。単純に、データの分離や監査に関して極めて詳細な要件がある場合、パブリッククラウドの実装は非常に困難または不可能なのです。なぜなら、医療アプリケーションが稼働するサーバーや金融データを保管するディスクの所有者が、アプリケーションやデータを使用する組織と異なるためです。

クラウド、ユーザー、プロバイダーのいずれにも適用できる普遍的なセキュリティ・ステートメントは存在しません。一部のパブリッククラウド・プロバイダーは、自社のハードウェアがホストするデータへのアクセス権を保持しますが、より厳格なアクセス要件を制定しているプロバイダーもあります。結局のところ、クラウドのセキュリティリスクに最も影響するのは、クラウド・ポートフォリオの多様性、暗号化プロトコルの強度、そして障害復旧ポリシーの内容です。

Red Hat を選ぶ理由

パブリック、プライベート、ハイブリッドのどの種類のクラウドをデプロイするにしても、それはオープンであるべきだと Red Hat は考えます。多くのクラウド・インフラストラクチャは Linux® や他のオープン・ソース・ソフトウェアをベースとしています。しかし、プロプライエタリーなコードによって連携が妨げられている場合、異なるクラウドプロバイダーの多様なメリットを抽象化するのは困難です。

効果的なクラウドソリューションとは、複数のクラウド環境を接続するものであるべきです。より優れたソリューションならば、これらの環境を管理することもできるでしょう。しかし、最高のソリューションにおいては、システム全体が自動化されます。Red Hat は、世界で最も一般的なオープンソースの IT 自動化テクノロジーを使い、クラウド自動化に注力してきました。

Red Hat は、クラウドはオープンであるべきだと信じています。それが、私たちの信念です。

Red Hat を選んだ理由は、意思決定や高度な分析にフォーカスしたかったためです。PaaS レイヤーでプロビジョニングと管理を自動化し、適切なセキュリティ基盤を確立する必要がありました。Red Hat のソリューションは、まさに FICO が求めていたものでした。

FICO 副社長・製品およびテクノロジー最高責任者 Stuart Wells 博士

クラウドの構築に必要なものすべてがここに

インフラストラクチャ

企業のプライベートクラウド構築およびサービスプロバイダーのパブリッククラウド構築に理想的なプラットフォームです。

インフラストラクチャ

パブリックおよびプライベートクラウドのデプロイメントをシームレスに管理する、完全なプライベートクラウド型の IaaS ソリューションです。

プラットフォーム

コンテナ型アプリケーション・プラットフォームと、プライベート・クラウド・インフラストラクチャを組み合わせ、IT スタック全体におけるコンテナの実装をサポートします。

プラットフォーム

完全な DevOps に移行し、自社のクラウド環境上にコンテナをデプロイしましょう。

管理

クラウドに未対応のアプリケーションをサポートする、オープンソースの仮想化ソリューションです。

管理

ハイブリッドクラウド環境を統合する、管理および運用プラットフォームです。

OpenStack(R) のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。

クラウドについてさらに詳しく知る