Red Hat トレーニング

カリキュラム別コース

製品別トレーニング

チームメンバー自身と会社の成功ために必要なスキルを身につけることができます

国を選択して、製品カテゴリ別に分類された利用可能なコースのリストを取得してください。コースのタイトルを選択すると、個々のコースについての詳細や登録方法についての情報をご確認いただけます。

対象コースの全リストを確認する

情報を表示しています:

DevOps

Ansible Essentials: Simplicity in Automation Technical Overview (DO007)

Ansible 自動化および設定管理の基本などについての学習

オンデマンドのオンラインビデオシリーズ Ansible Essentials: Simplicity in Automation Technical Overview (DO007) では、Ansible による自動化および設定管理について紹介し、クラウド環境、仮想環境、および物理環境で Ansible によってコンピューティング・インフラストラクチャをプロビジョニング、デプロイ、管理する方法を示します。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Deploying Containerized Applications Technical Overview (DO080)

アプリケーションとコンテナのデプロイの概要

Deploying Containerized Applications Technical Overview (DO080) は、Docker、Kubernetes、および Red Hat® OpenShift Container Platform を使用した Linux® コンテナやコンテナのオーケストレーション技術に関する、オンデマンドのオンライン動画シリーズです。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180)

Kubernetes クラスタ上のデプロイのための、Docker コンテナの構築と管理の概要

「Introduction to containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180)」では、Docker コンテナを構築および管理し、Kubernetes クラスタ上にデプロイする方法を紹介します。このコースでは、Docker、Kubernetes、および Red Hat® OpenShift Container Platform の実践形式の授業で、コンテナ管理の基本的な知識とスキルを習得できます。ビデオクラスルームバージョンは、Red Hat OpenShift Container Platform 3.5 および Red Hat Enterprise Linux 7 にのみ用意しています。

このコースは、Red Hat® OpenShift Container Platform 3.9 および Red Hat® Enterprise Linux® 7.5 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

OpenShift Container Platform Administration (DO280)

インスタンスのインストール、設定、管理についての学習

Red Hat OpenShift Administration I (DO280) は、Red Hat® OpenShift Container Platform をインストール、設定、および管理するシステム管理者を対象としています。Red Hat OpenShift Container Platform は Red Hat の Platform-as-a-Service (PaaS) 製品です。コンテナテクノロジーを使用することで、あらゆる種類のアプリケーションに対応する事前定義済みのデプロイ環境を提供します。市場投入期間の短縮や継続的な提供などの DevOps の原則をサポートした環境を構築できます。

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 3.4 に基づいています。

ビデオ教室は JBoss EAP 6.3 でのみ利用可能です。詳細

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenShift Administration I + 認定試験 (DO281)

OpenShift クラスタを作成、設定、管理、トラブルシューティングする

Red Hat OpenShift Administration I + 認定試験 (DO281) では、Red Hat® OpenShift® Container Platform をインストールして管理する能力を習得できます。この実践的なラボベースのバンドルでは、OpenShift クラスタをインストール、設定、管理する方法を説明し、サンプルアプリケーションをデプロイすることで、開発者がプラットフォームを使用する方法の理解を深めます。

このコースは、Red Hat® Enterprise Linux® 7.5 および Openshift Container Platform 3.9 に基づいています。Red Hat 認定スペシャリスト - OpenShift Administration - 認定試験が含まれています

このコースで扱われるビデオクラスルームは、OpenShift Container Platform 3.4 に基づいています。詳細

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift Administration I | Red Hat (DO285)

Kubernetes クラスタ上のデプロイのための、Docker コンテナの構築と管理の概要

Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift Administration I (DO285) では、Docker、Kubernetes、および Red Hat® OpenShift® Container Platform に関する実践形式の授業で、コンテナ管理の基本的な知識とスキルを習得できます。

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 3.9 および Red Hat® Enterprise Linux® 7.5 に基づいています。DO285 は、「Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180) 」と「Red Hat OpenShift Administration I (DO280)」の内容を組み合わせたものです。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications (DO288)

OpenShift クラスタでコンテナ化アプリケーションを設計、ビルド、デプロイする

Red Hat® OpenShift Container Platform は、コンテナ化されたソフトウェア・アプリケーションを開発およびデプロイするためのエンタープライズ対応ソリューションを開発者に提供します。Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications は、Red Hat OpenShift Container Platform を活用して開発者の生産性を高める実技形式のトレーニングを提供します。

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 3.6 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications with exam (DO289)

OpenShift クラスタでコンテナ化アプリケーションを設計、ビルド、デプロイ

Red Hat® OpenShift Container Platform は、コンテナ化されたソフトウェア・アプリケーションを開発およびデプロイするためのエンタープライズ対応ソリューションを開発者に提供します。Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications は、Red Hat OpenShift Container Platform を活用して開発者の生産性を高める実技形式のトレーニングを提供します。

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 3.6 に基づいており、Red Hat 認定スペシャリスト - OpenShift Application Development 認定試験 (EX288) が含まれています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

OpenShift Enterprise Development (DO290)

アプリケーションの構築、更新、保守についての学習

OpenShift Enterprise Development(DO290)は、Red Hat® の OpenShift Enterprise を使用してソフトウェア配信パイプラインの一部を自動化することに焦点を当てた一連のコースの 1 つです。このコースでは、アジャイル・ソフトウェア開発手法、テスト主導型の開発、継続的な統合を通して DevOps 環境について学習し、さらに PaaS(Platform-as-a-Service)を通して標準的な運用環境について学びます。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenShift Development II: Creating Microservices with Red Hat OpenShift Application Runtimes (DO292)

Red Hat OpenShift Application Runtimes を使用したマイクロサービスの開発

Red Hat OpenShift Development II: Creating Microservices with Red Hat OpenShift Application Runtimes (DO292) では、WildFly Swarm、Vert.x、Spring Boot という 3 つのランタイムを紹介します。このコースでは実践的で集中的なプログラミング演習によって、3 つのランタイムを使って複数のマイクロサービスを開発し、Red Hat® OpenShift Container Platform クラスタにデプロイします。

このコースは、Red Hat® Enterprise Linux 7.5 および OpenShift Container Platform 3.9 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Configuration Management with Puppet (DO405)

Puppet を使用した、DevOps 環境での Red Hat Enterprise Linux ホストの設定

Configuration Management with Puppet (DO405) は、実動環境またはクラウド・コンピューティング環境で Red Hat® 製品と統合するために Puppet を実装することを検討中のシステム管理者やクラウド管理者を対象としています。

このコースは、Red Hat Enterprise Linux® 7 および Red Hat Satellite 6 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Configuration Management with Puppet + 認定試験 (DO406)

Puppet を使用した、DevOps 環境での Red Hat Enterprise Linux ホストの設定

Configuration Management with Puppet (DO405) は、実動環境またはクラウド・コンピューティング環境で Red Hat® 製品と統合するために Puppet を実装することを検討中のシステム管理者やクラウド管理者を対象としています。

このコースは、Red Hat Enterprise Linux 7 および Red Hat Satellite 6 に基づいています。

このコースには、エキスパート試験 -Configuration Management with Puppet (EX405) が含まれています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Automation with Ansible I (DO407)

Ansible Playbook の作成と管理およびシステム管理ツールの自動化を学習

Automation with Ansible I(DO407)は、自動化、設定、および管理のために Ansible を使用することを検討しているシステム管理者を対象としています。Ansible のインストールと設定の方法、Playbook の作成と実行におるシステム設定、インベントリ管理について学習します。

このコースは、Red Hat® Enterprise Linux® 7.3 および Ansible 2.3 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Automation with Ansible I +認定試験 (DO408)

Ansible Playbook の作成と管理、システム管理ツールの自動化の方法を学習

Automation with Ansible I +認定試験 (DO408) は、Ansible を使用して自動化、構成、管理を行うシステム管理者向けのコースです。Ansible のインストールや設定方法、Playbook の作成と実行によるシステム構成、インベントリー管理について学習します。

さらにこのコースには、Red Hat Certified Specialist in Ansible Automation (EX407) も含まれています。

このコースは、Red Hat® Enterprise Linux® 7.3 および Ansible 2.3 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Automation with Ansible II: Ansible Tower (DO409)

Ansible Tower で自動化を次のレベルへ

Automation with Ansible II:Ansible Tower (DO409) は、Ansible by Red Hat® を利用する IT プロフェッショナル向けのコースです。Ansible Tower by Red Hat を用い、多数のメンバーからなる複数のチームや企業規模の複雑なインストール環境にも対応できるような形で、Ansible プロジェクトの一元管理を行う必要のある場合に最適です。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Automation with Ansible and Ansible Tower (DO410)

Ansible と Ansible Tower を活用して迅速に効率化

Automation with Ansible and Ansible Tower (DO410) は、Ansible を使用して運用効率を向上するため、エンタープライズ IT 環境において標準化された自動化を行いたいと考える IT プロフェッショナルを対象としています。Ansible を使用して自動化、構成、プロビジョニング、管理を行う方法や、Red Hat®Ansible Tower を使用してエンタープライズ規模で Ansible を一元的に管理する方法について学習します。このコースは、Automation with Ansible (DO407)Automation with Ansible II: Ansible Tower (DO409) の内容を合わせたものです。

このコースは、Ansible 2.3、Ansible Tower 3.1、Red Hat® Enterprise Linux® 7.3 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Ansible for Network Automation (DO457)

Red Hat Ansible Automation for Networking を使用したネットワーク・インフラストラクチャの構成と管理

Ansible for Network Automation (DO457) は、ネットワークの自動化を使用して、組織のネットワーク・インフラストラクチャ内のスイッチ、ルーター、およびその他のデバイスを一元管理する方法を学ぶネットワーク管理者、またはインフラストラクチャ自動化エンジニアを対象としています。

このコースは、Red Hat® Ansible Engine 2.5 と Red Hat® Ansible Tower 3.2 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

OpenShift

Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180)

Kubernetes クラスタ上のデプロイのための、Docker コンテナの構築と管理の概要

「Introduction to containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180)」では、Docker コンテナを構築および管理し、Kubernetes クラスタ上にデプロイする方法を紹介します。このコースでは、Docker、Kubernetes、および Red Hat® OpenShift Container Platform の実践形式の授業で、コンテナ管理の基本的な知識とスキルを習得できます。ビデオクラスルームバージョンは、Red Hat OpenShift Container Platform 3.5 および Red Hat Enterprise Linux 7 にのみ用意しています。

このコースは、Red Hat® OpenShift Container Platform 3.9 および Red Hat® Enterprise Linux® 7.5 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

OpenShift Container Platform Administration (DO280)

インスタンスのインストール、設定、管理についての学習

Red Hat OpenShift Administration I (DO280) は、Red Hat® OpenShift Container Platform をインストール、設定、および管理するシステム管理者を対象としています。Red Hat OpenShift Container Platform は Red Hat の Platform-as-a-Service (PaaS) 製品です。コンテナテクノロジーを使用することで、あらゆる種類のアプリケーションに対応する事前定義済みのデプロイ環境を提供します。市場投入期間の短縮や継続的な提供などの DevOps の原則をサポートした環境を構築できます。

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 3.4 に基づいています。

ビデオ教室は JBoss EAP 6.3 でのみ利用可能です。詳細

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenShift Administration I + 認定試験 (DO281)

OpenShift クラスタを作成、設定、管理、トラブルシューティングする

Red Hat OpenShift Administration I + 認定試験 (DO281) では、Red Hat® OpenShift® Container Platform をインストールして管理する能力を習得できます。この実践的なラボベースのバンドルでは、OpenShift クラスタをインストール、設定、管理する方法を説明し、サンプルアプリケーションをデプロイすることで、開発者がプラットフォームを使用する方法の理解を深めます。

このコースは、Red Hat® Enterprise Linux® 7.5 および Openshift Container Platform 3.9 に基づいています。Red Hat 認定スペシャリスト - OpenShift Administration - 認定試験が含まれています

このコースで扱われるビデオクラスルームは、OpenShift Container Platform 3.4 に基づいています。詳細

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift Administration I | Red Hat (DO285)

Kubernetes クラスタ上のデプロイのための、Docker コンテナの構築と管理の概要

Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift Administration I (DO285) では、Docker、Kubernetes、および Red Hat® OpenShift® Container Platform に関する実践形式の授業で、コンテナ管理の基本的な知識とスキルを習得できます。

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 3.9 および Red Hat® Enterprise Linux® 7.5 に基づいています。DO285 は、「Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180) 」と「Red Hat OpenShift Administration I (DO280)」の内容を組み合わせたものです。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications (DO288)

OpenShift クラスタでコンテナ化アプリケーションを設計、ビルド、デプロイする

Red Hat® OpenShift Container Platform は、コンテナ化されたソフトウェア・アプリケーションを開発およびデプロイするためのエンタープライズ対応ソリューションを開発者に提供します。Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications は、Red Hat OpenShift Container Platform を活用して開発者の生産性を高める実技形式のトレーニングを提供します。

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 3.6 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications with exam (DO289)

OpenShift クラスタでコンテナ化アプリケーションを設計、ビルド、デプロイ

Red Hat® OpenShift Container Platform は、コンテナ化されたソフトウェア・アプリケーションを開発およびデプロイするためのエンタープライズ対応ソリューションを開発者に提供します。Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications は、Red Hat OpenShift Container Platform を活用して開発者の生産性を高める実技形式のトレーニングを提供します。

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 3.6 に基づいており、Red Hat 認定スペシャリスト - OpenShift Application Development 認定試験 (EX288) が含まれています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

OpenShift Enterprise Development (DO290)

アプリケーションの構築、更新、保守についての学習

OpenShift Enterprise Development(DO290)は、Red Hat® の OpenShift Enterprise を使用してソフトウェア配信パイプラインの一部を自動化することに焦点を当てた一連のコースの 1 つです。このコースでは、アジャイル・ソフトウェア開発手法、テスト主導型の開発、継続的な統合を通して DevOps 環境について学習し、さらに PaaS(Platform-as-a-Service)を通して標準的な運用環境について学びます。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenShift Development II: Creating Microservices with Red Hat OpenShift Application Runtimes (DO292)

Red Hat OpenShift Application Runtimes を使用したマイクロサービスの開発

Red Hat OpenShift Development II: Creating Microservices with Red Hat OpenShift Application Runtimes (DO292) では、WildFly Swarm、Vert.x、Spring Boot という 3 つのランタイムを紹介します。このコースでは実践的で集中的なプログラミング演習によって、3 つのランタイムを使って複数のマイクロサービスを開発し、Red Hat® OpenShift Container Platform クラスタにデプロイします。

このコースは、Red Hat® Enterprise Linux 7.5 および OpenShift Container Platform 3.9 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenShift Administration II (DO380)

OpenShift HA クラスタの設計、構築およびテスト

Red Hat OpenShift Administration II では、高可用性 (HA) と多くのアプリケーションを実行する能力を提供する堅牢なクラスタを構築する方法を学びます。ロードバランシング、ID 管理、監視、プロキシ、ストレージなどのデータセンター・インフラストラクチャと OpenShift の統合について学びます。このコースではさらに、トラブルシューティング・スキルや運用スキル (2 日目) も強化します。

このコースは、Red Hat® OpenShift Container Platform 3.6 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Certified Specialist in OpenShift Application Development exam (EX288)

Red Hat 認定スペシャリスト試験 -OpenShift Application Development- (EX288) では、Red Hat® OpenShift Container Platform 環境に既存のアプリケーションをデプロイする能力をテストします。

この試験に合格すると、Red Hat® 認定アーキテクト (RHCA®) を取得する際の前提条件となる Red Hat 認定スペシャリストを取得できます。

この試験は、Red Hat OpenShift Container Platform 3.6 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Enterprise Linux

Red Hat Enterprise Linux Technical Overview (RH024)

Linux の基本の学習

Red Hat Enterprise Linux Technical Overview(RH024)は、無料で視聴できるオンラインのオンデマンドビデオシリーズで、IT プロフェッショナル向けに Linux® の技術的概要が説明されています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Satellite Technical Overview (RH053)

An overview of Red Hat Satellite

Red Hat® Satellite is a scalable platform used to manage the patching, provisioning, and subscription management of your Red Hat infrastructure. Learn about the core capabilities of Red Hat Satellite and see how Satellite can help meet your business needs.

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat システム管理 I (RH124) (RH124)

Red Hat Enterprise Linux に必要な基本的システム管理タスク (パート 1)

Red Hat® Enterprise Linux® 7 に関連したコースです。Red Hat システム管理 I (RH124) は、Linux 管理経験のない IT プロフェッショナルを対象としています。このコースは、基本の管理タスクに重点を置き、受講者に Linux 管理で「生き残るためのスキル」を提供することを目的としています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat システム管理 II (RH134)

Red Hat Enterprise Linux に必要な基本的システム管理タスク(パート 2)

このコースは、Red Hat® システム管理 I(RH124)を修了した方を対象としています。Red Hat システム管理 II(RH134)は、専任の Linux® 管理者となるために必要な主要タスクに重点を置いています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat システム管理 II +RHCSA 認定試験 (RH135)

Red Hat Enterprise Linux に必要な基本的システム管理タスク(パート 2)

このバージョンのコースは、Red Hat® Enterprise Linux® 7 に関連しています。このコースは、Red Hat システム管理 I(RH124) を修了した方を想定しています。このコースには、RHCSA 認定試験(EX200) が含まれています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

RHCSA速習コース (RH199)

Red Hat システム管理 I および II を組み合わせた速習コース

RHCSA 速習コース (RH199) は、Red Hat® Enterprise Linux® 7 に関連しており、Linux 管理の経験が豊富な方を対象としています。このコースでは、Red Hat システム管理 I (RH124) と II (RH134) で取り上げた内容を短時間で復習します。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

RHCSA速習コース+認定試験 (RH200)

Red Hat システム管理 I および II を組み合わせた速習コース

RHCSA 速習コース+認定試験 (RH200) は、Red Hat® Enterprise Linux® 7 に関連しており、Linux 管理の経験が豊富な方を対象としています。このコースでは、Red Hat システム管理 I (RH124) と II (RH134) で取り上げた内容を短時間で復習します。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat システム管理III (RH254)

Linux システムの管理能力を強化し、Red Hat 認定エンジニア (RHCE) 試験に備えます。

Red Hat® システム管理 Ⅲ (RH255) は Red Hat Enterprise Linux® 7 に関連するコースで、Linux システム管理者の経験があり、Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA®) の認定または同等のスキルを保有し、エンタープライズレベルの Linux システムの管理能力を強化したい方を対象としています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat システム管理 III + RHCSA および RHCE 認定試験 (RH255)

Linux システムの管理能力を拡大する

Red Hat® システム管理 Ⅲ (RH255) は Red Hat Enterprise Linux® 7 に関連するコースで、Linux システム管理者の経験があり、Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA®) の認定または同等のスキルを保有し、エンタープライズレベルの Linux システムの管理能力を強化したい方を対象としています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

RHCE認定試験ラボ (RH299)

RHCE 認定試験 (EX300) の準備

RHCE 認定試験ラボ (RH299) は、Red Hat 認定エンジニア (RHCE) 試験を受験する前に実践的な演習形式の復習を必要としている方を対象にしています。クラスルームトレーニングを修了している方を対象に、受験または再受験に備える内容となっています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

RHCE 認定試験ラボ + RHCSA 認定試験 + RHCE 認定試験 (RH300)

Red Hat 認定エンジニア試験の準備

Red Hat 認定エンジニア (RHCE®) 認定試験ラボ (RH300) は、RHCE 認定試験 (EX300) を受験する前に実践的な演習形式の復習を必要としている方を対象にしています。クラスルームトレーニングを修了している方を対象に、受験または再受験に備える内容となっています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting (RH342)

Red Hat Enterprise Linux に関する問題の診断、情報の収集、一般的な問題の解決

Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting + 認定試験 (RH343) コースで、システム管理者は、さまざまな潜在的な問題を診断および解決するのに必要なツールや技術を学ぶことができます。受講者は、ハンズオン形式でさまざまなサブシステムの問題に取り組み、一般的な問題を診断および解決します。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting + 認定試験 (RH343)

Red Hat Enterprise Linux に関する問題の診断、情報の収集、一般的な問題の解決

Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting + 認定試験 (RH343) コースで、システム管理者は、さまざまな潜在的な問題を診断および解決するのに必要なツールや技術を学ぶことができます。受講者は、ハンズオン形式でさまざまなサブシステムの問題に取り組み、一般的な問題を診断および解決します。

このコースには、Red Hat エキスパート試験 ー Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting ー(EX342) も含まれます。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Security: Identity Management and Active Directory Integration (RH362)

Red Hat Identity Management (IdM) の設定と管理

Red Hat Security: Identity Management and Active Directory Integration (RH362) では、Red Hat® Enterprise Linux にバンドルされている包括的な ID 管理ソリューションである、IdM を設定および管理するためのスキルを習得できます。

このコースは、Red Hat Identity Manager 4.5 (RHEL のバンドル)、Red Hat Enterprise Linux 7.4、Microsoft Windows Server 2016、Red Hat Satellite 6.3、Red Hat Ansible Tower 3.2.2、および Red Hat Ansible 2.5 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Security: Identity Management and Active Directory Integration with exam (RH363)

Red Hat Identity Management (IdM) の設定と管理

Red Hat Security: Identity Management and Active Directory Integration + 認定試験 (RH363) では、Red Hat® Enterprise Linux にバンドルされている包括的な ID 管理ソリューション、IdM の設定と管理に必要なスキルを提供します。

このトレーニングには Red Hat 認定スペシャリスト -Identity Management 認定試験 (EX362) が含まれます。このコースは、Red Hat Identity Manager 4.5 (RHEL のバンドル)、Red Hat Enterprise Linux 7.4、Microsoft Windows Server 2016、Red Hat Satellite 6.3、Red Hat Ansible Tower 3.2.2、および Red Hat Ansible 2.5 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Server Hardening (RH413)

Red Hat Enterprise Linux システムのセキュリティを強化してセキュリティポリシー要件を満たす

Red Hat® Server Hardening (RH413) では、Red Hat 認定エンジニア (RHCE®) の認定を受けているか、または同等の経験を持つ受講者を対象に、セキュリティポリシー要件を満たすために Red Hat Enterprise Linux® システムをセキュリティ保護する方法について解説します。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Server Hardening+認定試験 (RH414)

Red Hat Enterprise Linux システムのセキュリティを強化してセキュリティポリシー要件を満たす

Red Hat® Server Hardening (RH413) では、Red Hat 認定エンジニア (RHCE®) の認定を受けているか、または同等の経験を持つ受講者を対象に、セキュリティポリシー要件を満たすために Red Hat Enterprise Linux® システムをセキュリティ保護する方法について解説します。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Security: Linux in Physical, Virtual, and Cloud (RH415)

ベアメタル、仮想、クラウド環境にデプロイされた Red Hat Enterprise Linux システムのセキュリティを管理

Red Hat Security: Linux in Physical, Virtual, and Cloud (RH415) は、物理ハードウェア上、または仮想マシンまたはクラウドインスタンスとしてデプロイされた、Red Hat® Enterprise Linux® を実行するサーバーの安全な運用を管理する必要があるセキュリティ管理者およびシステム管理者向けです。

このコースは、Red Hat Enterprise Linux 7.5、Red Hat Satellite 6.3、Red Hat Ansible® Engine 2.5、Red Hat Ansible Tower 3.2、および Red Hat Insights に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Security: Linux in Physical, Virtual, and Cloud with exam (RH416)

ベアメタル、仮想、クラウド環境にデプロイされた Red Hat Enterprise Linux システムのセキュリティを管理

Red Hat Security: Linux in Physical, Virtual, and Cloud + 認定試験 (RH416) は、物理ハードウェア上、または仮想マシンまたはクラウドインスタンスとしてデプロイされた、Red Hat® Enterprise Linux® を実行するサーバーの安全な運用を管理する必要があるセキュリティ管理者およびシステム管理者向けです。

このコースは、Red Hat Enterprise Linux 7.5、Red Hat Satellite 6.3、Red Hat Ansible® Engine 2.5、Red Hat Ansible Tower 3.2、および Red Hat Insights に基づいています。Red Hat 認定スペシャリスト - Security: Linux - 認定試験 (EX415) が含まれています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat High Availability Clustering (RH436)

高可用性クラスタの設計とデプロイ

Red Hat® High Availability Clustering (RH436) コースでは、ストレージ管理、Red Hat High Availability アドオン、Red Hat Global File System 2 (GFS2) と Red Hat Storage による共有ストレージ・テクノロジーに関する実践的なトレーニングを集中的に行います。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat High Availability Clustering+認定試験 (RH437)

高可用性クラスタの設計とデプロイ

Red Hat® High Availability Clustering (RH436) コースでは、ストレージ管理、Red Hat High Availability アドオン、Red Hat Global File System 2 (GFS2) と Red Hat Storage による共有ストレージ・テクノロジーに関する実践的なトレーニングを集中的に行います。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat エンタープライズ パフォーマンス・チューニング (RH442)

Red Hat Enterprise Linux のパフォーマンス・チューニングとキャパシティ・プランニング

Red Hat® エンタープライズ パフォーマンス・チューニングでは、Linux® の上級システム管理者を対象に、Red Hat Enterprise Linux のパフォーマンス・チューニングについて説明します。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat エンタープライズ パフォーマンス・チューニング + 認定試験 (RH443)

Red Hat Enterprise Linux のパフォーマンス・チューニングとキャパシティ・プランニング

Red Hat® エンタープライズ パフォーマンス・チューニングでは、Linux® の上級システム管理者を対象に、Red Hat Enterprise Linux のパフォーマンス・チューニングについて説明します。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenStack プラットフォーム

Red Hat Ceph Storage Architecture and Administration (CEPH125)

Red Hat Ceph Storage の管理方法および Red Hat OpenStack Platform との統合方法について学びます。

Red Hat® Ceph Storage Architecture and Administration (CEPH125) は、Red Hat Ceph Storage を本番環境または OpenStack® 環境に導入するストレージ管理者およびクラウドオペレーターを対象としています。

このコースは、Red Hat Enterprise Linux® 7、Red Hat Ceph Storage 2、および Red Hat OpenStack Platform 9 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenStack Technical Overview (CL010)

Red Hat OpenStack Platform の概要

Red Hat OpenStack Technical Overview (CL010) は、オンデマンド型オンラインビデオシリーズです。クラウドコンピューティングと Red Hat® OpenStack® Platform の基礎についての理解を深める上で役立ちます。さまざまなオンラインデモンストレーションとユースケースが含まれています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenStack Administration I (CL110)

Red Hat OpenStack Platform および仮想クラウドのサーバーとアプリケーションのデプロイの入門

Red Hat OpenStack Administration I: Core Operations for Cloud Operators (CL110) は、OpenStack を使ったクラウド・コンピューティング環境の導入を検討しているシステム管理者向けのものです。Red Hat OpenStack Platform の構成、使用、および保守について学習します。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenStack Administration II (CL210)

Install, configure, and maintain Red Hat OpenStack Platform

Red Hat® OpenStack® Administration II (CL210) teaches system administrators how to implement a cloud-computing environment using Red Hat OpenStack Platform, including installation, configuration, and maintenance.

This course can also help your prepare for the Red Hat Certified System Administrator in Red Hat OpenStack exam (EX210).

This course is based on Red Hat OpenStack Platform 10.

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenStack Administration II +認定試験 (CL211)

Red Hat OpenStack Platform のインストール、設定、および保守

Red Hat® OpenStack® Administration II(CL210)では、システム管理者が Red Hat OpenStack Platform を使用してクラウド・コンピューティング環境を導入する方法(インストール、設定、保守など)について学習できます。

このコースは、コースに含まれている RHCSA - Red Hat OpenStack - 認定試験(EX210) の準備にも役立ちます。

このコースは、Red Hat OpenStack Platform 10 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenStack Administration III (CL310)

パフォーマンス・チューニングのための Red Hat OpenStack ネットワークの管理

Red Hat OpenStack Administration III (CL310) では、ネットワーク・エンジニア、ネットワーク・オペレーター、クラウドオペレーター、およびクラウド管理者に、ネットワーク・パフォーマンスのために Red Hat® OpenStack Platform を管理およびチューニングする方法について説明します。

このコースは、Red Hat® Certified Engineer (RHCE®) in Red Hat OpenStack 認定試験 (EX310) の受験準備としても役立ちます。

このコースは Red Hat OpenStack Platform 10 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenStack Administration III +認定試験 (CL311)

OpenStack とストレージのデプロイ、管理、設定方法の学習

Red Hat OpenStack Administration III + 認定試験 (CL311) では、ネットワーク・エンジニア、ネットワーク・オペレーター、クラウドオペレーター、およびクラウド管理者に、ネットワーク・パフォーマンスのために Red Hat® OpenStack Platform を管理およびチューニングする方法について説明します。

このコースは Red Hat OpenStack Platform 10 に基づいており、RHCE -Red Hat OpenStack- 認定試験 (EX310)® が含まれています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

クラウドコンピューティング、仮想化、およびストレージ

Red Hat Ceph Storage Architecture and Administration (CEPH125)

Red Hat Ceph Storage の管理方法および Red Hat OpenStack Platform との統合方法について学びます。

Red Hat® Ceph Storage Architecture and Administration (CEPH125) は、Red Hat Ceph Storage を本番環境または OpenStack® 環境に導入するストレージ管理者およびクラウドオペレーターを対象としています。

このコースは、Red Hat Enterprise Linux® 7、Red Hat Ceph Storage 2、および Red Hat OpenStack Platform 9 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Ceph Storage Architecture and Administration with exam (CEPH126)

Ceph ストレージクラスタのデプロイ、管理、スケールアウトを習得

Red Hat Ceph Storage Architecture and Administration + 認定試験 (CEPH126) は、エンタープライズサーバー向けの統合ストレージや Red Hat Ceph Storage 搭載 Red Hat® OpenStack Platform の構築を支援します。Ceph ストレージクラスタを使用して、サーバーとクラウドリソースに、Amazon S3 または OpenStack Swift API と互換性のあるオブジェクトストレージ、Ceph ネイティブまたは iSCSI ベースのブロックストレージ、および CephFS を使用したファイルストレージを提供する方法を学びます。

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Ceph Storage Administration - (EX125) はこのトレーニングに含まれています。このコースは、Red Hat Ceph Storage 3.0、Red Hat Enterprise Linux 7.4/7.5、および Red Hat OpenStack Platform 10.0 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenStack Administration I (CL110)

Red Hat OpenStack Platform および仮想クラウドのサーバーとアプリケーションのデプロイの入門

Red Hat OpenStack Administration I: Core Operations for Cloud Operators (CL110) は、OpenStack を使ったクラウド・コンピューティング環境の導入を検討しているシステム管理者向けのものです。Red Hat OpenStack Platform の構成、使用、および保守について学習します。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenStack Administration II (CL210)

Install, configure, and maintain Red Hat OpenStack Platform

Red Hat® OpenStack® Administration II (CL210) teaches system administrators how to implement a cloud-computing environment using Red Hat OpenStack Platform, including installation, configuration, and maintenance.

This course can also help your prepare for the Red Hat Certified System Administrator in Red Hat OpenStack exam (EX210).

This course is based on Red Hat OpenStack Platform 10.

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat CloudForms Hybrid Cloud Management (CL220)

ハイブリッドクラウド環境におけるシステムの管理とデプロイ

Red Hat® CloudForms Hybrid Cloud Management (CL220) は、Red Hat CloudForms を使用して複数のクラウドプロバイダーまたは仮想化インフラストラクチャ上で動作するクラウドインスタンスを管理する必要があるクラウド管理者およびオペレーターを対象としています。

このコースは Red Hat CloudForms 4 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat CloudForms Hybrid Cloud Management + 認定試験 (CL221)

ハイブリッドクラウド環境におけるシステムの管理とデプロイ

Red Hat® CloudForms Hybrid Cloud Management (CL220) は、Red Hat CloudForms を使用して複数のクラウドプロバイダーまたは仮想化インフラストラクチャ上で動作するクラウドインスタンスを管理する必要があるクラウド管理者およびオペレーターを対象としています。

このコースは Red Hat CloudForms 4 に基づいており、Red Hat エキスパート試験 -Hybrid Cloud Management- (EX220) を含んでいます。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenStack Administration III (CL310)

パフォーマンス・チューニングのための Red Hat OpenStack ネットワークの管理

Red Hat OpenStack Administration III (CL310) では、ネットワーク・エンジニア、ネットワーク・オペレーター、クラウドオペレーター、およびクラウド管理者に、ネットワーク・パフォーマンスのために Red Hat® OpenStack Platform を管理およびチューニングする方法について説明します。

このコースは、Red Hat® Certified Engineer (RHCE®) in Red Hat OpenStack 認定試験 (EX310) の受験準備としても役立ちます。

このコースは Red Hat OpenStack Platform 10 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat OpenStack Administration III +認定試験 (CL311)

OpenStack とストレージのデプロイ、管理、設定方法の学習

Red Hat OpenStack Administration III + 認定試験 (CL311) では、ネットワーク・エンジニア、ネットワーク・オペレーター、クラウドオペレーター、およびクラウド管理者に、ネットワーク・パフォーマンスのために Red Hat® OpenStack Platform を管理およびチューニングする方法について説明します。

このコースは Red Hat OpenStack Platform 10 に基づいており、RHCE -Red Hat OpenStack- 認定試験 (EX310)® が含まれています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Virtualization and Infrastructure Migration Technical Overview (RH018)

オープンソースの仮想化と移行の計画の基礎を学ぶ

Virtualization and Infrastructure Migration Technical Overview (RH018) では、オープンソース仮想化のメリット、仮想化資産の効果的な管理方法、従来のワークロードをある仮想化プロバイダーからオープンな仮想化に移行するための最適な方法を理解できるようになります。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Enterprise Linux Technical Overview (RH024)

Linux の基本の学習

Red Hat Enterprise Linux Technical Overview(RH024)は、無料で視聴できるオンラインのオンデマンドビデオシリーズで、IT プロフェッショナル向けに Linux® の技術的概要が説明されています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Gluster Storage Administration (RH236)

既製のハードウェアやクラウド環境に拡張性と可用性の高いストレージを導入する

このコースは、既存のハードウェアやクラウド環境に拡張性と可用性に優れたストレージを導入する方法を学習したい上級レベルのシステム管理者およびストレージ管理者を対象としています。

このコースは、Red Hat Gluster Storage 3 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Storage Server Administration+認定試験 (RH237)

既製のハードウェアやクラウド環境に拡張性と可用性の高いストレージを導入する

このコースは、既存のハードウェアやクラウド環境に拡張性と可用性に優れたストレージを導入する方法を学習したい上級レベルのシステム管理者およびストレージ管理者を対象としています。

このコースは、Red Hat Certified Specialist in Gluster Storage Administration (EX236) の準備に役立ちます。試験はコースに含まれています。

このコースは、Red Hat Gluster Storage 3 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Enterprise Virtualization (RH318)

仮想環境のデプロイと管理に必要なスキルの取得

Red Hat Virtualization (RH318) は、IT プロフェッショナルが Red Hat® Virtualization を使用して組織内の仮想マシンをデプロイ、管理、操作するために必要なスキルを習得するよう援助します。

このコースは、Red Hat Enterprise Virtualization 4.1 および Red Hat Enterprise Linux® 7.3 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Enterprise Virtualization + RHCVA 認定試験 (RH319)

仮想環境のデプロイと管理に必要なスキルの取得

Red Hat Virtualization + 認定試験 (RH319) は、IT プロフェッショナルが Red Hat® Virtualization を使用して組織内の仮想マシンをデプロイ、管理、操作するために必要なスキルを習得するよう援助します。

このコースは、Red Hat Enterprise Virtualization 4.1 および Red Hat Enterprise Linux® 7.3 に基づいています。このコースは、Red Hat Virtualization (RH318) と Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Virtualizationー (EX318) を組み合わせたコースです。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform (EAP)

Red Hat Application Development I: Programming in Java EE (JB183)

Java SE 開発者による Java EE アプリケーションの作成をサポート

Red Hat Application Development I: Programming in Java EE (JB183) は、経験豊富な Java Standard Edition (Java SE) 開発者に Java Enterprise Edition (Java EE) の世界を紹介します。

このコースは、Red Hat® Enterprise Application Platform 7.0 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Application Development I: Programming in Java EE + 認定試験 (JB184)

Java SE 開発者による Java EE アプリケーションの作成をサポート

Red Hat Application Development I: Programming in Java EE + 認定試験 (JB184) は、経験豊富な Java Standard Edition (Java SE) 開発者に Java Enterprise Edition (Java EE) の世界を紹介します。

このコースは、Red Hat® Enterprise Application Platform 7.0 に基づいています。このコースは、Red Hat JBoss Development I: Java EE (JB183)Red Hat Certified Enterprise Application Developer 認定試験 (EX183) を組み合わせたコースです。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat JBoss Application Administration I (JB248)

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform のインストール、設定、管理

Red Hat JBoss Application Administration I では、Red Hat® JBoss® Enterprise Application Platform (JBoss EAP) 7 のインストールと設定に関するベストプラクティスを紹介します。JBoss EAP 上でアプリケーションを効果的にデプロイおよび管理するうえでシステム管理者が知っておくべき重要な実際の作業を、実践的な演習を通して学習します。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat JBoss Application Administration I + 認定試験 (JB249)

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform のインストール、設定、管理

Red Hat JBoss Application Administration I では、Red Hat® JBoss® Enterprise Application Platform 7 のインストールと設定に関するベストプラクティスを紹介します。JBoss Enterprise Application Platform 上でアプリケーションを効果的に管理するうえでシステム管理者が知っておくべき重要な実際の作業を実践的な演習を通して学習します。

このコースには、Red Hat Certified Specialist in Enterprise Application Server Administration 認定試験 (EX248) の内容が含まれます。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Application Development II: Implementing Microservice Architectures (JB283)

MicroProfile および OpenShift による Java EE でのマイクロサービスベースのアプリケーション開発

Red Hat Application Development I: Programming in Java EE (JB183) に続き、Java EE アプリケーション開発の入門コース「Red Hat Application Development II: Implementing Microservice Architectures (JB283)」は、WildFly Swarm と MicroProfile、OpenShift に基づく Java EE でのアーキテクチャの原則とマイクロサービスの実装について学習します。

このコースは、Red Hat® Enterprise Application Platform 7.4 および Wildfly Swarm 2018.3.3 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Application Development II: Implementing Microservice Architectures with exam (JB284)

MicroProfile および OpenShift による Java EE でのマイクロサービスベースのアプリケーション開発

Red Hat Application Development I: Programming in Java EE (JB183) に続き、Java EE アプリケーション開発の入門コース「Red Hat Application Development II: Implementing Microservice Architectures+ 認定試験 (JB284)」では、WildFly Swarm と MicroProfile、OpenShift に基づく Java EE でのアーキテクチャの原則とマイクロサービスの実装について学習します。

このバンドルには、Red Hat 認定試験 -Enterprise Microservices Developer- (EX283)が含まれています。このコースは、Red Hat® Enterprise Application Platform 7.4 および Wildfly Swarm 2018.3.3 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat JBoss Application Administration II (JB348)

JBoss Enterprise Application Platform の大規模なデプロイの管理とプロビジョニング

Red Hat JBoss Application Administration II (JB348) を受講することで、大規模な本番環境での Red Hat® JBoss® Enterprise Application Platform (JBoss EAP) のプロビジョニングと管理に備えることができます。経験豊富な管理者を対象としたこのコースでは、JBoss EAP のインストール、クラスタリング、デプロイ、スクリプト作成、管理、メッセージング、セキュリティについて詳しく説明し、Red Hat JBoss Application Administration I (JB248) で習得したスキルをベースとして、その作業方法についてのさらに深い理解が得られます。

このコースは、JBoss EAP 7 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Building Advanced Red Hat Enterprise Applications (JB501)

フロントオフィス向けとバックオフィス向けアプリケーションの統合について実践的なトレーニングでスキルを伸ばす

Building Advanced Red Hat Enterprise Applications (JB501) は、Red Hat® JBoss® 開発者コースの一部です。このコースはケーススタディを基に進行します。フロントオフィス向けとバックオフィス向けアプリケーションを統合する実践的なトレーニングを集中的に行います。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat Fuse, Decision Manager, and more

Red Hat Decision Manager and Red Hat Process Automation Manager 7.0 for Developers (JB373)

Business rules and process-driven application development

Red Hat Decision Manager and Red Hat Process Automation Manager 7.0 for Developers (JB373) teaches the core concepts behind business rules and processes, as well as how to author and test them. You will find out how to navigate the improved user interface of Red Hat® Decision Manager and Red Hat® Process Automation Manager to develop these rules and business processes. You will also learn to design and run a case management project.

This course is based on Red Hat® Enterprise Linux® 7.5, Red Hat Decision Manager 7.0, Red Hat Process Automation Manager 7.0, and Red Hat® OpenShift® Container Platform 3.9.

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat JBoss Fuse Camel Development (JB421)

エンタープライズ統合パターン (EIP) を使用してアプリケーションを開発、実装、テスト、およびデプロイする方法の学習

Camel Integration and Development with Red Hat Fuse (JB421) は、Java 開発者およびアーキテクトを対象とした実践演習形式のコースです。Apache Camel、および Camel 開発のサポートで Red Hat が提供する拡張機能や各種ツールについて学習します。

このコースは、Red Hat® Enterprise Linux® 7.5、OpenShift 3.9、Fuse 7.0、および Camel 2.21 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat JBoss Fuse Camel Development + 認定試験 (JB422)

エンタープライズ統合パターン (EIP) を使用してアプリケーションを開発、実装、テスト、およびデプロイする方法の学習

Camel Integration and Development with Red Hat Fuse + 認定試験 (JB422) は、Java 開発者およびアーキテクトを対象とした実践演習形式のコースです。Apache Camel、および Camel 開発のサポートで Red Hat が提供する拡張機能や各種ツールについて学習します。

このコースは、Red Hat® Enterprise Linux® 7.5、OpenShift® 3.9、Fuse 7.0、および Camel 2.21 に基づいています。このコースには、Red Hat 認定スペシャリスト - Camel Development - 認定試験 (EX421) が含まれています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Developing Workflow Applications with Red Hat JBoss BPM Suite (JB427)

ワークフロー処理をビジネスアプリケーションに組み込む方法を学習

Developing Workflow Applications with Red Hat® JBoss® BPM Suite (JB427) は、ワークフロー処理をビジネスアプリケーションに組み込むことを目指している開発者およびアーキテクトを対象としています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat JBoss BPM Suite によるワークフロー・アプリケーションの開発 + 認定試験 (JB428)

ワークフロー処理をビジネス・アプリケーションに組み込む方法を学習

Red Hat® JBoss® BPM Suite によるワークフロー・アプリケーションの開発 + 認定試験 (JB428) は、ワークフロー処理をビジネス・アプリケーションに組み込むことを目指している開発者およびアーキテクトを対象としています。

このコースには、Red Hat Certified Specialist in Business Process Design (EX427) が含まれています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Enterprise Service Bus Deployment with Red Hat JBoss Fuse (JB435)

OSGi 準拠アプリケーションのインストール、設定、管理、およびデプロイ

Enterprise Service Bus (ESB) 構築のデプロイに特化した Red Hat® JBoss® Fuse トレーニングは、システム管理者および Java 開発者を対象とした実践コースです。Apache ServiceMix の商用サポート・ディストリビューションである Red Hat JBoss Fuse について学びます。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat JBoss Fuse Rapid Track (JB439)

JBoss Fuse、JBoss AM-Q、および Apache Camel の管理に関する速習コースの受講

Red Hat® JBoss® Fuse 速習コース (JB439) は、Java の開発者とアーキテクト、および Red Hat JBoss Fuse 管理者を対象とした 5 日間のコースです。Red Hat JBoss FuseRed Hat JBoss A-MQ (Java Messaging Service ブローカー)、および Apache Camel について理解することを目的としています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat JBoss AMQ Administration (JB440)

ブローカーインスタンスの設定、管理、監視を学習する

Red Hat® JBoss® AMQ Administration (JB440) は、メッセージブローカーの Red Hat JBoss AMQ を管理するために必要なスキルを習得するシステム管理者、アーキテクト、開発者に役立ちます。多量の実習を通じて、受講者はブローカーインスタンスを作成、設定、管理、監視します。これには、高可用性とフェイルオーバーを実現する、強化されたクラスタ化ブローカーを含みます。

このコースは Red Hat JBoss AMQ 7.0 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat JBoss AMQ Administration with exam (JB441)

ブローカーインスタンスの設定、管理、監視を学習する

Red Hat® JBoss® AMQ Administration (JB440) は、メッセージブローカーの Red Hat JBoss AMQ を管理するために必要なスキルを習得するシステム管理者、アーキテクト、開発者に役立ちます。多量の実習を通じて、受講者はブローカーインスタンスを作成、設定、管理、監視します。これには、高可用性とフェイルオーバーを実現する、強化されたクラスタ化ブローカーを含みます。

このコースは Red Hat JBoss AMQ 7.0 に基づき、Red Hat 認定スペシャリスト - Messaging Administration - 認定試験 (EX440) を含みます。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat JBoss Data Virtualization Development (JB450)

このコースでは、テーブル、ビュー、プロシージャのような仮想エンティティとデータソースのモデリング方法について学びます。

Red Hat® JBoss® Data Virtualization Development では、データベース開発者と管理者を対象に、テーブル、ビュー、プロシージャのような仮想エンティティとデータソースのモデリング方法を指導します。受講生は、実践演習を通して JDBC および Web サービス利用に対してこれらの仮想エンティティをデプロイする方法を学びます。また、このコースは、Red Hat Certified Specialist in Data Virtualization (EX450) の認定希望者の準備に役立ちます。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat JBoss Data Virtualization Development + 認定試験 (JB451)

このコースでは、テーブル、ビュー、プロシージャのような仮想エンティティとデータソースのモデリング方法について学びます。

Red Hat® JBoss® Data Virtualization Development では、データベース開発者と管理者を対象に、テーブル、ビュー、プロシージャなどの仮想エンティティとデータソースのモデリング方法について指導します。受講生は、実践演習を通して JDBC および Web サービス利用に対してこれらの仮想エンティティをデプロイする方法を学びます。このコースバージョンには、Red Hat Certified Specialist in Data Virtualization (EX450) も含まれます。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Red Hat JBoss Data Grid Development (JB453)

データグリッドのインストール、キャッシュベースのアプリケーションの開発、キャッシュのクラスタ化およびセキュリティ確保する方法などを学習

Red Hat® JBoss® Data Grid Development (JB453) は、キャッシュの設定とキャッシュエントリーの操作に重点を置いています。主な学習内容は、ライブラリ内のキャッシュへのアクセスとリモートモード (クラスタ化および非クラスタ化) です。また、データグリッドのセキュリティ確保、データグリッド通信の暗号化、データグリッドの検索についても学びます。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Authoring Rules with Red Hat JBoss BRMS (JB461)

Business Central のグラフィカル・ユーザー・インタフェースで、ルールを作成してテストする方法

Authoring Rules with Red Hat® JBoss® BRMS (JB461) では、Red Hat JBoss BRMS ルールエンジンとリポジトリの概要を説明します。このコースでは、Business Central のグラフィカル・ユーザー・インタフェースを使用してルールを作成およびテストします。

このコースは Red Hat JBoss BRMS 6 に基づいています。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Developing Rules Applications with Red Hat JBoss BRMS (JB463)

本番環境でのビジネスルールの作成、テスト、デバッグ、および制御方法について学びます。

Developing Rules Applications with Red Hat JBoss BRMS (JB463) は、ルール開発者および Java エンタープライズ・アプリケーションの開発者を対象に、ビジネスルールの作成、テスト、デバッグ、管理の方法、ルールパッケージの作成方法、および Red Hat JBoss BRMS (Business Rules Management System) ランタイム環境でルールが実行される仕組みについて説明します。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Implementing with Red Hat JBoss BRMS (JB465)

Authoring Rules (JB461) と Developing Rules Applications with Red Hat JBoss BRMS (JB463) を組み合わせたコース

Implementing with Red Hat® JBoss® BRMS は、Authoring Rules with Red Hat JBoss BRMS (JB461) と Developing Rules Applications with Red Hat JBoss BRMS (JB463) の内容を組み合わせたコースです。ビジネスアナリスト、ルール開発者、および Java エンタープライズ・アプリケーション開発者を対象とします。ビジネスルールの作成、テスト、デバッグ、および制御の方法を学びます。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Implementing with Red Hat Decision Manager + 認定試験 (JB466)

Authoring Rules with Red Hat Decision Manager (JB461) と Developing Rules Applications with Red Hat Decision Manager (JB463) を組み合わせたコース

Implementing with Red HatDecision Manager は、Authoring Rules with Red Hat Decision Manager (JB461) と Developing Rules Applications with Red Hat Decision Manager (JB463) の内容を組み合わせたコースです。ビジネスアナリスト、ルール開発者、および Java エンタープライズアプリケーション開発者を対象に、ビジネスルールの作成、テスト、デバッグ、および制御方法について説明します。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

Building Advanced Red Hat Enterprise Applications (JB501)

フロントオフィス向けとバックオフィス向けアプリケーションの統合について実践的なトレーニングでスキルを伸ばす

Building Advanced Red Hat Enterprise Applications (JB501) は、Red Hat® JBoss® 開発者コースの一部です。このコースはケーススタディを基に進行します。フロントオフィス向けとバックオフィス向けアプリケーションを統合する実践的なトレーニングを集中的に行います。

Ways to Train/Test

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。