お問い合わせ

Red Hat OpenShift Data Foundation

Red Hat Data Services

Red Hat Data Services は、Red Hat® OpenShift® Container Platform と統合され、最適化された、永続的なソフトウェア・デファインド・ストレージおよびデータサービスを含むソリューションのポートフォリオです。Red Hat Data Services ポートフォリオに含まれる Red Hat OpenShift Data Foundation は、Ceph® テクノロジーをベースとする、回復力のある永続的なソフトウェア・デファインド・ストレージを提供します。OpenShift Data Foundation は、Red Hat OpenShift が実行される環境 (オンプレミスまたはパブリッククラウド) で実行できます。このプラットフォームは、ファイル、ブロック、およびオブジェクトストレージクラスを提供し、次のような広範なデータモダリティおよびワークロードの使用を可能にします。

  • 保管されているデータ (データベースやデータウェアハウスなど)
  • 移動中のデータ (データパイプラインを自動化する)
  • 動作中のデータ (継続的デプロイメントモデル、分析、人工知能 (AI)、機械学習 (ML) 向けのサービスを提供する)

Red Hat OpenShift Data Foundation

Kubernetes サービスとして実行される OpenShift Data Foundation は、あらゆるインフラストラクチャ上で Red Hat OpenShift Container Platform 向けのデータサービスを提供するように設計、テスト、確認されています (図 1)。OpenShift Data Foundation は、個別の独立したスケーラブルなデータストアとして分離し、管理することもでき、1 つまたは複数の Red Hat OpenShift Container Platform クラスタにデータを提供します。

イメージコンテナ 図 1. Red Hat OpenShift Data Foundation は、スケーラビリティ、データのレジリエンシー (回復力)、セキュリティ、ガバナンス、およびデータ検出のニーズに対応するために不可欠なサービスを提供します。


Red Hat OpenShift 管理者コンソールを介してデプロイ、消費、管理されるこのプラットフォームは、Ceph、Noobaa、および Rookテクノロジーをベースとしており、ハイブリッド環境やマルチクラウド環境で Red Hat OpenShift に緊密に統合された永続的なデータサービスを提供します。この統合により、Kubernetes アプリケーションを複数のプラットフォーム上で実行する際に不透明な前提で試行錯誤する必要がなくなるとともに、企業にとって必要なデータストレージ機能、データサービス、データ保護が提供されます。動的で、ステートフルで、可用性の高いコンテナネイティブ・ストレージのプロビジョニングとプロビジョニング解除をオンデマンドで行うことができます。

アクセスを単純化

アジリティを高めるために、組織はクラウドベースのアプリケーションとデータの複雑さを軽減し、あらゆるクラウドにアプリケーションデータを迅速かつ柔軟にデプロイできるようにする必要があります。OpenShift Data Foundation は、アクセスを単純化して一貫性のあるデータ・プラットフォーム・エクスペリエンスを提供することにより、チーム間のコラボレーションを促進します。さまざまなユーザー、開発者、管理者のセルフサービスアクセスにより、チケットではなくクリック 1 つで、ストレージがオンデマンドで提供されます。インストールが簡単で、直感的に監視でき、開始方法がシンプルなことから、組織は個々のプラットフォームの管理に費やす時間を減らしてより多くの時間を価値の提供に費やすことができ、次のことが可能になります。

  • アクセスしやすいデータと対応するすべての Red Hat OpenShift アプリケーションのサポートを提供する
  • ハイブリッドクラウドでのデータ管理を単純化するとともに、容易なアクセス、イノベーションの迅速化を実現し、即時に知見を提供する

一貫したユーザーエクスペリエンス

OpenShift Data Foundation は Red Hat OpenShift のサービスとして実行されるため、ユーザーはデータがどこにあるかに関係なく、一貫したユーザーエクスペリエンスによるメリットを享受することができます。Kubernetes を使用してクラウドネイティブ・アプリケーションを構築している組織でも、クラウド・テクノロジーの導入に着手したばかりの組織でも、チームは、あらゆるインフラストラクチャで直感的なデータサービスを備えた一貫性のあるハイブリッドクラウド環境を利用できます。開発者は、一度構築すればどこにでもデプロイできます。データサイエンティストは、より迅速に知見を生成することができます。管理者は、クラウドフットプリント全体で一貫した管理ができるため、次のことが可能になります。

  • データサービスのエンドユーザーエクスペリエンスを統一し、クラウド全体に一貫性をもたらし、チーム間での信頼性を高める
  • 包括的なオンデマンドのデータプラットフォームにより、Red Hat OpenShift データのビューを一元化する

動的スケーリング

クラウドテクノロジーへの移行によって、アプリケーションのパフォーマンスを犠牲にすることはできません。OpenShift Data Foundation は、レジリエンシー (回復力) と最高のパフォーマンスで数ペタバイトのスケーラビリティをサポートします。Red Hat OpenShift 管理者コンソールを介して、ベアメタル、仮想マシン、ハイブリッドクラウドなどのあらゆる環境で動的にプロビジョニングできます。OpenShift Data Foundation でのネイティブオブジェクトのサポートにより、入出力 (I/O) パフォーマンスが大幅に向上し、すべてのワークロードについて大規模なパフォーマンスが得られます。組織には、次のことが可能になります。

  • どこででも、どんなクラウドにまたがる場合でも、確実にデータサービスを拡張できる
  • あらゆる種類の Red Hat OpenShift ワークロードをサポートしながら大規模な革新を推進し、複数の地理的な場所やプラットフォーム間でオブジェクトデータを簡単に共有できるようにする

Red Hat OpenShift と Red Hat OpenShift Virtualization の緊密な統合

OpenShift Data Foundation は、コンテナベースの環境向けに作成されており、Red Hat OpenShift Container Platform と緊密に統合されています。1 サポートされている Red Hat OpenShift Operator により、このプラットフォームをコンテナベースのアプリケーション・ライフサイクルの一部として簡単にインストールし、管理することができます。このイノベーションを活用して、Red Hat はクラウドネイティブ・コンテナの管理、スケジューリング、オーケストレーションを含むコンテナベースの環境全体をサポートでき、次のような成果を生み出します。

  • 信頼できるエンタープライズクラスの Kubernetes 向けストレージ:OpenShift Data Foundation は、データサービスの重要なビジネス継続性機能に加えて、多様なワークロードとマルチクラウド・オブジェクト・ゲートウェイ機能のサポートを強化します。
  • Red Hat OpenShift のデータ保護とデータレジリエンシー:ステートフルなエンタープライズ・アプリケーションの高可用性を維持するには、高度な機能を備えた堅牢で可用性の高いデータストレージが必要です。OpenShift Data Foundation は、レプリケーションなどの重要な機能をサポートし、アプリケーションデータをさまざまなアベイラビリティゾーンに配置できます。データレジリエンシーのネイティブサポートには、データ、リソース、状態を含め、Kubernetes アプリケーションのバックアップおよび復元サービスのサポートが含まれます。
  • クラウド同様のエクスペリエンスをどこでも実現:状況は常に変化するものです。クラウドプロバイダーを乗り換える場合や、インハウス環境からパブリッククラウドに切り替える場合も想定できるでしょう。その時々で有利な価格からメリットを得るなど、さまざまなビジネス上の圧力に対応していくため、多くの場合、組織はすばやく行動を起こす必要があります。OpenShift Data Foundation が提供するソフトウェア・デファインド・ストレージを活用することで、組織はアプリケーションとストレージを必要に応じてデプロイし、状況の変化に応じて適応させていくことが可能となります。
  • 開発者の生産性向上:クラウド開発者は、恣意的な制限を受けることなくイノベーションを起こすことを望んでいます。従来のストレージは別途時間のかかる調整を必要とするため、クラウド開発の妨げとなることがよくありました。OpenShift Data Foundation はすべてのクラウド・プラットフォームに共通する機能を提供することで、開発者の作業を単純化します。

多様なワークロードに対応

ほとんどのクラウドプロバイダーは、さまざまなワークロードのデータストレージをサポートしていますが、通常は、複数のストレージ・テクノロジーを使用してサポートしています。これは時間がかかる (理解しにくく管理が複雑) だけでなく、他ベンダーが提供するストレージのテクノロジーと機能がさまざまに異なるために、アプリケーションが特定のクラウドベンダーにロックインされてしまう可能性があります。対照的に、OpenShift Data Foundation では、保管されているデータ、移動中のデータ、および動作中のデータをサポートするコンテナネイティブ・ストレージを提供します (図 2)。また、複数のクラウドプラットフォームをサポートし、幅広いパートナーやテクノロジーと連携します。

100% オープンソース・テクノロジーに基づく Red Hat OpenShift Data Foundation は、ファイル、ブロック、オブジェクトストレージをサポートし、すべてのクラウド・プラットフォームで単一セットの Kubernetes Operator を使用します。組織は、単一のソリューションで複数のワークロードタイプに対応するソフトウェア・デファインド・ストレージを提供でき、アプリケーションは互換性のあるクラウドプラットフォーム間で容易に移行できます。

OpenShift Data Foundation の一般的なユースケースは次のとおりです。

  • 継続的イノベーション/継続的デプロイメント (CI/CD) モデルを含むデータリポジトリとクラウドネイティブ・アプリケーション開発
  • SQL/NoSQL データベースやデータウェアハウスを含む構造化データ
  • データ分析や AI/ML ワークロードなどのビッグデータワークロード

イメージコンテナ 図 2. Red Hat OpenShift Data Foundation は、複数のワークロードタイプをサポートするコンテナネイティブ・ストレージを提供します。

 

  • 永続ボリュームと Kubernetes namespace の両方に対するバックアップとデータレジリエンシーのサポートを備えた、コンテナ対応のデータ保護。

まとめ

Red Hat OpenShift Data Foundation は、オンプレミス・インフラストラクチャ、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドなど、Red Hat OpenShift が実行されるあらゆる環境で、永続的なデータサービスにおけるアクセスの単純化、一貫したエクスペリエンス、動的スケーリングを実現します。このプラットフォームは、さまざまなワークロードタイプに対応できる、緊密に統合された永続データサービスを提供します。Red Hat OpenShift Data Foundation をデプロイするとデータ管理が単純化され、オーケストレーションされたコンテナベースの環境に不可欠なストレージのプロビジョニングとプロビジョニング解除をオンデマンドで行うことができます。

サポートされているプラットフォームについては、最新の Red Hat OpenShift Data Foundation リリースノートをご覧ください。

Red Hat logoLinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試す、買う、売る

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください