ログイン / 登録 アカウント

DevOps エンジニアとは

DevOps エンジニアは、コーディング、デプロイメントからメンテナンスや更新まで、ソフトウェア開発ライフサイクル全体でニーズのバランスを取るためのプロセス、ツール、手法を導入します。

開発チームと IT 運用チームでは、スキルも目標もそれぞれ異なります。開発者はアプリケーションへの新機能の導入を目標とし、運用チームはアプリケーションがリリースされた後の安定性の維持を目指します。 

DevOps とはプロセスの単一化と自動化に関するものであり、DevOps エンジニアはコード、アプリケーションのメンテナンス、およびアプリケーション管理の統合に貢献します。これらのタスクはすべて、開発ライフサイクルだけでなく、DevOps 文化とその哲学、実践、ツールの理解にも依存しています。 

自分のキャリアを DevOps にシフトしたいとか、社内での導入を推進するために自分自身をトレーニングしたいなどと考えることがあるかもしれません。しかし、どうすれば DevOps エンジニアになれるのでしょうか。

 

DevOps エンジニアの仕事

アジャイル環境内では、開発者、システム管理者、プログラマーはサイロ化されるため、同じ製品に取り組んでいても、ユーザーに価値を提供するために必要な情報を共有できません。DevOps エンジニアはその複雑さを軽減し、アプリケーションをすばやく変更するために必要なアクションと、その信頼性を維持するタスクの間のギャップを解消します。 

ワークフロー内で「DevOps を実行」するために専門家を雇う組織もありますが、DevOps 導入の成功は文化とプロセスの変化によって決まるので、これは開発者と運用チームの分離を深めるだけかもしれません。

 

DevOps に必要なもの

DevOps エンジニアは、現在の経験をベースに新しいスキルを構築します。新製品リリースのデータ管理やライブラリ更新などのタスクは、チーム間のリーダーシップおよびコラボレーションのニーズと結びつけられます。DevOps エンジニアは、アプリケーションの開発および提供の基本を理解することが重要です。

継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD)
ユーザーとそのチームは、変更をビルドしてテストし、リポジトリに追加して、更新を迅速かつ効率的にデプロイできます。
CI/CD とは

セキュリティ
DevOps プロセスでソフトウェアの脆弱性を把握して対処します。 
DevSecOps の詳細

 

DevOps は簡単に習得できるのか

DevOps 文化を受け入れるほとんどのプロフェッショナルは、ツールと手法を長年のエンタープライズ IT の経験と組み合わせています。DevOps エンジニアになるのに必要な全体像を把握するために、自分の (あるいはチームの) スキルセットにない知識を習得することを検討しましょう。  

Red Hat には、DevOps を目指すお客様とその組織を支援するためのリソースがあります。 

DevOps Culture and Practice Enablement (DO500)

5 日間の集中トレーニングで、DevOps の実装戦略およびベストプラクティスを実用的なツールの応用に結びつけます。

Open Innovation Labs

Red Hat のエキスパートによる包括的でインタラクティブなワークショップ形式のラボで、お客様のチームがイノベーションに向けた準備ができるように設計されています。

認定資格

専門知識を検証し、DevOps プラクティスの理解を実証します。

DevOps ツールを使い始める

Red Hat OpenShift product logo

アプリケーションをすばやく構築してデプロイできるように設計されたエンタープライズ対応のコンテナプラットフォームで、ハイブリッドクラウドおよびマルチクラウドのデプロイを管理します。

Red Hat Ansible Automation

Red Hat Ansible® は、シンプルでエージェントレスな IT 自動化テクノロジーです。現行の作業効率の向上や、さらなる最適化を目的としたアプリケーションの移行を可能にし、組織全体における DevOps 実践のための単一言語を提供します。

DevOps についてさらに詳しく知る

  • Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit