ログイン / 登録 アカウント

仮想化

vRAN とは

Jump to section

仮想化無線アクセスネットワーク (vRAN) とは、通信事業者がベースバンド機能をソフトウェアとして実行する方法です。無線アクセスネットワーク (RAN) を仮想化することの主な利点の一つは、RAN 機能を実行するための特別なプロプライエタリー・ハードウェアを必要とせず、標準的なサーバー上で実行できるという点です。これは仮想化の原理を RAN に適用することで達成され、通常はより大規模なネットワーク機能仮想化 (NFV) の取り組みの一環として行われます。2020 年に発表された Heavy Reading の調査結果では、その後の 2 年間に vRAN の導入が急増すると予測されています。

無線アクセスネットワーク (RAN)

無線アクセスネットワーク (RAN) とは、無線機器とオペレーターのその他コアネットワークとの間の重要な接続ポイントです。RAN には多くの資本コストや運用コストがかかり複雑な処理を伴うものの、通信事業顧客のエッジ5G のユースケースが増えるにつれ、需要が急速に増加し続けています。

ネットワーク機能の仮想化によって通信ネットワークのモダナイゼーションが可能になったように、RAN にも同様の原理を適用することが可能です。業界の未来は 5G への移行に焦点を当てているため、これは特に重要な点です。実際、現在進行中の 5G ネ ットワークへの移行は、RAN の仮想化に依存していることが多く、コンテナベースかつクラウドネイティブであることを前提としたものが多くなっています。 

vRAN のメリット

多くの通信キャリアは、仮想ファイアウォール、DNS、SBC/IMS、4G ネットワーク用仮想化 EPC (vEPC)、vRAN など、さまざまな仮想ネットワーク機能 (VNF) を導入することで、コストを削減し、より俊敏なインフラストラクチャを実現しています。

このアプローチの特長は次のとおりです。

  • 使用するハードウェアの数が少なくて済む (コストもかからない)  

  • 柔軟性が向上する 

  • 最小限の労力でワークロードをスピンアップおよびスピンダウンさせる機能を提供する 

  • 変化するネットワーク需要に対応するために、リソースを弾力的に拡張することができる 

RAN は重要な変革の機会であり、ネットワーク・インフラストラクチャを仮想化することで得られる経済的メリットは絶大です。ACG Research の試算によると、RAN 全体を仮想化したネットワーク事業者は、総所有コスト (TCO) を 44% 削減できます。

Red Hat の RAN および NFV 戦略

Red Hat は、通信サービスプロバイダーは自社の環境に合わせて強化された水平拡張型のクラウドネイティブ・プラットフォームを採用すべきだと考えています。テレコクラウドの活用により、同じインフラストラクチャを複数のユースケースに使用し、管理コストや運用コストを削減できるようになります。RAN 全体を仮想化することで得られる初期コストのメリットに加え、 オープンな水平拡張型プラットフォームを採用することで、垂直統合された vRAN のデプロイメントと比較して TCO を最大 30% 削減できることが ACG Research によって明らかにされています。このような水平方向のアプローチにより、顧客はより多くの選択肢とより優れたサービスを得ることができます。

Red Hat の NFV ソリューションは、オープンソースで標準に基づいており、安定かつ互換運用性を備えた基盤を提供します。Red Hat OpenStack Platform でネットワーク機能を仮想化したテレコクラウドは次のようなメリットをもたらします。

  • 運用コストを削減しながら、仮想化ネットワーク機能 (VNF) 1 つあたり年間 462,500 米ドルの収益増加を実現

  • 開発サイクルを 45% 短縮

  • 予定外のダウンタイムが 79% 短縮

仮想化オプションに加え、通信事業者 (CSP、通信サービスプロバイダー) は、クラウドネイティブなアーキテクチャとコンテナを採用し、効率、パフォーマンス、レジリエンシー (回復力)、セキュリティ、アジリティを向上させています。その際に選ばれているのが、仮想化のレイヤーを追加せず、ベアメタル上にコンテナをデプロイするアーキテクチャです。このようなアーキテクチャは、通信事業者のユースケースにおいて大きなメリットを提供します。 

先進的なワークロードのための先進的なプラットフォーム

あらゆる種類のハードウェアで軽量なデプロイができるように最適化されたエンタープライズ・ソフトウェアにより、適切な量のコンピューティング能力を適切な場所に配置することができます。

Red Hat Enterprise Linux

あらゆるハイブリッドクラウド・デプロイメントに一貫した基盤を提供します。主要なハードウェア・プラットフォームをすべてサポートしているだけでなく、数千ものアプリケーションに対応します。

Red Hat OpenShift

コンテナと Kubernetes のプラットフォームにより、クラウドネイティブ・アプリケーションのデプロイを迅速化します。

先進的な通信事業者についてさらに詳しく